三愛 プラント 工業。 高品質精密洗浄(SMC)

会社情報・主要取引先

三愛 プラント 工業

三愛プラント工業株式会社 SAN-AI PLANT CO. , LTD. 市場情報 非上場 本社所在地 〒143-0016 1-5-1 大森駅東口ビルディング 設立 事業内容 建設及び土木工事の設計、監理並びに施工 代表者 徳差 一郎 資本金 2億円 純利益 4億7700万円(2019年03月31日時点) 総資産 66億0700万円(2019年03月31日時点) 決算期 主要株主 外部リンク 特記事項:三愛会会員会社 テンプレートを表示 三愛プラント工業株式会社(さんあいぷらんとこうぎょう、英文社名: SAN-AI PLANT CO. , LTD. )は、三愛石油の航空燃料の取り扱い事業より端を発し、石油関連プラントの設計監理・施工並びに定期検査を中心に行うの企業である。 主力製品・事業 [編集 ]• 建設業法にもとづく管工事、電気、消防施設工事、塗装工事、• 建設及び土木工事の設計、監理並びに施工の請負• 建築設備工事の企画並びに基本設計の作成及び施工• 液化石油ガスプラント及び石油関連プラントの設計監理・施工並びに定期検査• 天然ガス施設・供給施設の設計及び施工• 鋼管、油圧管等の表面処理及び防錆施工• プラント関連施設の化学洗浄工事• アポリー製品(除錆・防錆剤等)の販売 主要事業所 [編集 ]• 本社 - 1-5-1大森駅東口ビルディング• かずさクリーンテック• 技術開発センター• 東京事業所• 関西事業所 沿革 [編集 ]• - 設立 主要関係会社 [編集 ] 国内グループ企業 [編集 ] 脚注 [編集 ] [].

次の

三愛プラント工業とは

三愛 プラント 工業

会社概要 会社名 三愛プラント工業株式会社 代表者名 山中 克己(ヤマナカ カツミ) 所在地 〒143-0016 東京都大田区大森北1-5-1 他の拠点 〒292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足1-7-3 〒842-0002 佐賀県神埼市神埼町田道ヶ里2306 電話番号 03-5764-8155 資本金 200,000千円 建設業許可番号 国土交通大臣許可 第011527号 業務内容 土木工事 建築工事 大工工事 左官工事 とび・土工工事 石工事 屋根工事 電気工事 管工事 タイル・れんが・ブロツク工事 鋼構造物工事 鉄筋工事 舗装工事 しゆんせつ工事 板金工事 ガラス工事 塗装工事 防水工事 内装仕上工事 熱絶縁工事 建具工事 水道施設工事 消防施設工事 解体工事 主な対応工事 河川工事は自然災害から人々の生活を守る、土木工事の中でも重要性の高いものです。 河川の上流部では砂防工事、地すべり防止工事、砂防ダムの建設が行われます。 中流部・下流部では堤防の建設、床止め工事、河道整正といった方法が用いられるのが一般的です。 国土の7割が山岳地帯を占める日本では、これまで多くのトンネルが造成され、高度な土木技術が発達してきました。 代表的なトンネル工事工法としては山岳工法とシールド工法があり、岩盤の固さなどに応じて適切な方法が選択されています。 橋梁工事とは河川、渓谷、運河、海などに橋を架ける土木工事のことです。 インフラ整備には欠かせない土木工事といって良いでしょう。 橋梁工事は橋を支える部分を作る下部工工事、橋から上の部分を作る上部工工事から構成されています。 土地造成工事とは自然の地形のままでは使いにくい場所に土木工事を行い、使いやすいように整地することです。 適切な土地改良を行うには、まず、土地の特徴を正しく把握しなければいけません。 さまざまな専門知識と技術が必要といえます。 下水道管埋没工事とは下水道本管を土の中に埋めていく土木作業です。 工事を始める前に周囲の環境を十分に調査することが欠かせません。 また、場所や条件によって違う施工方法が用いられますが、開削工法と推進工法がメインになります。 治山工事とは森林の造成と保全を目的として、山の地盤を安定させる土木工事のことです。 荒廃した特殊な環境に臨むケースも多く、危険に早急に対応する専門的な知識と技術が必要とされます。 山腹工、渓流工、地すべり防止工などに大別されます。 一戸建ての新築工事には工程があり、それぞれの段階の注意点を踏まえ丁寧な建築工事をすることが欠かせません。 居住性、デザイン性、耐震性、耐火性、耐久性、断熱・気密性などのバランスを考慮しながら、良い家づくりをすることが求められます。 増築工事とは現状の建物を壊さないまま床面積を増やす建築工事のことです。 平屋を2階建てにしたり、敷地内に新しい建物を作るなどの方法があります。 建て替えよりもコストの負担が少ないことが特徴です。 ただし、場合によっては修繕費用、補強費用などが発生することもあります。 改築工事とは床面積を変えずに間取りの変更などを行う建築工事のことです。 火災などで滅失した建物、家主の都合で除去された建物を、規模・構造ともに以前とほぼ同じものとして建て直す際などに施工されます。 増築工事、改装工事、修繕工事と混同されることもありますが違う工事です。 減築工事とは家の床面積を減らすリフォームのことです。 まず、ライフスタイルや周囲の環境の変化に応じて、どのような間取りにするかしっかりと計画を立てることがポイントになります。 減築工事はメリットも大きいものの、注意すべきデメリットもあります。 国や自治体の補助金・助成金制度が増えたためか、一戸建ての耐震補強工事の施工例が増加しています。 地震の多い日本では重要度の高い建築工事ともいえるでしょう。 一戸建ての耐震補強工事にかかる平均費用、具体的な施工例などを紹介します。 大工工事とはどういう工事のことをいうのか?また、住宅を建てる場合の、大工工事が必要となる、基礎工事から棟木の設置までの工程について説明しています。 主に大工職人が受け持つ、造作工事について説明しています。 下地の設置から、壁や床、天井の表面に石膏ボードを張るまでの施工内容について紹介しています。 木造建築の柱と梁の補強工事について説明しています。 建物の耐震性や耐久性に影響のある重要な部材ですので、劣化が生じていれば補強をし、強度が足りなければ、新たに部材を足さなければなりません。 コンクリートの建物の躯体や、基礎部分に必要となるのが型枠工事です。 ここでは、型枠工事の概要、工法の種類、工事の流れについて説明しています。 昔からある木造建築工法の一つで、今でもその技術が引き継がれている木造軸組工法(在来工法)と、耐震性、気密性に定評のある木造枠組壁工法(ツーバイフォー工法)について、それぞれの特徴を説明しています。 木造住宅のリフォームと、木造大工の仕事内容について説明しています。 梁と柱で支えられている木造住宅には、間取りを自由に変えられるメリットがあり、リフォームしてメンテナンスをすれば長く住み続けられるのが木造住宅の強みです。 日本の家屋で伝統的に使われる土壁は、高温多湿の気候風土をカバーできる優れた建材です。 土壁は、はるか昔から建材に用いられている非常に安全性が高く優れた性能のある素材だと言えます。 模様のパターンが豊富でデザイン性の高い左官仕上げは、まだまだ好む人がたくさんいらっしゃいます。 また壁の耐火性、耐久性にも信頼が置けます。 左官工事に使うモルタル、土壁、珪藻土、漆喰は、粘土のように柔らかいので好きなデザインに造形ができます。 左官工事を行う上で重要なのが下地処理です。 下地処理をしっかりやっておかないと、上塗りした建材が剥がれやすくなったり、亀裂が生じる原因になってしまいます。 屋根瓦のつなぎ目に漆喰が使われています。 漆喰が剥がれると瓦がずれて破損し、雨水の侵入を許してしまうことになりますので、破損部分を見つけたら早急な修理が必要です。 モルタルとはセメントに砂や水を配合して練り上げたものです。 モルタルを使ってレンガや木、石壁を模した特殊造形(デザインコンクリート)を使えば壁を雰囲気のあるデザインに仕上げることができます。 コンクリの土間打ち工事とは、コンクリートの床面を作る工事のことです。 凹凸があると困る場所を、滑らかなコンクリートの表面に仕上げます。 とび・土工工事 世界各地から採れる数百種類に及ぶ石を加工して取付ける石工事は、石の特徴を活かして重厚な雰囲気を醸し出し、高級感のある空間を演出する工事です。 建築に使われる石材は世界中から採られる数百種類にも及ぶ天然石から出来ています。 その種類によって様々な性質や特徴を持っていて、その特徴を活かす事で重厚感のある建築資材として利用する事が出来ます。 石材の加工には一次加工と二次加工があります。 一次加工では石を薄い板状に切断し表面を自動研磨機で研磨して行きます。 二次加工では、更に現場で必要なサイズに切断され、細かい部分を手作業で研磨し仕上げます。 完成した石材は養生ビニールで包まれて梱包され、運送業者によって現場へと送り出されて行きます。 石材の表面仕上には様々な方法があり、ツヤ、色調、凹凸感などの組合せにより様々な表情に変化し、その石材固有の特徴を引き出す事も可能です。 建築石材を施工する場合には様々な施工法があり、施工する壁面の状況や石材の特性、外部面か内部面か等、様々な条件を考慮して取付ける工法を選択します。 更に、施工する高さや面積、石の厚み等も考慮して強度計算を必要とします。 建築において石材を使用する場合に最も重要な事は水との関係になります。 雨水のみならず施工時のコンクリート中に含まれる水分まで、詳細に水対策を考えておく必要があります。 事前の注意点、起こり得る問題点などを事前に知っておく事が重要です。 様々な場所で使用する石材は、その場所の用途と石材の性質を比較しながら検討する必要があります。 特に床材などは滑って転ぶなど危険と隣合わせな要素でもありますので、得に仕上方法に注意して選ぶ必要があります。 雨漏り、瓦の劣化、色落ちなどの症状が現れたら、そろそろ屋根工事が必要な時期であると考えられます。 屋根を長持ちさせるためには定期的な点検やメンテナンスが必要です。 屋根材の代表的な分類は、「金属」を使った屋根。 「スレート」を使った屋根。 「瓦」を使った屋根の3つに大きく分類されます。 屋根の形には実に様々な種類があります。 一般的に多く見かけるのは、切り妻と寄棟ですが、それ以外にも多くの種類があります。 屋根の形を変えるだけで建物のイメージはガラッと変わったりします。 屋根の葺き替えとは、すでに葺かれている屋根材を一旦撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事方法です。 葺き替えにより、屋根の換気性能や断熱性を向上させることができます。 一部の屋根材を除いてほとんどの屋根材が施工可能です。 カバー工法(重ね葺き)とは、既存の屋根を撤去せず、その上に新しい屋根材を被せる工法の事です。 二重屋根なので耐熱性に優れているほか、解体費用がかからずコストが抑えられるなど様々なメリットがあります。 板金とはスレート屋根の頂点を止めている鉄板のことです。 屋根の中でも風の影響を最も受けやすい場所で、台風や突風で釘が浮いたり抜けたりすることもあります。 まずは点検を行い、交換の必要があるかどうかを確認することが重要です。 漆喰は瓦と瓦の接着剤の役割を担っています。 漆喰が剥がれると、瓦が歪んだりズレが生じるなどして、雨漏りの原因となる場合があります。 瓦葺きの屋根は、漆喰から痛みが広がることも多いため、定期的にメンテナンスを行うことが重要です。 雨樋は、年間通して日光や熱、風雨、雪などにさらされる過酷な条件下にあります。 各部分の材質や性質を考慮した上で、正しい方法でこまめにお手入れしたり、定期的にメンテナンスを行うことが大切です。 コンセント工事とは、住宅などにコンセントを設置する工事のことです。 とくに新しくコンセントを設置する場合などは配線工事も必要となります。 いずれにせよ、電気工事の一種なので工事中にある程度の危険も伴うこともあり、施工するには資格が必要です。 照明設備工事とは、照明器具を設置する電気工事のことです。 依頼者の要望、建物の形状、他の設備とのかねあいを配慮して、適切な照明器具を設置するようにしなければいけません。 新築住宅の他、店舗の改修工事などでも行われます。 ネオン設備工事とは、ネオン管を点灯するネオン管灯設備、ネオン変圧器、点滅装置などから構成されるネオンサイン設置する工事のことです。 電気工作物に係る法令の規定基づいて工事が行われ、施工するには資格が必要となります。 電気は電柱から引込線によって各家庭に送られています。 この引込線、引込線取付点、メーターなどを経て分電盤に配線する電気工事のことを引込線工事といいます。 この引込線工事が完了して初めて、電気を使用できるようになるのです。 交通信号設備工事とは、道路上に交通信号機を新設したり、交換、移設などを行う電気工事のことです。 交通、電気、通信、情報、土木、建築などの幅広い知識と技術を必要とします。 そのため、交通信号工事士という認定資格もあります。 避雷針工事とは避雷針を設置する電気工事のことです。 建築基準法では高さが20mを超える建物には避雷針を取り付けられることが義務付けられています。 しかし、それより低い一戸建て住宅でも避雷針があった方が良い場合もあります。 電気防食工事とは、電流によって鋼材の劣化や損傷を防ぐシステムを作る電気工事のことです。 塗装やメッキができない部分の金属の防食に役立ち、建物をより強固にします。 金属防食工事にはいくつかの種類があり、状況に応じて選ぶことも可能です。 冷暖房設備工事とはエアコンを取り付ける管工事のことです。 室内機と室外機を設置し、配管工事、配線工事を行うことが主な作業になります。 省電力、低環境負荷型のエアコンも増えてきている昨今、新しい機種に取り替える工事も少なくありません。 冷凍冷蔵設備工事とは冷蔵庫やショーケースなどを設置する管工事のことです。 飲食店をはじめとして、ケーキショップなど生ものを販売する小売店でも欠かせないものと言って良いでしょう。 冷凍冷蔵設備工事の工程や注意点などについてまとめました。 空調設備とは正しくは空気調和設備と言い、湿度、温度、空気清浄などの室内環境を調整するための設備です。 そのような空調設備を取り付ける管工事を空調設備工事と言います。 近年、マンションの高層化、気密化が進んでいるため、空調設備工事の需要も高まっています。 給水設備とは生活や業務に必要な水を供給する設備のことです。 一方、給湯設備は風呂、洗面台、キッチンなどにお湯を供給する設備です。 これらを取り付ける管工事のことを給水給湯設備工事と言います。 一般家庭でも店舗でもなくてはならないない工事です。 ガス管配管工事とは、ガス管を配置する管工事のことです。 新築の時はもちろん、増改築に伴ってガス栓を増やす際にも行われます。 ガスにはプロパンガス、都市ガスがありますが、それぞれの工事内容などが異なるので注意が必要です。 ダクトとは気体を運ぶ管のことです。 おもに空調、換気、排煙などを目的として天井裏などに設置されます。 このダクトを取り付ける管工事のことをダクト工事といいます。 ダクトにはさまざまな種類があり、目的に応じて的確に選択しなけれないけません。 浄化槽とは生活の中で発生する汚れた水を、きれいにして川などに流す装置のことです。 そのような浄化槽を設置する管工事のことを浄化槽工事といいます。 現在でも下水道が通っていないエリアでは浄化槽を取り付けることが法律で定められています。 ブロック塀の外構工事について説明します。 ブロック塀の構造と工事の流れ、砕石を敷いて地盤を固める基礎工事など、重たいブロックを積む際に、傾きや倒壊が起きないようにするために、どのような点に注意して工事が行われているのかを解説しています。 レンガの特徴やメリット、種類、積み方、工事の流れについて説明しています。 工事はレンガ積みとレンガ敷の工事の2パータンを説明しています。 採寸、地盤調査、下地補強、レンガ積み工事までの流れを参考にしてください。 タイルは建物の外壁や内壁、床、屋根を覆う建材の一種です。 乾式工法と湿式工法の違いやよくある施工トラブル、外壁タイルのリフォームなど、詳しく解説しています。 建物の内装にも使われているタイルの特徴についても説明していますので、参考にしてください。 ALCは、軽量気泡コンクリートと呼ばれる素材のことです。 耐久性・耐火性に優れているこの素材は、外壁や屋根、新幹線の素材にも使用されています。 外壁施工に使われるALCパネルは、サイディングボードのように工場で成型されるため、品質が高いレベルで均一になっています。 鉄骨造の建造物で、木造の木材、鉄筋コンクリート造の鉄筋コンクリートのような役割を果たすのが鉄骨です。 木材よりも強度が高く、鉄筋コンクリートよりも軽いため、大型建築物などに用いられます。 そのような鉄骨を工場で設計して製作し、現場で組み立てる鋼構造物工事を鉄骨工事といいます。 建築に関する十分な知識と高い溶接技術などが必要となります。 橋梁工事は橋を架ける鋼構造物工事です。 橋梁は河川などで分断された地域をつないで交流を生み、人々の生活をより豊かにするために欠かせません。 木造の橋もありますが、現在ではほぼすべての橋梁が鉄骨を用いた鋼構造物工事により製作されています。 鉄塔とは鉄骨で構成される細長い建造物のことです。 代表的なものに送電鉄塔がありますが、日本全国津々浦々まで電気を届け人々の生活を守るのに欠かせません。 鉄塔工事はインフラ整備のために重要な鋼構造物工事のひとつといえるでしょう。 石油・ガスなどの貯蔵用タンクは、貯蔵用タンク設置工事という鋼構造物工事によって設置されます。 危険物を貯蔵するタンクなので十分な強度を持たせるようにしなくてはいけません。 特に可燃性の物質を貯蔵する際には引火リスクにも十分配慮する必要があります。 屋外広告を設置する屋外広告工事には鋼構造物工事と、とび土木工事の2種類があります。 鋼構造物工事に分類されるのは、鋼材の加工・製作から請け負っていることが特徴です。 ここでは鋼構造物工事のひとつである屋外広告工事について解説します。 水門設置工事は、河川などに水門を取り付ける鋼構造物工事のことです。 水門とは河川などの堤防を分断する形で設置され、流水を制御する構造物のことです。 河川の他に用水路、運河、湖沼、港湾、貯水池などに設けられます。 コンクリートの補強材として鉄筋が使われているのは、コンクリートと鉄の温度変化による膨張率がほぼ同じだからです。 鉄筋には丸鋼と異形鉄筋があり、鉄筋コンクリートに使われているのはほとんどが異形鉄筋です。 鉄筋工事ではまず、設計図から必要な鉄筋の量を割り出し、埋め込む場所などを指示する施工図を作ります。 施工図に従って鉄筋を加工、建築現場で組み立てや接合をする「配筋」の後、最終検査をして完成です。 配筋作業では、まず建物の土台となる基礎配筋工事から行います。 基礎にコンクリートを流し終わった後、上層階の柱配筋、壁配筋、梁配筋、スラブ配筋を繰り返すことで、上層階を作っていきます。 メーカーから出荷される鉄筋は最長で12メートルのため、建築現場で鉄筋同士を繋ぎ合わせる「継手」が必要になります。 継手には大きく分けて、重ね継手、ガス圧接継手、溶接継手、機械式継手の4種類があります。 ここでは、アスファルトの種類と舗装工事の内容を解説します。 アスファルトにも色々な種類があり、水を浸透させるものやそうでないものまで、路面によって使い分けられています。 アスファルトの下にある路盤を造る工事も必要になりますので、その工事の流れも説明しています。 ここでは、コンクリート舗装の特徴についての説明をしています。 一般道路では、施工性の高さからアスファルトの普及率が高くなっていますが、場所によってはコンクリートの路面の方が適している場合もあります。 コンクリートとアスファルトの違いとは、なんなのでしょうか?詳しく説明します。 コンクリートの舗装工事手順を説明しています。 短い施工期間で仕上がるアスファルトと違い、硬化に時間の掛かる生コンを打設して、硬化させる工事です。 真空コンクリート工法と呼ばれる滑り止め対策工事についても紹介しています。 路盤築造工事についての説明です。 道路を造る時には、その基礎となる部分を造って、その上にアスファルトを敷いていく必要があります。 ここでは、その基礎部分となる下層路盤と上層路盤を造るための工事の流れを紹介しています。 ここでは、ブロック舗装工事に使われるブロックの種類と、工事の流れについて説明しています。 ブロックはカラーリングとデザインが豊富で景観性に優れた素材です。 工事ではただ敷いていくのではなく、ブロックから湧水しないよう排水処理を施し、目地に砂を詰めてブロックの噛み合わせを強化する必要があります。 しゅんせつ工事とは、港湾、河川、運河などの底をさらって土砂を取り去る土木工事のことです。 治水、船舶の航路の確保などさまざまな目的で行われます。 四方を海に囲まれ、河川も多い日本の国土にとって、しゅんせつ工事は非常に重要です。 ポンプしゅんせつ工事とは、ポンプを利用して海底などの泥を吸引して取り除く工事のことです。 軟泥から硬質土まで対応することができ、港湾用の大規模工事から、河川・湖沼を対象とした小規模工事まで、幅広く活用されています。 グラブしゅんせつ工事とは、グラブバケットという二枚貝のように開閉しながら物体をすくい上げるものを使用して、水底に堆積している土砂を掘削するしゅんせつ工事のことです。 グラブしゅんせつ船という、巻き上げ機でしゅんせつ用のグラブバケットを昇降させて作業をします。 ダムしゅんせつ工事とは、ダムに施工するしゅんせつ工事のことです。 治水などを目的として造成されたダム湖も、その湖底に砂が堆積しては、きちんと機能することが難しくなります。 そのため、ダムしゅんせつ工事が必要となるのです。 しゅんせつロボット工事とは、しゅんせつロボットを利用したしゅんせつ工事のことです。 主にしゅんぜつ船を稼働させるのが困難な場所の工事に利用されます。 陸上からの操作はもちろん、ある程度の自律性も求められるのがしゅんせつロボットの特徴です。 海底の堆積物を取り除く海洋土木工事は、しゅんせつ船による施工がメインになっています。 しゅんせつ船と一口に言ってもさまざまなタイプがあり、作業を行う場所によって最も適したしゅんせつ船を選択するようにしなければいいけません。 建築板金とは、板金技術を要する建物器具や設備の加工・製造、取り付け工事のことを指します。 劣化した建物を補修したり、外壁を張り替える時にも金属製の器具や資材が使われるため、なくてはならないものです。 ステンレスは錆に強く劣化しにくいため、お店の厨房設備から屋根材など、水回りや雨風に接触しやすい場所で用いられます。 空調経路を確保するための配管やダクトを板金加工して、取り付け工事を行います。 ダクトに使われる素材は、用途に応じて、グラスウール、亜鉛鉄板、ステンレスなどがあります。 雨樋には、雨水を排水溝へと誘導することで建物内部に侵入してくるのを防ぐ役割があります。 交換工事では既存の雨樋の取り外して、建物の劣化した取り付け部分を補修してから、新しい雨樋を取り付けるます。 金属製の屋根材は、デザイン性が高く、色んな形状の屋根に使用ができます。 また雨漏りにも強いという特性があります。 素材には、ガルバリウム鋼板、ステンレス、銅板、トタン、チタンなどの種類があります。 角波施工は、角波サイディングという鋼板を壁に取り付ける工事で、工場、倉庫、店舗などの屋根や外壁などに幅広く用いられています。 施工性が高くコストパフォーマンスにも優れているのが特徴的です。 金属系サイディングボードは施工性の高い壁材・屋根材です。 工場で加工・板金をしてから現場へ搬入するので少ない工程で工事を完成させられ、また重量も軽いので建物に対する負荷が少なく耐震性に優れている素材です。 棟板金工事は、スレート屋根の接合部分を覆う金属板を取り付ける工事のことです。 劣化した貫板や板金をそのままにしておくと雨漏りの原因になり、建物自体の劣化に繋がってしまいます。 窓ガラスの安全対策についての内容を説明します。 飛散しやすいフロートガラスを設置している場合や、シーリング材の劣化には注意が必要です。 安全性を向上させるため、建物の窓ガラスを台風や地震に強くして、万が一割れた時にガラスの飛散や脱落を防ぐための施工を紹介します。 窓ガラスに用いられているガラスの種類を、それぞれ紹介しています。 一般的によく使われているものから、耐久性の高いもの、耐熱性の高いものまで、用途によって種類は様々です。 一般的によく使われているフロートガラスと比較して、断然に強度が高い防犯ガラスは、空き巣の侵入を効果的に防ぐことが可能です。 ここでは、その防犯ガラスの特徴について説明しています。 防犯ガラスには強度に種類がありますので、設置する建物に応じたものを選ぶことになります。 窓ガラスの修理と交換について説明をしています。 ガラスは小傷程度であれば、ガラス研磨だけで済むこともありますが、ガラスにヒビや亀裂が入ってしまうと、修理だけでは元に戻すことができないため、新しいものに交換する必要があります。 ここでは、断熱ガラスの特徴や構造を説明しています。 建物の中の空調効率を上げたい場合は、窓に断熱性能のあるガラスを設置することで、室温が安定しやすくなります。 断熱ガラスに交換することで、結露を防ぐことにもなりますので、建物にとっても施工するメリットが大きい対策のひとつです。 火災に備えた、窓ガラスの防火対策について説明しています。 防火ガラスを設置することで、火災時に破片が飛散するのを防ぎ、長時間、火を閉じ込めて延焼を防ぎます。 また、断熱ガラスの性能も併せ持つ防火ガラスもあります。 外壁は日々雨や風、紫外線などにさらされるため、長い間放置しておくと塗装膜がはがれたり、劣化したりしてしまいます。 そうなると、雨や湿気が内部に入り込み壁材や基盤の腐食へと進行します。 屋根は建物の中で紫外線や雨風の影響を最も受ける場所です。 塗装の膜が活きているうちは問題ありませんが、5年以上経過すると塗装膜が枯れて来るので鉄板の伸縮に追従出来なくなり塗装膜が割れ始めて塗膜剥離が発生します。 メインの塗装には下塗り、 中塗り、上塗りの3工程があります。 屋根塗装は、下地処理の良し悪しで品質が決まると言っても過言ではありません。 下地処理をきちんとしないと、短期間で塗装が剥げる場合もあります。 外壁塗装の塗料は、主に水性系、溶剤系、弱溶剤系などに分けられ、さらに弾性塗料、硬質塗料など、実に多くの種類がありますが、近年では、臭いの少ない水性系塗料が主流となっています。 外壁塗装工事の工法として、大きく分けると吹付け工法(主に新築の際に使用)、ローラー工法(主にリフォームの際に使用)、特殊工法に分けられます。 それぞれの工法により、模様が違ってきます。 屋上面では防水層が雨水の浸入を防いでいます。 この部分は常に風雨や直射日光にさらされるため劣化を避けることが出来ません。 建物の寿命を延ばすには、一般に5~10年に一度の防水工事が目安とされています。 現在木造住宅ではFRP防水が主流となっています。 FRP防水は1日で施工を完了させることも可能で、継ぎ目のない優れた防水層をつくります。 FRPの防水層は軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れているという特長があります。 ウレタン防水は最もポピュラーな防水工事であり、改修時の手間がかからずコスト面で優れています。 ウレタン防水の特徴は、防水層が軽量であり建築物に負担をかけない点と、ウレタン塗膜が複雑な収まりにも容易に対応出来、防水面に継ぎ目のないシームレスな防水層を形成できる点などがあげられます。 ベランダ防水の不具合が原因による雨漏りはとても多く、ベランダの防水工事は非常に重要な工事であると言えます。 日常的に人の出入りが多いため、傷みやすく雨漏りが発生しやすいのです。 屋上や陸屋根のから雨水が浸入すると雨漏りするばかりか建物自体の強度を低下させ、建物の寿命を縮める結果となります。 屋上防水工事は建物の安全性や資産価値保持のために不可欠です。 建物からの漏水を食い止めるために行う工事を止水工事と言います。 天井や壁、床などを作る内装仕上工事は、建物の最終的な仕上がりを決める大切な仕事です。 インテリア工事、天井仕上工事、壁張り工事、間仕切り工事、床仕上工事、畳・ふすま工事、防音工事などが内装仕上工事になります。 軽天工事とは、壁や天井の下地となる骨組みを作る工事です。 建物の骨組みを作った後、最初に入る内装仕上工事なので、この作業の出来栄えによって、その後の内装仕上げ工事、建物の居住性が大きく変わります。 昔の家には天井などはありませんでしたが、天井にはほこりやチリの落下防止や明るさの調整など様々な役割があります。 天井が剥がれ落ちたりすると被害が大きくなるため、細心の注意をもって内装仕上を行います。 壁に貼る壁材にはクロスや塗り壁、木材、タイルといったものがあり、それぞれに費用や工期、耐久性などの特徴があります。 使用する壁材のメリット・デメリットを把握し、目的に応じたものを選びましょう。 間仕切りは壁とは違ってレイアウト変更や移設などに容易に対応出来るうえに再利用も可能です。 間仕切りにもLGSやガラス、スチール、アルミなどの様々な材質のものが用意されていますから、特徴を把握して最適なものを選んでください。 屋外の騒音が建物の中に聞こえないようにする防音工事は、落ち着いた生活には欠かせない大切な工事です。 窓や壁、床や天井などに適切な処置を施すことで、快適な暮らしを手に入れる事が出来ます。 見た目にはあまり分かりませんが、決して手を抜けない内装仕上工事です。 最近では畳やふすまにも様々なバリエーションが用意されており、好みに合わせてカスタマイズすることが可能です。 和室がなくても洋室にフィットする畳もありますから、自分には関係ないと思わずに参考にしてみてください。 熱絶縁工事 建具工事の内容について説明しています。 建具には金属製の建具や木製の建具があり、施設や住宅の機能を安全に、快適にする役割があります。 ここでは、カーテンウォールやシャッター、サッシ、ふすま、パーテーションなどの、建物に取付けるパーツの解説です。 自動ドアを導入することで、福祉施設や病院、商業施設などの機能性、利便性を向上します。 ここでは、自動ドアの仕組みと導入メリット、取付け工事の概要を紹介しています。 シャッターの役割、種類、取付け工事の流れを説明しています。 施設の種類によって、目的に応じたタイプの違うシャッターを施工することが可能です。 和ふすまを張り替える時の工程を、解説しています。 ふすまはちょっとした衝撃で敗れやすく、経年劣化しやすい建具です。 そのため、定期的なメンテナンスや修繕が必要となります。 サッシの取付け工事についての説明をしています。 建物の築年数が経過すると、アルミサッシが劣化してしまいますので、窓のたてつけが悪くなっていきます。 そのため定期的な点検と、交換が必要な部分です。 フロアを仕切って有効にスペースを活用できるパーテーションの種類と設置工事を説明しています。 簡単に取付けができるため、短いスケジュールで工事を行うことができます。 水道施設工事 消防設備工事は、消火設備や警報設備、避難設備を設置する工事で、建物の大きさや用途によって必要な設備が消防法で義務付けられています。 これをおろそかにすると罰則もありますし、大惨事を引き起こす危険性もありますから、必ず定められた消防設備を設置するようにしましょう。 屋内消火栓の多くは、非常ボタンのついた四角い扉の中にあるホースなどを含む消火設備です。 これは、火事になった時に自分たちで消火するためのものですから、素人が触ってもいいものなのです。 屋外消火栓は、屋内消火栓と似ていますが放水量が多く、建物の1階、2階に使用するなどの違いもあります。 屋外消火栓は屋内消火栓とどう違うのか、屋外消火栓にはどんな種類があるのか、ご説明します。 火災の熱を感知して放水するスプリンクラーにも、様々な種類があります。 それらは、広さや間取り、天井の高さなどによって使い分けられているのです。 東京ドームにもスプリンクラーは設置されています。 また、スプリンクラーの設置の流れもご説明します。 火災報知設備は、自動的に火災を感知して知らせてくれる設備です。 また、ボタンを押して他の人に火災を知らせる事も出来ます。 火災報知設備の仕組みや感知器の種類、設置の流れなどについてご説明します。 建物の解体を行う前には「解体工事の届出」「電気・ガス・水道などを止める」「不要品を処分する」「浄化槽の汲み取り」「井戸の処理」などが必要となります。 また解体後には「建物滅失登記」を行わなければなりません。 解体工事中に発生する振動や騒音、ほこりなどは、ご近所に対して迷惑をかける可能性があるため、苦情やトラブルの原因となる場合があります。 そういった事態を避けるためにも、事前の挨拶や対策が必要になります。 解体工事には、住宅建替えの際に行う解体工事や、アパート・マンション・ビルの解体、オフィスや店舗の内装解体などの種類があります。 内装解体とは、壁や間仕切りなどを撤去し、建物の新たな利用を可能とするために行う事前工事です。 建物内部のイメージやレイアウト、デザインなどを一新する手段として、ビル・マンション、店舗など様々な施設で内装解体工事が行われています。 スケルトン工事とは、建物の内部だけ共用部分を残し、仕上げ材を解体し、躯体だけにしてしまう工事のことです。 原状回復工事とは、賃借部分を契約前の状態に戻すことを言います。 内装解体業者にはアスベストや産廃の適切な取扱いが求められています。 工事を依頼する際には、アスベストや産廃問題にきちんと取り組んでいる業者を選ぶことが重要です。 お問い合わせはコチラへ!.

次の

三愛プラント工業(株)|グループ会社一覧|三愛石油株式会社

三愛 プラント 工業

発電所配管の酸洗から半導体・FPD製造装置や超高真空(UHV 、極高真空(XHV)環境を必要とする実験装置の表面処理まで 三愛プラント工業株式会社は発電プラントの配管の除錆、防錆処理からスタートし 現在では航空機用チタン部材の表面処理、半導体・FPD製造装置等の高度な真空特性を求められる真空装置の表面処理を手がけています。 小惑星探査機「はやぶさ」がイトカワから持ち帰った採取サンプルの保管容器や、東京大学宇宙線研究所の大型低温重力波望遠鏡(「KAGRA」総延長6km)の真空ダクトなどに当社の技術が採用されています。 得意先は大手重機械メーカーから政府系研究機関まで多岐に渡ります。 関東、関西にあわせて3ヶ所の処理工場があり、千葉県木更津市のかずさクリーンテック事業所では主として真空装置の電解研磨、化学研磨、精密洗浄を行っています。 埼玉県川口市の東京事業所と兵庫県高砂市にある関西事業所ではプラント関連配管を始めとする炭素鋼、SUS等の防錆、除錆、溶接焼け除去、関西事業所ではさらにチタン部材の表面処理にも力を入れています。 また木更津市にある技術開発センターではお客様のご相談に応じ、様々な金属の表面処理手法を研究開発しています。 その成果が認められ、第5回岩木トライボネットワークアワード優秀賞という大変名誉ある賞を受賞しました。 表面処理(化学研磨・電解研磨)を組合せることで、より高品質な真空環境の達成を可能とします。 材種に最適な脱脂・洗浄処理を行い純水洗浄後、クラス1000クリーンルーム内で露点管理された窒素でブロー・包装し、お客様の元にお届けいたします。 部材の再使用を可能にします。 また、汚染された部品を廃棄する際の無害化も請負います。 表面処理剤には、毒性が無く除錆とリン酸鉄皮膜化成が同時に行える「アポリーA400」を使用しています。 廃液の発生量を大幅に抑えることができ、環境保全に貢献します。 津波や土砂災害で被害を受けた発電所の洗浄工事を行いました。 その他、工場の配管ラインやタンクの洗浄もお任せください。 詳細情報.

次の