エモ いと は。 「エモい」の由来

エモい(えもい)

エモ いと は

それは「エモい」 謎めいた「エモい」世界を紐解いてみたいと思います。 2016新語に「エモい」 「あの曲エモいよね」という表現や「 エモい」というハッシュタグがよく使用されていますが、どんな意味なのでしょう? 「ナウい」=熱い、流行している という意味かと思ったら違ったみたい。 最近耳にするようになったと感じていたのですが、調べてみると三省堂辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2016」第2位に選ばれていました。 エモ・い 2 (形)〔emotionを形容詞化したものか〕 〔音楽などで〕接する人の心に、強く訴えかける働きを備えている様子だ。 第3位は「ゲズい」でした。 えっ?2016年から存在していたの? 時代の流れとともに新しく生まれてくる新語は、いわゆる「若者言葉」と言われています。 「ほぼほぼ」はたまに使うことがありますが、「ゲスい」はこれまでの人生で一度も使ったことはありません。 今後もない気がします。 ロケーションギャップですかね。 語源はエモーショナル Twitterで「 エモい」を検索してみました。 顔ハメパネルの写真とか五輪ピンバッジまでもがエモい・・・? 調べるほどに「エモい」はナゾい。 「Emotional」に由来していることから 「エモい」=感情的な、情緒的な という意味合いは想像できます。 しかし、この「エモーショナル」という言葉がそもそも難しいんです。 古語「いとをかし=とても趣がある」と同じようなニュアンスでしょうか。 心揺さぶられる。 どこか物悲しい。 そんな感情を表すひとことが「エモい」 なるほど。 一瞬「エロい」と聞き間違えてびっくりしそうなので、発言する際はお気を付けください。 特に、おじさまがた。 「今日の俺、エモいんだよね」 なんて軽はずみな発言で、セクハラ容疑をかけられることのないように・・・。 pea-nut.

次の

エモい

エモ いと は

意味 [ ] 感情が揺さぶられたときや、気持ちをストレートに表現できないとき 、「哀愁を帯びた様」 、「趣がある」 「グッとくる」などに用いられる。 概要 [ ] 元々は音楽のジャンルの一つである「」からきており、メロディアスで哀愁的な音楽性と切ない心情を吐露する歌詞が特徴的なロックミュージックを指す。 音楽シーンではから使われていた。 パンクロックの一種である「エモーショナル・ハードコア」の略称であるとも言われる。 エモーショナル・ハードコアは、メロディアスな音楽に感情的な歌詞をのせたロックミュージックで、ここから派生して激情的・感動的な音楽を「エモい」と表現している。 のは、「『エモい』を日本で一番よく使っているのはの。 落合にとっての『エモい』とは、ロジカルの対極にある、一見ムダなもの。 『』や『いとをかし』である」と解説している。 また、荒川本人も著書「超ソロ社会」の中で、「エモい」という感情が消費を動かすという「エモ消費」という概念を提唱している。 のも、同様に古代の「あはれ」と似た意味があるとしており、「『いとあはれ』と言っていた昔の宮廷人は、現代に生まれていたら『超エモい』などと表現していたはず」と述べている。 若者言葉としての「エモい」 [ ] としての「エモい」自体は頃から存在していたが 、の「今年の新語 2016」で2位にランクインしたことをきっかけに話題になった。 の記事でも、「エモい」について「『うれしい、切ない、寂しい』などの複数に交じった感情を表現するとき、『ヤバい』と似た使われ方をされる」と解説しているが 、前出の荒川は「ヤバい」の代用という意味は正しくないと述べている。 に入り若者の間で「エモい」が使われるようになった要因として、「ストレートに感情を表現できないモヤモヤが増えたため」との指摘がある。 に出版された「みんなで国語辞典! 」においては、「エモい」について「怒って感情を露にすること」と解説されている。 脚注 [ ] []• 、「ヤバい」に続く若者コトバ、複雑・不可解な感情表現、女性消費の新基準に。 : p. 1 - 日経テレコンにて2017年10月9日閲覧。 ねとらぼアンサー. 2016年12月11日. 2017年10月9日閲覧。 東洋経済オンライン. 2017年10月9日閲覧。 ソロで生きる力 荒川和久. 2017年10月9日閲覧。 (東京朝刊) : p. 12 - 読売記事検索にて2017年10月9日閲覧。 : p. 4 - 日経テレコンにて2017年10月9日閲覧。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

「エモい」は古語の「いとをかし」に当てはまる!?

エモ いと は

茂木俊伸 熊本大学大学院 人文社会科学研究部 准教授。 専門分野は日本語学(現代日本語の文法、語彙)。 「ことば研究館」の「ことばの疑問」で解説を担当した「」はTwitterやFacebookなどのSNSでも話題を集めた。 私の楽しみは、日常生活のどんなところからでも日本語の不思議を探して分析すること。 「エモい」という言葉の意味について「今年の新語2016」のでは「感動・寂しさ・懐かしさなど、漠然としたいろいろな感情表現」に使われると解説しています。 感動や感激を表す言葉として既に「やばい」という言葉が定着していますが、「エモい」が好んで使われるのには、2つ理由があるようです。 一つには、「やばい」との「意味的な守備範囲の違い」が考えられます。 例えば、ある店で食べたラーメンは「やばい」けれど、ふと目に入った風景は「エモい」というように。 「やばい」が直接的な刺激に対する興奮を表すのに対し、「エモい」はモノから喚起されるさまざまな感情を表し、特に懐かしさや切なさのような、より静かな心の揺れ動きまでを広くカバーしているように感じられます。 Instagramで「 エモい」を検索した結果。 2018年7月8日時点で3万件以上の投稿がある もう一つの理由は「分かりにくさ」です。 「エモい」はもともと音楽業界で使われていたとされますが、「エモ」の部分の元の語が「emotion(al)」だったとは想像しにくく、分かる人にとっては意味を分かって使えることの楽しさや優越感が、分からない人にとっても不思議さや面白さが感じられるのではないでしょうか。 Twitterでも「チルい」(英語の「chill」+い)、「メタい」(英語の「meta-」+い)といった外来語形容詞が普通に使われているように、専門的な言葉から生まれた言葉も、今はちょっとしたきっかけで広まりやすくなっていると思われます。 「外来語+い」を阻む「原則の壁」 「エモい」には、文法的な面白さもあります。 そもそも「〜い」という形容詞の形は、外来語ではほとんど見られません。 外来語は通常「イノベーティブだ」「セレブな」のように、「だ」や「な」を付けて形容動詞を作るからです。 日本語に定着している「〜い」という外来語の形容詞は「エロい」「グロい」、そして(死語と言われつつネタ的に生き残っている)「ナウい」の3語くらいだといわれています。 しかし、若者言葉にはこの原則を崩し「〜い」という外来語形容詞を作ろうとするケースがたびたび見られます。 形として希少性があり、語感もリズミカルで楽しいからでしょう。 例えば『図解 平成ぶっこわれコトバ事典』(第三文明社刊、2005年)には、「グラい」(昼夜問わずサングラスをかけている)、「ジェラしい」(うらやましい)、「テクい」(上手だ)、「ニュウい」(新しい)、「プロい」(プロ並だ)などの外来語形容詞が挙げられています。 とはいえこうした外来語形容詞のほとんどは原則の壁に跳ね返され、定着しないまま消えることを繰り返してきました。 2018年現在、Twitterを観察すると「テクい」や「プロい」はまだ使われているようですが、「グラい」や「ニュウい」などは見かけなくなっています。 日本語研究者の私は、そんなエモい展開を期待しています。

次の