本体 メモリ 空き 容量 不足 治ら ない。 パソコンのメモリ不足の原因と解消方法(Windows10)

スマホのストレージ空き容量を「ガバッ」と空ける簡単な方法

本体 メモリ 空き 容量 不足 治ら ない

関連記事 3.パソコンのメモリ不足が発生する原因とは? では、なぜパソコンのメモリ不足が発生するのでしょうか? この項では、その理由の一例をご紹介します。 3-1.メモリの容量が小さい パソコンのプログラムによっては、メモリをたくさん消費します。 たとえば、グラフィックが美しいゲームや、複雑な製図ができるソフトなどはメモリを消費しやすいでしょう。 ですから、メモリの容量が小さいパソコンにメモリの使用量が多いソフトをインストールすると、メモリ不足になりやすくなります。 3-2.同時にたくさんのプログラムを作動させている パソコンを使っていると、表示されていなくてもたくさんのプログラムが動いていることがあるでしょう。 代表的なものは、ウィルス対策ソフトですね。 このようなソフトがいくつも同時に作動していると、メモリ不足が起きやすくなります。 3-3.周辺機器の影響 パソコンにプリンターをはじめとする周辺機器をつけて使用している方も多いでしょう。 周辺機器もメモリを使用します。 ですから、周辺機器をつけすぎていたり古い周辺機器を新しいパソコンにつないでドライバーが適応していないとメモリが不足している、と判断される場合があるのです。 3-4.空き容量の不足 パソコンにたくさんのファイルを保存して、CドライブやDドライブがいっぱいになってしまっても、メモリが不足しがちになります。 また、パソコンの動作が遅くなっている理由の多くが、空き容量の不足です。 一度自分のパソコンの空き容量をチェックしてみましょう。 関連記事 4.メモリ不足を解消する方法とは? メモリ不足を解消するにはどうすればよいのでしょうか?この項では、その方法をご紹介します。 メモリ不足の警告が出て困るという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 4-1.メモリを増設する パソコンのメモリは増設できるようになっています。 自分でも行えますが、サポートの一環としてメーカーでも行ってくれるのです。 また、家電量販店でも行ってくれるところがあるでしょう。 現在のパソコンが古くてメモリの容量が足りない場合は、実践してみましょう。 4-2.不要なファイルを削除する メーカー品のパソコンを購入すると、あらかじめいろいろなソフトが入っています。 その中には、全く使っていないものもあるのです。 そのようなソフトを削除すれば、メモリは軽くなるでしょう。 ソフトを削除する方法は、ゴミ箱に入れればよいというわけにはいきません。 必ず「ソフトのアンインストール」という方法を行います。 パソコンを買ってから一度も使用したことのないソフトは、思い切って削除していましょう。 4-3.パソコンの機能を調整する パソコンは、見やすいように使いやすいように調整されています。 ですから、パソコンの機能を調節して、メモリを軽くする工夫をしましょう。 特に、Windowsのバージョンが新しいほど、視覚優位な機能がオンになっているのです。 ですから、パフォーマンスを優先にしてあげると、メモリ不足が解消する場合があります。 4-4.デフラグを実行する パソコンは使い続けるうちに、保存してあるファイルが細切れになっていきます。 ですから、「デフラグ」という機能を実行してみましょう。 Windows7以降は、デフラグが定期的に実行できるようにパソコンから設定できます。 ですから、設定が1か月おきになっている方は、1週間おきにしてみてください。 また、Cドライブを開けて「ファイルのクリーンアップ」を実施します。 そうすれば、不要なファイルの記憶が一掃されてメモリ不足が解消されることがあるのです。 4-5.パソコンを買い替える パソコンのソフトは、年々メモリを多く使うようになっています。 また、パソコンのメモリの容量は、新しいものほど大容量になっているでしょう。 10年前のパソコンと最新型のパソコンを比べると、容量が10倍以上のものも少なくありません。 パソコンに詳しい方だと、古いマシンにOSをインストールし直して使う方もいるでしょう。 しかし、パソコンの平均的な寿命は約5年といわれています。 ですから、5年以上使ったパソコンはいくらメモリを増設しても、ソフトを起動するとメモリ不足になる場合も珍しくないのです。 ですから、メモリを増設してもパソコンの機能を調節してもメモリ不足になるという場合は、買い替えを検討してください。 企業のパソコンも同様です。 企業でパソコンを使っている場合、たくさんのパソコンを一度に買い替えるのは難しいケースも多いでしょう。 このような場合は、パソコンをたくさん使う部署から交換していってください。 そうすれば、効率的にパソコンを交換できるでしょう。 パソコンを5年以上使っているという方は、そろそろ買い替えを検討してみてください。 なお、パソコンはほかの家電のようにゴミ捨て場に捨てることはできません。 企業に回収してもらうか、パソコンを無料回収してくれる業者を利用しましょう。 関連記事 5.おわりに いかがでしたか? 今回はパソコンのメモリ不足の原因や解消をする方法をご説明しました。 まとめると• パソコンのメモリ不足とは、作業場の不足である。 タスクマネージャーを起動して、メモリの使用量をチェックしよう。 不要なファイルを削除したりデフラグを行ったりして、パソコンのメモリ不足を解消しよう。 5年以上使ったパソコンは、買い替えを考えよう。 ということです。 現在は、パソコンの代わりにスマホやタブレットパソコンを使用する人も増えてきています。 メモリ不足と聞いてもピンとこない人もいるかもしれません。 しかし、仕事の場では、まだまだ複数のファイルを一度に動かすことも珍しくないでしょう。 「メモリ不足です」という警告に、慌てないように対策法を学んでおいてください。 きっと役に立つはずです。

次の

「本体メモリ空き容量不足」メールが送受信出来ない時の対処方法【Android】

本体 メモリ 空き 容量 不足 治ら ない

【 本記事のターゲット 】• Androidのスマートフォンを利用している• 容量が不足していて写真や動画を撮影できない&アプリが入れれない• データを削除せずスマホの空き容量を増やしたい 最近少し話に出てきたのですが、Androidのスマートフォンを使っている方の中で、「容量不足」という事に悩んでいる方がかなり多いみたいです。 そしてほとんどの方がそのまま放置&大切なデータを削除しているという現状があるらしく... 折角なのでAndroidスマートフォンの容量がいっぱいになった時の対応策をまとめてわかりやすくご紹介してみたいと思います。 スマホの容量がいっぱいになって困っているという方は、本記事を参考にしてみて下さいね。 スマートフォンの空き容量不足の原因を考える そもそもスマートフォン自体の容量が少ない まずスマートフォン自体の容量が圧倒的に少ない... という事が挙げられます。 Androidスマホの場合、製品の仕様ページを見ると「ROM」という項目があると思いますが、これがAndroidスマートフォンの保存領域に該当します。 そして例えばこちらに16GBと記載されている場合、ほとんどの方が「16GBも使えるんだったら十分かなぁ」と思ってしまうみたいですが... もちろんこの16GBというのはAndroidのシステムを動かす為のプログラム(OS)領域も含まれているので、実質10GBあるかないか... という感じになります。 ちなみに今mogの手元にROM:16GBのAndroidスマホがあるのですが、ほとんど初期状態なのですが、実質利用できる容量はなんと8GBほどしかありませんでした... なので個人的には最低でも32GB以上は欲しいところ、欲を言えば64GBはあった方がいいかなと思います。 カメラで写真&動画の撮り過ぎ スマホの容量が足らなくなる原因でもっとも多いのが「カメラ」の使いすぎ。 最近のスマホはめちゃくちゃカメラの性能がいいので、写真や動画をスマホで撮影しても結構綺麗な写真などが撮れるようになってきています。 が、その反面写真1枚の容量が肥大化してきています。 最近だと1枚3MB以上になる時も多いかと... そして動画撮影、これに関してはたった1分程度でも100MBといった莫大な容量になる事も多いかと。 例えば子供の運動会や発表会といったシーンをスマホで撮影してみた日にはもう... スマホの容量は一気になくなってしまいます(汗) 容量が大きいアプリケーションがインストールされている 写真や動画撮影の次に多いのがアプリケーション。 例えばドラクエ8などのRPGをインストールしていたりしませんか? mog自身もiPadになりますが、ドラクエ8をインストールして日々RPGを楽しんでいたのですが... こういったオフラインでも遊べるようなアプリはかなりの容量を要します。 ドラクエ8に限っては1つのアプリで1GB〜2GBほど... その他は漫画アプリなども要注意。 無料の漫画アプリって今沢山提供されているのですが、そのほとんどがジャンプなどのように毎週日々決まったコンテンツが更新されていくタイプが多いかと。 この場合、一度閲覧したマンガはオフラインでも見えるようにAndroidスマホ内へダウンロードしている場合があるので、これを1年とか続けているととんでもない容量になっていることも... 空き容量が不足するとどうなる? 上記にて説明した形で、スマホの容量はどんどん足らなくなっていきます... そして最終的にどのような挙動になるかというと、例えばアプリを入れたり写真を取ろうとした際に、• この端末には領域が十分にないため、アプリをダウンロードできませんでした。 不要になったアプリやコンテンツを削除してからもう一度お試しください。 写真を撮影するのに十分な空き容量がありません といったエラーメッセージが画面上に出てきて、アプリを入れれなくなったり、写真や動画撮影も出来なくなってしまいます... こうなる前に... 個人でできる対策というのは沢山あるので、もし今現段階で容量がいっぱいになってしまっている方も、下記に記載している内容を参考にしていただき、スマホ内の容量削減に取り組んでみてくださいね。 スマホの中に保存されている写真&動画データをパソコンに移行 ではまず第一段階として、そもそも不要な写真や動画・アプリケーションなどは削除するようにしましょう。 これは基本です。 で、その上で「このデータは削除したくない... 」というのが必ずあるかと思いますので、下記手順をまずは試してみてください。 写真や動画データは定期的にパソコンへ移行しよう これも他の方からの話の中で聞いたのですが、スマートフォンで撮影した写真や動画の抜き出し方(パソコンへ転送等)がわからず、そのままにしているという方がほとんどだとか... 折角いい感じで撮影出来た写真も、そのままスマホの中に入れっぱなしで、最終的には容量がいっぱい=削除しないといけないなんて事になると悲しいですよね... という事で、そんな方のために以前Androidスマホ内の写真をパソコンに転送して保存しておく方法といった記事を記載した事があります。 まずはこちらを参考にしていただいて、撮影した写真や動画データはパソコンに保存・バックアップしておきましょう。 移行し終わったらスマホ内の不要なデータを削除して空き容量を増やす 上記手順でパソコンに写真や動画データを保存したら、保存し終わったスマホ内の写真や動画データで削除できるものは削除していきましょう。 どうしてもスマホの中で写真や動画などを入れておきたい... という方は、次にご紹介する「スマホの容量自体を拡張する方法」を試してみてください。 microSDカードを使ってスマートフォンの容量を増設 microSDカードとは? Androidスマートフォンの容量自体を拡張する方法としては、microSDカードを活用する形になります。 microSDカードは上記写真の右側、めちゃくちゃ小さいので紛失に注意が必要です。 デジタルカメラなどで利用しているSDカードは馴染み深い人も多いかと、その小さいバージョンと考えていただければOKです。 Androidスマホの製品仕様ページをみて見ると、メモリ欄に「microSDカードスロット」という記載がある場合があります。 ちなみに上記写真左側に写っているのがmicroSDカードをSDカードの大きさに変換できるアダプタになります。 mog自身、microSDカードの中身をパソコンでも簡単に見れるようにしておきたかったのでこちらも合わせて購入しています。 まぁスマホの中のデータは写真を移行する手順でご紹介したような感じで、microUSBケーブルでパソコンに接続すれば見えるので、必要な方のみ購入するようにしましょう。 そんなに高くなかったですよ。 値段は... 忘れました(汗) スマートフォンにmicroSDカードを取り付ける方法 microSDカードを購入したら、早速Androidスマートフォンに取り付けしてみましょう... あれ?どこに取り付けるんだろう... と迷われる方も多いかと。 mogの経験上、大抵は下記2種類の位置にmicroSDカードスロットが付いていますので一度確認してみてください。 無い場合は一度製品説明書を... 裏面の蓋をとって、電池パック(バッテリー)を外したところ• 側面のSIMピンをさしてトレイを引き出したところ 下記スマホは裏蓋&電池パックを外したところにmicroSDカードスロットがあるタイプになります。 まぁ大抵はSIMスロットと同じ位置 or 近い位置にあるはずなので、焦らずに探してみましょう。 そしてよくやってしまうのが... microSDを挿入する場所を間違えるという行為。 確かにわかりづらい... SIMストッロと似ているので... 例えば下記スマホだと下段がSIMスロットで上段がmicroSDカードスロットになっているんですよね... 苦笑 なのでmicroSDカードを挿入する時は慎重に... ちゃんと場所と向きが合って入れば、ぴったりハマるはずなので... 違和感があったら一度中断して再度スロットの形とか方向をよく確認してみましょう。 あ、今回バッテリーを取り外すタイプの説明だったので強制的にスマホの電源はOFFになるのですが、SIMピンでスロットを開けて取り付けるタイプの場合、一度スマホの電源を切ってから操作するようにしましょう。 そしてmicroSDカードが無事装着できたらスマホの電源を入れてちゃんと容量が認識されているか確認します。 設定アプリケーション内にある「ストレージ」をタップしてみましょう。 すると「SDカード」という項目が表示され、端末容量とは別にSDカードの容量が表示されているはずです。 もしここで表示されていない... となった場合はmicroSDカードがちゃんと挿入されているか、スマホの再起動は行ったか?を再確認するようにしましょう。 容量が大きいアプリケーションをSDカードへ移行 microSDカードがちゃんとAndroidスマホで認識されたら、実際にmicroSDカードを使ってAndroidの容量を有効活用していきましょう。 microSDカードを挿入しても、Android本体の容量は変わらないので... microSDカードの容量分をいかに有効活用するかが鍵となってきます。 microSDカードを挿入したまま何も設定しないと基本はスマホ本体の容量を使う事になり、結果何も変わっていないという事になりますのでご注意を... ではまずアプリケーションから。 先ほども記載した通り、アプリケーションによっては1つで数GBの容量があるアプリも珍しくありません。 そこで、アプリ自体をAndroid本体の容量ではなく、microSDカードへ移行するという方法があります。 もちろん利用者にとって使い勝手が変わったりすることはありませんので、移行できるアプリケーションはどんどん移行させてみましょう。 ではアプリの移行方法ですが、設定アプリケーションを開いて「アプリ」をタップしてみましょう。 すると、現在Androidスマホで利用しているアプリ一覧を表示する事ができます。 この中から比較的容量が大きいアプリケーションを探してタップしてみましょう。 今回はデモとして「Facebook」を選択してみました。 アプリケーションの容量など詳細を把握する事もできますが、注目するポイントは画面下部の「以下へ移動する:SDカード」という部分。 こちらをタップすると、Androidスマホ本体のメモリにあるアプリケーションをmicroSDカードの領域へごそっと移行する事が可能となります。 移動をタップすると少々時間がかかりますが... そのまましばらく待機しておくと下記のような画面に変わります。 「以下へ移動する:内部ストレージ」と表記が変わりましたよね?ちゃんとmicroSDカードへアプリが移行された事がわかるかと思います。 ちなみに基本Google Playからインストールした外部アプリは移行できるものがほとんどですが、一部標準アプリなどは移行できないものもあります。 その場合は「以下へ移動する:SDカード」がグレーアウトしていてタップできない状況になっているはずです。 写真&動画撮影時の保存先をSDカードへ設定しておく あと写真や動画撮影にもmicroSDカードを有効活用しましょう。 もちろん手動でAndroid本体のメモリ内からmicroSDカードへ写真や動画データを移してもいいのですが、さすがにそれは面倒ですよね... そこで、写真や動画を撮影した際、Androidの本体メモリに保存されるのではなくデフォルトでmicroSD内に保存されるように設定変更してみましょう。 まずはカメラアプリケーションを起動します。 すると、画面端(下記キャプチャの場合だと左上)に歯車マークが表示されるので、そのアイコンをタップします。 カメラの設定画面が表示されるので、その中から「ストレージ」という項目をタップします。 すると上記のように「本体メモリ」か「SDカード」かを選択できるようになります。 SDカードと設定しておけば、カメラアプリケーションで撮影した写真や動画は本体領域には保存されず、microSDカード内の領域に直接保存されるようになります。 最後に 今回はAndroidスマートフォンで容量不足になる原因や対策、microSDカードの増設・活用方法などをご紹介しました。 スマホの容量不足は主に「アプリ」と「写真&動画」が圧倒的に原因としては多いので、microSDをスマホに増設するなどして、容量不足に陥る事なく快適に利用できる環境を自分自身で作ってみましょう。

次の

Androidスマホの容量不足を解消する方法──いっぱいになった内部ストレージの空き容量を増やす基本テク

本体 メモリ 空き 容量 不足 治ら ない

キャッシュデータの削除の仕方 メモリの空き容量と言われると、アプリが多いのかと思ってしまって削除してしまう人もいます。 それも一つの方法ではありますが、そこまでしなくてもメモリの空き容量は確保できます。 それはアプリのキャッシュを削除することです。 これは削除しても本体のデータが消えるわけではなく、次の起動時に時間がかかるだけなので、時々使うけど毎日は起動しないアプリについてはキャッシュを削除しておいても良いのです。 そして、その方法はどのスマホでも「設定」から「ストレージ」の項目を開き、そこにある「キャッシュデータ」の項目をタップすると全削除することができます。 ただ、毎日使うものが多い場合は、アプリ単体からキャッシュを削除したほうが良いです。 これは「設定」から「アプリ」の項目へ直接行って「ストレージ」の項目をタップしても同じ項目にたどり着きます。 キャッシュを削除した後は、メールで受信を行い、最初に出たメモリ空き容量のメッセージが出なければ空きが確保できたことになります。 一週間に一回など削除する頻度を決めておくと、メモリの容量不足の対策ができます。 空き容量を確保する3つの方法 キャッシュをある程度削除してもメッセージが出るとか、一時的にはできるけど度々メッセージが表示される場合は根本から見直さなければいけません。 一般的に スマホは全体の容量に対して5GB以上の空きがあることが望ましいとされています。 そうなると、32GBの容量だと27GB以下が使える 実際は元から入っているアプリやシステムがあるのでもっと少ないです ことになるので、新しくスマホを買う場合はそのことも意識して買うと良いです。 不要なアプリの削除 最初にも書きましたが、これが一番簡単で手っ取り早く解決できる方法になります。 ただ、androidのスマホ内には元からあって削除することのできないアプリがいくつかあるので、それについてはキャッシュを削除する以外に対処できません。 それ以外については、使う頻度を考えてアプリを削除するのがオススメです。 SDカードへの移動 写真やアプリ内のデータの一部はスマホのSDカードに移動させて保存ができます。 そうすると、本体容量も減るので、定期的に移動させることがオススメです。 写真もたくさん撮ると軽視できない容量になるので、特に注意が必要です。 アプリについては一部なので、移動できないものも多いですが、できるものがあれば、容量確保ためにしておいた方が良いです。 クラウドサービスの利用 方法としてはSDカードと同じですが、移動できるデータについてクラウドサービスに転送して容量を減らすという方法があります。 GoogleにはGoogleドライブや無料のGoogleフォトのサービスもありますし、それ以外でもスマホで繋げやすいものなら何を使っても構いません。 また、手間でさえなければ、スマホをパソコンに繋いで直接移動させれば、SDカードやクラウドサービスと同様に空き容量を作ることができます。

次の