ビストロ 1600。 スチームオーブンレンジビストロがついに来た!NE

ワンボウルで本格的な中華料理も作れる! パナソニック「3つ星 ビストロ」の進化を体験

ビストロ 1600

ボウルに食材を入れるだけで作れる「ワンボウル」メニューが進化! 「3つ星 ビストロ」は蒸し物や蒸し焼き、オーブン料理などいろいろな調理が行えますが、なかでも人気が高いのが、マイクロ波を吸収すると発熱するグリル皿を使ったグリル調理。 上下から同時に加熱することで、短時間で食品の表面も裏面もこんがりと焼き上がります。 このクラスの高性能なオーブンレンジでは加熱時間が10分以上かかったり、途中で裏返す必要のあるトーストも、3つ星 ビストロなら4分以下で焼き上がり。 冷凍した食品も凍ったままグリル調理できるほか、加熱エリアを絞ることで1〜2人分のグリル調理をよりスピーディーに行う「エリア加熱」機能も搭載されています。 上部に8cmのスペースを持たせれば、左右後ろは棚にピッタリ設置してOKなので、高さ45cmの棚に収めることもできます 新モデルは取っ手が木目調のデザインに! 上質さがアップしました マイクロ波を吸収して発熱する素材(フェライト)を裏面に施したグリル皿は、前モデルからチタンをコーティングしたものを採用。 上ヒーターの熱をチタンコートが反射することで、上火の温度上昇が早くなるのだそう。 また、従来の黒いグリル皿よりも見栄えがいいので、このまま食卓に並べてもおしゃれ! ヒーターとレンジ(マイクロ波)で両面を加熱するグリル調理で作ったラムチョップは、10〜14分(4人分)で焼き上がり。 直火で焼いたようにこんがりとしています。 なお、エリア加熱で2人分を作るなら、加熱時間は7〜11分で完成! グリル加熱で揚げ物を作れば、油をほぼ使わずヘルシー。 でも、サクサク食感なので食べ応えはあり! このライスコロッケ(2人分)は約8分で焼き上がります このような人気機能はそのままに、新モデルでは「ワンボウル」メニューが進化しました。 レンジ加熱なので一般的な電子レンジでも作れそうに思われるかもしれませんが、焦げ付かせることなく食材に最適に火を通して仕上げるためには、細やかな出力制御が必要です。 前モデルには、噴きこぼれを防ぎながら沸点を維持する「ワンボウルカレー」と「ワンボウルパスタ」のメニューが用意されており、カレーやシチュー、パスタを作ることができました。 「ワンボウルパスタ」メニューでナポリタンを作る場合、水とサラダ油を入れた耐熱ガラス製ボウルに、スパゲッティを半分に割って投入。 ウィンナーやたまねぎ、マッシュルームなどの具材を入れ、ラップをふんわりかけてオーブンレンジにセットします。 あとは、「ワンボウルパスタ」の「ナポリタン」を選んでスタートボタンを押すだけ! 約15分で2人分のナポリタンが完成。 手間なく1品作れるのがワンボウル調理の魅力です そんなワンボウルメニューに、「ワンボウル中華」と「ワンボウルフレンチ」が追加されました。 出力制御を調整するだけで簡単に追加できるメニューのような気もしますが、そう単純ではありません。 というのも、中華料理やフランス料理には水溶き片栗粉や小麦粉でとろみをつけるメニューが多く、とろみにより流動性が少なくなると焦げ付きやすくなるうえ、食材の温度が正しくセンシングできなくなるのだそう。 この課題を解決するため、NE-BS1600は0. 1秒という高速で食材の温度を検知するセンサーと、5段階でパワーをコントロールする「とろみセンシング」を開発。 「ワンボウル中華」メニューと「ワンボウルフレンチ」メニューでは、「とろみセンシング」が作動。 1秒ごとにきめ細かく温度を検知 新しく搭載された「ワンボウル中華」メニューと「ワンボウルフレンチ」メニューで、どんな料理が作れるのか実演の様子を紹介! まずは、片栗粉でとろみをつける「八宝菜」を作ります。 耐熱製ガラスボウルに肉とえび、いかを入れ、片栗粉を投入してまぶします。 鍋で八宝菜を作る場合、食材に火を通したあと、水溶き片栗粉を加えて再加熱するという手間が必要ですが、ワンボウル調理では一緒に入れてOK 残りの食材と調味料を入れたら、準備完了 あとはラップをして、「ワンボウル中華」の「八宝菜」を選んでスタートボタンを押して待つだけ 約15分で加熱終了。 食材を混ぜてから、お皿に盛り付ければ完成です 見るからにとろっとしていて、きちんと八宝菜! 食べてみると白菜はシャキシャキで、えびはプリッとしています。 ボウルに入れたたらの切り身に薄力粉を振りかけ、まぶします。 残りの食材と調味料を入れて、ラップしたら準備は終わり オーブンレンジに入れ、「ワンボウルフレンチ」の「たらのプロヴァンス風」を選んで調理スタート 約13分の加熱で完成するので、お皿に盛り付ければこのとおり! おしゃれな1品が簡単にできちゃいました 試食してみると、たらの身にパサパサ感はなく火の通りも味の染み具合もバツグン! 「ワンボウルフレンチ」メニューには、さけのクリーム煮、キッシュ風オムレツ、鶏肉のバスク風、豚肉のマスタードソース、牛肉ときのこのクリーム煮などが用意されています 「発酵」機能の性能がアップ! いろいろな発酵食品作りが楽しめる 健康志向の高まりから自宅で作られることが多くなった発酵食品も、NE-BS1600で作ることができます。 さらに、最大設定時間も8時間に延びたので、長い発酵時間が必要な甘酒やヨーグルト作りも行えます。 高湿を好む菌が発酵を進めるパンやヨーグルトには「スチームあり」、酵素の働きやすい温度帯に早く到達したほうがいい甘酒には「スチームなし」というように、作る物に合わせて使い分けるといいそうです.

次の

【パナソニック ビストロ】最新オーブンレンジの進化がすごい【口コミ】

ビストロ 1600

パナソニックのビストロは、レンジ機能・グリル機能・スチーム機能・オーブン機能を備えたスチームオーブンレンジです。 最新のビストロ(型番:NE-BS1600)は、2019年6月1日に発売されました。 冷凍も冷蔵もまとめて2品同時に暖めることができる機能もあるので、日常使いにも最適です。 特に、ボウルに作りたい食材を入れるだけで自動的に調理ができる「ワンボウルメニュー」が好評ですね。 中華もフレンチも手軽に作れます。 今回は、パナソニック最新のビストロ NE-BS1600の特徴と旧型 NE-BS1500との違いを比較します。 新型ビストロは、どこが進化したのでしょうか?順に見ていきましょう。 旧型が生産停止となって、逆に高値となっています。 新型のほうが、安くて高機能ですので迷うこともありませんね。 最新 ビストロ【NE-BS1600】と旧型【NE-BS1500 】の仕様の違い! それぞれの仕様を比較してみましょう。 違いは赤くしてあります。 00 kW 1. 35 kW・1. 33 kW オーブン:1. 40 kW・1. 38 kW グリル:1. 35 kW・1. 33 kW オーブン:1. 40 kW・1. 6kg 本体のみ:19. 詳しく見ていきましょう。 1秒ごとに、細かく温度を見守ることができるように! 温度測定の精度が向上したことにより、肉や魚介類のたんぱく質の硬化を抑え、「とろみ」のこびりつきを抑制する機能が進化! 「とろみセンシング」により、例えばエビのプリップリッ感が、旧型の2. 4倍にアップ! エビに限らず、食感が大事なメニューも食材のおいしさを引き出せます。 上記により、火加減のむずかしい「とろみ」料理ができることで、 「ワンボウル中華」「ワンボウルフレンチ」を、ビストロにおまかせで作れるようになりました。 レシピは簡単3ステップです。 材料を切り耐熱ボウルに入れる• 調理メニューを選択してボタンを押す• パナソニックビストロ NE-BS1600とNE-BS1500の共通機能 次はパナソニックビストロ新型と旧型の共通機能を順に見ていきましょう。 また、自動で温めたり、「強・弱」の温度設定もできます。 乾物を戻すコース:乾物をすぐに戻すことができます。 エコナビ制御で、ご飯なら1杯30秒台という時短&省エネで適温にあたためます。 約15%の省エネとなります。 グリル【両面】:電波と上ヒーターで食品を加熱します。 食品を途中でひっくりかえす手間なく焼けます。 (ハンバーグなど)• グリル【上面】:上ヒーターのみで食品を加熱し、食品の上面のみ焦げ目をつけることができます。 (グラタンなど)• グリル【下面】:電波のみで食品を加熱し、食品の下面の追加加熱や下面の焦げ目をつけることができます。 スナックピザの場合、生地を作り、ソースと具をのせて、ビストロで約10分ででき上がります。 漬物も塩もみ不要ですばやく漬け込みができます。 また、野菜を蒸すこともできます。 また、スチームプラスで、手動のオーブン調理中にお好みでスチームを入れることができます。 ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

次の

パナソニックビストロ新型NE

ビストロ 1600

もくじ• 「ビストロ」の中に入っている付属品とレシピ集がすごい! こちらが我が家に届いたパナソニックのスチームオーブンレンジ「ビストロ」です。 ヤマダ電機で値切り交渉を粘って、かなりお安く買って設置していただきました。 「ビストロ」を買うと入っている付属品が、こちらです。 角皿:2枚• グリル皿:1枚• ミトン:1セット• 10分でちゃんとごちそう、100レシピ集 取扱説明書がやたらと分厚くて、後ろの半分は「料理レシピ集」となっています。 「10分でちゃんとごちそう、100レシピ集」は、短時間でも手抜きに見えないようなオシャレな料理が作れる料理が 100レシピも詰まっています。 パナソニックの会員サイト「CLUB Panasonic」に登録し、「キッチンポケット」というレシピサイトからレシピを検索し、本体にタッチすれば、調理する設定がすぐに反映されます。 これはすごい! 他の料理本なんていらないんじゃないかと思うぐらい、とにかくレシピが豊富にそろっていて、料理が苦手な人でも困ることがありません。 タッチパネル画面が自分の好みに合わせてカスタマイズできる 「ビストロ」はオシャレなカラータッチパネル画面になっていて、自分の好みに合わせてカスタマイズできるようになっています。 オーブンレンジって、自分が欲しいと思う機能が出てこないからわずらわしさを感じてしまいますが、カスタマイズができることによって、時短になって愛着が沸いてくるから不思議です。 手始めに、料理の基本であるハンバーグを作ってみよう! 早速ですが、料理の基本であるハンバーグを作ってみることにしましょう。 ひき肉、炒め玉ねぎ、牛乳にひたしたパン粉をよくこねて、ハンバーグの形に成型します。 グリル皿にサラダ油を塗ります。 グリル皿に、成型したハンバーグを乗せます。 4人分のレシピだと本当は4つなのですが、欲張って6つ乗せてみちゃいました! 「料理集」の中から「番号で選ぶ」で、ハンバーグの番号「225」を入力すると、ハンバーグのメニューが出てきます。 分量を選びます。 今回4人分ですね。 焼き色などの仕上がりも選ぶことができます。 今回はこのままで、スイッチオン!約15分間待ちます。 できあがりました〜!おぉ、電気代まで表示されます。 これは電気代の節約の目安がわかりますね。 こんがりと出来上がっていました〜!欲張って6つ入れましたが、6つとも同じように焼きあがっていました。 「お母さん、これおいしい!もう1つ食べる!」 ハンバーグが大好きな子供達は、奪い合って食べていたぐらいでした。 フライパンだとどこか油っこさがありましたが、グリルで焼くと香ばしくて、とってもヘルシーに仕上がります。 ビストロ、すごいなぁ! さて、ここで私がなぜ「ヘルシオ」ではなく、「ビストロ」を選んだのでしょうか?3つほど理由を上げてみました。 理由その1:上から蒸気がほとんど出ず高さがコンパクト 我が家の台所事情、上に食器棚があるのです。 高さにして約18cmなのですが、「ヘルシオ」は過熱水蒸気で焼き上げるため、かなりの水蒸気がでます。 食器棚を傷める原因になることで、「ヘルシオ」は選択肢からはずれました。 また本体の大きさは「ヘルシオ」も「ビストロ」もそれほど変わらないのです。 しかし、「ヘルシオ」の高さが約42cm、「ビストロ」が約39cmと 約3cmもコンパクトサイズであることで、レンジの上をより多く活用することができます。 設置スペースを考えて購入することも、1つの選択肢に入れておいた方がいいでしょう。 理由2:トーストを焼く時間がスピーディでこんがり! 「ビストロ」のすごい所は、 大火力極め焼きヒーターにより、高火力な平面ヒーターで、表面はパリッとさせながら脂を落とし、中はジューシーに焼き上げることができます。 毎朝かかせない朝食の中で、トーストを焼くことが多いですよね?今回トーストを1枚焼いてみることにしましょう。 トーストのボタンを押して、 約3分55秒待ちます。 すると、 こんがりと焼きあがりましたぁ〜! ほとんど焼きムラがないと言ってもいいぐらい、こんがりと表面がカリッとしたきつね色に焼くことができました。 驚くのは、裏面までこんがりとしっかり焼き上げていることです。 「ヘルシオ」ですと、トースト1枚焼くだけで 約12分もかかってしまいます。 「ビストロ」だと、 トーストの焼き時間が約4倍も短縮できるのです。 しかし「ビストロ」は短時間でカリッと焼き上げてくれますので、トーストを買う必要もなく、市販の食パンなら 4枚同時に焼ける点もメリット大です。 4枚同時に焼いても、 約6分25秒で焼けます。 朝食はパン派の人にとっては、「ビストロ」は最適なオーブントースターと言えるでしょう。 理由その3:解凍もラク!鶏の唐揚げがカリッカリに揚がる 「ビストロ」は、お肉などの解凍機能も優れています。 「全解凍」と「半解凍」が選べて、スチームで解凍していきます。 ひき肉も全解凍すると、手ですぐに崩せるほど柔らかくなります。 肉から出てくる赤い汁であるドリップもまったく出ていません。 カッチコッチの唐揚げ用の鶏もも肉も、全解凍してみましょう。 約5分ぐらいでカッチカチだったお肉が、切り離せるぐらいに解凍することができました。 唐揚げ粉をつけて、「唐揚げ」コースで揚げてみましたが、表面にきちんと焦げ目がついてカリッカリに揚がっていました。 「ヘルシオ」の過熱水蒸気機能がついたオーブントースター「ヘルシオ グリエ」でも唐揚げ粉をつけて唐揚げを作ってみましたが、ここまでカリッカリになりませんでした。 「ヘルシオ」は、余分な脂を落としてヘルシーさにこだわりたい人には、ぴったりの商品かと思います。 カリッカリに揚げたり、こんがりと焼いたりする機能としては、水蒸気ではなく 大火力極め焼きヒーターがついている「ビストロ」の方が勝っているという結果になりました。 料理レシピ集を見ながら、他にも実際に色々な料理を作ってみた 今回せっかく買ったのだから、色んな料理を「ビストロ」で作ってみよう〜!ということで、付属の料理レシピ集を見ながら、作ってみることにしました。 パン粉にサラダ油をあらかじめまぶして、小麦粉と卵をつけたヒレカツにつけて、「とんかつ」コースで揚げてみました。 正直入れ過ぎじゃないかというぐらいドカーン!と作ってみたのですが、端っこが少し色がついていないぐらいで、どれも追加時間なしでこんがりとサックサクにできあがりました。 さばの塩焼きにも挑戦してみました。 「減塩」のある・なしが選べるのですが、今回「さばの塩焼き」コースの減塩ありで焼いてみたところ、 すごいキレイな焼き加減です! 焼き時間は「減塩しない」が 約12分、「減塩する」が 約19分と魚焼きグリルより時間がかかりますが、グリルよりパリッパリでちょうどいい焼き加減に焼けました。 グリルだと下手するとコゲコゲになってしまう心配がありますが、ほったらかしでこのちょうどいい焼き加減ができることに、びっくりしてしまいました。 「サバ、今までの中でメッチャクチャにおいしい!」と、夫が大絶賛しておりました。 サバがおいしかったので、塩ジャケも「減塩する」で冷凍のまま焼いてみました。 ジューッて音を立てながら、こんがりとおいしい鮭の塩焼きが出来上がりました。 忙しい朝食でも火加減を見る手間がなく、 時短になります! 手作りピザも、「ピザ」コースで焼いてみることにしました。 チーズがトロリとこんがりと焼けて、皮がパリッパリで具はジューシーに焼きあがりました。 ピザはフライパンで簡単に作ることもできますが、やっぱりこんがりしているとおいしさが格別に違いますね。 焼きいもはさつまいもを洗って、フォークでところどころ穴を開けて、「焼きいも」コースで焼くだけです。 約50分待ったところ、 外の皮がパリッと、中がホックホクにできあがりました。 電子レンジだけではここまでホックホクにできません。 子供達のおやつにぴったりです。 フランスパン用の生地でミニくるみパン作りにも、はじめて挑戦してみました。 生地をこねて丸めて発酵して、「フランスパン」コースで焼き上げます。 こんなに香ばしいミニくるみパンが出来上がりました。 すっごい表面がパリッパリにできあがりました。 蒸す機能を試すために、エビシューマイを作ってみました。 蒸気がいっぱい出て、こんなにもふかふかで、エビがプリップリのエビシューマイが出来上がりました。 なんと「ビストロ」は、ゆで卵や温泉卵も作れてしまうのです。 レンジなんて破裂するに決まっているじゃないですか! スチーム機能を使いますので、しっかり給水タンクに水を満タンに入れておきます。 もう運転中は爆発しないかドキドキでいっぱいでした。 おいしそうなゆで卵と温泉卵ができました。 同時にはできませんが、「ゆで卵」と「温泉卵」でコースが違いますので、簡単に作ることができました。 スポンジケーキも簡単に作ることができます。 まずは卵をよーく泡立てます。 ホットケーキミックスと砂糖と卵だけのレシピで、簡単に作ってみました。 ふわっふわのキレイな形に膨らんで、こんがりキツネ色に焼きあがりました!こんなにうまくできたのは、人生ではじめてです! 生クリームとイチゴを飾って完成です!とっても簡単にショートケーキも作ることができました。 お手入れは「お手入れ自動コース」があってとっても楽チン 庫内の汚れたお手入れは、「お手入れコース」があります。 庫内・天井・脱臭の他に、自動でお手入れしてくれるコースがありますので、とっても楽チンです。 フライパンだと食器洗い洗剤をつけて洗って拭いてと、ものすごい大変じゃないですか?それがササ〜ッと拭くだけですので時間短縮にもなります。 週に1回はお手入れをすることで、高いオーブンレンジを長く保たせることができるでしょう。 ビストロのココがちょっと不満なところ ヒーター部分がむき出しのため、お手入れが心配 とってもすばらしい機能ばかりある「ビストロ」ですが、お手入れで1つ気になったのが、ヒーター部分がむき出しになっていることです。 ヒーター内にもし油が入ってしまったら、汚れが落ちなくなります。 しかし「ヘルシオ」にも蒸気が出る穴が多数あり、オーブンレンジをまったく汚さずに使うことは、恐らく難しいのでしょう。 ミトンが使いづらい。 取っ手は購入必需品かも 付属で付いているミトンですが、これが結構固くてつかみづらいです。 何回か洗って使いこなせば柔らかくなるかもしれません。 チェック柄はとってもかわいいのですけれどね・・。 「取っ手」が付属品でついていないのですが、庫内はとても熱くてヤケドすると大変ですので、私はAmazonで購入しました。 やっぱりあると、とっても便利です。 リンク 高火力でカリッカリに焼きたい人は、「ビストロ」がおすすめ! 今回悩みに悩んで買った「ビストロ」で色んな料理を作ってみましたが、やっぱり「ビストロ」を選んでよかったです。 ノンフライヤーとか超おいしく焼けるトースターなど、キッチン家電は今は色んな種類がありますが、狭い家の中で色々と置くスペースってないですよね・・。 でも今のオーブンレンジは高機能になったのに、とっても コンパクトになりました。 以前置いていたオーブンレンジよりもすべての方向のサイズが2〜3cmコンパクトになって、キッチンがスッキリとしました。 こんがり焼けたトーストも食べられて、しかも料理も「ビストロ」1台あればできちゃいますので、置くスペースも節約できます。 実は色々な家電を買うよりも、安上がりですよね。 色んな食材を同時に調理したい、「私はどうしても体型が気になるから、ヘルシーに仕上げたい!」という ヘルシー思考の方には「ヘルシオ」がおすすめです。 今はオーブンレンジに話しかけると、献立まで相談できちゃう「おまかせ調理」という優れもの機能が最上位機種にはついています。 リンク こんがりとパリッと焼き目もつけたいという方は「ビストロ」がおすすめです。 朝食は家族みんなトースト派の方には、ぴったりの製品です。 料理が上達するコツは、 レシピをマネてきちんとまずは作ることです。 基本を覚えないと応用なんてできませんからね・・。 私もいまだに失敗ばかりしますが、少しずつできるようになってきて家族に「おいしい〜!」って褒められるとうれしくて、今では大好きになりましたよ〜! グルグル回るだけのレンジからするとかなり高機能で10万円以上する高級家電ですが、ここまで出来れば文句なしです。 思い切って投資してよかったです。 フライパンもトースターも蒸し器もオーブンも、これ1台で済んでしまう「ビストロ」を、ぜひあなたも検討してみてくださいね。

次の