帝人 在宅 医療 株式 会社。 帝人が米在宅医療事業から撤退、2008年に参入も業績悪化 海外リストラ

帝人、米在宅医療機器販売会社を約120億円で買収

帝人 在宅 医療 株式 会社

帝人の 2020年本決算内容を簡単に調べてみました。 帝人は化学製品や繊維の企業だとぼんやり思っていましたが、他に医薬品や ITの企業であることは知りませんでした。 コロナ禍では1,426円まで下落しました。 年度ごとの値動きが激しいです。 昨年2019年の通期業績発表では営業利益が前年比2ケタマイナスとなりました。 2018年9月には、米中摩擦の長期化で中国がポリカーボーネート樹脂の調達を減らしたため、ポリカボーネート価格下落の影響を受けています。 売上高、営業利益は昨年比マイナス 連結業績です。 決算期間は 2019年4月 1日~ 2020年3月 31日までです。 日本基準会計です。 損益計算書 フィルム事業子会社譲渡に係る一時費用や繊維・ 製品事業の子会社に係る減損損失が110億3000万円計上され、親会社株主に帰属する当期純利益はが大幅な減益となりました。 5%) ROE 6. 9%) 流動資産が流動負債の 1. 7倍あるため現在のところバランスシートに問題ありません。 ROEは低下しました。 その他事業の ITでは、 子会社インフォコムの電子コミック「めちゃコミック」が好調です。 2020年3月期通期業績は営業利益が2ケタ増でした。 自動車関連の損失を少し医療関連や IT事業の収益で補うかもしれません。 まとめ コロナ禍による経済活動低迷の影響で次期の見通しは、売上高- 12. 8%減、当期利益- 26. 4%減です。 自動車関連の銘柄は厳しくなりました。

次の

帝人(株)【3401】:株式/株価

帝人 在宅 医療 株式 会社

帝人ファーマ株式会社 TEIJIN PHARMA LIMITED. 株式会社 本社所在地 〒100-8585 3-2-1 内 設立 事業内容 医薬品の製造 代表者 (代表取締役社長) 資本金 100億円 売上高 1193億6600万円(2020年03月31日時点) 営業利益 165億1100万円(2020年03月31日時点) 経常利益 171億3500万円(2020年03月31日時点) 純利益 124億7700万円(2020年03月31日時点) 純資産 525億0700万円(2020年03月31日時点) 総資産 1023億6400万円(2020年03月31日時点) 従業員数 2,032名 主要株主 (100%) 主要子会社 帝人ヘルスケア 外部リンク 詳細は「」を参照• 2003年 - 帝人ファーマが帝人の医薬医療事業グループの事業を引き継ぎ、業務開始。 - で痛風治療薬フェブキソスタット(米国での商品名「ウロリック」)販売開始。 事業所 [ ]• 本社 〒100-8585 3-2-1(西館)• 創薬研究所、骨・関節研究所、医薬開発研究所、医療技術研究所 〒191-8512 東京都旭が丘4-3-2• 医薬岩国製造所、医療岩国製造所、製薬技術研究所 〒740-8511 日の出町2-1 主な製品 [ ]• 代謝関連• 治療薬「ボナロン」• 骨吸収抑制剤「テイロック」• 活性型製剤「ワンアルファ」• ヒアルロン酸ナトリウム架橋体製剤「サイビスクディスポ」• 吸入喘息治療剤「オルベスコ」 「 」も参照• 性気管支収縮抑制剤「アトロベント」• 「ライトゲン」• 気道潤滑去痰剤「ムコソルバン」• 持続性気管支拡張剤・腹圧性尿失禁治療剤「スピロペント」• 粘膜付着型鼻過敏症治療剤「リノコート」• ・関連• 治療剤「トライコア」• 用通気性テープ剤「アンタップ」• pH依存崩壊型EPA製剤「ソルミラン」• ・治療薬「」• 静注用製剤「ベニロン」• 生体組織接着剤「ボルヒール」• 乾燥濃縮人活性化プロテインC「アナクト」• ・関連• 噴霧式治療剤「サルコート」• 「サリベート」• 活性型ビタミンD3角化症・尋常性治療剤「ボンアルファ」• 緩下剤「ラキソベロン」• 付着型アフタ性口内炎治療剤「アフタッチ」• 濃縮装置「ハイサンソ」• 携帯用軽量酸素ボンベ• 睡眠呼吸障害診断器・治療器「オートセット」• 超音波治療器「セーフス」 不祥事 [ ] 社員による新薬調査票の代筆 の安全性の再審査制度を巡り、に同社から発売された治療薬「」について、本来は同制度に基づき、・が安全性などを検証した上で記載することになっている調査票を、同社の営業担当社員が代筆していたことが、に判明し、は同社に対しを実施した。 脚注 [ ].

次の

帝人在宅医療株式会社の社名変更

帝人 在宅 医療 株式 会社

創業100年の歴史をもつ老舗化学メーカー『テイジン』。 常に新しい変化を求め、また様々な問題に直面しても、高分子や創薬・バイオ・ナノを活かしたオリジナルの技術を確立することで、進化を続けてきた。 創業以来、合成繊維・化成品などの素材関連事業、医薬・医療のヘルスケア事業、さらに情報・エレクトロニクス事業などにも進出し、多彩な事業を展開。 社会や環境の変化に対応し、同社が強みとする高機能素材、ヘルスケア、ITと、それぞれの融合領域を事業ドメインとして技術革新に注力することで、テイジンならではの価値を創造、提供している。 そして、社会やお客様が必要とするソリューション、すなわち省エネルギー・省資源、クリーンエネルギー、安心と安全、快適性といった価値の提供を通じて、企業理念である「Quality of Life」の向上に貢献していく。 このように次世代の技術開発を担っている同社では、最先端の技術に触れることが可能であり、幅広い事業展開に合わせて化学系に限らず機械系や電気系、バイオ系の知見を活かした活躍ができる。 また人財育成にも定評がある同社なら、技術者として自らの技術力を飛躍的に向上させることができるだろう。 社名 帝人株式会社 設立日 1918年(大正7年)6月17日 株式公開 公開(東証一部) 事業内容 高機能繊維・化成品・複合成形材料、医薬品・在宅医療機器、ITなど 代表者 代表取締役社長執行役員 鈴木 純 従業員数 国内 9,473名 海外 11,198名 合計 20,671名 (2019年3月31日現在/連結) 本社所在地 【東京本社】東京都千代田区霞が関三丁目2番1号 霞が関コモンゲート西館 【大阪本社】大阪府大阪市西区土佐堀一丁目3番7号 肥後橋シミズビル 事業所 【本社】東京・大阪 【事業所】岐阜・三原・岩国・松山・三島 【研究所】日野・千葉・岐阜・岩国・松山 【支店・営業所】全国 【その他】海外拠点(アメリカ、オランダ、ドイツ、イギリス、ルクセンブルグ、中国、香港、インドネシア、タイ他) 資本金 71,833百万円 売上高 8,886億円(2018年度実績) 関連会社 帝人グループ会社数 国内 61社 海外 111社 合計 172社 (2019年3月31日現在) 企業の特色 私たちは、世界に誇れる、存在感のある企業グループとなることを目指しています。 その道のりには数多くの課題がありますが、創業当初から脈々と受け継いできたチャレンジングなDNA、そして、技術をはじめとするさまざまな強みを基盤として、絶え間なく企業変革を進め、グループ一丸となり、目指すべき姿に向かって挑戦し続けていきます。 ビジョン 「Human Chemistry, Human Solutions」 帝人グループの約束を「Human Chemistry, Human Solutions」と表現します。 この約束は、「人と地球環境のために化学の可能性を追求し、社会の進化を加速させるソリューションを提供することで、クォリティ・オブ・ライフ向上の実現に挑戦し続けること」を意味しています。 私たちはこの約束を確実に成し遂げ、ステークホルダーから信頼される企業グループであり続けます。 企業理念 Quality of Life 帝人グループは人間への深い理解と豊かな創造力で、クォリティ・オブ・ライフの向上に努めます。 クォリティ・オブ・ライフ(Quality of Life)とは、「生きていることの価値」という意味です。 生活の豊かさや、健康、安全、ゆとり、仕事・趣味・人との触れ合いなどを通じて得られる人生のさまざまな喜び、さらには、地球上のすべての生命の大切さ、という広い意味を込めた言葉です。 企業は人間の幸せのために存在する-これがすべての原点です。 帝人グループは人間への温かな理解と愛情を持ち、その上で創造的な技術力と企画力、マーケティング力を磨いて、本当の価値を生み出す企業となります。 事業戦略 帝人グループは、「未来の社会を支える会社」を目指して、モビリティの環境性能向上を促す「軽量化」素材による「環境価値ソリューション」、災害対策・社会インフラ整備に関わる安全性向上への「安心・安全・防災ソリューション」、高齢化社会の進展、生活習慣病の増加に対応した健康維持・向上支援による「少子高齢化・健康志向ソリューション」の3つを注力すべき重点領域としています。 外部環境の変化を先取りし、常に新しい価値を創出し続けることで、持続的な成長を図ります。 teijin.

次の