定年 退職 心 に 残る メッセージ。 退職祝いに贈るメッセージ文例集【退職理由別】 | 【人生の祝い事】しきたりとマナー事典

定年退職/退職祝いに使えるメッセージ20選。父親or上司にそのまま使える文例をまとめます。|共働き家族MEMO

定年 退職 心 に 残る メッセージ

退職者へのメッセージ。 書き方のポイントとは 退職者へのメッセージを考えるときに、どんなことに注意しつつ構成すればいいでしょうか。 要点ごとにまとめました。 すべてきちんと入れこめば、親切で泣けるメッセージに仕上がるかも?是非参考にしてください。 誰からのメッセージなのかをわかりやすく記載する まず、退職される方へ渡すメッセージの基本として、必ず自分の名前を記入しましょう。 退職される方はさまざまな人からメッセージカードをもらうことになります。 名前を未記入で渡してしまうと、「あの人からはもらえなかったな」と悲しい思いをさせてしまうかもしれません。 自分の思いを書いたメッセージカードは、関わりの深い人へ渡すとき少し恥ずかしいかもしれませんが、やはり自分の名前は必須です。 感謝とこれからを祈る言葉をメインに メッセージを構成する主な項目は、今までの感謝とこれからを祈る言葉です。 まずは「長い間お勤めお疲れさまでした」など、退職という人生の節目を迎えたことに対しての労をねぎらいましょう。 この「お疲れさまでした」という言葉は、あまり関係が深くない相手への言葉としても使えるので、書く言葉が足りなくて困ったときにもおすすめです。 「お疲れさまでした」と似た言葉に、「ご苦労様でした」という言葉があります。 長い間勤めた人へのメッセージとして送られますが、「ご苦労様」という言葉は目下の物に対して「自分のために働いてくれてありがとう」という意味で使う場合もあるので、避けたほうが無難かもしれません。 次に「お世話になりました」「ありがとうございました」など、感謝の気持ちを伝えてください。 退職者への思いを伝える具体的な文章を 肝心の内容ですが、基本的にはあなたから退職者への思いを伝えればOKです。 「寂しくなります」など、退職される相手の存在が自分にとってどれほど重要であったかを伝える内容なども喜ばれるのではないでしょうか。 「私が〇〇の仕事でミスをしてしまったとき、フォローしていただいたことを覚えています」「いつも丁寧に教えていただいたこと忘れません」など、共に時間を過ごしたなかでのエピソードも感慨深いものです。 メッセージに具体性を持たせることで、書いてくれた人の顔が思い浮かんでうれしい気持ちになります。 また、寿退社の方へのメッセージでは「おめでとうございます」の一言が必須です。 「幸せなご家庭を築いてください」など、退職へのねぎらいよりもまずはお祝いの言葉を贈りましょう。 叱られてばかりだったり、あまり関係が良くなかった相手にも、「〇〇さんに指導していただいたおかげで今の私があります」といったように、ポジティブな言葉を使うようにしましょう。 最後だからと割り切って、明るく送り出すことが大切です。 定年退職する方へは激励の言葉を添えて 定年退職する方へのメッセージとしては「末長いご多幸」や「第二の人生」など、退職後の相手を激励するような言葉を選びましょう。 定年退職を迎えた人は「あれもしたい、これもしたい」と、新しい人生に胸をふくらませているものです。 「ご定年おめでとうございます」といったメッセージから、長い経験に対する尊敬や、指導を受けたときのエピソードなどを伝え、「お体を大切にしていつまでもお元気でいらして下さい」と相手の健康を気遣う文章でしめましょう。 きれいな紙やカードに、丁寧な文字で 心を込めたメッセージは、必ず相手に伝わります。 メモ帳などの適当な紙に雑な文字で書いて渡すのではなく、きれいな便箋やカードに丁寧な文字で記入しましょう。 こんな表現に要注意!退職者へタブーの言葉とは メッセージカードは、基本的に自分が思ったことであればどんなことでも書いてよいのですが、何点かタブーとされている言葉もあるので注意してください。 お祝いごとには、縁起が悪いから使うべきではないとされている忌み言葉というものが存在します。 定年退職祝いの忌み言葉は、• 死(四)• 苦(九)• 枯れる• 倒れる• 曲がる• 折れる• 切れる などがあり、死や病気、老いをイメージさせる言葉は避けたほうが無難です。 また、これからの活躍を祈るという意味で「頑張ってください」と書くことがありますが、これは目上の方への表現としてNGです。 先述したように「長い間ご苦労様でした」という表現も、上司に対してのメッセージとして不適切なので注意しましょう。 病気で退職される方へのメッセージにも、「頑張ってください」という言葉がプレッシャーのように感じられる場合があるので、適切ではありません。 退職者へ自分の気持ちを伝えるときに、「寂しくなります」くらいの言葉であればかまいませんが、「残念です」など、あまりにもネガティブな言葉は避けてください。 特に、転職で退職する人へは、引き留めだと思われないよう表現の仕方に注意が必要です。 「まだ退職してほしくない」などマイナスなメッセージではなく、次のチャレンジを応援するようなポジティブな言葉を選びましょう。 寄せ書きやメッセージカードを、読んですぐに捨ててしまうような人はあまりいないと思います。 一生残るものだからこそ、誰に読まれても不快にならないように注意して言葉を選ぶことが大切です。 突然の「退職者へ一言」どう伝えればいい? 退職者に寄せ書きやメッセージカードを渡すケースもありますが、予告なく「みんなから一言ずつどうぞ」という場合もあると思います。 そのときになって頭のなかが真っ白になってしまわないように、退職される方へどんなことを伝えればいいのか考えておきましょう。 定年退職する上司への言葉の例文 定年で退職する上司の場合は、メッセージカードと同じように「定年退職おめでとうございます」というお祝いの言葉と、「明日からの第二の人生、豊かな毎日をお過ごしください」など、その後の人生を謳歌してもらえるような言葉を添えましょう。 ステップアップのため退職する上司への言葉の例文 また上司が定年ではなく、ステップアップをめざして転職する場合、「いつも暖かいご指導ありがとうございました」という感謝の言葉と、「今後の活躍をお祈りしています」といった新天地での成功を願う言葉を入れることで、よりあなたの気持ちが伝わります。 同僚への言葉の例文 一緒に過ごす時間が長い同僚が退職するとき、寂しさが先行してしまいそうになりますが、 「今までありがとう」という気持ちと、「新しい会社でも頑張ってください」「応援しています」など、新しい門出を祝福する言葉を添えてください。 メッセージカードとはちがい、退職者への一言は長ければ長いほど良いというものでもありません。 長々とスピーチをすると、本当に言いたいことがまとまらず、グダグダになってしまうことも。 今までの感謝と今後を応援する言葉で、短くきれいにまとめましょう。 心のこもったメッセージで最後の思い出を残そう 会社勤めをしていると、さまざまな出会いや別れを経験します。 退職は人生の節目でもあるおめでたいことですが、つらいときや楽しいときもずっと一緒に働いていた人がいなくなってしまうことは、やはり寂しいものですよね。 時に会社の同僚や先輩は、家族よりも長い時間を過ごす仲間です。 プライベートでの付き合いがあるような人もいるかもしれません。 ネガティブすぎる言葉はNGですが、仲の良い同僚などへの寂しい気持ちは、正直にメッセージとして伝えましょう。 具体的なエピソードも入れることで、思い出がよみがえり、感謝をより伝えやすくなります。 寄せ書きの色紙やメッセージカードは、読み返すたびにその時の記憶が思い出されるものです。 いつ見ても、「気持ちよく見送ってもらえた」と思えるような、心のこもったメッセージをおくりましょう。

次の

定年退職する方へ贈る!使ってみたい素敵なメッセージ!

定年 退職 心 に 残る メッセージ

1、退職祝いのメッセージで普段言えない感謝を伝えられる 退職祝いを迎えられた方にお世話になった経験がある人は多いと思います。 この際に、プレゼントだけではなく自分の言葉で感謝を伝えたいですよね。 本人に直接話すのもいいですが、この機会に 手紙をプレゼントすることをおすすめします。 手紙なら面と向かって言えないことも書ける上に、言葉とは違って相手の元にいつまでも残り続けます。 「この会社で頑張ってよかった」「良い仲間に囲まれた」などメッセージを贈ることで嬉しさを感じてもらえるでしょう。 退職祝いを迎えた方との関係性にもよりますが、深くない関係なら一文程度、深い関係ならしっかりとメッセージにこだわってみましょう。 メッセージは、インターネットを検索して出てくる文例集を用いても構いませんが、 できるだけ自分なりのアレンジを加えることが大事です。 ただの文例集の引用になってしまうと、相手に思いを伝えることはできません。 退職祝いに気持ちのこもったメッセージを贈るには、自分にしか書けない文章を考えることが大切です。 お世話になったエピソードを中心に感謝を伝える文章を作ってみてください。 もちろん、 退職を迎えた方への気遣いも重要です。 例文を参考にしながら自分だけの文章でこれまでの感謝を伝えましょう。 ・いつメッセージを渡せばいいの? 退職される方を思ってメッセージが書けたら、次にいつ渡すかを考えましょう。 いつメッセージを渡せばいいのか悩む方は多いですが、 プレゼントに添えて渡すのが一般的です。 そのため、送別会の席などで渡すように心がけましょう。 もし、別日に渡すなら相手が忙しくない退職日から1〜2週間前のプレゼントがおすすめです。 また、手紙を読まれてから会うのが恥ずかしい方は、送別会でプレゼントを渡し、退職日に手紙を渡しましょう。 手紙はかさばらないので迷惑にはなりません。 最後の感謝を伝えるのに退職日はぴったりです。 ・紙にこだわってみよう 退職祝いの手紙に形式は存在しません。 ただ、 上司や先輩に手紙を送るなら熨斗を付けた方が無難です。 また、社員一同や部署、グループ等の場合も同じく無難でしょう。 熨斗はデパートやネットショップなどで退職祝い向けのプレゼントを購入するとつけてくれることが多いです。 同僚や部下、後輩、関係性が深い場合は、熨斗ではなくカジュアルな手紙で構いません。 ただ、普通のレターセットではカジュアル過ぎるので、少し品のある紙を選びましょう。 例えば、和紙やボンド紙、レイド紙を使ったレターセットは高級感がありおすすめです。 通常より高いレターセットを使うと失敗したくないという気持ちから普段よりも集中して書けます。 じっくりと手紙と向き合って相手に思いを伝えてください。 退職祝いのメッセージといえば、色紙の寄せ書きをイメージする方が多いかもしれません。 しかし、色紙は仕上がるまでに時間がかかったり、人の手に渡るうちに汚れる可能性もあります。 こうした理由から、 近年では個別にメッセージカードを用意してそれぞれが記入するスタイルが人気です。 個別のメッセージカードなら、スペースを気にすることなく自分の気持ちを素直に表現しやすいというメリットもあります。 ・使ってはいけない表現や言葉 退職祝いのメッセージにもほかの祝い事と同じく、使ってはいけない表現や言葉があります。 主に、目上の人に送る際に注意してください。 例えば、 「ご苦労様」という言葉は上司や先輩には使ってはいけません。 必ず、部下や後輩が退職する時に使いましょう。 退職される方が目上の方であれば「お疲れさまでした」という言葉が適切です。 ほかにも、 「頑張ってください」や「元気に過ごしてください」なども状況によっては相手にとって失礼なことがあるので注意が必要です。 また、 プライベートに踏み込み過ぎたメッセージもNGです。 退職祝いのメッセージもほかの祝い事のメッセージと同様に失礼のない言葉遣いを心がけましょう。 特に、退職される方が目上の方の場合には、敬意を払って親しい間柄であっても必要最低限の言葉遣いや敬語を守ることが必要です。 言葉と違ってメッセージは相手の手元に残るので、いつ読んでも恥ずかしくないように何度も校正することをおすすめします。 親しい同僚や先輩、上司の退職には、寂しさが募ることもあるでしょう。 もしかすると、ショックで落ち込んでしまうこともあるかもしれません。 これは確かに自然な感情ではありますが、こうした気持ちをメッセージに残すのは良くありません。 相手に心配をかけるような内容ではなく、これからの生活を応援できるような前向きなメッセージを贈りましょう。 メッセージを贈る側にとっては、一時的なものかもしれません。 しかし、退職する方にとっては一生の宝物となります。 ふとした時に思い返し、見返しながら思い出にひたったり、元気がないときに読み返して励みにするものかもしれません。 一生残るものだからこそ、目にした時に元気になってもらえるような内容にしたいですね。 2、退職理由別!退職祝いのメッセージに使いたい!素敵な文例集30選 それでは、主な退職理由である定年退職、転職、寿退社、病気の4つの退職理由に適したメッセージを見ていきましょう。 男女に使える文例を集めたので、言葉をアレンジしながら自身の退職祝いのメッセージに役立ててみてください。 ・定年退職 退職理由の中でも特に人生の節目の退職に当たる定年退職。 長い間勤めてきた感謝を敬意を持って伝えましょう。 ラフな言葉遣いはできるだけ避けた方が無難です。 【1】 定年を迎えられましたこと、誠におめでとうございます。 これからは第二の人生とのことで、ますます人生を謳歌してください。 ご退職後も、幸多き人生を歩まれることをお祈りいたします。 【2】 定年、おめでとうございます。 【3】 ご定年おめでとうございます。 勤続40年とのことで長い間お疲れ様でした。 退職後もご活躍されることをお祈り申し上げます。 右も左も分からない私に丁寧に指導してくださったこと深く深く感謝しております。 これからもお体に気をつけて、ますますの活躍期待しています。 【5】 40年間のお勤めお疲れ様でした。 これからもますますの活躍をお祈り申し上げます。 【6】 定年おめでとうございます。 これまで数々のご指導をいただきありがとうございました。 今後も変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 【7】 この度は定年退職おめでとうございます。 在職中は色々とお世話になり感謝してもしきれません。 今後の人生にご多幸がありますようお祈り申し上げます。 在職中から指導をしていただき、私自身成長することができました。 これまで以上に元気で充実した日々になるようお祈り申し上げます。 【9】 長年のお勤めお疲れ様でした。 これまで以上に元気で充実した日々を過ごしてください。 どうぞ、ご自愛ください。 ・転職 転職が退職理由の場合、年齢層はバラバラです。 先輩や上司、または同僚、部下や後輩など多くのケースが考えられます。 そのため、相手との立場に合わせた言葉遣いで思いを伝えるのが重要です。 転職先で活躍することを願うように未来を見据えたメッセージがおすすめです。 【1】 転職おめでとうございます。 【2】 転職されるとのことでおめでとうございます。 せっかく仲良くなれたと思っていたのに残念ですが、新しい職場での活躍を心から願っております。 これからも体に気をつけて頑張ってください。 【3】 10年間のお勤めお疲れ様でした。 落ち着いたらまた飲みに行きましょう。 仕事への姿勢や物の見方、とても参考になった次第です。 新天地での活躍も心から期待しております。 いつもの仕事ぶりと持ち前の明るさがあれば新しい職場でもすぐにエースになれるよ! 何かったらすぐに言って欲しい!いつでも相談に乗るよ! 【6】 転職おめでとうございます。 初めて聞いた時は喜びよりも悲しみの方が強かったです。 新しい職場が落ち着いたらいろいろな話聞かせてくださいね。 落ち着いたらまた飲みに行きましょう! 【8】 転職おめでとうございます。 新天地でのご活躍を心からお祈り申し上げます。 私のミスに起こることもなく的確なアドバイスをもらい本当に感謝しています。 きっと新天地でも活躍することでしょう。 時間があったら会社にも顔出してね。 ・寿退社 定年と同じく結婚は人生にとって大きなイベントのひとつです。 感謝を伝えるとともに相手への祝福の言葉を伝えましょう。 これからは素敵な旦那様と楽しい日々をお過ごしください! 【2】 ご結婚おめでとうございます。 いつも仕事に対するアドバイスをいただき感謝しています。 これからは素敵な旦那さんを全力でサポートしてあげてください。 どうか末長くお幸せに! 【3】 ご結婚おめでとうございます。 【4】 ご結婚おめでとうございます。 これからは素敵な旦那様と楽しい毎日を過ごしてくださいね! 落ち着いたら会社にも顔出してください!待っています! 【5】 ご結婚おめでとうございます。 これからもその明るさと笑顔で幸せな家庭を築いてください。 ・病気 病気や怪我が理由の退職の場合、相手のことを考えたメッセージが必要です。 現在に対する言葉と明るい未来を想像できるメッセージがおすすめです。 また、長くならないように短文のメッセージで済ませましょう。 どうかゆっくり休養して1日も早く元気な姿を見せてください。 今はしっかり休養して焦らず治療してください。 【3】 どうかゆっくりと休養してください。 いつもと変わらぬ笑顔が見られる日を待っています。 また元気に会いましょう。 そしたらまた飲みに行こう。 元気な姿で会える日を待ってるよ。 元気な姿で会える日を心待ちにしているので、ゆっくりと休養してください。 まとめ 今回は、退職祝いに伝えたい素敵なメッセージを多数ご紹介しました。 退職理由別にまとめたので、あらゆる人の退職祝いに役立ちます。 30個の文例をアレンジしながら、自分だけの感謝のメッセージを退職祝いに伝えましょう。 ぜひ、お世話になっ方の人生の新しい門出を祝ってあげてくださいね。

次の

退職する人へ贈るメッセージの例文17選!定年退職や寿退社の際に使える!

定年 退職 心 に 残る メッセージ

定年退職(父親)メッセージ• 定年おめでとうございます。 長い間、私達のためにがんばってくれてありがとう!これからは第二の人生を楽しんでください。 定年退職おめでとうございます。 第二の人生を謳歌してください。 長い間本当にお疲れ様でした。 お父さんのおかげで今日まで家族が無事に過ごせました。 本当に感謝しています。 ありがとう。 お父さんへ。 長い間お疲れさまでした。 家族一同より、感謝の気持ちを贈ります。 いつまでも元気で長生きしてください。 長い間お疲れ様でした。 家族のために働き続けてくれたことに感謝しています。 ありがとうございました。 つつがなくこの日を迎えられたことをお祝い申し上げます。 長い間本当にお疲れ様でした。 感謝しています。 これからもお母さんと仲良く、元気で長生きしてください。 定年までお勤めご苦労さまでした。 いつも家族のことを支えてくださってありがとうございます。 これからはも一緒に楽しい時間を過ごしましょうね。 お父さん、長い間本当にお疲れ様でした。 お陰で私たちは何の不自由もなく、元気で立派な大人に成長出来ました。 これからもお母さんと仲良く人生を楽しんでください。 体に気をつけて、いつまでも元気でいてください。 お父さん・お母さんへ。 長年のお仕事ご苦労様でした。 これからはゆっくり過ごせますね。 これからも二人いつまでも仲良く、健康でいて下さい。 定年退職(職場の上司)メッセージ• 長い間、お疲れ様でした。 ご在職中はひとかたならぬご厚情とご指導を賜り、深く感謝いたしております。 末ながいご多幸をお祈りいたします。 つつがなく定年を迎えられましたことを心よりお慶び申しあげます。 永年のご功労に厚く敬意を表しますと共に、御身お大切になさいますようお願い申しあげます。 長年ご指導いただき、ありがとうございました。 今後のご健康をお祈り申し上げます。 ご定年おめでとうございます。 心からお祝い申し上げます。 末永いご多幸をお祈りいたします。 本当にありがとうございました。 定年退職のお祝いを申し上げます。 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 さらなるご多幸をお祈りしております。 公私にわたりひとかたならぬご厚情を賜りましたこと厚く御礼申し上げます。 ご退職後もますますのご健勝を心よりお祈り申し上げます。 長い間、本当にお世話になりました。 お近くにいらした際は、ぜひお顔を見せにいらしてください!お元気でこの日を迎えられましたことを、心よりお慶び申し上げます。 長年にわたり熱心にご指導頂き、ありがとうございました。 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 末ながいご多幸をお祈りいたします。 長年お仕事を無事勤めあげられましたことをお祝い申しあげます。 ご在任中はひとかたならぬご厚情とご指導を賜り、深く感謝いたしております。 今後のご活躍とご健勝をお祈り致します。 父親であれば家族の楽しかった思い出や自分をはげましてくたこと、上司であれば仕事で感銘を受けた出来事など、お互いにわかることを添えると、より素敵なメッセージに仕上がりますよ。

次の