保育士転職。 【保育士】求人を選ぶコツ|転職サイト&エージェントランキング

【2020最新】保育士転職サイトおすすめランキング《人気9社比較》

保育士転職

【2020年 〇月 〇日】 保育士転職の最新情報 今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。 なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、保育園側も採用に力を入れる時期だからです。 一方で条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。 実際に保育士の私が利用した転職サイトが『』と『』です。 私は東京在住なので一番役に立ったのが『』でした。 関東圏 東京・神奈川・埼玉・千葉 にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。 その他の地域にお住いの方におすすめなのは『』。 こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。 『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。 転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。 保育士の転職理由ランキング• 1位:給与面に関する悩み 保育士は給与が安いという印象があるかもしれませんが、確かに 給与は決して高くはありません。 手取りにすると毎月15万円以下で働いているという人も多いでしょう。 また残業代がつかない、休日出勤をしても給与が増えないなどの悩みを抱えている人もいます。 そして保育士の給与はなかなか上がりにくいとも言われています。 これらのことから、現在の職場よりも少しでも良い給与の職場で働きたいと考え、転職を考えるのです。 2位:労働時間に関する悩み 保育士は働いている方のための仕事です。 そのため、働いている人が出勤をする前から子供を預かり、退社をするまで見てくれています。 その間ずっと働くとなると長期勤務になってしまうのも仕方がありません。 また、 土日も出勤になる場合やお盆や年末に思うように休みが取れない場合も多いでしょう。 給与の少なさ、待遇の悪さから保育士を辞める人が多く、常に人手不足だといわれています。 人手が足りないからこそ、労働時間が長くなってしまい一人ひとりの負担も増えていきます。 そういった環境に悩み、仕事を止めてしまうのでしょう。 3位以降の悩み 3位以降には、仕事の責任、人間関係といったほかの職業でも多い悩みから、キャリアアップが望めない、研修制度がないといった将来への不安を抱えて転職を考える人が多い傾向です。 また、保育士のなかには、保育士という仕事が合わないと感じて保育士以外の転職活動を行う人も少なくはありません。 しかし保育士から一般職への転職はなかなか難しいのです。 本当にその理由で退職すべきか考える 保育士として転職を考えるときは、まずは本当に退職をするべきかを考えるべきです。 転職理由は本当に変わらないことなのか、 将来的に改善する見込みはないのかをもう一度良く考えましょう。 仕事を止めたいと思っている人はとても多いです。 しかし冷静になって考えてみると退職をするべきではなかった、転職に失敗をしてさらに環境が悪くなった、ということもあります。 本当に転職をするべきなのか、転職で現状を改善することが出来るのか、もう一度考えてみることが大切です。 転職理由は素直に答えても問題ない? 転職理由の大半は、仕事内容、給与、人間関係だといわれています。 保育士に関してもこれらが原因で転職活動を始める方が多いでしょう。 しかしここで気になるのが、転職活動をする際に転職理由を聞かれたとき、 正直に答えてもいいかどうかです。 転職理由は素直に答えても印象が悪くはならないのでしょうか。 転職理由は本音と建前が重要 まず大切なのが、転職をする上で悪い理由があるという点は仕方がないことです。 保育士から保育士に転職するということは、以前働いていた保育園に何らかの不満があったということになります。 不満がなければ転職を考えることはなかなかないので、仕方がないことでしょう。 しかしここで はっきりと給与面といってしまうのは難しいものです。 保育士の転職で大幅な給与アップをすることは出来ません。 そこでおすすめしたいのが、経営理念や方針が合わなかったという点です。 保育園は、園によってさまざまな理念や方針があります。 自分自身の目指している保育士像と保育園の掲げている理念、方針が合わなければ、どうしても働きにくさを感じてしまうはずです。 そういった部分をアピールすることで、メリットのある転職活動につながるのではないでしょうか。 正直に給与、人間関係、仕事内容が合わなくて止めたということを話しても良いですが、出来ればポジティブな理由も踏まえて転職理由を話すことをおすすめします。 面接でなぜ転職理由を聞かれるのかというと、自社が合っているかどうか、すぐに止めてしまわないか、どんなスタンスで応募しているのかを汲み取るためです。 待遇の良い職場を探している人が激務の仕事に応募をしたとしても、すぐに止めてしまう可能性があります。 だからこそ、 自分の職場で本当にやっていくことが出来るのかどうかを面接で見るのです。 建前を言うことも大切ですが、適度に本音を交えつつ面接に挑みましょう。 転職理由でよく聞かれる質問 転職活動をしていると、さまざまな質問を面接で聞かれます。 その点は保育士でも同じです。 では、保育士の転職活動の面接ではどんなことをよく聞かれるのでしょうか。 給料が原因 仕事をやめた理由の中でも多いのが給与面です。 特に保育士は給与が安い職場が多く、 給与面に悩んで退職をする人が多い傾向です。 そのため、給与面についても聞かれるのでしょう。 その点に関しては、転職活動をする上でもとても大切なことです。 実際に働いてみると、求人票に記載されていた給与とは異なる場合もあります。 そのため実際の給与は働いてみないとわかりません。 その点を詳しく聞くことが出来るかどうかは面接官や自分次第です。 もし余裕があれば聞いてみてください。 仕事の忙しさが原因 仕事が忙しくて辞めたというのも、保育士の転職理由で多いことの一つではないでしょうか。 勤務時間が長いのは仕方がありませんが、その分残業代は出るのか、休日出勤の代休はあるのかなどについても大切です。 また、働いている人に人数が多ければ交代で働くことが出来るので、そこまで激務にはならないでしょう。 働いている人の人数と保育園の規模を確認すれば、忙しすぎない保育園を見つけることが出来るのではないでしょうか。 人間関係が原因 人間関係で転職を考える人は保育士だけではありません。 どんな仕事でも、どんな人でも、人間関係で悩む場合はあります。 そして仕事の人間関係で悩まない人はほとんどいません。 転職をするほどの人間関係の悩み、というのはとても深刻です。 そして面接をしていく中でも、人間関係が原因で辞めたといわれると、また同じことを繰り返すのではないかと不安に感じられてしまう可能性もあるでしょう。 だからこそ、この部分は 適度に隠しながら面接官に相談をすることをおすすめします。 本音も建前も交えつつ、どんな人間関係に悩んでいたのか、どんな人と合わなかったのかなどを話してみましょう。 志望動機 転職活動の面接で特に多いのが志望動機です。 数ある保育園の中からなぜこの園を選んだのか、理由はとても大切です。 この志望動機が前職を辞めた理由につながる場合もあります。 ここで重要なのは、 きちんと企業についての確認をして、本音と建前を上手く話すことが大切です。 本音を言うと、給与が高く勤務時間も短く安定していたから、という理由で志望をする方が多いでしょう。 働いていく上ではとても大切なことですが、本音ばかりを話していてはいけません。 園の方針が気に入ったから、保育園の児童がとても楽しそうだったから、園独自の文化や行事が気に入ったから、など、その園にしかない魅力を伝えてみてはいかがでしょうか。 ただ待遇が良いだけではなく、その園ならではの魅力を伝えることはとても大切です。 前の職場で大変だったこと 前の職場で大変だったことを聞かれることも多いでしょう。 なぜ転職を考えたのかきっかけはとても大切です。 この部分が合わない園だと、転職活動をしてもまたすぐに辞めることになってしまうかもしれません。 この際、 どこの園でも起こることを話すのはおすすめできません。 保護者との対応が慣れなかったから、園児と上手く接することが出来なかったから、という理由で辞める人はいるかもしれませんが、これはどこの保育園でもぶつかる壁なのです。 そのため、前の園では大変だったけれど志望先の園に勤めることで変われる、ということを念頭に答えるようにしてください。 転職するのはいつがおすすめ?1月ごろから始めるのがおすすめ! 転職活動をする上で大切なのが、時期です。 保育士の求人は1月から3月に特に多くなるといわれています。 なぜなら4月から働ける人を募集するためです。 年度が切り替わる時期だと、働き手も雇い手も一番やりやすいのでしょう。 だからこそ、 4月から仕事開始の求人を1月から出し始める企業が多いのです。 この時期であれば、豊富な求人数から自分好みの保育所を選ぶことが出来るのではないでしょうか。 一番おススメなのはやはり年度の切り替わりです。 雇い手側からしても、保護者側からしても、やはり年度の途中で担任が入れ替わるのは複雑に感じるのでしょう。 そのため、 出来る限り年度単位での転職をおすすめします。 もし年度途中で転職したいと考えているようであれば、7月から8月もおすすめです。 この時期も比較的求人が出始める時期だといわれています。 働き手側もボーナスを貰ったら辞めよう、と考えている人が多いでしょう。 そのため、この時期も転職にはおすすめです。 転職活動は出来るだけ早めが良いといわれています。 そのため、求人が増える少し前から転職活動を始めたり調査をしだして、求人が増える時期にすぐに動き出せるように準備をしてみてはいかがでしょうか。 転職エージェントなら面接対策をサポートしてくれる 面接対策のような一人ではなかなか難しい準備も、転職エージェントのサービスを使えば助けてくれるのでとても役立ちます。 転職した保育士さんのアンケートを調べたら、 転職サイトに登録する方の多くは2~3サイトを使ってるみたいです。 でも、まずは気に入ったサイト1つを試すだけでもいいと思いますよ。 「転職するのはもう少し先だけど…」という方も、 事前準備しておくと後がラクなので、先に登録だけは済ませておきましょう! まとめ 勤めている園の勤務条件や環境が嫌になって、転職を考える保育士は沢山います。 しかし、ただなんとなく転職活動をするだけでは理想の職場に出会うのは難しいでしょう。 現状を変えるために転職活動をしたのに、結局変わらないままの状態になってしまうかもしれません。 そのためにも、 保育士の転職活動をする前にはきちんと対策をしましょう。 特に面接対策は大切です。 保育士は人柄を見ることが多く、経歴等よりも面接を重視されると考えた方がよいでしょう。 待遇が不満、給与面や勤務時間に悩んでいるという場合も、事前の調査をしっかりと行うことが大切です。

次の

保育士におすすめ転職サイト・転職エージェント12社比較ランキング

保育士転職

これまで保育士の役職は主任や園長くらいしかありませんでしたが、 「副主任保育士」「専門リーダー」「職業分野別リーダー」という3種類の中堅役職の創設により、キャリアと給料がアップしやすくなりました。 経験年数が浅い若手保育士にもキャリアアップのチャンスがあるこの制度ですが、それぞれの役職に就くには「 保育士等キャリアアップ研修」を修了する必要があります。 保育園から研修を受けるよう言われたものの、そもそもキャリアアップ研修はどんな内容なのか、どうやって受講するのかなど、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか? 今回はそんなキャリアアップ研修についてわかりやすくご説明します。 キャリアアップ研修とは保育士の待遇向上と専門性の強化に向け、厚生労働省より定められた研修制度で、研修実施機関が各都道府県に置かれています。 実施要件を満たして所定の研修を受け、技能を習得することにより、キャリアアップが可能になる仕組みです。 保育士は一般企業などに比べると役職自体が少なく、勤務先の人員構成などの事情により昇進の機会も制限され、処遇も受けられないことが多くありました。 そこで管理職の受け皿を増やすために「職務分野別リーダー・専門リーダー・副主任保育士」の3つの役職が新設されました。 新設された中堅役職の処遇改善加算を受けるには、このキャリアアップ研修を修了することが必要となります。 キャリアアップ研修の内容と役職ごとの受講分野 キャリアアップ研修は都道府県もしくは指定の研修機関により実施されます。 保育園から研修の申し込み手続きをされている方はその案内に従って受講してください。 もちろん個人でも受講することは可能です。 研修日程や研修場所は各自治体のホームページから確認することができます。 受講の費用は保育園が負担してくれる場合と自費負担に分かれる場合があります。 実施機関によって費用が異なるので注意しましょう。 テキスト代込みでおおよそ1万円~2万円程度のところが多いですが、都道府県が実施するものであれば 費用無料(テキスト代は別途)になることがあります。 日程など条件が合うのであれば、都道府県が実施する研修の方が安くすむかもしれませんね。 研修は基本土日に行われ、 1日約6時間ほどです。 研修がある日は半日時間が取られることを考慮しておきましょう。 上述したように15時間の研修が必要ですので、1分野修了に 約2~3日はかかります。 加算額の20%の範囲内。 せっかく研修を受けて役職に就いても、思ったより給料が上がらないとあまり腑に落ちませんよね。 役職に就くことでどの程度給料が上がるかは園にしっかりと確認しておきましょう。 保育士として「長期的なキャリアデザイン」が可能な時代へ 新設された中堅役職およびキャリアアップ研修により、経験年数の少ない若手保育士のうちから段階的なキャリアアップを目指せるような仕組みが徐々に構築されはじめています。 ようやく 保育士が長期的なキャリアビジョンを描いていける時代が到来したと言えるでしょう。 しかし、保育園によってはあまり研修やキャリアアップに積極的ではないところもあるかもしれません。 もっと経験を積んで給料を上げたい!と思っても、そういった環境が整っていないとなかなか難しいものです。 もし現在働いている保育園でこれ以上のキャリアアップが見込めない、と思うのであれば、より良い職場への転職を考えてみてはいかがでしょうか。 キャリアアップ、給料アップを目指して転職をお考えの方は、ベビージョブのをご利用ください。 キャリアアップ環境が整った働きやすい保育園の求人をご紹介させていただきます。 ベビージョブとは.

次の

保育士の転職理由ランキング!面接で転職理由をどのように伝えるべき?

保育士転職

これまで保育士の役職は主任や園長くらいしかありませんでしたが、 「副主任保育士」「専門リーダー」「職業分野別リーダー」という3種類の中堅役職の創設により、キャリアと給料がアップしやすくなりました。 経験年数が浅い若手保育士にもキャリアアップのチャンスがあるこの制度ですが、それぞれの役職に就くには「 保育士等キャリアアップ研修」を修了する必要があります。 保育園から研修を受けるよう言われたものの、そもそもキャリアアップ研修はどんな内容なのか、どうやって受講するのかなど、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか? 今回はそんなキャリアアップ研修についてわかりやすくご説明します。 キャリアアップ研修とは保育士の待遇向上と専門性の強化に向け、厚生労働省より定められた研修制度で、研修実施機関が各都道府県に置かれています。 実施要件を満たして所定の研修を受け、技能を習得することにより、キャリアアップが可能になる仕組みです。 保育士は一般企業などに比べると役職自体が少なく、勤務先の人員構成などの事情により昇進の機会も制限され、処遇も受けられないことが多くありました。 そこで管理職の受け皿を増やすために「職務分野別リーダー・専門リーダー・副主任保育士」の3つの役職が新設されました。 新設された中堅役職の処遇改善加算を受けるには、このキャリアアップ研修を修了することが必要となります。 キャリアアップ研修の内容と役職ごとの受講分野 キャリアアップ研修は都道府県もしくは指定の研修機関により実施されます。 保育園から研修の申し込み手続きをされている方はその案内に従って受講してください。 もちろん個人でも受講することは可能です。 研修日程や研修場所は各自治体のホームページから確認することができます。 受講の費用は保育園が負担してくれる場合と自費負担に分かれる場合があります。 実施機関によって費用が異なるので注意しましょう。 テキスト代込みでおおよそ1万円~2万円程度のところが多いですが、都道府県が実施するものであれば 費用無料(テキスト代は別途)になることがあります。 日程など条件が合うのであれば、都道府県が実施する研修の方が安くすむかもしれませんね。 研修は基本土日に行われ、 1日約6時間ほどです。 研修がある日は半日時間が取られることを考慮しておきましょう。 上述したように15時間の研修が必要ですので、1分野修了に 約2~3日はかかります。 加算額の20%の範囲内。 せっかく研修を受けて役職に就いても、思ったより給料が上がらないとあまり腑に落ちませんよね。 役職に就くことでどの程度給料が上がるかは園にしっかりと確認しておきましょう。 保育士として「長期的なキャリアデザイン」が可能な時代へ 新設された中堅役職およびキャリアアップ研修により、経験年数の少ない若手保育士のうちから段階的なキャリアアップを目指せるような仕組みが徐々に構築されはじめています。 ようやく 保育士が長期的なキャリアビジョンを描いていける時代が到来したと言えるでしょう。 しかし、保育園によってはあまり研修やキャリアアップに積極的ではないところもあるかもしれません。 もっと経験を積んで給料を上げたい!と思っても、そういった環境が整っていないとなかなか難しいものです。 もし現在働いている保育園でこれ以上のキャリアアップが見込めない、と思うのであれば、より良い職場への転職を考えてみてはいかがでしょうか。 キャリアアップ、給料アップを目指して転職をお考えの方は、ベビージョブのをご利用ください。 キャリアアップ環境が整った働きやすい保育園の求人をご紹介させていただきます。 ベビージョブとは.

次の