キャナルシティ ライオン キング。 劇団四季 ミュージカル『ライオンキング』

【キャナルシティ劇場 観劇レポ】劇団四季『ライオンキング』

キャナルシティ ライオン キング

劇団四季のディズニーミュージカル『ライオンキング』福岡公演がロングランを経て、1月13日 月 、ついに千秋楽を迎えました。 終演後には特別カーテンコールが実施されましたので、KidsDo編集部も取材へ行ってきました!その模様と次回以降のキャナルシティ劇場公演情報をご紹介します。 昨年3月から約10ヵ月ものロングラン公演! 昨年3月から今年1月まで約10ヵ月ものロングランとなった『ライオンキング』福岡公演。 総公演回数は275回、総入場者数は271,300人にのぼりました。 鳴りやまない拍手にカーテンコールが7回も! 福岡公演特別カーテンコールは、本編終了後の通常カーテンコール後に行われました。 出演者を代表して、シンバ役で直方市出身の田中 彰孝(たなか あきたか)さんが、「ご来場いただき誠にありがとうございました。 約10年振りとなった今回の福岡公演では、のべ27万人ものお客様にご来場いただきました。 出演者・スタッフ一同、心より御礼申し上げます。 これからも、福岡・九州のお客様に演劇の感動をお届けできるよう、精一杯努めて参ります。 引き続き、温かいご声援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 本日は誠にありがとうございました」と述べると、客席から大きな拍手がわきました。 その後、出演者全員で「サークル・オブ・ライフ(リプライズ)」を歌唱し、一部キャストが客席へ降りるサプライズも!客席はスタンディングオベーションに包まれ、熱い拍手は鳴りやまず合計7回ものカーテンコールが行われました。 世代を超えて愛され続けているミュージカルの王者『ライオンキング』は、3月26日(木)より名古屋公演が始まります。 まだ見ていない方も、まだまだ見足りないという方も、ぜひまた別の土地で『ライオンキング』を楽しまれてみては。 《ライオンキング STORY》 アフリカのサバンナを舞台に繰り広げられる、ライオンの子・シンバの成長物語。 「サークル・オブ・ライフ(生命の連環)」をテーマに、生命の営み、親子の絆、心の成長などを綴ります。 王の息子シンバはのびのびとやんちゃな日々を送っていましたが、父親の死の責任を問われ、叔父のスカーによってプライドランドから追い出されてしまいます。 砂漠で倒れているところをティモンとプンバァに助けれた後は、二人と一緒にジャングルの中で暮らします。 しかしある日、成長した幼馴染のメスライオン・ナラに再会し、荒廃した王国の現状を知ります。 冒険や出会いを通じ、王としての自覚とこれから何をするべきなのかを悟ったシンバは、勇気を持って故郷へ帰り、王国を再建することを決心するのです。 街の中心に存在するノートルダム大聖堂の鐘突き塔には、 カジモドという名の鐘突きが住んでいた。 幼き時に聖堂の聖職者フロローに引き取られた彼は、その容貌から、 この塔に閉じ込められ、外の世界と隔離されていた。 塔上から街を眺めて暮らす日々。 友と言えば、 何故か彼を前にした時に生命を宿す石像(ガーゴイル)と、鐘だけ。 いつも自由になることを夢見ていた。 アメリカの退役軍人ジェリーは、暗い戦争の時代に別れを告げ、 画家としての新たな人生を夢見ていた。 ある日、戦後の混乱が収まりきらない街中で、 ジェリーは一人の女性、リズに出会い、一目ぼれ。 芸術に人生を捧げようとパリに残る決意をしたジェリーは、 作曲家を目指すアダムと、ショーマンを夢見るアンリに出会い、友情で結ばれる。 ここで小さなホテルを営んでいるのは、 シングルマザーとして娘を育ててきたドナ。 20歳のソフィは、恋人スカイとの結婚式を控え、 父親とバージンロードを歩くことを夢見ています。 お問い合わせ 劇団四季 福岡オフィス TEL. 0570-008-110 (9:30~18:00).

次の

ライオンキング【福岡シティ劇場】

キャナルシティ ライオン キング

時間を忘れる楽しさ、ライオンキング 公演時間は休憩を挟んで2時間半ほどありますが、時間の経過を忘れるほどライオンキングの世界に没頭していました。 もっと長く見ていたい、また見たいと思わせてくれる魅力があるんですよね。 演出が派手 客席から登場する劇団員だったり、目まぐるしく変わる舞台装置の数々。 ライオンキングのために用意された専用の装置なので、臨場感が半端なく、演出にも力が入っています。 ストーリーを知っていても感涙 動物の国を統治する偉大な父ライオン「ムファサ」を目標に頑張る息子ライオン「シンバ」。 悪い叔父の策略でムファサは死んでしまい、責任を感じてふさぎこむシンバが立ち直り、王国を立て直す感動のライオンキングです。 こうやってストーリーは知っていて、この先なにが起こるか頭では理解しているんですが、舞台を見ると感動してしまうんです。 魂がこもった演技や迫力ある動きの1つ1つが笑いと涙を誘い、ライオンキングの世界に引きずり込まれてしまいます。 僕なんか、ストーリー序盤で動物が大集合するシーンで感動してひっそり泣いてましたよ。 奥行きを感じる舞台 舞台は役者さんが動き回る広さはありますが、特殊装置で床が動いたり、天井から様々なセットが出てきます。 奥行きを感じる仕掛けや、動きを演出する派手でリアルなセットのおかげで、ライオンキングの世界観が目まぐるしく展開していきます。 迫力あるプロの演技 キャストの名前がプレートで紹介されている 劇団四季はプロ中のプロの集団です。 力不足だと判断されると、公演期間中でも容赦なく役柄が変わることもあるようで、まさに実力勝負の厳しい世界。 そんな競争を勝ち抜けて第一線で活躍する人たちが演じる舞台なので、感動しないわけがない! 実は僕、こういう舞台を間近で見るのは初めての経験。 舞台というと、幼稚園のころにやった白雪姫が最後の記憶でしょうか・・・。 プロがやると、演技ではなく「本人」になります。 動物のリアルな動きや仕草が本当に素晴らしく、まさに命をかけて仕事をする職人のワザを見た気がします。 ライオンキングを見られる場所 2019年1月現在、日本でライオンキングの舞台を見られるのは東京大井町にある四季劇場「夏」だけです。 関東近郊に住む人ならアクセスがいいんですが、西日本や九州、北海道となるとちょっと遠いです。 JR大井町駅から徒歩10分 ただし! 2019年3月24日から、福岡になるキャナルシティ劇場でもライオンキングが始まります! 詳しくはライオンキングのを見てください。 舞台を見るなら前方の真ん中の席がおすすめ 四季劇場「夏」の施設の舞台は意外と狭く、座席間隔が詰まっています。 意外と奥行きが狭い会場に驚く その分役者さんたちと距離が近いので臨場感あふれる時間になるわけですな。 全体の配置図は下のような感じです。 1階席のフロア図 これは1階の図です。 ステージを見るなら、前方席かつ真ん中の席がおすすめ。 前方席をおすすめする理由 近ければ近いほど迫力のある舞台を見ることができます。 真ん中の席をおすすめする理由 真ん中の席から見ると、舞台を端から端まで見渡すことができます。 左右席に座ると、舞台の片隅が隠れてしまい、せっかくのステージがもったいないんですよね。 ライオンキングのチケット予約は数ヶ月先を狙う 人気のライオンキングなので、土日祝日は満席御礼、平日でも1ヶ月先まで予約がいっぱいなことがほとんど。 運良く空いていたとしても、後ろのほうの席だったり、隅っこの席だったり、条件がよくありません。 そのため、いい条件でライオンキングを楽しむのであれば、 数カ月先の予約を狙うしかありません。 試しに予約状況を確認してみたところ、土日祝日のいい席は3ヶ月先まで埋まっていることが判明しました(2019年1月6日現在)。 長期計画を立て、その日を楽しみに待ちながら最高の状態でライオンキングを楽しみましょう。 ライオンキングの諸注意 ライオンキングを楽しむ上での注意点や大切なポイントです。 客席内は飲食禁止• 大きな荷物はクロークに預ける• 楽しむ気持ちを大切にする• 小さいお子さんにはシートクッションの貸出がある• グッズを買うと盛り上がるかも 大きな荷物は意外と見落としがちなポイントかもしれません。 遠方からライオンキングを見るためにやってくる人はスーツケースなどを持っているかもしれないので、忘れずクロークに預けておきましょう。 ホテルを彷彿とさせるクローク 客席内は狭いので、大きな荷物を置いておくことができません。 余裕があればお土産コーナーでグッズを買うのもいいですね。 オレンジと黒の組み合わせがかっこいい 舞台を見たあとだと、不思議と欲しくなっちゃうんですよねぇ。 お値段が意外と良心的なのことにびっくりしました。 YouTubeで見るライオンキング 劇団四季の公式アカウントで、ライオンキングが紹介されています。 映像だけでもその迫力が伝わってきます。 駅を出たらライオンキング気分 一生に一度はぜひ見て欲しいライオンキング。 最寄りのJR大井町駅を出たところから、ライオンキングはすでに始まっています。 記念写真を撮りたくなる旗 こういう小さな演出が大事なんですよね。 気分を高めながら、ライオンキングの世界を楽しみましょう。

次の

キャナルシティ博多10年ぶりの『ライオンキング』開幕!魅力たっぷりのミュージカルを堪能しよう。

キャナルシティ ライオン キング

時間を忘れる楽しさ、ライオンキング 公演時間は休憩を挟んで2時間半ほどありますが、時間の経過を忘れるほどライオンキングの世界に没頭していました。 もっと長く見ていたい、また見たいと思わせてくれる魅力があるんですよね。 演出が派手 客席から登場する劇団員だったり、目まぐるしく変わる舞台装置の数々。 ライオンキングのために用意された専用の装置なので、臨場感が半端なく、演出にも力が入っています。 ストーリーを知っていても感涙 動物の国を統治する偉大な父ライオン「ムファサ」を目標に頑張る息子ライオン「シンバ」。 悪い叔父の策略でムファサは死んでしまい、責任を感じてふさぎこむシンバが立ち直り、王国を立て直す感動のライオンキングです。 こうやってストーリーは知っていて、この先なにが起こるか頭では理解しているんですが、舞台を見ると感動してしまうんです。 魂がこもった演技や迫力ある動きの1つ1つが笑いと涙を誘い、ライオンキングの世界に引きずり込まれてしまいます。 僕なんか、ストーリー序盤で動物が大集合するシーンで感動してひっそり泣いてましたよ。 奥行きを感じる舞台 舞台は役者さんが動き回る広さはありますが、特殊装置で床が動いたり、天井から様々なセットが出てきます。 奥行きを感じる仕掛けや、動きを演出する派手でリアルなセットのおかげで、ライオンキングの世界観が目まぐるしく展開していきます。 迫力あるプロの演技 キャストの名前がプレートで紹介されている 劇団四季はプロ中のプロの集団です。 力不足だと判断されると、公演期間中でも容赦なく役柄が変わることもあるようで、まさに実力勝負の厳しい世界。 そんな競争を勝ち抜けて第一線で活躍する人たちが演じる舞台なので、感動しないわけがない! 実は僕、こういう舞台を間近で見るのは初めての経験。 舞台というと、幼稚園のころにやった白雪姫が最後の記憶でしょうか・・・。 プロがやると、演技ではなく「本人」になります。 動物のリアルな動きや仕草が本当に素晴らしく、まさに命をかけて仕事をする職人のワザを見た気がします。 ライオンキングを見られる場所 2019年1月現在、日本でライオンキングの舞台を見られるのは東京大井町にある四季劇場「夏」だけです。 関東近郊に住む人ならアクセスがいいんですが、西日本や九州、北海道となるとちょっと遠いです。 JR大井町駅から徒歩10分 ただし! 2019年3月24日から、福岡になるキャナルシティ劇場でもライオンキングが始まります! 詳しくはライオンキングのを見てください。 舞台を見るなら前方の真ん中の席がおすすめ 四季劇場「夏」の施設の舞台は意外と狭く、座席間隔が詰まっています。 意外と奥行きが狭い会場に驚く その分役者さんたちと距離が近いので臨場感あふれる時間になるわけですな。 全体の配置図は下のような感じです。 1階席のフロア図 これは1階の図です。 ステージを見るなら、前方席かつ真ん中の席がおすすめ。 前方席をおすすめする理由 近ければ近いほど迫力のある舞台を見ることができます。 真ん中の席をおすすめする理由 真ん中の席から見ると、舞台を端から端まで見渡すことができます。 左右席に座ると、舞台の片隅が隠れてしまい、せっかくのステージがもったいないんですよね。 ライオンキングのチケット予約は数ヶ月先を狙う 人気のライオンキングなので、土日祝日は満席御礼、平日でも1ヶ月先まで予約がいっぱいなことがほとんど。 運良く空いていたとしても、後ろのほうの席だったり、隅っこの席だったり、条件がよくありません。 そのため、いい条件でライオンキングを楽しむのであれば、 数カ月先の予約を狙うしかありません。 試しに予約状況を確認してみたところ、土日祝日のいい席は3ヶ月先まで埋まっていることが判明しました(2019年1月6日現在)。 長期計画を立て、その日を楽しみに待ちながら最高の状態でライオンキングを楽しみましょう。 ライオンキングの諸注意 ライオンキングを楽しむ上での注意点や大切なポイントです。 客席内は飲食禁止• 大きな荷物はクロークに預ける• 楽しむ気持ちを大切にする• 小さいお子さんにはシートクッションの貸出がある• グッズを買うと盛り上がるかも 大きな荷物は意外と見落としがちなポイントかもしれません。 遠方からライオンキングを見るためにやってくる人はスーツケースなどを持っているかもしれないので、忘れずクロークに預けておきましょう。 ホテルを彷彿とさせるクローク 客席内は狭いので、大きな荷物を置いておくことができません。 余裕があればお土産コーナーでグッズを買うのもいいですね。 オレンジと黒の組み合わせがかっこいい 舞台を見たあとだと、不思議と欲しくなっちゃうんですよねぇ。 お値段が意外と良心的なのことにびっくりしました。 YouTubeで見るライオンキング 劇団四季の公式アカウントで、ライオンキングが紹介されています。 映像だけでもその迫力が伝わってきます。 駅を出たらライオンキング気分 一生に一度はぜひ見て欲しいライオンキング。 最寄りのJR大井町駅を出たところから、ライオンキングはすでに始まっています。 記念写真を撮りたくなる旗 こういう小さな演出が大事なんですよね。 気分を高めながら、ライオンキングの世界を楽しみましょう。

次の