法人カード デメリット。 JAL法人カードのメリットデメリット。おすすめのJAL法人カードとは?

良好なスペックが特徴!JCB法人カード(一般)のメリット・デメリットとゴールドとの違い

法人カード デメリット

法人カードのメリットその1 経費精算 企業・法人の代表者やその従業員が法人カードを使う側として大きなメリットとなる経費精算。 経費精算書に入力をして、領収書を添付して提出し、現金が返ってくる、という従来のルーティーンが大幅に減ります。 経費精算が楽になる 従業員が使った経費は、通常、エクセルなどで作られた経費精算書に入力され、領収書とともに経理担当者に提出されます。 経理は精算書と領収書をひとつひとつ目視で確認しながら、経理ソフトに入力する必要がありました。 法人カードで経費を決済すれば、従業員それぞれがいつ・どこで・いくら使ったか可視化できるだけでなく、経理システムに取り込むことができ、経理精算業務が楽になります。 経費の仮払いや立て替えが必要ない 今まで、出張費や消耗品などの経費は、従業員が立て替えて後日精算するか、金額が大きい場合は先に仮払いをする必要がありました。 しかし、従業員に法人カードを持たせることによって、これらの現金出納が必要なくなります。 経費の計上漏れや請求漏れがなくなる 経費をカード決済にすることで、毎月の経費を明細書で確認でき、さらにそのままシステムに取り込めるため、計上漏れがなくなります。 また、領収書を紛失してしまうことで請求できなかったり、請求を忘れてしまったりすることがなくなります。 個人と会社の支払いをわかりやすく分けられる 法人カードを使うことで、ビジネス用の経費とプライベートで使用した分を明確に分けられるようになります。 また、法人カードの引き落としを法人名義の銀行口座にすることで、企業・法人の経理がより透明化されます。 法人カードのメリットその2 キャッシュフロー 法人カードを使って支払うことで、資金繰りやキャッシュフローを安定させることができます。 法人カードによっては、支払いを最長3ヵ月後にできる場合もあり、支払いサイクルを遅らせることができます。 キャッシュフローにゆとりが生まれる 経費を法人カードで決済することで、毎月決まった日に銀行から引き落とされます。 カードを使用してから引き落としまで支払い猶予が発生し、企業・法人名義の銀行口座に残るお金が増え、キャッシュフローが安定します。 振込手数料の削減が可能 決済を法人カードに一本化することで、今までかかっていた多岐にわたる支払い先への振込手数料の削減につながります。 法人カードのメリットその3 ポイントや付帯サービス 法人カードにも個人向けクレジットカードと同じように、ポイントや付帯サービスなどの特典が豊富にあります。 これらの特典をうまく使うことで、経費削減にもつながります。 ポイント還元のメリット ポイントはカード利用額に応じて付与されます。 例えば、ポイント還元率0. 5%の法人カードを使って支払いをした場合、割引が受けられない水道光熱費などの公共料金や通信費などの固定費にもポイントがつきます。 また、事務用品などの備品・設備費や出張費などの高額の支払いが継続的にある場合も、それに応じたポイントを得ることができます。 付帯サービスを利用できる 法人カードの付帯サービスには、国内の空港ラウンジを利用できたり、海外旅行傷害保険がついていたり、カードのランクによってはコンシェルジュサービスやプライオリティパスの利用などがあり、ビジネスパーソンにとってさらに便利なサービスを利用できます。 福利厚生サービスも利用できる 法人カードによっては、各カード会社で提供している福利厚生サービスを利用できます。 中小企業や個人事業主など、自社単独では難しい場合でも、低コストで福利厚生を充実させることができます。 サービスを利用することで、レジャー施設や宿泊施設などの優待割引を受けられます。

次の

NTTファイナンスBizカードの特徴と、メリット・デメリットまとめ

法人カード デメリット

「コーポレートカード」と「パーチェスカード」の違い コーポレートカードとパーチェスカードは、どちらも 「大企業向けの法人カード」です。 大規模企業向けソリューションとして提供されているのが特徴であり、個人事業主や中小企業を対象とした法人カードとは区別されています。 基本的にコーポレートカードは通常のクレジットカードと同じ使い方であり、無制限(または制限はあるものの多数)に社員用のカードを発行できるというのが特徴。 法人の経費的な支払い・精算を楽にするためのツールです。 パーチェスカードはカードレス(カード番号等必要最低限の機能のみ)で発行可能で、部署単位でカードを発行しながら請求書は一本化できるという柔軟な使い方ができるのが特徴です。 特定の加盟店のみでカードを使用できる• カードレスで発行できる• 法人や部署単位で発行できる• 支払先を一本化できる 主なメリットとされているのは上記の4つ。 コーポレートカードと比較すると 「特定の加盟店のみでカードを使用できる」というのが大きな違いです。 「クラウド利用料」や「光熱費」など、特定の経費専用の法人カードになっているため、 社員が自由にカードを使うことができません。 これによって 無駄な経費が発生しないというのも、コーポレートカードとは違ったパーチェスカードのメリットです。 コーポレートカードは社員に持参させることができるので、出張費や交際費の経費管理に向いています。 パーチェスカードはコーポレートカードの経費管理と区別して、法人や部署単位でクラウド利用料等の特定経費だけを管理したい場合に向いています。 家庭にたとえると、コーポレートカードは通常のクレジットカード。 パーチェスカードは「家賃」や「水道代」など、固定費の支払い用に持つカードです。 コーポレートカード・パーチェスカード両方のメリットをうまく汲み取ってサービス化されているカードもあります。 2019年12月に登場した「」は、企業の小口現金・立替払いの最効率化を目指す新しい法人キャッシュレスサービス。 一般的に言われている「法人カード」とは、 個人事業主や法人を対象に発行されているクレジットカードの総称です。 審査対象も法人ではなく、法人代表者・個人事業主となっています。 オススメのビジネスカードを知りたい方は当サイトの「」をご覧ください。 メリット 法人カードのメリットは、経費管理が楽になることです。 たとえば、 個人事業主の場合は通常のクレジットカードでも経費管理できますが、プライベート費と経費を分ける作業が面倒ですね。 個人用クレジットカードと法人カードを2枚持ちすると、 カード明細から簡単に経費管理できるようになるわけです。 デメリット 法人カードは「個人事業主」や「法人代表者」など、各カードによって申込対象者が指定されています。 また、 カードによっては法人向けに審査基準が高くなっていることもありますし、法人そのものではなく法人代表者が審査対象となるため、個人のクレヒスが悪い場合は審査に悪影響が生じます。 通常のクレジットカードのように多くの選択肢があるわけでもなく、クレジット業界全体で見ても法人カードの総数が少ないことも1つの理由です。 コーポレートカードとは? コーポレートカードとは、 大企業を対象とした法人カード。 これに対して、個人事業主や中小企業を対象としたカードを 「ビジネスカード」と呼んでいるカード会社が多いです。 こうした呼び方の違いは特に気にする必要はなく、 「自社が申し込めるかどうか?」に注目しておけば自然と最適なカードを見つけられます。 ビジネスカードやコーポレートカードの呼び方は、本当に単なる呼び方です。 「三井住友ビジネスカード」は法人対象ですが、使用者は20名以下が目安となっています。 「三井住友コーポレートカード」も法人対象ですが、使用者は20名以上が目安となっています。 結局は、「申込対象者」や「決済口座」に注目してカードを選ぶことがもっとも大切です。 メリット ビジネスカードは個人事業主を含めて中小企業を想定して作られているため、 社員用に発行できるカード枚数に制限が設けられているカードが多いです。 一方、コーポレートカードは大企業を想定しているため、 社員用に発行できるカードに制限がないカードが多く、これがコーポレートカードのメリットです。 選び方としては、 社員用カードの発行枚数に注目しておくのがおすすめですよ。 デメリット コーポレートカードのデメリットは、還元率などの特典が弱い(場合によっては無い)ところ。 とはいえ、カードによってスペックの損得はありますが、 デメリットを探したところで代案がないんですね。 多くの社員に経費用としてクレジットカードを持たせることが用途なので、これを実現できるだけで希望は叶います。 パーチェスカードとは? パーチェスカードは、 特定の支払い用として持てるコーポレートカードです。 法人カードの大企業向けソリューションとして提供しているカード会社が多く、 「カードレスで発行可能」や 「法人や部署単位で発行可能」といった特徴があります。 メリット パーチェスカードのメリットは、 「クラウド利用料」や「光熱費」といった特定の支払い用として使えることです。 法人や部署単位でカードレスから発行できるのも魅力。 一部の決済用としてカードを発行できるため、 社員が無駄な経費を発生させることがないのもメリットです。 決済口座は法人口座のみとなっているカード会社がほとんど。 支払い方法は「口座振替」と「銀行振込」が用意されており、この点はコーポレートカードと変わりません。 つまり、パーチェスカードの代案としてコーポレートカードを使うことも可能なので、自社経費やコスト削減をどのように考えるのかでメリットが変わります。 デメリット パーチェスカードは経費管理の考え方や目的によってメリットが変わるのがデメリットです。 使う幅に制限があるのがメリットでもありデメリットにもなります。 簡単に説明すると、コーポレートカードは加盟店を対象に自由に決済可能なため、 パーチェスカードでやろうとしていることをコーポレートカードで実行することもできます。 Webのシステム利用料のように毎月の固定費でクレジットカードを使えれば良いという企業にとっては便利ですが、 出張や接待でカードを使う機会が多い企業には完全に不向きです。 「カードレスで発行できる」や 「特定の支払い専用として使える」という特徴からも、目に見えない決済専用で法人カードを持ちたい企業に最適でしょう。 一番使い勝手が良さそうなのは、 外出用にコーポレートカードを発行しておき、固定費や企業間取引用にパーチェスカードを持つことです。 この使い方だと、それぞれの特徴を最大限に活かすことができます。 まとめ 法人カードは事業用として使うクレジットカードの総称で、細分化すると4つの種類に分けられます。 コーポレートカードやパーチェスカードは大企業向けなのが特徴ですが、実際のところは 「三井住友パーチェスカード」のように 中小企業も対象となっているカードもあります。 法人カードは 「申込対象者」や 「決済口座」に注目しておき、 申込条件を満たせることができるカードを選ぶのが基本です。 こうした条件は名称ごとに決まっているのではなく、各カードごとに決められています。 今回紹介した 「コーポレートカードとパーチェスカードの違い」や 「それらと法人カードの違い」などは、 大雑把に捉えておく程度で問題ありません。 各カードの詳細を比較しながら、自社に最適な法人カードを探してみてくださいね。

次の

良好なスペックが特徴!JCB法人カード(一般)のメリット・デメリットとゴールドとの違い

法人カード デメリット

「コーポレートカード」と「パーチェスカード」の違い コーポレートカードとパーチェスカードは、どちらも 「大企業向けの法人カード」です。 大規模企業向けソリューションとして提供されているのが特徴であり、個人事業主や中小企業を対象とした法人カードとは区別されています。 基本的にコーポレートカードは通常のクレジットカードと同じ使い方であり、無制限(または制限はあるものの多数)に社員用のカードを発行できるというのが特徴。 法人の経費的な支払い・精算を楽にするためのツールです。 パーチェスカードはカードレス(カード番号等必要最低限の機能のみ)で発行可能で、部署単位でカードを発行しながら請求書は一本化できるという柔軟な使い方ができるのが特徴です。 特定の加盟店のみでカードを使用できる• カードレスで発行できる• 法人や部署単位で発行できる• 支払先を一本化できる 主なメリットとされているのは上記の4つ。 コーポレートカードと比較すると 「特定の加盟店のみでカードを使用できる」というのが大きな違いです。 「クラウド利用料」や「光熱費」など、特定の経費専用の法人カードになっているため、 社員が自由にカードを使うことができません。 これによって 無駄な経費が発生しないというのも、コーポレートカードとは違ったパーチェスカードのメリットです。 コーポレートカードは社員に持参させることができるので、出張費や交際費の経費管理に向いています。 パーチェスカードはコーポレートカードの経費管理と区別して、法人や部署単位でクラウド利用料等の特定経費だけを管理したい場合に向いています。 家庭にたとえると、コーポレートカードは通常のクレジットカード。 パーチェスカードは「家賃」や「水道代」など、固定費の支払い用に持つカードです。 コーポレートカード・パーチェスカード両方のメリットをうまく汲み取ってサービス化されているカードもあります。 2019年12月に登場した「」は、企業の小口現金・立替払いの最効率化を目指す新しい法人キャッシュレスサービス。 一般的に言われている「法人カード」とは、 個人事業主や法人を対象に発行されているクレジットカードの総称です。 審査対象も法人ではなく、法人代表者・個人事業主となっています。 オススメのビジネスカードを知りたい方は当サイトの「」をご覧ください。 メリット 法人カードのメリットは、経費管理が楽になることです。 たとえば、 個人事業主の場合は通常のクレジットカードでも経費管理できますが、プライベート費と経費を分ける作業が面倒ですね。 個人用クレジットカードと法人カードを2枚持ちすると、 カード明細から簡単に経費管理できるようになるわけです。 デメリット 法人カードは「個人事業主」や「法人代表者」など、各カードによって申込対象者が指定されています。 また、 カードによっては法人向けに審査基準が高くなっていることもありますし、法人そのものではなく法人代表者が審査対象となるため、個人のクレヒスが悪い場合は審査に悪影響が生じます。 通常のクレジットカードのように多くの選択肢があるわけでもなく、クレジット業界全体で見ても法人カードの総数が少ないことも1つの理由です。 コーポレートカードとは? コーポレートカードとは、 大企業を対象とした法人カード。 これに対して、個人事業主や中小企業を対象としたカードを 「ビジネスカード」と呼んでいるカード会社が多いです。 こうした呼び方の違いは特に気にする必要はなく、 「自社が申し込めるかどうか?」に注目しておけば自然と最適なカードを見つけられます。 ビジネスカードやコーポレートカードの呼び方は、本当に単なる呼び方です。 「三井住友ビジネスカード」は法人対象ですが、使用者は20名以下が目安となっています。 「三井住友コーポレートカード」も法人対象ですが、使用者は20名以上が目安となっています。 結局は、「申込対象者」や「決済口座」に注目してカードを選ぶことがもっとも大切です。 メリット ビジネスカードは個人事業主を含めて中小企業を想定して作られているため、 社員用に発行できるカード枚数に制限が設けられているカードが多いです。 一方、コーポレートカードは大企業を想定しているため、 社員用に発行できるカードに制限がないカードが多く、これがコーポレートカードのメリットです。 選び方としては、 社員用カードの発行枚数に注目しておくのがおすすめですよ。 デメリット コーポレートカードのデメリットは、還元率などの特典が弱い(場合によっては無い)ところ。 とはいえ、カードによってスペックの損得はありますが、 デメリットを探したところで代案がないんですね。 多くの社員に経費用としてクレジットカードを持たせることが用途なので、これを実現できるだけで希望は叶います。 パーチェスカードとは? パーチェスカードは、 特定の支払い用として持てるコーポレートカードです。 法人カードの大企業向けソリューションとして提供しているカード会社が多く、 「カードレスで発行可能」や 「法人や部署単位で発行可能」といった特徴があります。 メリット パーチェスカードのメリットは、 「クラウド利用料」や「光熱費」といった特定の支払い用として使えることです。 法人や部署単位でカードレスから発行できるのも魅力。 一部の決済用としてカードを発行できるため、 社員が無駄な経費を発生させることがないのもメリットです。 決済口座は法人口座のみとなっているカード会社がほとんど。 支払い方法は「口座振替」と「銀行振込」が用意されており、この点はコーポレートカードと変わりません。 つまり、パーチェスカードの代案としてコーポレートカードを使うことも可能なので、自社経費やコスト削減をどのように考えるのかでメリットが変わります。 デメリット パーチェスカードは経費管理の考え方や目的によってメリットが変わるのがデメリットです。 使う幅に制限があるのがメリットでもありデメリットにもなります。 簡単に説明すると、コーポレートカードは加盟店を対象に自由に決済可能なため、 パーチェスカードでやろうとしていることをコーポレートカードで実行することもできます。 Webのシステム利用料のように毎月の固定費でクレジットカードを使えれば良いという企業にとっては便利ですが、 出張や接待でカードを使う機会が多い企業には完全に不向きです。 「カードレスで発行できる」や 「特定の支払い専用として使える」という特徴からも、目に見えない決済専用で法人カードを持ちたい企業に最適でしょう。 一番使い勝手が良さそうなのは、 外出用にコーポレートカードを発行しておき、固定費や企業間取引用にパーチェスカードを持つことです。 この使い方だと、それぞれの特徴を最大限に活かすことができます。 まとめ 法人カードは事業用として使うクレジットカードの総称で、細分化すると4つの種類に分けられます。 コーポレートカードやパーチェスカードは大企業向けなのが特徴ですが、実際のところは 「三井住友パーチェスカード」のように 中小企業も対象となっているカードもあります。 法人カードは 「申込対象者」や 「決済口座」に注目しておき、 申込条件を満たせることができるカードを選ぶのが基本です。 こうした条件は名称ごとに決まっているのではなく、各カードごとに決められています。 今回紹介した 「コーポレートカードとパーチェスカードの違い」や 「それらと法人カードの違い」などは、 大雑把に捉えておく程度で問題ありません。 各カードの詳細を比較しながら、自社に最適な法人カードを探してみてくださいね。

次の