ラクシュミー fgo。 【Fate/GO】ラクシュミーってジャンヌ顔だけど人気は出たのか?性能は控え目にされちゃったけども

【FGO】ラクシュミー・バーイーで宝具3連射:スカディシステム運用(編成2パターン)【Fate/Grand Order】

ラクシュミー fgo

下記の期間、「幕間の物語キャンペーン 第13弾」の開始および一部不具合修正のためのメンテナンスを実施いたします。 メンテナンス実施前にクエストおよびバトルを終了していただきますようお願いいたします。 メンテナンス直後はアクセス集中が予想されます。 誠にお手数ですが、その際には暫く時間をおいてお試しくださいますようお願いいたします。 Android、iOS 最新のバージョンは以下となります。 Google Play:【Ver. 6】 iOS:【Ver. 6】 auゲーム:【Ver. アンインストールをしないようご注意ください。 ホーム画面からメニューキーを押し、「設定」を選択 2. 「キャッシュを消去」を選択 注意)「アップデートのアンインストール」は押さないでください。 「幕間の物語キャンペーン 第13弾」の開始 2. 聖晶石召喚 期間限定 「幕間の物語キャンペーン第13弾ピックアップ召喚 日替り 」の開始 3. 特定のサーヴァントの幕間の物語を追加 4. 期間限定イベント「復刻:見参! ラスベガス御前試合~水着剣豪七色勝負! ライト版」の終了 5. 聖晶石召喚 期間限定 「復刻 ラスベガス御前試合ピックアップ1召喚 日替り 」の終了 6. 聖晶石召喚 期間限定 「復刻 ラスベガス御前試合ピックアップ2召喚 日替り 」の終了 7. ・虞美人 2. ・アプリを完全に終了 タスクキル し、再度ログインし直す。 ・ボイジャー 5. ・第四特異点 メインクエスト 6. マテリアルにおいて、一部アドベンチャーパートを再生した際、効果音が正常に再生されない場合がある不具合を修正 7. ・コマンドカード選出不能 8. ・アプリを完全に終了 タスクキル し、再度ログインし直す。 「MENU」にターミナル画面へのショートカット機能を追加 2. サーヴァント詳細画面の「宝具演出速度固定設定」を変更した際に、設定変更の確認ダイアログを表示するように改修 5. 概念礼装強化&進化画面にて概念礼装用イベントボーナスフィルターに「直近終了イベント」を追加 6. 各種UIおよびグラフィックの調整 ご利用のみなさまには、ご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。 下記日程にて、ゲームアップデートを行いました。 なお、今回のゲームアップデートにアプリケーションの更新は含まれません。 アップデート直後はアクセス集中が予想されるため、ゲームの動作が遅く感じる場合がございます。 誠にお手数ですが、その際には暫く時間をおいてお試しくださいますようお願いいたします。 聖晶石召喚 期間限定 「復刻 ラスベガス御前試合ピックアップ2召喚 日替り 」の開始 2. ・アルトリア・ペンドラゴン ルーラー 2. ・第六特異点 メインクエスト 4. 」と表示されておりますが、フレンドポイントを得ることはできません。 一部不具合の修正のためのアプリアップデートの準備ができました。 お手数ですが、Google Play、App Store、auゲームよりアプリの更新を行っていただきますよう、ご協力をお願いいたします。 2020年6月16日 火 15:00以降に、アプリのアップデートを行っていない場合、アプリ起動時にアップデートを促す画面が表示されるようになります。 その際には、アプリのアップデートを行ってくださいますようお願いいたします。 アップデート直後はアクセス集中が予想されるため、ゲームの動作が遅く感じる場合がございます。 誠にお手数ですが、その際には暫く時間をおいてお試しくださいますようお願いいたします。 Android、iOS 最新のバージョンは以下となります。 Google Play:【Ver. 5】 iOS:【Ver. 5】 auゲーム:【Ver. アンインストールをしないようご注意ください。 ホーム画面からメニューキーを押し、「設定」を選択 2. 「キャッシュを消去」を選択 注意)「アップデートのアンインストール」は押さないでください。 過去データは情報倉庫のページで御覧下さい。 プライバシーポリシー 当サイトのプライバシーポリシーはWicurioプライバシーポリシーに準じます。 関連リンク 公式サイト• 関連Wiki• メンテナンス 次回ゲームメンテナンス• イベント・キャンペーン 現在開催中・開催予定のイベント・キャンペーン 公式サイト• ピックアップ召喚 現在開催中・開催予定のピックアップ召喚 公式サイト• ゲームガイド• イベント 現在開催中・開催予定のイベント・クエスト• 掲示板• 雑談(テーマ別)• 以下別サイト• シナリオ• 第一部 Observer on Timeless Temple• 5部 Epic of Remnant• 第二部 Cosmos in the Lostbelt• Lostbelt No. 修練場• [月]• [火]• [水]• [木]• [金]• [土]• [日]• 種火集め• [月・木]• [火・金]• [水・土]• [日]• 宝物庫• [毎日]• サーヴァント• 強化関連• その他• 概念礼装• 概念礼装一覧• 強化関連• その他• 指令紋章 コマンドコード• データベース• マスター関連• アイテム関連• その他• 管理・編集掲示板• wikiについて• 公式関連サイトリンク集• Twitter 最新の20件.

次の

【FGO】ラクシュミーの評価|必要素材とスキル上げ優先度

ラクシュミー fgo

4 Lv. 1 Lv. 4 まずは攻撃力アップのスキル1と、確率スキルを成功しやすくなるスキル3を並列する。 Wスカディ周回採用時はスキル1だけでも十分。 【Step2】 Lv. 6 Lv. 4 Lv. 6 このサーヴァントを運用する上でおすすめのスキルレベル。 レベル6の区切りは、スキルCTがより短いスキル1の優先がおすすめ。 【Step3】 Lv. 9 Lv. 6 Lv. 10 より快適に運用する上でおすすめのスキルレベル。 スキル1と3であれば、スキル3の伝承結晶使用がおすすめ。 2019年6月時点で全ての確率成功系スキルが確定するので、確率成功系持ちと組みやすくなる。 【Step4】 Lv. 10 Lv. 10 Lv. 10 このサーヴァントの理想形。 スキル2の無敵付与のスキルCTを縮めることで、通常攻撃が主体の蘭陵王や始皇帝、ホームズなどのアタッカーと組みやすくなる。 Quick全体宝具と自身サポートが好相性 ラクシュミーの特徴はセイバーで初のQuick全体宝具と、豊富なサポート。 自身のスター発生率アップ入りの 全体宝具でスターを稼いでからのクリティカルが持ち味。 味方全体への攻撃力&クリ威力付与 3T で効率よくダメージも伸ばせる。 希少な全体強化成功率アップ持ち スキル「グワーリヤルの抵抗A」で味方全体の強化成功率アップ付与 3T が行える。 スキルLv1から2019年6月時点の確率成功スキルを最低約80%成功、Lv10時には全て確定できる。 そのため高倍率な傾向にある確率成功持ちと組みやすい。 ラクシュミー・バーイーの弱い点 短所 1. Quick中心運用が不安定 Quick中心のサーヴァントほぼ共通の問題だが、 Artsチェインと比べてカード配布やクリティカルなど運要素が多い。 特にArts2枚持ちが多いセイバーの中でのArts1枚なので、Arts枚数が多いサポーターとの組みづらさは気になる。 「グワーリヤルの抵抗A」の育成 重要スキル「グワーリヤルの抵抗A」はスキルLv1でも、自身の各確率成功系スキルは約80%成功まで伸ばせる。 そのため倍率的にはLvMAXにする必要はないが、 自身の他スキルと比べてスキルCTが長いのでスキルCT短縮のLv6/10まで上げたくなる。 中の人A スキルLv6までは入手しやすい素材ですが、スキルLv7〜9は励振火薬やオーロラ鋼など2部以降素材なのも大変! 4. 宝具2〜3連発を狙う編成難易度が高い 自身のQuick全体宝具のNP回収は敵3体のランサーに対して、自身「騎乗」のみで約13〜20%と標準的。 宝具2〜3回を狙うには期間限定サーヴァントや、恒常星5礼装「カレイドスコープ」の複数所持など編成難易度が高い。 1枚なら約96%) 中の人A 宝具2回前提+配布リリィのNP獲得量アップで必要なオーバーキル回数を12ヒット中3回まで減らせます。 ラクシュミー・バーイーと相性のいい概念礼装 周回採用時はNPチャージに特化したものがおすすめ。 通常時はスター獲得状態を重視して、安定クリティカルを狙いたい。 高倍率のスター発生率アップ付与ができ、自身は超高倍率のクリ威力アップ持ちなので好相性。 3人目に水着BBを選ぶとカード固定により狙ったタイミングでのシグルドクリティカルが安定する。 スター集中でクリティカルが狙いやすく、高火力な単体宝具アタッカーなので好相性。 クリティカル発生率ダウンとダメージカットで予期せぬ戦闘不能を防いで守りやすいのも利点。 スター獲得や操作でパーティ全体がクリティカルを狙いやすく好相性。 HP回復状態を付与でき、HP回復量アップとあわせて大量HP回復できるので打たれ弱さもある程度補える。 全体効果の高倍率な確率強化を所持しており、確定せずともいずれかの効果を途切れる発揮させやすい。 BBAAQなので1枚目ArtsもBusterもバランスよく補える。 恒常では優秀なQuickを持つ単体宝具のセイバーなので好相性。 宝具効果で、攻撃と防御の強化解除を揃えられる。 ラクシュミーのおすすめサポーター 高性能なArts3枚が1枚目サポート向き。 高倍率なQuick性能アップ付与により、ダメージやスター獲得を一気に伸ばせる。 防御面や、持続的な与ダメージは不足するので自身退場や敵を倒しきることで補う。 不足する全体無敵付与を補いつつ、宝具効果でスター供給できるので高難易度向き。 また高倍率のBuster性能アップで単体火力も補える。 パーティ全体のクリティカル威力を効率よく伸ばしつつ、高倍率な防御力ダウンが行える。 騎を含む混成高難易度ではNP獲得量アップやNP獲得状態礼装をつけたい。 ジャーンシー藩王国をまとめあげ、イギリス軍に反抗し た王妃としての軍団指揮能力。 ラーニーとはヒンディー語で『王妃』の意味。 〇進撃するシパーヒー:B シパーヒー、あるいはセポイと呼ばれる東インド会社の インド人傭兵部隊が反乱の引き金となった事を示すスキ ル。 ジャーンシー藩王国における反乱は、デリーを占拠した 反乱軍に呼応し、ジャーンシーにいたシバーヒーが駐屯 イギリス兵を殺した事が契機であった。 しかしその後、シバーヒーたちはデリーに向かってし まったため、ラクシュミーは私費を投じて兵を雇い、残 されたジャーンシーを守らなくてはならなかった。 絆Lv. 5で開放 『侵奪怺えぬ拒絶の王国』 ランク:B 種別:対軍宝具 レンジ:1〜40 最大補足:200人 ナヒン・デーンゲー。 彼女の『絶対に祖国を渡さない』という強い決意、願い が形になった宝具。 本来は敵対者の侵入・攻撃を防ぐ絶対的な領域を発生さ せる結界宝具である。 『彼女はジャーンシー王国を命をかけて守った存在であ る』という定義により、『彼女が守っているものは彼女 の王国である』と因果を繋げることで発動する。 今回はセイバーとして召喚されたことにより、 『外敵に対する拒絶』の概念を攻撃に転化させた対軍宝 具として機能させている。 彼女の想いの全てが詰まった剣閃は、国の存亡を背負う 決意そのもの。 故にそれは決して曲がる事も折れる事も ない刃として、一国の未来に等しい重みと輝きをもって 敵を薙ぎ払うのだ。 絆Lv. 5及びLostbelt No. 4クリアで開放 近代のサーヴァントであるが、インド異聞帯で縁を結ん だ彼女は神性を具えている。 これは特殊な事情によりヒンドゥーの女神ラクシュミー の分霊がその身に宿り、半ば疑似サーヴァントのような 状況になっているからである。 名前の一致も魔術的親和性を高め、その状況を後押しし た。 ……しかしそれは正確ではなく、実際に彼女に宿っている のはラクシュミーの姉、不運と不幸の女神アラクシュ ミー(ラクシュミーと同一存在・別側面であるという説 も)。 アラクシュミーはカリ・ユガ期に現れる悪魔カリの二番 目の妻であるともいう。 彼女の中にあるのは本当に女神の一部分であり、パーソ ナリティはほぼ王妃としてのラクシュミーそのまま。 『神性というエンジン(燃料)』 『稀に身体の奥底から感じる(アラクシュミーとして の)衝動』 『不運の女神としてたまに漏れ出てしまう失敗成分(軽 いドジっ娘体質)』 あたりが、このラクシュミー・バーイーの持っている 女神的要素である。 再臨画像 最終再臨ネタバレ注意 最終再臨までの画像を掲載しています。 ネタバレが含まれるため、注意してください 彼女の戦いは終わった。 祖国ジャーンシーは陥落した。 次に身を寄せたカールピーも捨てざるを得なかった。 そして最後に辿り着いたグワーリヤルの地にて、 彼女の命運は尽きた。 遺された人々の眼に刻まれたものは何か。 砕かれた城壁か。 無残な死体の山か。 英雄たる王妃でも現実には勝てぬという、 無慈悲な摂理か。 人々が見出したのは違うものだ。 人々が気づいたのは違うものだ。 それは、一人の王妃が見据えた未来だった。 自分達が護らなくてはならないものだった。 だから、彼女『達』の戦いは終わらなかった。 そこから始まった。 バレンタイン礼装 ネタバレ注意 バレンタイン礼装のイラストとフレーバーテキストを掲載しています。 ネタバレが含まれるため、注意してください。

次の

【FGO】ぶっかけラクシュミーバーイー

ラクシュミー fgo

概要 [ ] 「」の。 略歴 『』Lostbelt No. 4『』にて、の一行が来る前に現界し、集落を守り反旗を翻すタイミングを伺っていた。 集落に訪れた主人公達の力を確かめた後、協力する。 をその身に宿しているため、幸運値が極端に低くなっているが、作中ではその幸運の低さを生かして仲間たちを大いに救うこととなる。 また、物語終盤ではと共に非常に重要な役割を果たすこととなる。 人物 褐色の肌に白髪、同じく白色を基調とした軍服を纏った、に似た顔だちの女性。 質実剛健な真面目な王妃であるが、その在り方は王妃というよりも「女将軍」に近い。 民を何よりも愛しており、それが民の幸せになるのならば自国に縛らず和平をも受け入れるような、柔軟な思考の持ち主。 一方で、民が不当な被害に脅かされるのであれば、どのようにしてでも民を救わんとする。 マスターに対しては総司令官のように接する。 基本的にはマスターの作戦に従うが、その作戦が良くない物であったら提言し、指導者としての態度が悪い場合には改めさせようとする。 能力 サーベルと小銃を駆使して戦う。 セイバークラスとしては極めて珍しい、明確な射撃武器を使うサーヴァント。 生前の経歴から特に防衛戦に秀でている。 また、とある神霊をその身に取り込んでいるため幸運のランクが極端に低くなっている。 作中ではその低い幸運を使い攻撃を不運にも自身に集中させ、味方を守るという荒業を行っている。 本来は敵対者の侵入・攻撃を防ぐ絶対的な領域を発生させる結界宝具である。 『彼女はジャーンシー王国を命をかけて守った存在である』という定義により、『彼女が守っているものは彼女の王国である』と因果を繋げることで発動する。 今回はセイバーとして召喚されたことにより、『外敵に対する拒絶』の概念を攻撃に転化させた攻撃宝具として機能させている。 彼女の想いの全てが詰まった剣閃は、国の存亡を背負う決意そのもの。 故にそれは決して曲がる事も折れる事もない刃として、一国の未来に等しい重みと輝きをもって敵を薙ぎ払うのだ。 真名:ラクシュミー・バーイー [ ] ラクシュミー・バーイー。 1857年のインド大反乱における、最も有名な指導者の一人。 ジャーンシー藩王国の王妃という立場でありながら、自ら馬に乗り、剣を振るい、先頭に立って民を導いた。 彼女に率いられた反乱軍の戦いはあまりにも見事であり、イギリス側の司令官は敵ながらその戦いぶりを賞賛する言葉を残している。 ラクシュミーは王の病没後、ジャーンシー王国の存続をイギリスと交渉することになった。 当時イギリスは『失権の原理』(養子が王国の相続権を持つとは認めず、跡継ぎのいない国はイギリス東インド会社が併合する)を進めており、養子をもって存続を図ったラクシュミーの希望は打ち砕かれた。 インド総督ダルハウジーの特使がジャーンシーを訪れ「今後この国はイギリス領に併合される」と宣言した時、彼女は涙を流すのではなく、「我がジャーンシーは決して放棄しない」と毅然と言い切ったという。 その後、ラクシュミーはジャーンシーにおける反乱運動の旗手となる。 彼女に刺激された女性兵士たちを多く含んだジャーンシーの反乱軍は、イギリス軍が舌を巻くほど勇猛果敢に戦った。 1858年、鎮圧軍の手によりジャーンシー城はついに陥落してしまうが、ラクシュミーはなんとか脱出。 他の反乱軍と合流し、グワーリヤルの地で抵抗を続けた。 しかし反乱の気運がそれ以上広がることはなく、二ヶ月後、イギリス軍はグワーリヤル城に総攻撃を仕掛ける。 ラクシュミーはその戦いでも奮戦したが、前線で指揮をしていた際に銃弾を受けて戦死したと伝えられる。 最新鋭の装備を備えた鎮圧軍に対し果敢に抵抗を続けたが、1858年6月、グワーリヤルの地にて戦死。 しかし彼女の勇気と想いは、今もなお人々の心に深く刻み込まれているという。 近代のサーヴァントであるが、インド異聞帯で縁を結んだ彼女は神性を備えている。 これは特殊な事情によりヒンドゥーの女神ラクシュミーの分霊がその身に宿り、半ば疑似サーヴァントのような状況になっているからである。 名前の一致も魔術的親和性を高め、その状況を後押しした。 しかし実際に彼女に宿っているのはラクシュミーの姉、不運と不幸の女神アラクシュミー(ラクシュミーと同一存在・別側面という説もある)。 アラクシュミーはカリ・ユガ期に現れる悪魔カリの二番目の妻であるともいう。 彼女の中にあるのは本当に女神の一部分であり、パーソナリティはほぼ王妃としてのラクシュミーそのまま。 『神性というエンジン(燃料)』 『稀に身体の奥底から感じる(アラクシュミーとしての)衝動』 『不運の女神としてたまに漏れ出てしまう失敗成分(軽いドジっ娘体質)』 あたりが、このラクシュミー・バーイーの持っている女神的要素である。 関連 [ ] インド大反乱 1857年から1年余りに渡って起きた、イギリスのインド植民地化に対する反乱。 かつては「 セポイの乱」と呼ばれていたが、参加した勢力が多岐に渡った事から現在ではこのように呼称されている。 また、インドでは「 第一次インド独立戦争」とも呼ばれている。 登場作品と役柄 [ ] Fateシリーズ [ ] Lostbelt No. 4『創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ』の配信に伴い実装。 その他 [ ] 学園総出で対犯罪訓練を行った際、婦警として登場。 顔や性格のせいか親近感を抱いている。 特に「イギリスと戦った」という点が一番気が合いそうだとか。 イギリス系サーヴァント 自分が戦った国の人間という事で思う所はあるようだが、さすがにいきなり襲いかかるレベルではないようである。 自国の大英雄。 当然ながら深く尊敬しているが、インド異聞帯では自分の中の神性のために彼から迫られたことでアイアンクローをかました。 アラクシュミー 自身に宿っている不運と不幸の女神。 お陰で運のステータスが酷い事に...... パールヴァティーの幕間の物語で共演。 一緒にボードゲームを行う仲だが、自分のあまりのサイコロの目の悪さのために、代わりに振ってもらう事に。 生前 [ ] ガンガーダール・ラーオ 夫でジャーンシー藩王国の藩王。 ジェイムズ・ラムゼイ インド総督を勤めたイギリス貴族。 彼が「失権の原理」でインド併合を強引に推し進めた事でジャーンシー藩王国をイギリスに奪われる事になる。 バフト・ハーン インド大反乱の総大将。 ラクシュミー同様、最後までイギリスに抵抗した。 ラクシュミーが戦闘中に使用しているライフルのデザインはヒライユキオ氏が担当。 使用しているマスケット銃は反乱軍の主力となっていた銃だが、既に旧式化が著しい銃であり、最新式のエンフィールド銃を装備していたイギリス軍には太刀打ち出来なかった。 宿っている女神の悪影響で、幸運値が歴代最低の E-という前代未聞のサーヴァント。 散々不運をネタにされるですらEである。 本人も多分に自虐的であり、嫌いなものがクジ引きだったり、いざという時は頼るなと言ってきたり、マイルームでもシャワーの温水機能が壊れていたり家具の角に足の小指をぶつけたりと散々である。 敗北したラクシュミーだが、その志は後のインド独立運動に受け継がれ、1947年にインドが独立すると初代首相のネルーによって各地に銅像が建てられた。 なお、銅像では伝統衣裳のサリーを纏っている事が多いが、実際は動きやすいズボンやシャツを身に付けていた事が多かった。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の