さつき 植え 替え 時期。 鉢植えの「さつき」を地植えにすると枯れる。

さつき盆栽の育て方

さつき 植え 替え 時期

皐月盆栽・管理 皐月盆栽・管理 皐月盆栽を始めた切っ掛けは昭和50年頃、職場の上司がご自身で育てた皐月盆栽を職場へ展示された事に由来する 上司曰く「幾ら手を掛けても人間は時として裏切る奴も居るが、皐月は決して裏切らない。 手を掛ければ掛けたなり の花芸を来春魅せてくれるが反面、手を抜けばそれなりの花しか咲かない」と、目を細めて話てた事が印象に残る。 皐月盆栽管理の基本 皐月を盆栽として育てる為には「春夏秋冬」数多くの作業があります。 ここではそれら内容に付いて紹介しますが、私が行ってる方法であり、完璧な内容ではありません・・・。 全国津々浦々「気候風土が異なる」ので、参考程度に受け止めて下されば幸いです。 [1]灌水・・・鉢の置き場所等 日当り及び風通しの善し悪し にも寄るが 春及び秋の時期は二日置きに1回位とし 夏 の時期は朝晩2回行い 冬の時期では一週間に1度位灌水する。 いづれにしてもその目安は、 鉢の表面が乾いた場合や鉢 を持って軽いと感じた時にはご自身の判断で「盆栽の頭」から灌水して下さい。 但し、氷点下が続く時期及び8月の真夏 日は避けるべきと考えます。 またカットする「根の部分」は鉢周りに接していた、根毛及び特に 幹下の黒く細かい根は「腐った根毛」であり、 成長を図る上から全て取り除く必要性があります。 ポイントはサツキの成長を促す発根し易い環境作りでありサツキが風等で動かない様に、太さ1mm位の針金を用いて サツキの根を縛り鉢とサツキを固定する。 [3]使用する土類・・・サツキが好む土壌は 酸性土壌であり最適なのは鹿沼土が良い。 鹿沼土の特徴は 保水性に優れ 排水性も良く無菌である事から植え替え時または挿し芽用には適してる。 購入する時は硬質な鹿沼土を選び、微塵抜 き等と表示されてても、使用する時は震いに掛けて 粉分を除去し使用する事をお勧めしたい。 排水性を確保 [4]苔を貼る・・・植え替え後は苔を貼る事になるがこの目的は、鹿沼土のままでは見栄えも良くないこと及び灌水 時の水圧で、鹿沼土が飛散する事が考えられる為、 コンクリート苔・山苔・水苔等を鉢の上へ貼付ける事になる。 コンクリート苔を用いる時は、良く水洗いし砂やドロ及び草を取り除き鉢へ貼付ける。 また、乾燥済の 山苔・水苔 を用いる時には「手もみ」を行い鉢の上へ貼付ける。

次の

皐月盆栽・管理

さつき 植え 替え 時期

ツツジの移植時期いつごろが適期 ツツジ類の種類によっても多少の差は出てきますが、ツツジは常緑のものと落葉のものとがあります。 常緑のツツジ(キリシマツツジ・クルメツツジ・オオムラサキツツジ)は、3月から4月または9月下旬から10月が適期です。 落葉のツツジ(ヤシオツツジ・レンゲツツジ)は2月中旬から3月が適期です。 夏の暑い時期でも大丈夫かという方もいますが、暑い時期は庭木がかなり弱りますので避けたほういいです。 もし・・移植したいのであれば日中の暑い時間帯をさけ涼しい時間帯に移植してあげてください。 移植するところの植え穴にはたっぷりの水を入れてから植え付けをしてください。 また、冬の寒い時期に移植という場合もには防寒対策が必要です。 乾燥しないようにに、根の周辺に敷きわらをしたり根元が凍らないように程度に水やりを行います。 ツツジの植える場所はどこがいい 今まで植えておいた環境がよいところで、また同じような場所に移植するのであればよいでしょうが、日当たりの悪い場所に移植した場合には、注意してくさい。 もともとツツジは、日当たりの良い水はけの良いところを好む植物ですから最低でも午前中位は日の当たる場所がよいでしょう。 スポンサードリンク そして、ツツジは酸性の土壌を好みますので植え付ける際には、鹿沼土やピートモスなどを混合すると根張りがよくなります。 自分でできるツツジの移植 あまり大きな移植の場合には自分一人でできないので、高さが1m未満のツツジということで話をしていきます。 ツツジなどの小さな庭木の場合は、根元に伴って垂直にスコップをいれて掘り取りします。 時期の良い時期であれば、多少小さくても大丈夫でしょうが、時期が悪い場合は、鉢を大きく掘り取ります。 ツツジ類の根は糸みたいに細く、周りの土壌と固まりやすくなっていくのです。 空気の流れが悪い土壌中においは、ツツジの細い糸根は息ができないため成長ができません。 植え付ける際には土を落として根をほぐしてから植え穴に置き、 根の中に土が入り込むように植付けてましょう。 植付の際には、深植えにならないようにツツジの根鉢が地面より1cm程度高くなるように土をいれながら植付ていきます。 そして、最後に水極めを行っていきます・・水極めってなに? ツツジに水を与えながら、棒でツツジの根と土がよく詰まるようにようにつついていきます。 これで移植は完了ですが、移植した後は水をしっかりと与えてあげましょう。 Advertisement• ドウダンツツジは、日当たりと排水のよい土壌を好み日本中に庭木として使用され、自然樹形のほか玉仕立てや生垣によく使用されている庭木です。 […]• 目次 1. オオムラサキツツジの特徴2. ヒラドツツジの特徴3. ヒラドツツジの交配種4. オオムラサキツツジの交配種5. オオムラサキはヒラドツツジ[…]• ツツジとはツツジ科の植物のことをいいます。 おおむね常緑もしくは落葉性の低木から高木で、葉は常緑または落葉性で4〜5月の春先にかけて花を咲かせます。 こんなに綺麗に咲くツツジの花ですが、気持ち悪いほどに葉が膨らむツツジのもち病という病気をみなさんはご存知でしょうか。 この、もち病という[…]• サツキツツジは6~7月に花が木を覆うように咲き、下木の寄せ植えとして庭木にはかかせない樹木であります。 サツキツツジは、昔から庭木として最もポピュラーな[…]• ヒラドツツジの開花時期は地域差もありますが、だいたい4月から6月ころになります。 この時期には、低い木に大き目の花が咲き見る人の目を楽しませてくれるでし[…]• 写真 左 サツキツツジ 右 オオムラサキツツジ サツキと言われているのは、実際にはツツジの一種となっていて、正式にはツ[…]• ツツジは、日本の気候によく合った植物で、あまり手をかけなくても元気に花を咲かせるため、初心者にも育てやすい植木です。 肥料を与えなくても[…].

次の

盆栽日本 :: Bonsai Japan :: 皐月

さつき 植え 替え 時期

それ以外の時期でも植え替えはできますが、 やはり落葉して休眠中である11月~3月に植え替えを行う方が、 株への負担が軽く済み、その後の生長が良いです。 また、この時期の植え替えであれば根を触ることもできます。 地植えで育てているものに関しては。 植え替えをわざわざ行う必要はありません。 鉢植えで育てている場合は、何年か同じ鉢で育てていると、 鉢の中が根でいっぱいになってしまいます。 根の生育が鈍ると、地上部の生育も鈍りますし、 花付きや実付きが悪くなるだけでなく、 全体的に元気がなくなり、枯れてしまうこともあります。 鉢植えで育てているのであれば、 少なくとも2年~3年に1回は植え替えるようにしましょう。 苗を抜く まず、今まで育てていた鉢から、 苗を傷めないように抜き取ります。 この時、支柱などをすでに設置している場合は、 先にとりはずしておくようにします。 根鉢を手入れする 根鉢を手で丁寧にほぐします。 ほぐした後、次に植え付ける鉢の大きさに合わせて根を切ります。 それまで植えていた鉢いっぱいに根が育っている場合、 そのまま次の鉢に植え付けても、 すぐに根がいっぱいになることがあるためです。 また、古い根を切ることにより、 新しい根の発生を促すことができます。 根を切る目安は、新しく植え付ける鉢の上に根を広げた時、 鉢からはみ出た分を切るようにします。 株を水につける 根を切った株は、鉢の準備ができるまで、 水を入れたバケツなどに入れておきます。 鉢の準備 最初に植え付けた鉢からサイズを大きくしていき、 最終的には10号サイズの鉢に植え付けるようにします。 それ以降もさらに鉢を大きくしても良いのですが、 植え替えの作業が大変になってくるので、 10号くらいのサイズで止めるのがおすすめです。 鉢の底が隠れる程度に鉢底石を敷き、 その上から鉢の半分くらいが埋まるまで用土を入れます。 赤玉土(小)6:腐葉土3:川砂1の割合が良いです。 苗の位置を調整する 用土の上に根を広げた状態で苗を置きます。 鉢の高さと苗の高さを確認し、用土を増減しながら位置を調整します。 用土を足す 根が隠れる程度に用土を足し、根と用土がよく馴染むように、 垂直に指を入れてぎゅっと押し込みます。 用土を落ち着かせる 鉢の縁から2cm~3cm下くらいまで用土を足したら、 鉢を軽く揺すって土を落ち着かせます。 水やりする 最後に鉢底から水が出てくるまで、たっぷりと水を与えておきましょう。 この植え替え方法を行った場合、根を大きく触っているので、 植え付け後2週間ほどは明るい日陰~半日陰で養生させます。 その後、少しずつ日当たりの良い場所に移動させ、 日当たりの良い場所に慣れたら、通常と同じように育てます。 何かの都合でその時期に植え替えができなかった上に、 生育期に入ってから植え替えが必要となった場合は、 適期でなくても植え替えをすることが可能です。 ただし、適期のように根を切るなどは、良くないです。 落葉期の間は、株は休眠状態になっています。 この時期であれば、根を切ったり触ったりしても、 株への負担が軽くて済みます。 ところが、すでに生育期に入っている状態で、 同じように根を触ってしまうと、株への負担が大きくなり、 最悪の場合は枯れてしまうこともあります。 根詰まりなどで適期外に植え替えをすることはできますが、 決して根を触らないようにし、 根鉢すら崩さないように注意が必要になります。 適期外での植え替えを行う場合は、 どちらかというと根が育つスペースを、 ただ広げてあげるだけというイメージです。 今まで育てていた鉢から苗を抜き取ります。 この時、一番底になっている部分の根が、 鉢底石を抱き込んでしまっている場合があります。 その場合は、手で優しく鉢底石を取り除きますが、 無理に根をほぐすようなことはしないように注意しましょう。 鉢底石は無理には取り除かず、取れる分だけに止めておきます。 抜き取った株は、根鉢を崩さないように注意しながら、 新しい鉢に植え付けます。 植え付けた後は、水をたっぷりと与え、 2週間ほどは明るい日陰~半日陰で養生させておきましょう。 その後はだんだんと日当たりの良い場所に慣らしていき、 通常と同じ管理をします。

次の