ブラウン ダスト ダグドロン。 ワールドボス ダグドロン 2020

【BrownDust】ブラウンダスト part202

ブラウン ダスト ダグドロン

被攻撃時発動の回復スキル付与を使う• 連撃キャラを使う• ダメを伸ばすために被ダメ増加を使う• 継続ターン数が長いバッファーを使う• 18回目の攻撃はデバッファーが理想• この反撃は広範囲かつHPに依存した高ダメージを与えてくるので、回復系のスキルを持たないと無敵キャラ以外は確実にKOされます。 その回復スキルも、リジェネのような毎ターン回復のものでは回復が追いつかないため、ダグドロン戦では 攻撃を受けた時に発動する回復スキルを付与するキャラを使います。 キャラ選択は後述しますが、レピテアとかルルとかですね。 上述の回復支援キャラやバッファー、魔法型なんかも編成することになるので、1回攻撃を行う普通のキャラのみでは弱体化モードにさせる前に試合が終わります。 そこで攻撃回数を劇的に増やせる 連撃キャラを使用します。 この連撃キャラは攻撃回数さえ稼げれば良いため、育成の必要はほとんどありませんね。 バッファー・連撃キャラ・アタッカーが決まったら、残りは被ダメ増加を付与するデバッファーにしても良いくらいです。 弱体化モード中のダグドロンは 全てのデバフが効くため、通常のステ減系の被ダメ増加はもちろん、 攻撃妨害系スキルに乗っている被ダメ増加も有効です。 味方の1攻撃につき2ターン消費すると考えたほうが良いでしょう。 さらに味方の魔法型も攻撃を始めますから、余計にターン数が掛かります。 アタッカーの攻撃までにバフが切れては全く意味が無いので、 バッファーのバフ継続ターン数は長いキャラを使うのは基本として、行動順にも気を付ける必要があります。 ステラやレピテアのような相当長いターン数なら初手でも構いませんが、セレンディアやイザベルのような18ターンのキャラは要注意です。 18回目の攻撃はデバッファーが理想 何度も言ってますが、ダグドロンはこちらの攻撃に対して反撃をしターン数を消費します。 守護モードだろうが弱体化モードだろうが関係なく。 問題なのは『 弱体化モードは13ターンしか続かない』ということです。 味方の1攻撃に2ターン掛かる計算ですから、通常なら弱体化モード中は 6体分しかデバッファー・アタッカーが動かせません。 ですが最後の18回目の攻撃は基本攻撃をした時点で弱体化モードに移行するため、 デバッファーが18回目の攻撃を行うと 7体分を動かすことができます。 デバッファーの人数が1体でも変わるとダメージの伸び方が全然違うため、これを利用しない手はありません。 ただ注意点として、18回目の攻撃を行うデバッファーの 被ダメ増加スキルは 基本攻撃後に発動するキャラでないと、デバフは乗りません。 編成するキャラのキャラタイプに気を付ける キャラタイプは攻撃・防御・魔法・支援といったキャラごとに分類されているタイプのことです。 ダグドロンは こちらが攻撃を仕掛けない限りは反撃してきません。 何が言いたいのかというと、魔法型キャラは1ラウンド目に攻撃を行わないため、 弱体化モードの移行・終了のタイミングがズレる可能性があるってことです。 ありがちなのが陣形をパクった際に「この使っているキャラよりこっちのキャラのほうがデバフ能力高いやん!」てな感じで、攻撃型デバッファーを魔法型デバッファーに変えたりすると失敗するパターンですね。 ダグドロン戦は1ターン1ターンの重みが他のワールドボスとは段違いですから、キャラの能力だけでなくキャラタイプにまで配慮しましょう。 キャラ選択 回復付与• サブリナ 非推奨 被攻撃 攻撃を受ける の際に発動する回復スキルを付与するキャラは、現状はこの3体だけですね。 当然、最もオススメなのはレピテア。 レピテアはバッファーでもあるため、ダグドロン戦においてはレピテアの有無がスコアに直結します。 レピテアを持っているなら卒業 スコア報酬全獲得 は余裕なレベルです。 次点でルルです。 継続ターン数が16ターンと長く、回復能力に特化しているだけあってデバッファーなどに防御力を上げる鉄壁ルーンを2積みする必要性も薄くなります。 サブリナは継続ターン数が短すぎるため非推奨。 10凸の10ターン継続ならワンチャンあるけど、いずれにしてもアタッカーに攻撃型キャラを使うとバフが切れてしまいかなり厳しいです。 BDM N-0524• モーガン• ウィルヘルミナ• フォクシー• イングリッド• ベテラン山賊・盗賊 とりあえず最も攻撃回数の多いクリスティナを軸にすると楽。 あとは、使用するデバッファー・アタッカーのキャラタイプ、バッファー等の人数に合わせて3連撃にしたり4連撃にして18回の攻撃 可能なら17回の攻撃 になるように調整します。 面倒臭かったら、クリスティナ・BDM・Drモーガンのセット効果を利用すると、これら3体で18回以上攻撃できるので思考停止でダグドロンは弱体化モードに移行します。 ただ、スコアの伸び率は悪い。 連撃キャラにキャサリンを使うのはNG。 被ダメ増加や持続ダメも優秀でスコアが出せるのに、連撃キャラに捨て置くのは勿体なさすぎ。 デバッファー 被ダメ増加• ステラ• セレンディア• べナカ• ヘレナ• ミカエラ 非推奨• ベロニア 非推奨 バッファーはバフ継続ターン数が長く、クリ率・クリダメを伸ばせるキャラが理想。 またしても最強理想はレピテア。 レピテアを持っているならこの記事を見る必要もないくらい卒業は簡単。 それくらい強い。 条件に合致するイザベルも必須級。 ヘレナも悪くない。 残りのバッファーはクリ率バフや攻撃・クリダメバフ特化だったりするため組み合わせて使おう。 ミカエラはバフ継続ターン数が短くベロニアは単体バフなので、ダグドロンが弱体化モード中にバフを掛ける必要が出てくるため、 弱体化モードのターン数経過が非常に勿体なく構築次第だけど非推奨。 アタッカー• バルゼ• タロス• ショウマン 非推奨 バーバラはアタッカーとしてはもちろん、被ダメ増加要員の1人にもなれるため優秀。 ダグドロンは解除不可のバリア 被ダメ軽減 を持つため、アークスターと同じくエルドラも強い。 また、ダグドロン戦では全体のターン数がかなり掛かるため、毎ターン継続の自己バフも活かせてやはり強い。 残りはオマケ。 アタッカーの育成が追いつかない場合に入れよう。 バルゼは高凸なら普通に強い。 編成例 ダグドロン戦に適正のあるキャラは限られるため、スコアを出せる編成というのはどれも似たようなものです。 必要なキャラは持っているのに攻撃順で躓くという方のために、いくつかの編成例を載せておきます。 装備させるルーンはデバッファーは鉄壁、アタッカーは猛攻or怒涛を装備させましょう。 キャサリンとかアイのようなスコアを出せるデバッファーは後者です。 そういえば韓国版では2019年12月19日以前のダグドロン戦では、スコア計算がバグっていたらしく1億5千スコアとか出していたらしいですね。 韓国版の記事を参考にする場合は、日付の確認を忘れないようにしましょう。 スコア約3000万 レピ無し 配置 スコア スコア約7700万 バルゼ使用 配置 スコア 参考元 スコア約7800万 基本的な編成 配置 スコア 参考元.

次の

ワールドアリーナ・悪魔城地下・新ワルボ実装etc…3月アップデート内容【ブラウンダスト】

ブラウン ダスト ダグドロン

『六魔星ドラフトクエスト』は初回ログイン時から 14日間開催される• 14日以内に全てのミッションをクリアすると最終報酬 六魔星ユニット を獲得可能• ミッションは最短7日でクリアが可能• 1日毎に次のミッションが解禁される• 各ミッションを完了する度に様々な報酬を獲得可能• 遅くとも14日以内にミッションを完了させなければいけないんだ」と思っていただければOKです。 初心者でもドラフトクエストの選択次第で序盤の攻略がスムーズに! ドラフトクエストはブラダス史上最高峰のキャンペーンです。 初心者でも序盤からかなりの手持ちでスタートできる• 各コンテンツに着手しやすくなる• 育成期間の短縮 ブラウンダストをプレイしてみると分かるのですが、序盤は星5ユニットや星4ユニットでもスキルレベル9まであげるのは時間がかかります。 また、ドラフトクエストで入手可能なユニットは全てスキルレベル9・星6レベルMax状態。 序盤だと昇級やレベルMaxも大変な作業です。 初心者の方にとっては、ドラフトクエストの選択次第でかなり効率的に攻略を進めていくことだって可能です。 詳細はそちらを参照ください。 選択する際には下記の点を考えてみると良いでしょう。 アリーナの採用率は浮き沈みが激しい• 助力者をゲットするために多くのダイヤ・高級契約書を割く必要がある 15凸ユニットは仮に現時点で高い採用率を誇っていたとしても、3ヶ月も経つと採用率が激減しているケースは散見されます。 下手すると1ヶ月ほどでアリーナの採用からは落ちます。 基本的に助力者実装キャラは12凸から運用可能。 中には15凸前提みたいなキャラもいます。 助力者の獲得にはダイヤや高級契約書が大量に必要なため、15凸実装済のキャラを取る時はよく考えてゲットしましょう。 15凸キャラばかりをドラフトクエストで取っても 「助力者が集めきれない・・・」といった感じになってしまいます。 固定ダメージのため防御100のキャラにも攻撃を通すことが可能。 15凸必須。 アリーナ採用率が非常に高い。 スルー十字マス・高火力と初心者の方でも強さは実感しやすい。 クリスティナは15凸必須。 ジンやアナスタシアは助力者がまだのためアリーナ採用はほぼないと思いますが、PvEでは便利だと思います。 幅広いコンテンツで活躍可能。 列編成なら使える。 『セレンディア』を取ってカスタムガチャを『ベティ』に設定・セレンディアの15凸を目指すかor『アナイス』が無難そうです 【2020. 初心者の方は次のユニットを取っていると色々なコンテンツ攻略に役立つと思います。 ワールドボスの運搬でスコアアップ・オグドアドにも反射が役立つ。 ただし低凸でも使えます。 アリーナはさすがに現環境だと厳しい。 アリーナでも未だにちょこちょこ見かける。 実装から追記している2020年3月末まで、伝説傭兵を除けば最強クラスだと思います。 詳細は下記の記事をご覧ください。 ここでは軽く紹介だけしておきます。 カオリ 助力者実装済みの防御型ユニット。 六魔環境に入るまではアリーナで見ない日はなかった程の採用率の高さでした。 超高耐久のHPに加え、挑発・反射持ちのキャラ。 今でこそ少しずつアリーナ採用率は落ちてきていますが、ワールドボスの運搬・狩猟ともにスコアアップに貢献してくれる汎用性の高いキャラです。 セイル 少し古いキャラ。 デバフ免疫と死の結束カウンターがストーリーや悪魔城といったPvEコンテンツを中心に非常に活躍します。 幅広いコンテンツをセイルは補うことが可能ですし、助力者が実装される様子もまだ当面ないため伸びしろはあります。 アリーナだと今は厳しそう…。 セシリア 助力者実装済みの防御型ユニット。 オンリーワンのスキル"範囲制限"を持つユニットです。 幅広いコンテンツで使えます。 12凸は欲しいです。 アリーナでは、実装当初は硬すぎて中々抜けないキャラでしたが、今はもうほぼ使い捨て。 ナルタス意識の最前配置orリュドミラ意識の後方配置は見かけます。 ヘルがいるとPvEコンテンツは非常に楽になります。 ストーリーや悪魔城で大活躍。 私が始めた頃から強化の優先度は非常に高いユニットでした。 ワールドボスなら『ザルカ』はよく卒業向けに採用します 10凸が必要。 もしも六魔星の選択で『レピテア』を取らない場合は 『ミカエラ』が筆頭。 『レピテア』を取る場合もミカエラバフでさらに火力アップを狙うことも可能です。 『ミカエラ』は助力者が必須です。 編成する場合、12凸は最低でも欲しいユニットになります。 最近15凸が実装された『ベロニア』は悪魔城地下で非常に活躍している模様 なくてもクリアは可能 次に15凸が予定されているのは『フローリア』になっています。 初心者の方でしたら、 『アーチェ』 『コレット』『ヴィオラ』あたりを取っておくと何かと便利かなといったところです。 助力者実装済み・韓国では先行して実装されているキャラもラインナップにいます。 幅広いコンテンツで使えて、なおかつ交換後すぐに即戦力となるのは 『デナリサ』ですね。 六魔星 伝説傭兵 のおすすめユニット紹介です。 ドラフトクエストでは合成キャラである 『セリア』以外の六魔星から選択することが可能です。 支援範囲拡大は12凸から。 助力者確保が必須なのでダイヤ・伝説契約書が大量に必要 支援範囲が拡大するのはスキルレベル12からとなっています。 魂装備を集めない場合は助力者が3体必要となります。 アリーナで伝説傭兵用の助力者アイテムを買っても、1体or2体は助力者『グラナデ』をガチャで引かなければなりません。 魂装備でスキルアップは初心者にはかなりキツイと思うので実質2体かなぁ。 ただし…アリーナ編成にはほぼ入ってる上、実装から採用率がうなぎ登り。 現環境だと支援=レピといっても良いほどの採用率を誇っています。 「レピテア無しは相当キツイ」という意見もよく見かけます。 韓国でも『ナルタス』を抜いて総合採用率1位みたいですね。 移り変わりが早いアリーナ編成でもかなりの長期間、アリーナ採用常連の支援型ユニットになるでしょう。 新規の方は『ナルタス』か『レピテア』の2択かなと思います。 個人的には 6魔星ドラフトクエストで最優先で取っておくべきなのは『レピテア』だと思っています。 現環境は『レピテア』ありきになっています。 新しいワールドボス『ダグドロン』もレピ前提な感じ。 【2020. ユニット能力の向上・支援不要な魔法型も多く、支援なしのアリーナ編成もあるみたいです。 アンジェリカ• 攻撃型なのに、防御性能が異様に高く落ちにくい• 被ダメ軽減無視攻撃が強力• 15凸で攻撃範囲がスルー2マスに拡大• スキル"強化無効化"も刺さる アンジェリカは攻防どちらも兼ね備えた攻撃型。 15凸だと攻撃型なのに、ルーンのオプション次第で防御100にできる上、スルー2マスに強力な被ダメ軽減無視の割合攻撃。 防御無視攻撃や固定ダメージ攻撃で落とすしかないため、 アンジェリカを対処できるユニットが落ちていると負けが確定します。 非常に強力な攻撃型ですが、初心者にとってはかなり敷居が高いユニットです。 高凸必須で攻撃範囲が2マスになるのは15凸になってから。 アリーナで対峙した際に、攻撃範囲が1マスか2マスかはかなり大きいです。 15凸するためには魂装備も一式集めなければならないためハードルが非常に高い。 日本でもアンジェリカの採用率は高いですが、新規ユーザーが初めに取る六魔かと言うと…うーん。 アンジェリカと似た役割ができるユニットに『エディン』の15凸がそろそろ日本にも実装されそうなのも引っ掛かります。 『エディン』はある意味、オクトよりも入手が辛いですけど。 【2020. ただし高凸は必須です。 最低でも12凸は欲しい… ナルタス• 横一列の攻撃範囲+防御無視• 挑発無視• 12凸で詠唱破棄+高耐久に 六魔星ドラフトクエストで初心者がゲットしたその日から強さを実感しやすいでしょう。 ドラフトクエストでは、スキルレベル9の状態でゲットできるため、攻撃範囲は横一列に拡大されています。 また、挑発無効 永続 も6凸で取得するためすでに取得済。 ナルタスが長く生き残っていた場合も挑発を気にせず攻撃できます。 スキルレベル9で無効化2に変化しバフ解除・バフ封印も習得済。 これによりナルタスメタの1体である『ベリアス』の脅威も多少は緩和することが可能です。 挑発も怖くないため、初心者にとっても分かりやすい殲滅力が魅力です。 12凸になることで、1回目の攻撃以降、詠唱無しで連発できるのも魅力。 ただし列の殲滅だけなら、ほぼほぼ3凸でもイケます。 ドラフトクエストでは『レピテア』を取って、古代コインで『ナルタス』を取り、しばらく低凸運用もアリだと思います。 ちなみに私はオクト実装済みの頃にブラダスを始めたので、六魔を一体も持っていなかったんですが、レピテアをドラフトで取って、ナルタスを古代コインで取りました。 ぶっちゃけドラフトクエスト開始当初は、 古参以外は「レピテアを取るか?ナルタスを取るか?」の2択に迫られていた気がします。 【2020. 私もスキル継承キャンペーンでナルタスの凸を下げました。 今後アリーナでは一定の採用率はあるものの、以前のような採用率にはならないかも。 3凸あれば最低限の仕事はしてくれます。 グランヒルト 『グランヒルト』は高凸はもちろん異常な耐久性で魅力的ではあるのですが、デバフ反射2へと強化されるスキルレベル3で採用が可能となります。 そのため初心者の方は、ドラフトクエストで選択するよりも必要になった際に古代コインで入手した方が良いでしょう。 また、直近で韓国の方で発表された『ヴェンタナ』15凸実装が挑発ユニットキラーすぎて、実装後のヒルト採用率が気になるところです。 どちらにせよこれからドラフトクエストで入手するのは得策じゃない気がします。 現環境 2020年2月時点 では見かけない日はないレベルの防御型なんですけどね… 【2020. アレック アレックは固定ダメージスキルを持つ攻撃的な傭兵。 スキルレベル12でさらに攻撃範囲が拡大し、最前横3マスとなります。 防御100ユニットも現環境では多いため、非常に強力ではあります。 アリーナ攻めではユニットが揃っていると殲滅力が高く、攻めの勝率は高くなりそう。 初手以外や防衛だと、レピバフで落ちてる印象です。 アレックも強いんですが、比較的すでに手持ちが潤っているプレイヤー向けです。 アリーナ採用率が『アンジェリカ』『ナルタス』『レピテア』『ヒルト』といった他の六魔星よりも若干低いです。 【その他】ブラダスゲーム内で行われたドラフトクエストの意識調査 ドラフトクエストが始める少し前に、ゲーム内で「ドラフトクエストで何を取るのか?」といった内容で意識調査を行っていました。 報酬に伝説契約書が付いていたため、初心者はもちろん古参ユーザーもかなり参加していると思います。 だいたいは各日程とも人気のキャラが上位にきている印象ですが、完全に1から始める人向けではありません。 参考程度にして、自分なりに考えて選択するのが良いでしょう。 ブラウンダスト公式ブログで公開されている『ドラフトクエスト意識調査』の結果ページはです。 公式ブログはゲーム内お知らせや、今後の実装予定等も発表されます。 配置と攻撃順で勝敗が決する戦略ゲーム• 伝説傭兵"六魔星"がゲットできるドラフトクエストキャンペーン!• 複数コンテンツで利用可能なオート機能• 攻略が安定してくると毎週のダイヤ取得量が多い• キャラデザインがハイクオリティー 六魔星ドラフトクエストは初心者には入手・強化ともに難しい"六魔星"ユニットが強化済みの状態でゲット可能なキャンペーン。 ブラダスの自動周回機能に慣れると他のゲームのオート機能が物足りなくなります。 私のiPadは、ほぼブラダス専用機になりました。 『ブラウンダスト』.

次の

【終了】3/19(木)メンテナンスのお知らせ

ブラウン ダスト ダグドロン

現時点で予定している2020年3月のアップデート内容をご案内させていただきます。 下記の内容及びスクリーンショットは開発中のものが含まれており、実装時期や詳細な内容は変更される可能性がございますのでご了承をお願いいたします。 ・全サーバー同一条件とするため、特定のサーバーでのみ実装されている傭兵または助力者がいる場合、その傭兵はBAN(禁止傭兵)となります。 ・ワールドアリーナは月に1回、第一月曜日から約1週間開催されます。 (第一月曜日が1日の場合は8日 月 に開幕となります。 ) ・ワールドアリーナは1ヶ月を1シーズンとし、毎月開催されます。 ・ワールドアリーナではシーズンごとに開催国を設定し、シーズンごとに〆時間が異なります。 ・ワールドアリーナでは伝説傭兵は3体までの出陣制限があります。 ・シーズンごとにワールドチケットで交換できる特別な衣装が追加されます。 ワールドアリーナの参加方法など詳細につきましては後日改めてご案内させていただきます。 悪魔城地下の実装 悪魔城地下とは、悪魔城の主であるプルトゥナが見せる真の悪魔城です。 悪魔城30階をクリアすると水面に映る悪魔城から悪魔城地下へ入場できます。 悪魔城地下は既存の悪魔城よりも難易度が高く設定されています。 次の階に挑戦するためには 全ての課題を「同時に」達成する必要があります。 素材倉庫の実装 傭兵インベントリに新たに素材倉庫を追加いたします。 ランク、レベルが同一な素材傭兵を保管できるようになり、傭兵インベントリの圧迫を防ぐことができます。 自動インベントリ整理機能 傭兵インベントリとルーンイベントリをより便利に整理できる機能がを追加いたします。 魂装備の自動選択機能の改善 魂装備のレベルアップ自動選択システムをより分かりやすくすために改善致します。 自動選択のオプションの内容が以下のようになります。 戦闘自動スキップの実装 アリーナでは凶暴化後も戦闘が長引くことがあります。 長期戦闘によるストレスを軽減するため、 長期戦の戦闘を自動でスキップするシステムを実装します。 15ラウンドまで勝負が決まらない場合、それからの戦闘は自動的にスキップされ、勝敗が表示されます。 なお、アリーナ、新星アリーナを含め、全ての戦闘で10ラウンドから狂暴化が始まるように変更いたします。 傭兵インベントリの「!」フィルターの追加 傭兵インベントリで「!」マークが出力される条件が多岐にわたっていたため、「!」がうまく整理できない問題を改善します。 スキル強化、傭兵昇級可能など、「!」マーク出力条件のフィルターを設定できます。 既存傭兵のイラスト追加 ジェイデンのイラストを公開いたします。 狩猟に1種、運搬に1種が追加され、既存のワールドボスのローテーションに追加されます。 狩猟に追加されるワールドボス 超巨大青銅コロッサス ダグドロン 「攻略のコツ」 ダグドロンに一定回数の基本攻撃を与えると、ダグドロンは一定ターンの間、ダメージを受けやすい状態となります。 ダグドロンが弱くなった隙を狙って大ダメージを与えることが攻略のコツとなります。 運搬に追加されるワールドボス 深い森、湿地の主 ゴルゴーナ 「攻略のコツ」 ゴルゴーナの攻撃後、味方の一部は回復を受けれない・ダメージを受けない状態になります。 このデバフの持続時間を減らし、デバフターンを避けて味方のHPを回復させることが攻略のコツとなります。

次の