世にも奇妙な物語 懲役30日。 「世にも奇妙な物語」に「懲役30日」という話があります。

七歳になったら (ななさいになったら)とは【ピクシブ百科事典】

世にも奇妙な物語 懲役30日

懲役30日とは、に『』で放送されたである。 概要 「懲役30日」は『』ので放送された。 演は、博史。 共演にはとおる、などがいる。 脚本は『世にも 奇妙な』の最多脚本数を誇る直也との作品を多く担当した秀の共同脚本。 は『 の「シミュレーター」』のも担当し、は同番組のでもある久雄。 後述する級のと、演のと共演の重の怪演も相まって史上最高と名高いとなっている。 似たような話の『』が作られるよりに前なので当時のには途方もない衝撃を与えたことであろう。 非人的とも取れる恐怖のだが、将来の収容がに近付く事態が起これば・・・ありえないことでもない。 この回を放送した視聴率は20. 0と高視聴率であったことも恐怖である。 その後は『世にも 奇妙な の v. 3』で化し、『世にも 奇妙な の 3』で化もされたがではその怖さから長らく等はされなかった。 だが、『世にも 奇妙な の』の放送前の選である『世にも 奇妙な 中の(ナイト)』にてなんと、に16年ぶりにがなされた。 また、同日放映された選にはこれのほかに「」「」「死ぬほど好き」「三人死ぬ」といったが名を連ねている。 このでにした作品は周年・に として放送されるかもしれないため今後の動向に期待がかかっていたが残念ながら作品からは外れてしまった。 しかし、「」「・」「」「を売る男」「」などと呼ばれる作品が新たなとともにする。 しかし、そんな中にもたったひとつだけ等な物があります、時間です。 時間だけはたとえ一のであろうと、庶民であろうと1日2間に変わりはないのです。 しかし、その感じ方となるとです。 同じ1分がある人にとっては長く、別の人にとっては短く感じられます。 とくにこの 奇妙なでは・・・。 本編 は、制度が撤された。 悪を繰り返し7人量を犯した男(博史)がされる。 だが男の態度はふてぶてしく、反省の色は見えない。 され、裁判所の判決が下りる。 その刑はと思いきや、担当も驚く、わずか 懲役30日というものだった。 男「7人殺して、たった日!は最高のだぜ!」 思いがけない展開に、喜ぶ男。 まず身体検を受け、連れて行かれたのは、数名のが待ち受けるの上。 そこで横になり、頭に電極を取り付けられ、怪しいを打たれる。 医療技師「少し眠くなるかもしれませんよ・・・」 を投与されたとたん眠気に襲われて男は眠ってしまう。 その時、時間はピッタリであった。 そして覚めたら独房に連れられ、の前にはの将校のような看守長()がいた。 男は人一人入れるような独房に入れられる。 男「たった日ガマンすりゃ・・・」 男がたたき起こされると、に連れて行かれる。 どうやら男の懲役とはでれまで鎖でつながれたまま、立っていると言う事らしい。 楽そうと思われたこの懲役だが炎下の中であるため想像を絶する辛さがある。 独房のすらも与えられず、刑務官がの前で美味しそうにを飲むのもじっと耐え、靴を脱がされの床の熱で足を焼かれる痛みに耐えながら、を体中に塗られたり、革のヒモを首に巻かれ呼吸すらにできなくなったりと、ひたすら耐える一日を繰り返す。 独房へ放り込まれ、そのひどい扱いにづきながらも、慢し、っぽのでに日付ントの印をつけ、自らを慰めるのだった。 来る日も来る日もの様な仕打ちを受け続け、男は心身共にやつれていく。 間際の中、遂に待ちこがれた日がやってくる。 男はあの看守長にを誓う。 そして最終日・・・・・・ 男「いよいよで最後だな」 に連れて行かれると思ったら、薄暗いに連れられの上に座らせられる。 看守長「 今から君を処刑する」 男「ふざけんな。 はで禁止されてるはずだ!第一に何の権限があってそんな事をするんだ」 看守長「懲役30日と言うのは のことなんだよ。 善良なが々にめるのは思う? の撲滅だ。 つまり、処理しろってことだ」 男「処理だ?」 看守長「そう・・・殺せということだ。 刑期を終えたが出所後をくらませることはしいことじゃない。 それに、君の身体は 処刑後すぐに溶かされる。 拠は残らない。 」 看守「看守長、準備ができました」 看守長「だな」 男「ま、まってくれ!頼む・・・やめてくれ!を殺さないでくれよ・・・!」 看守長「殺さないでくれぇ? に殺されたが聞いたらなんて言うかなっ!」 を押そうとする看守。 男「やめてくれぇ、なんでも言うことを聞くから、一生ここにいろっていうならいるから、だから・・・だから・・・くれよぉ!」 看守長「しかしだなぁ!!!」 男「」 看守長「君もをするんだ?・・・おやすみ。 」 男「!やめてくれええええええええ」 冷たい言葉が発せられ電流が流される・・・。 ・・・ふと男がを覚ますと、そこはの医療の上。 男は助かったことに安堵する。 男「っただろ?の懲役は終だよ」 医療技師「いや!まだだ。 君がここに来てまだ・・・ 5分しか経っていない。 」 を見て見るとなんと5分。 怪しいを投与されてから、たったの5分・・・。 男「そんなな、5分しか経ってないだと?じゃあ、がしてきたことはなんだったんだよ」 医療技師「もちろんだよ。 君にとってはね。 君はこの装置で、仮想のを体験したんだよ」 男「仮想の?」 医療技師「そう。 本物の以上の苦痛をね。 」 これが男の受けた刑罰の正体だったのだ。 で5分眠らされている間、取り付けられていた電極を伝って送り込まれる装置のによって以上に過酷なでの生活を日分味わわせられる、いわば一種の夢を見させられていた。 つまり、5分が日(1ヶ)。 1時間で1年。 2間で24年。 彼に課せられた刑は日。 即ち、「 年の懲役刑」こそが、男に課せられたの刑罰だったのである。 制度が止された事で、内のは過密状態となり、悪を懲役刑やにしようにも入るがどこにもくなったため、はに代わる新たな刑罰を用意しなければならなかった。 それがこの「 懲役30日」であった。 医療技師「さ、先を続けようか・・・」 君にはあと 29日と間分の懲役が残ってる・・・ 男「!やめてくれ!やめてくれ!ぁぁぁぁ!!!!!」 男の叫びも聞き入れられず、次のが投与されていく・・・ ~日後~ 前でを待つ。 その時、から一人の男が出所してくる。 男が帰ってきたと喜ぶ女だったが、 現れたのは老人のようにで痩せただったため、女は彼を視。 の男が出てくるのを待ち続けることにした。 その男が・・・かつてのの成れの果てとは知らずに・・・。 世 に も 奇 妙 な 物 キャスト• 外部リンク•

次の

【世にも奇妙な物語】トラウマNo.1回「懲役30日」とは?実際の時間と体感時間の違いが恐ろしい…

世にも奇妙な物語 懲役30日

概要 1991年放送開始。 15分程度の短編映像作品を放送するオムニバス構成の番組。 現在は不定期のスペシャル番組として継続。 『奇妙』というタイトルの通り、低予算ながらも実験的な試みが為された作品が多く、そのジャンルもから、感動系からまで、多種多様である。 OPの影響もあってか、一般的にはホラー系番組としての印象が強く、事実、長編映画化された「急患」をはじめとして、短編ながら優れたホラー作品が多い。 ストーリーテラーを務めるの不気味なキャラクターも、奇妙な世界を演出するのに一役買っている。 これはヒッチコック劇場でのストーリーテラーであったヒッチコックがモチーフらしい。 また、配島邦明によるメインテーマ『ガラモン・ソング』も、わざと不協和音を多用することで、夜中に1人では絶対に聞きたくない不気味な曲となっている。 後述 が、あくまでこの番組のテーマは『奇妙』であり、ホラー系に限らず傑作短編がいくつも存在する。 この番組は若手脚本家の登竜門ともされており、中には『奇妙』の解釈や番組の 主にOP のイメージでホラー系のシナリオばっかりが集まってしまい、多種多様さを持つ奇妙を演出したいのに困った事になった時期もあったらしい。 使用曲 『ガラモン・ソング』配島邦明(コーラス 音羽ゆりかご会) 『ストーリーテラー』配島邦明 余談 12 いろはでは版権として『ガラモン・ソング』が収録されていた。 本人曰く、「結構昔 それこそポップン7くらい から入れたい」と思っていた。 しかしAC16にて削除。 現在プレイするにはCS10でしか不可能 またAC12ではタモリ繋がりで「笑っていいとも」テーマも一緒に収録されていた。 なお、このガラモン・ソングであるが 意外な事をする事で不気味な印象が薄れるのである。 それは 「手拍子を不協和音部分に入れる」事である。 これによって不協和音が打ち消される為だという。 なお、不協和音を多用しているこの楽曲だからこそ成り立つものである事も判明。 これは同じフジテレビの番組で判明したものである。 手拍子で不気味さが薄れるとはまさに 奇妙である。 なお、このサイトは世にも奇妙な物語ならびフジテレビとは一切無関係である。 なお、ある意味では「学校裏サイト」と呼ばれた社会問題を予言したともいえる。 この作品は世にも奇妙な物語を語る上で複数あるトラウマ話の一つであり、本放送ではゴールデンタイムで放送されたものの現実的には 人道的に見て結構えげつない内容である。 その為かリバイバル放送は深夜になったほど。 関連項目 関連記事 親記事.

次の

世にも奇妙な物語 秋の特別編 (1998年)

世にも奇妙な物語 懲役30日

簡単なあらすじ 1 男 三上博史 は、7人を殺害した上に、武装強盗の罪で指名手配されていた凶悪犯であった。 そんな彼は逮捕され、死刑が廃止されているため、終身刑に処されるかと思われたが、裁判官が下した判決は、「懲役30日」であった。 2 喜ぶ男は、医師らしき人物に注射を打たれ、意識を失う。 その後、刑務所へと連れて行かれる。 そこで、サディスティックな看守長 松重豊 に朝から日没まで屋上に縛りつけられ、過酷な29日間を過ごす。 ついに最終日、出所できるかと思いきや、看守長は男を電気椅子に座らせる。 3 男は命乞いをするが、看守長は電気椅子の電源を入れる。 男は死んだかと思いきや、目を覚ますと目の前に医師がいた。 注射を打たれ、眠っていたようだ。 「もう30日経ったはずだ。 出してくれ」と言うが、医師は「まだだ。 君がここにきて、5分しか経っていない」という。 4 死刑が廃止され、刑務所の収容能力は限界を迎えていた。 そこで、こうした現実世界では短期間であっても、長い年数を仮想現実で過ごさせる刑が行われるようになったのだった。 5分で30日間 仮想現実 を過ごすとなると、1時間で1年 仮想現実。 30日間ともなると、720年もの期間を仮想現実で過ごすことになるのだった。 彼女は出迎えに来ていたのだったが、彼女が気づかないほど男は変わり果てた様子であった。 詳細なあらすじ 男 三上博史 は、7人を殺害した上に、武装強盗の罪で指名手配されていた凶悪犯であった。 地下駐車場で、彼女 夏生ゆうな が運転するクルマに乗っているところを警察に取り囲まれ、ついに逮捕される。 そんな彼は、逮捕されて悪びれるわけでもなく、弁護士 小日向文世 にすら「俺を終身刑なんかにしたら、容赦しねぇぞ!」と凄む。 死刑を望む彼に、弁護士は「死刑は既に廃止されました」と言う。 裁判が行われ、男に判決が言い渡される。 裁判官は、「懲役30日の刑に処する」と判決を下す。 男は拍子抜けしたようであり、「たった30日で出られんのか」と大喜びし、弁護士に礼を言う。 だが、弁護士は複雑な表情をしたままであった。 男は身体検査を受け、ベッドの上に寝かされる。 脳波や心電図モニターが置かれた部屋で、傍らには白衣を着た医師が立っていた。 その医師により、男は薬品を注射される。 そのときの時刻は、4時であった。 男が目を覚ますと、そこは刑務所であった。 薄汚い独居房に入れられるも、「あと30日いれば、ここともおさらばだ」と高をくくっていた。 翌朝、看守長 松重豊 に起こされると、屋上に連れていかれた。 炎天下の中、男は柱にくくりつけられる。 看守長は、「今日から君は、ここに日没まで立っているんだ。 それが懲役だ」と告げる。 鉄板の上に水をこぼせばすぐに蒸発するような中、男は裸足で立たされる。 さらに翌日からも、炎天下の中で立ち続けさせられる。 水につけた革紐を首に巻きつけられ、乾いた紐は首を締め付ける。 窒息しかけた男は、気を失ってしまう。 さらには、火傷のように日焼けした皮膚に、粗塩を塗りこめられた。 サディスティックな看守長を恨んだ男は、「ここを出たら、アイツに復讐する」と決意する。 ついに懲役開始から29日目を迎え、男は「明日、出られるんだ」と喜ぶ。 だが、翌朝に看守長は男を起こすと、電気椅子に縛り付ける。 死刑を執行するという看守長に、男は「彼女が迎えに来る。 黙ってないぞ」と言うが、「出所した人間が行方不明になることはよくあることだ。 死体も溶かしてしまうから、証拠は残らない」と言われてしまう。 男は命乞いを行うが、「そのセリフ、殺された人たちが聞いたら、なんと思うかな」と言い、看守長は電気椅子のレバーを上げ、男の死刑は執行される。 だが、男は目を覚ますと、脳波や心電図のモニターが置かれた部屋のベッドの上にいた。 そこには、見覚えのある薄気味悪い笑顔を浮かべた医師がいた。 「俺は死んだのか・・・」と言うが、医師は「君は生きている」と言う。 「助かった・・・30日経ったんだ、出してくれ」と言うが、医師は「いや、まだだ」という。 時計を見ると、4時5分過ぎ。 「君がこの部屋に来てから、まだ5分しか経っていない」と医師は言う。 医師が注射した薬物は、仮想現実を見せるためのものだった。 男が経験した苦痛に満ちた30日は、現実世界でたった5分に過ぎなかった。 再び医師は薬物を注射しようとし、男は「やめてくれ」と絶叫する。 だが、その願いも空しく、再び男は注射を打たれる。 死刑が廃止され、刑務所の収容能力は限界を迎えていた。 そこで、こうした現実世界では短期間であっても、長い年数を仮想現実で過ごさせる刑が行われるようになったのだった。 5分で30日間 仮想現実 を過ごすとなると、1時間で1年 仮想現実。 30日間ともなると、720年もの期間を仮想現実で過ごすことになるのだった。 彼女は出迎えに来ていたのだったが、彼女が気づかないほど男は変わり果てた様子であった。 なら過去の『世にも奇妙な物語』作品が観られます。 [PR] 1998年9月25日放送 脚本:高山直也、鈴木勝秀.

次の