ブリティッシュショートヘア 値段。 【性格・目の色・子猫の値段相場など】ブリティッシュショートヘアについてまとめ!

ブリティッシュショートヘアの性格と値段の相場や体重は?

ブリティッシュショートヘア 値段

2016-08-18 23:18 しかし、ブリティッシュショートヘアーの長毛種は血統種として認められませんでした。 1990年代に入り、長毛種がやっと日の目を浴びるようになったのです。 新しく血統種として長毛種を認める動きが出てきました。 2009年にTICAにてブリティッシュロングヘアーが血統種として登録されたのでした。 2 ブリティッシュロングヘアーの特徴 ぽーちゃん現る!! ブリティッシュロングヘアーの女の子です。 全体的に細いイメージはなく、顔や目も丸く足は短いです。 鼻や首も短く、被毛は綺麗な長毛で毛色は黒やレッド、白、フォーン、ブルー、シナモン、チョコレートにシナモンとバリエーションが豊富です。 体重は、3.5kg~7kgと猫の中では大きめといえるでしょう。 3 ブリティッシュロングヘアーの性格 ブリティッシュロングヘアーは、ツンデレで(笑)あまり飼い主にベタベタと懐くタイプではありません。 飼い主と一緒にいるのは好きですが、執拗にしつこくされるのは苦手です。 例えば膝に乗って甘えるよりも隣で飼い主の側にちょこんと座っている方が落ち着きます。 ブリティッシュロングヘアーは、落ち着きがあり愛情豊かで、穏やかな性格をしています。 ニャーニャーと鳴くこともあまりないので、クールな猫を飼いたい人におすすめの猫と言えます。 頑固なためしつけは難しいでしょう。 4 ブリティッシュロングヘアーの飼い方 ブリティッシュロングヘアーは子猫のときは他の猫と同じように子猫らしく元気いっぱいです。 成猫になるにつれて性格がクールになり落ち着いてきます。 子猫のときは、元気に遊びまわっていますが、ブリティッシュロングヘアーは基本的に運動は得意というわけではありません。 そのため遊んでいる最中に怪我をしないような部屋作りをするように心がけましょう。 猫の遊び場であるキャットタワーも、シンプルなデザインの物を選ぶようにしてください。 ブリティッシュロングヘアーは、元々頑固なためしつけがしにくい猫です。 そのため子猫のときから早めにしつけは開始したほうが後々ブリティッシュロングヘアーとの生活が過ごしやすくなるでしょう。 被毛が長いので、ブラッシングはこまめに行いケアをするようにして下さい。 5 ブリティッシュロングヘアーの値段 おまえ……2000年前からおったんかガブ……。 割と手に入りやすい値段なので、旅行に行ったと思って購入するのいいかと思います。 クールなブリティッシュロングヘアーは、猫にベタベタされるのが苦手な人にピッタリです。 6 まとめ クールで、鳴くことが少ないブリティッシュロングヘアーは集合住宅でも飼いやすいです。 運動があまり得意じゃない所がなんとも可愛らしいポイントです。 横にちょこんと座って見守ってくれているようで頼もしいですね。

次の

ブリティッシュショートヘアはどんな性格の猫?特徴・寿命・値段は?|ねここもり

ブリティッシュショートヘア 値段

ブリティッシュショートヘアの歴史 ブリティッシュショートヘアはイギリス原産の猫で、イギリスでは最も古い猫種のひとつとされています。 それは、ローマ帝国のイギリス襲撃の際に連れていた猫と推測され、エジプト由来の短毛猫と考えられています。 イギリスに入ってから1世紀近くのあいだを、ほとんど変わらない外見のまま繁殖していたようですが、19世紀の中ごろ、ネズミ捕りにおいて優秀な個体を選択して繁殖させていたことから、改良が始まりました。 この当時から、など長毛の猫との異種交配も行われており、長毛タイプも生まれていました。 第一次大戦前はむしろ長毛タイプの方に人気があったようです。 その後、短毛タイプはブリティッシュショートヘアの品種改良に、長毛タイプはペルシャの改良にと分けて交配に使われるようになりました。 しかし、原産国イギリスの猫血統登録団体であるBCFFは、ペルシャとの交雑に反対していました。 そのため、第一次世界大戦後はペルシャとの交配種は第3世代(孫)以降のみブリティッシュショートヘアと認められることになったため、個体数が激減することになりました。 第二次世界大戦の頃には、食糧不足から各家庭でも猫の飼育が難しくなり、品種存続の危機とされるほど少なくなってしまいました。 そのため繁殖家のあいだでも、、土着の短毛猫、ペルシャなどと交配相手が混乱することになりました。 戦後になると人気が上がり、1979年にはキャットショー参加資格を得ることになりましたが、ショートヘアと名付けられながら時々生まれるロングヘアのために、品種の確立には手間取ったようです また、長毛タイプはーまたはブリタニカと呼ばれ一定の人気を得て、2009年から別の品種としてキャットショーに参加しています。 ブリティッシュショートヘアは1620年代、アメリカへの移民の際にメイフラワー号に乗っていたとされ、種の基礎となったと考えられています。 容姿はよく似ていますが、フレンドリーなアメリカンショートヘアに対してブリティッシュショートヘアはやや気難しい面があります。 この気質と、威厳のある立ち居振る舞いから、イギリスでは時に「猫界のウィンストン・チャーチル」と呼ばれることがあるほどです。 また、ルイス・キャロルの童話「不思議の国のアリス」に登場するチェシャ猫は、ブリティッシュショートヘアがモデルとされています。 ブリティッシュショートヘアの飼い方 ブリティッシュショートヘアはネズミ捕りハンターの気質は健在で、そのようなおもちゃであればよく遊びます。 しかし中年齢以降では、ほとんど騒がなくなるでしょう。 体質的に太りやすいので、中年齢以降は運動させるために工夫が必要です。 ブリティッシュショートヘアは短毛のダブルコートで被毛の手入れは難しくありませんが、気難しくわがままな面があるので、シャンプーやグルーミングは子猫の頃から慣らしておかないと、成猫になってから拒否されて手間取ることが少なくないようです。 来客など見知らぬ相手に懐いていくことは非常に少なく、無理に触ろうと追い詰めると怒ることがありますので、注意が必要です。 ブリティッシュショートヘアの毛色 ブリティッシュショートヘアの独特の灰色は「ブリティッシュブルー」と呼ばれるほど代表的な色ですが、異種交配の過程でいろいろな毛色を取り込んだため、あらゆる色が発現します。 ブリティッシュショートヘアの気を付けたい病気 ブリティッシュショートヘアは、全体の半分以上がB型の血液型であることが知られています。 猫の血液型はA型がほとんどなので、B型が多数であるブリティッシュショートヘアは大変珍しく、治療で輸血が必要な時や、妊娠・出産のときには注意が必要です。 猫は血液型の違う相手との輸血に対する抗体のショックが非常に大きく、血液型の違う輸血をともなう手術では、輸血のショックで亡くなってしまうことがあります。 また、母と子猫の血液型が異なる時は、死産になったり、出生直後に亡くなってしまうことがあります。 ただし、すべてのブリティッシュショートヘアがB型とは限りません。 万一に備えて、一度は動物病院で血液型の判定を受けておきたいものです。 ブリティッシュショートヘアは非常に古くから存在する猫種のため、頑健で遺伝性疾患も少ないとされていますが、中高齢になると肥大型心筋症が起こりやすいとされています。 進行を抑えて体を楽に保つために、終生投薬となることが多いようです。 最近元気がないなと思ったら、年齢のせいと決めつけずに動物病院を受診しましょう。 ブリティッシュショートヘアの価格相場 グループサイト、『』における、ブリティッシュショートヘアの直近1年間の子猫ご成約時の平均価格は約 19万円、最高価格は 53万円、最低価格は 5万円です。

次の

ブリティッシュショートヘアの子猫の価格は?毛色で値段が変わる?

ブリティッシュショートヘア 値段

ブリティッシュブルーまるっこくてモコモコしていてかわいいですね! ブリティッシュショートヘアを飼われているかたからいつも色々なお話を伺っていました。 すごくおとなしくて3年間一回も鳴かなかったこが、3年経って初めてものすごーく小さい声で「あん」と言ってそれ以来、一日一回くらい声を出す。 健康なんだけど、ごはんはスプーンで1粒ずつ食べさせないとまったく食べない。。 あげくのはてには、「この子は私が産んだ子かもしれないって思うことがあるんです」と。 笑 それくらいはまってしまう魅力があるんでしょうね。 ブリティッシュショートヘアの歴史 不思議の国のアリスに登場するチェシャ猫のモデルになったと言われていますが、このチェシャ猫、 『ニヤニヤと笑いを残して消える個性的な猫」です。 長靴をはいた猫 ブリティッシュショートヘアの歴史は長く、イギリス最古の猫種のひとつです。 ローマ帝国がイギリスを植民地としていた西暦100年代にさかのぼり、 ローマ軍兵士がネズミや害虫退治のためにイギリスに持ち込んだのがブリティッシュショートヘアのはじまりです。 ですのでもともとはハンター的要素の強い猫ですが、現代ではおとなしくて手がかからなくて飼いやすいねことされていて、イギリスでは「いちばん最初に飼うと良いねこ」とすすめられていたり「ねこのテディベア」と呼ばれていてイギリスでは飼育頭数1位になっているようなポピュラーな猫です。 そんなブリティッシュショートヘアですが、日本でも人気急上昇中で、一度飼ってしまうと、魅力に魅了されてすっかりはまってしまう飼い主さん続出中だそうです。 そのはまってしまう魅力とは・・・ 見た目や性格のギャップがすごい!というところです。 人もそうですが、ギャップを発見したとき、特に自分だけが知っている気になったときにいっきに魅了されてしまうことってよくありますよね。 ブリティッシュショートヘアの見た目 体型と体重 まるっこいふっくらとした丸顔で、体型はしっかりたくましいガッチリ系のムチムチ筋肉質で、手足は短め、鼻も首も短めのずんぐりむっくりとした「セミコビータイプ」というボディをしていて骨太です。 しっぽの先端が丸くなっているのも特徴です。 メインクーンのように、成猫に成長するまでに時間がかかり3年ほどかかってようやく成猫になります。 (メインクーンは成猫になるまで4〜5年かかります) 平均的な体重は、オスで4〜7キロ、メスは3〜6キロとなっており、一般的な猫と同じくらいの体重です。 ブルー(グレーの毛の色)が元祖でイギリス最古のねこで、 ブリティッシュブルーともともと呼ばれていました。 似ている猫としては、ロシアンブルーと、シャルトリューがいます。 原産国がロシアの ロシアンブルーとの違いと見分け方は、同じような短毛ではありますが、ブリティッシュショートヘアがセミコビータイプの体型に対して、ロシアンブルーは「フォーリンタイプ」という手足や尻尾が長くすらっとしていて、耳も大きめの細身のスラリ体型ですので見分けは簡単です。 フランス原産国の シャルトリューに関しては、体型も体重もかなり似ているため見分けかたが難しいです。 シャルトリューは「微笑み猫」と言われていますので、笑っているような口になっています。 シャルトリューとの違いは、口元の口角が上に上がっていて、口がスマイルになっているかどうかくらいしか見分けかたがないようです。 シャルトリューもロシアンブルーも色は、毛がグレーのブルーのみです。 目の色 カッパー、ゴールド、オレンジが多く、グリーンやヘーゼル、オッドアイまで幅広くいますが、ブルーはいません。 カッパーゴールドの目 被毛の色と柄 ブルー(グレー色)のイメージが強いブリティッシュショートヘアですが、ブラック、ホワイト、レッド、シナモン、チョコレート、クリームなど・・・ バリエーション豊富で、ブルー&クリーム、ブルー&ホワイトなどのパーティカラー、ハチワレ、キャリコ、シルバー、ゴールド、タビー、ポインテッドのこもいます。 被毛の質感は、毛の量が多く密集していて厚みがあり、タワシのようにやや硬めでモコモコとして抜け毛も少なそうです。 手触りの感触としては、絨毯のような、、「ベルベット」に似ています。 短毛ですのでブラッシッグは週一程度で大丈夫です。 抜け毛が少なそうに見える短毛ですが、実は毛量が多いためけっこう抜け毛はあります。 換毛期には、顔より大きいくらいの大量の毛が抜け、この時期は普段から抜け毛が増えますので、ブラッシッグの回数を増やしたりと抜け毛対策は必須になります。 ロングヘア 性格 もともとがネズミハンターで活発な性格で見た目もガッチリ系ですが、温厚でおとなしく、飼い主の膝の上でじっとする姿やおだやかな雰囲気は「猫のテディベア」と言われていて、外見とのギャップが魅力のひとつになっています。 あそぶのも好きで人ともあそびますが、ひとりであそぶこともできる柔軟性があり、飼い主に手間をかけさせない気遣いのできる性格です。 穏やかで声がとても小さいので、静かに平穏に暮らしたいかた、マンション住まいで騒音を気にする人でも飼いやすいです。 あまり騒がしい環境は苦手ですが、自分で過ごしやすい環境を見つけるなど、強くたくましく我慢強く、人に迷惑をかけない頭の良いねこです。 ひとりでもおとなしく過ごせて、我慢強く迷惑や手間をかけさせない協調性もどっしりとした安定感もあるねこですが、実は寂しがり屋でもありますので、いっしょにいられるときは、ほめてあげたり、たくさん愛情を注いであげてください。 自立心が強いので、必要以上のスキンシップやベタベタしつこくしたり、なぜられるのは好みません。 飼いかた 筋肉維持と、太らないようにするのがポイントです。 太りやすいですが、活発な性格のため、キャットタワーやおもちゃであそばせて体重管理をしてあげると長生きにもつながります。 筋肉維持のためにも、動物性たんぱく質の肉食メインの高タンパクな食事を心がけましょう。 寝るのも好きなので、寝ている時はそっとしてあげて、あまりベタベタとかまいすぎてストレスにならないように気をつけましょう。 一度太らせてダイエットさせるのは、大変でかわいそうなので、太らないように気をつけるのは、飼い主さんの管理にかかっています。 数百グラムでも放置しないように、マメに体重を計ることが大事です。 体重の測りかたは、飼い主さんの体重をまずはかり、次にねこを抱っこしてはかり、マイナスするのが基本的です。 おやつをあげすぎたりして肥満にさせると糖尿病にかかる可能性もあるので、健康のためにお食事管理、体重管理に気をつけましょう! 値段の相場 ペットショップやブリーダーさんから入手する方法と、里親募集でひきとる方法がありますが、血統証つきで確実にブリティッシュショートヘアが良いという場合は、ペットショップか、しっかりとした動物取扱免許を持ったブリーダーさんから入手します。 ブリーダーさんから入手するメリットとして、親兄弟と2ヶ月以上引き離されずに過ごしているので、人懐こかったり、ペットショップの流通経路であるセリにかけられたり何度も移動させられたなどの恐怖やトラウマ体験が少なくのびのびとしている、直接飼い主さんにゆずるので仲介手数料などが入っていないなどがあります。 ただし、ブリーダーの中には営利だけが目的の悪徳業者や動物虐待のようなひどい環境で繁殖させる、猫種を偽って販売する場合もあるので、信頼できるブリーダーさんを選びましょう。 お値段相場としては、ブリーダーさん経由では9〜40万、ペットショップでも9〜40万程度となっています。 他の猫種同様に、親や先祖にチャンピオンがいる家系やレアで人気の色柄やキャットショー基準でキレイなお顔立ちとスタイルをもつ個体はお高い傾向にあり、生後3ヶ月を過ぎるとお安くなっていく傾向にありますが、お値段だけにふりまわされず、しっかり最後まで大切に家族としてお世話できるかをよく検討して、実際に会ったり抱っこしてみた相性で、運命の出会いにめぐりあえるといいですね! ペットショップのコジマさんでは、アメリカンショートヘア、スコティッシュフォールドにつぎ、ブリティッシュショートヘアは、人気ランキング3位となっています。 最近、お値段を見ているとねこブームのせいか数年前よりも全体的に猫のお値段相場は上昇傾向ですね。

次の