ニンテンドーアカウント いつも遊ぶ本体。 ニンテンドースイッチライトはソフトの共有はできるの?【Nintendo Switch Lite】

2台のスイッチで「あつまれ どうぶつの森」を遊ぶ方法

ニンテンドーアカウント いつも遊ぶ本体

Nintendo Switchのダウンロード版の中古の取り扱いについてご説明しますね。 まずNintendo Switch自体アカウントが必要になります。 そしてダウンロード版というのはインターネット上で同一のアカウントを使用してNintendoのサイト内で購入し、Switch場でそのアカウントを使用してダウンロードするという形になっています。 そのため、Switchの使用アカウントしかダウンロードコンテンツで遊ぶことはできません。 もしダウンロード版を含めて売却する場合には、売却相手にアカウントを教えなければいけません。 しかしアカウントには住所や電話番号、最悪はクレジットカード情報なども記載している場合があります。 かなり重要な個人情報を載せているものですので、気軽にアカウントごと売却するのは得策ではありません。 もし、ダウンロード版を含めて売却する場合には、アカウント情報の住所や年齢や名前などをあらかじめ売却相手の物にしたうえで行う方が良いでしょう。 ただし、この方法が使えるのはブックオフなどの仲介業者が入ってしまうと成り立ちませんので、お店に売却するのであればアカウントは消すか消されるかすると思います。 またご自身のアカウントをお持ちであれば、他のSwitchで遊ぶときに再度ダウンロードが出来ますので、そういったところがダウンロード版の魅力ですね。 また、通常は本体に保存されるセーブデータがインターネット上に保存できるサービスも昨年から始まったようなので、インターネット回線とSwitchさえあればいつでも遊ぶこともできるようですね。 一方パッケージ版はソフトも売却できるので、お金に換えられるメリットがありますので、売却を考えているのであれば、パッケージ版を購入することをおすすめします。 以上参考になさってください。 Nintendo Switchのダウンロード版ソフトは、Nintendo Switchではなく、あなたの個人アカウントにひも付けされています。 なので本体を売ってしまっても、またあたらしく本体を購入すれば、そちらに同じアカウントで登録することで、ダウンロードしなおして遊ぶことができます。 しかしセーブデータの方は、そのまま消えてしまいます。 いちおうNintendo Switchオンラインに加入していればセーブデータがオンライン上に自動でバックアップされているので、大丈夫なのですが。 ちなみに個人アカウントにひも付いているんだったら、Nintendo Switchを何個も買ってそれぞれにダウンロード版ソフトを買ったものと同じアカウントを登録すればどれでも遊べるのかと言うと、ちょっと話が複雑になります。 どのNintendo Switchにもダウンロードすること自体は可能なのですが、本Nintendo Switch本体に個人アカウントを「いつもあそぶ本体」として登録しておかないと、オフライン上ではそのソフトを遊ぶことができません。 そして個人アカウントはひとつのNintendo Switchにしか「いつも遊ぶ本体」登録することができません。 登録していないNintendo Switchでダウンロード版ソフトを遊ぶには、オンラインに繋いでいないといけません。 そしてふたつのNintendo Switchで同時にゲームを遊ぶことはできません。 ゲームをプレイする優先権は常に「いつも遊ぶ本体」の方にあり、そちらでゲームが開始されると、もうひとつのほうはプレイできなくなってしまいます。 これがNintendo Switchのアカウントのひも付けの仕組みと言うわけです。 基本的にゲーム機本体を売却する時は、一度本体のデータを全て削除して初期化しない限り売ることは出来ないと思います。 ですがゲーム自体はニンテンドーアカウントに紐付けられているので、また新しいSwitchに買い替えた場合はまたそのゲームをダウンロードして遊ぶことが出来ます。 ニンテンドーSwitchを初期化する際は、ホームにある設定から初期化を選んで、本体の初期化を選ぶことで全てのデータの削除が可能です。 ただし、あくまでこれはSwitch本体のデータだけであって、その本体とリンクされていたニンテンドーアカウントが消えることはありません。 パスワードとID、もしくは登録メールアドレスさえあれば新しいSwitchに買い替えても簡単な手続きをすることで、また同じゲームを遊ぶことが出来ます。 セーブデータについては、月額サービスのニンテンドーSwitchオンラインに加入している場合としていない場合で移行方法が異なります。 オンラインに加入している場合は、「セーブデータお預かり」という機能があるので、ネットに繋がっていれば自動でセーブデータがクラウドに保存されています。 後は新しい本体を購入した時に、同じニンテンドーアカウントでユーザー登録を行い、セーブデータのダウンロードを行うだけです。 セーブデータがバックアップされているかの確認や、新しい本体でのダウンロードは、全て「設定」の「データ管理」から行うことが出来ます。 加入していない場合は二台のSwitchを同時にネットに繋がなければいけません。 この場合は両方の本体から「ユーザーとセーブデータの引っ越し」という項目を操作することでセーブデータの移行が出来ます。 注意点として、二台目はこの場合、ニンテンドーアカウント側の「いつも遊ぶ本体」に登録されていないため、二台目でダウンロードゲームを遊ぶことが出来るのはそのままではネットに接続したときだけとなります。 移行後に一台目の初期化を行って、改めて二台目をいつも遊ぶ本体に登録しなければなりません。 総じて、かなり煩雑で制限と手間の多い移行方法のため、素直にオンラインに加入してセーブデータお預かりサービスを使うのが一番だと思います。 月額も税込み300円とかなり安いです。 まあ、スプラトゥーンやスマブラなどを所持していた場合大半はすでにオンラインに加入しておられるとは思いますが…… ただし、どちらの場合でも写真や動画はmicroSDカードに保存しなければなりません。 これは単に登録した新しい本体にmicroSDカードを差し替えるだけなので手間はかかりません。 実は以前は一度同じ本体で購入したダウンロードソフトは、本体を買い替えた場合は移行不可能でしたが、アップデートにより移行が可能になりました。 セーブデータお預かりサービスと合わせて、売却やダウンロードゲームの削除などがより容易になったということですね。 もちろん、ニンテンドーアカウントとニンテンドースイッチオンラインは別のサービスなので、新しい本体を買い替えた時に改めてオンラインに加入する、という形式も可能です。

次の

「いつもあそぶ本体」じゃないSwitchはオフラインでダウンロードソフトをプレイ出来ないの?│SWITCH速報

ニンテンドーアカウント いつも遊ぶ本体

リンク Nintendo switch(以下、switch)のソフトには、【パッケージ版】と【ダウンロード版】がありますが、本記事では『 あつまれ どうぶつの森』の【ダウンロード版】購入時に行ったswitchの「 いつもあそぶ本体」の設定ついて解説していきます。 この「 いつもあそぶ本体」の設定により、 一定の条件を満たせば、 1つの【ダウンロード版】ソフトで2台のswitchでプレイが可能となります。 ちなみにこの方法は「」 (公式)の情報に基づいておりますので、裏技ではなく正規の使用方法となっております。 自宅にswitchの本体を2台お持ちのご家族やカップルさんなどに適している内容ですので、ぜひ参考にしてください…!• 前提として… 『 あつまれ どうぶつの森』の1つの【ダウンロード版】を2台のswitchで遊ぶ方法は、前提として、 インターネット通信でのプレイ(「Nintendo Switch Online (有料)」に加入済)であることが条件となります。 それでは実際に、方法を紹介していきます。 今回はわかりやすいように、2人の夫婦「太郎」と「花子」を例に取り上げます。 花子です!普段は【二人用のswitch】で遊んでるよ。 太郎です!よく使うのは【太郎専用のswitch】だよ。 事のいきさつ switchで『どうぶつの森』が出るよ!欲しいなぁ。 よし!じゃあ買っちゃおう~。 太郎と花子は今回初めて【ダウンロード版】を購入することにしました。 【二人用のswitch】 (花子がいつも使っている方)で【ダウンロード版】の『どうぶつの森』買ったよ~! 花子はいつも通り【二人用のswitch】の花子アカウントでソフトを起動させますが… あれ…?「このユーザーでは遊べません。 購入していない場合はNintendo eショップで購入できます…」だってぇ。 太郎は【二人用のswitch】の太郎アカウントで『 あつまれ どうぶつの森』【ダウンロード版】を購入しました。 このままの状況だと【二人用のswitch】の花子アカウントは購入者でないためソフトを起動させることができないようです。 しかたなく花子は【二人用のswitch】の太郎アカウントで『どうぶつの森』をプレイしようとしましたが… あれ…?オレのswitch(【太郎専用のswitch】)で『スプラトゥーン2』が起動できない… 【二人用のswitch】で『どうぶつの森』を太郎アカウントで起動しているため、【太郎専用のswitch】の太郎アカウント( 【二人用のswitch】の太郎アカウントと同じアカウント)で他のゲームを起動できなくなってしまったのです。 さて、どうしましょう…? switch「いつもあそぶ本体」の設定 太郎が色々と調べた結果、「Nintendo Switch サポート」 (公式)の「のページにたどり着きました。 そしてさらに「」 (公式)のページで詳しく説明がされています。 でもちょっとわかりにくいなぁ。 頭がこんがらがる… オレと花子の場合は「2台目本体の購入後にやること」の「」にぴったり当てはまってるよ。 「いつもあそぶ本体」を【二人用のswitch】に設定したら、【二人用のswitch】の花子アカウントで遊べるよ。 【二人用のswitch】を「いつもあそぶ本体」にすることで、購入した【ダウンロード版】ソフトが優先的に遊べる状況になる。 これにより、花子は自分のアカウントで『どうぶつの森』を起動できるようになり、太郎も【太郎専用のswitch】で他のゲームがプレイ可能となりました。 さて、ここからが本題だよ。 「いつもあそぶ本体」ではない方でダウンロード版はできる? 「」 (公式)の「ケースB」をさらに読むと、以下のような文言があります。 「いつもあそぶ本体」ではない本体では、常にインターネットに接続する必要はあるが、家でも外出先でも(自分のユーザー)が購入したダウンロードソフトを遊ぶことができる。 結果的に、 1つのダウンロード版『どうぶつの森』で2台のswitchで遊ぶことが可能となりました。 (そういうつもりじゃなかったんだけどね…) 【二人用のswitch】で花子が花子アカウントを、【太郎専用のswitch】で太郎が太郎アカウントを使用している状況だと、 それぞれ同時にソフトが起動できる状態です。 ただし、【二人用のswitch】の太郎アカウント・【太郎専用のswitch Lite】の太郎アカウントは同時に起動できない仕様となっています。 でもそういう状況ってあまりない気がする…太郎は一人しかいないし。 switch公式のサポートサイトで親切に図解してまで解説している内容なので、違反的な使用方法ではないと判断できます。 イメージで言うと、電子書籍を買ったユーザーのアカウントの端末なら、スマホでもタブレットでも電子書籍が開ける…的な感じでしょうか。 「いつもあそぶ本体」にしたのにソフトが起動できない時 【二人用のswitch】を「いつもあそぶ本体」に設定したのにソフトが起動できない時は、「いつもあそぶ本体」ではない方(【太郎専用のswitch】)が「いつもあそぶ本体」に設定されている可能性があります。 まず「いつもあそぶ本体」ではない方が「いつもあそぶ本体」になっていないことを確認してから、【二人用のswitch】を「いつもあそぶ本体」に設定する必要があります。 「いつもあそぶ本体」設定 まとめ まとめ• 「いつもあそぶ本体」ではないswitchでは、購入者のアカウント使用でインターネット環境で【ダウンロード版】が遊べる• 「いつもあそぶ本体」の購入者以外のアカウント・「いつもあそぶ本体ではない本体」の購入者アカウントは同じ【ダウンロード版」ソフトが同時に遊べる (ネット環境) 考えてみれば、この「いつもあそぶ本体」の仕様がないと、冒頭で紹介した「太郎アカウント同時重複利用によるソフト起動不可」が発生してしまい、「2台買った意味」がなくなってしまうので、真っ当な措置だという結論にいたりました。 インターネット環境が整っている状況でのプレイをする方、 パッケージ版の購入に興味がない方でswitchを2台持っている場合は、【ダウンロード版】が お得です…。 逆に、「ネットがない環境でswitch2台持ち歩いて遊びたい…!」というような方は、それぞれソフトを購入する方が適していますね。 うちはほぼネット環境でしか『どうぶつの森』やらないから【ダウンロード版】がぴったりだね。 2人の島の行き来も、「インターネット通信」を選べば可能だし、今のところ不都合はなさそうだね。

次の

【Nintendo Switch】「いつもあそぶ本体」とは、設定・確認・解除・登録する本体を変更する方法

ニンテンドーアカウント いつも遊ぶ本体

目次 閉じる 開く• 2台目本体の購入後にやること まずは、家族で1台のSwitch本体を使っていたけれど、自分専用のSwitch本体を新たに購入した場合などに必要な設定や注意点などをご紹介。 ただし、複数の本体でダウンロードソフトを同時に遊ぶことはできないので、注意が必要だ。 続いて、ニンテンドーアカウントの連携の手順について。 もし、セーブデータを使用しない場合は、これで完了となる。 ここでは、ひとつの本体をAとBのふたりのユーザーで使用していて、Aが新しい本体を購入したという状況を例に解説していく。 もともと使用していた本体• Aが購入したダウンロードソフトをAとBの両方がいつでもプレイ可能• Bが購入したダウンロードソフトをAとBの両方がいつでもプレイ可能• 新しい本体• もともと使用していた本体• AはAが購入したダウンロードソフトを インターネット接続時のみプレイ可能• AはBが購入したダウンロードソフトをいつでもプレイ可能• BはBが購入したダウンロードソフトをいつでもプレイ可能• BはAが購入したダウンロードソフトをプレイできない(過去に購入していたものも含めて)• 新しい本体• (3)購入済みダウンロードソフトを再ダウンロードする ニンテンドーアカウントで購入したダウンロードソフトを、新しい本体のニンテンドーeショップで再ダウンロードする。 購入済みダウンロードソフトや追加コンテンツの再ダウンロード方法は。 基本的な作業はこれで終了。 もともと使用していた本体のセーブデータで遊ぶ場合は、セーブデータの引っ越しを行おう。 ただし、セーブデータがユーザーごとに保存されない(ソフト起動時にユーザーを選択しない)ソフトは、セーブデータを引っ越しすることができない(例:『』など)ので注意。 また、セーブデータの引っ越しを行うには、以下の条件を満たす必要があるので、忘れずに確認しておこう。 セーブデータを引っ越しさせたいユーザーに、同じニンテンドーアカウントが連携されていること• 本体のシステムバージョンが最新であること• なお、セーブデータはプレイした本体に保存されるため、複数の本体を使用してつねに最新のセーブデータで遊びたい場合は、前回プレイした本体から毎回セーブデータの引っ越しを行わなければならないことを忘れずに。 そのほか、スマートフォンアプリ『 Nintendo みまもり Switch』でみまもる本体を追加する場合は、。 新しい本体だけを使用する(ほかのユーザーがもとの本体を使用する)場合 続いて、新しい本体だけを使用する(ほかのユーザーがもとの本体を使用する)場合の手順をご紹介。 新しい本体だけを使用する場合は、もともと使用していた本体の自分のユーザーやセーブデータを新しい本体に引っ越し(移動)させた後、これまで使っていたニンテンドーアカウントで購入したダウンロードソフトを再ダウンロードすればオーケー。 (1)ユーザーとセーブデータを引っ越しする 引っ越し方法は、新しい本体(引っ越し先の本体)の初回設定が終わっているかどうかで異なり、 、 のページをチェック。 パッケージ版ソフトのみ遊ぶ人は、これで移行作業は完了。 (2)購入済みダウンロードソフトを再ダウンロードする ニンテンドーアカウントで購入したダウンロードソフトを、新しい本体のニンテンドーeショップで再ダウンロードする。 購入済みダウンロードソフトや追加コンテンツの再ダウンロード方法は。 なお、ソフトを購入したユーザーが引っ越しすると、HOMEメニューにソフトアイコンが残っていても、引っ越し前の本体では、そのソフトをほかのユーザーが遊ぶことはできない(追加コンテンツも同様)。 以下にAとBのふたりが使っていた本体から、Aが新しい本体に引っ越しを行った後のソフトがどうなるのかを記載しているので、参考にしてほしい。 もともと使用していた本体(Aが新しい本体に引っ越しをしたので、こちらにはBのアカウントだけが残っている)• BはBが購入したダウンロードソフトをいつでも遊べる• BはAが購入したダウンロードソフトは遊べない(過去に購入していたものも含めて)• 新しい本体(新しい本体にデータを引っ越したのはAのみなので、こちらにはAのアカウントだけが登録されている)• AはAが購入したダウンロードソフトをいつでも遊べる• AはBが購入したダウンロードソフトを遊べない(過去に購入していたものも含めて) 以上が2台目のSwitch本体を購入したときのデータやアカウントの移行の手順となっている。

次の