あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない アニメ動画。 Pあの花 パチンコ新台

「あの花」スタッフ最新作「空の青さを知る人よ」予告映像&最新ビジュアル公開!主題歌はあいみょん

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない アニメ動画

終了画面でサミートロフィーが出現すれば、設定2以上濃厚。 出現率は総ゲーム数に応じて変化し、7001G〜8000Gがもっとも出現しやすい。 [サミートロフィーが出現する可能性のある終了画面] ・フラワーズメモリー(AT) ・ごめんまボーナス ・エンディング リール左側のコクピット部分に出現。 実質的な割合で考えると、設定6ならセットストック当選時の約0. 1〜6G間の登場キャラは22種類のシナリオによって変化。 REG当選回数5回目以降は高設定示唆シナリオの出現頻度がアップする。 2倍、3で1. 25倍、4で1. 25倍、56は1. 4倍出やすい。 [めんまの母/めんまの弟] どちらも設定2以上! [じんたんの父/じんたんの母] どちらも設定5以上濃厚、お母さんは設定6の比率が高い。 [女装ゆきあつ] 設定5以上濃厚。 「1〜5回目がオール男or女キャラなら超激アツ」 5回目までに登場するキャラの性別が同じだった時点で設定2以上が確定。 7G目は必ず浴衣キャラor設定示唆系の特殊1〜3が出るため要注目だ。 「最終ゲームでは浴衣キャラが登場する可能性あり」 浴衣キャラは最終ゲームで登場する割合が高く、スタート時のキャラと同じく、男性なら奇数、女性なら偶数設定を示唆。 最終ゲーム以外で登場した場合は高設定示唆となり、設定1を起点に、2で1. 8倍、56は2. 8倍出やすい。 「エピソードによる推測要素まとめ」 めんまの日記が出るタイミング、同一エピソードの連続が重要。 【シナリオごとのエピソード順一覧】 めんまのお願いは特定条件を満たした時に当該エピソードが書き換わって発生する。 同一エピソード3連続はめんまの日記が連続する。 「最初に狙う絵柄」 中リール枠上から上段に白7を目押し。 「上段に白7停止時」 成立役…弱チェリー/強チェリー/中段チェリー 右リールをフリー打ちし、左リールにチェリーを目押し。 右リール中段にスイカが止まれば弱チェリー、ベルが止まれば強チェリーだ。 「中段に白7停止時」 成立役…ハズレ/押し順(第1停止)不正解のベル/スイカ/チャンス目A 中押し白7狙い時の基本となる停止形。 「下段に白7停止時」 成立役…チャンス目B 「中段にリプレイ停止時」 成立役…リプレイ/チャンス目C 「中段にベル停止時」 成立役…ベル 押し順ベルの第1停止正解で止まるため、第2停止が不正解だとベルが揃わない。 「中押し時・レア役の停止形」 チャンス目は内部的に3種類あり、中押し時のみ判別が可能。 中段白7からのスイカハズレはチャンス目A、白7下段からのスイカ小V型がチャンス目B、中段にリプレイ/リプレイ/スイカが停止すればチャンス目Cだ。 「BAR下段停止時」 成立役…ハズレ/リプレイ/ベル/チャンス目BorC(停止形は同じ) BAR狙い時はBAR下段停止が基本となる停止形。 「角チェリー停止時」 成立役…弱チェリー/強チェリー 中右リールともにフリー打ち。 右リール中段に止まる絵柄で強弱を見抜けるが、停止する絵柄が複数あるので狙う箇所を決めておくと判別しやすい。 [右リール中段に停止する可能性のある絵柄] 弱チェリー時…ブランク/チェリー/リプレイ/ベル(3連チェリー以外) 強チェリー時…スイカ/白7/BAR/ベル(3連チェリー) [チェリー停止時の音やフラッシュでも判別可能] 弱チェリーよりも強チェリーのほうが効果音やフラッシュが派手なので、ホールの状況にもよるが、右リールの停止絵柄を確認しなくても判別はできる。 「中段チェリー停止時」 成立役…中段チェリー 「スイカ上段停止時」 成立役…スイカ/チャンス目A 中リールにスイカを狙い、右リールはフリー打ちでOK。 スイカを否定すればチャンス目Bだ。 「BAR狙い時・レア役の停止形」 チャンス目は内部的に3種類あるが、順押しBAR狙い時は2種類の停止形しか止まらない。 スイカテンパイハズレならチャンス目A、中段リプレイ/リプレイ/スイカならチャンス目BorCだ。 前半はリプレイとレア役でリーチラインを増やし、後半の押し順ベルやレア役でATを射止めるゲーム性だ。 当選すればランダムに1ライン以上開放され、強レア役なら複数開放のチャンス! [リーチラインが重複すると図柄が強化] 図柄は最大4段階強化することが可能。 強化されている図柄が揃えば、段階に応じて報酬が豪華になる。 レア役ならAT確定+特典をGET!? [ぜんぶとーりっぴ] ベルやレア役で抽選され、発生すれば全ラインリーチを獲得!? [CZ失敗時はリーチラインを持ち越し] 開放したラインや強化された図柄はそのまま次回に持ち越し! 【なかよしメーターがゲーム性の軸!】 なかよしメーターのキャラは小役で抽選され、6キャラすべて集まればメーターMAXとなりCZやATを抽選。 メーターMAX時の期待度はフレームで示唆しており、当該周期+2周期先まで表示している。 キラキラ付きのキャラや女装したゆきあつといった特殊なキャラを獲得すればチャンス! 「開放済みのリーチラインを表示」 CZ失敗時は開放したリーチラインを持ち越すため、スルー回数が多いほどCZの成功期待度が高くなる。 「メーターMAX後は前兆が発生」 前兆の期待度は液晶周囲のエフェクトで示唆。 最終的に発展する連続演出に成功すればCZやAT突入だ。 基本的に有利区間移行時に、表示されている3周期分の色を抽選。 以降は1周期消化ごとに周期回数を参照して新たに登場する(2回先の)メーターの色を抽選していく。 すべての色に確定赤の可能性がある。 見た目上は?表示で隠れているケースもあり 【セグの番号と液晶が連動!】 めんまチャンス(CZ)やかくれんぼチャンス(KC)中は、セグに表示された番号(6択の押し順ベル)と液晶の図柄がリンクしているため、セグを見ながら当落を楽しむことができる。 「CZとKCにおける役割」 [CZ(後半のみ)] ・後半…開放されたリーチラインと同じ番号が表示されればCZ成功 [KC] ・前半…セグに表示された番号と同じリーチラインを開放(強化) ・後半…開放されたリーチラインと同じ番号が表示されればKC成功 通常時の連続演出に成功すればCZorAT。 リーチの種類やタイトルの色、カットインなどに注目しよう! 「木の葉リーチ」 「お花リーチ」 「SD系リーチ(全6種類)」 「めんまひっぱりチャンス」 連続演出失敗後に発生し、成功すればCZorAT直行!? 上記の連続演出はめんまチャンスがメイン! 「アイスリーチ」 登場キャラがあたり棒を引けば!? 「テストリーチ」 つるこが正解すれば!? 「クレーンゲームリーチ」 ゆきあつが人形を取れれば!? 「けんか仲裁リーチ」 けんかを止めることができれば!? 「めんまを捕まえろリーチ」 めんまを捕縛すれば!? 「ほんとのお願いリーチ」 じんたんの答えは!? 「夏の獣リーチ」 じんたんが本当の気持ちに気付けば!? 「レアのけもんをGETしろリーチ」 レアのけもんをGETすれば!? 「ぽっぽのお願いリーチ」 めんまのお願いに応えれば!? 「俺を見ろリーチ」 大チャンス! じんたんが勇気を振り絞ってあなるを助けることができれば!? 「I wonderリーチ」 めんまのことでじんたんとゆきあつが激突するBIG確定のリーチ!? 各キャラごとに専用の演出パターンが存在。 [落書き演出(つるこ)] 落書きの内容に注目。 [買い物演出(ゆきあつ)] 選んだアイテムで期待度などを示唆。 [ゲーム演出(めんま)] ゲームで敵を倒した後に表示される文字をチェック。 [洗濯演出(じんたん)] じんたんが干したTシャツのプリントに注目。 [バイト演出(あなる)] あなるが陳列するゲームの種類で期待度などを示唆。 [新聞演出(ぽっぽ)] ぽっぽが折り込むチラシの内容がポイント。 「全演出共通でレバーON時のチャンスアップに注目」 レバーON時にキラキラエフェクトが発生すればチャンスパターンだ。 「もちろん赤系はチャンス」 どの演出でも赤系は期待度アップ、激アツは文字通り激アツだ。 「プレミアムも満載!」 Vやサミーキャラなどおなじみのプレミアムも存在! 【おもにMC対応の連続演出】 「自然現象系(1G)」 葉っぱや花びらが大きいとチャンス。 「SDキャラ系(2G)」 基本的にタイトルは青<赤<虹の順で期待度アップ。 SDキャラのカットイン発生でチャンス、リアルキャラなら激アツ。 サミーキャラのカットインはプレミアム。 基本的にSDキャラ系では獣王シリーズのキャラが登場する。 背景に稲妻がはしればチャンスアップ。 カットインが入ればチャンス。 1&2G目で赤エフェクト付きの画面が出ればチャンスだ。 3G目に金カットインが発生すればプレミアム! [けんか仲裁・めんまを捕まえろ・ほんとのお願い・夏の獣には専用演出も!] 上記4演出には3G目のあおり画面が変化するチャンスアップパターンが存在。 けんか仲裁:つるこアップ めんまを捕まえろ:つるこ回想カット ほんとのお願い:めんまアップ 夏の獣:めんま(デフォルトはじんたん) 「俺を見ろ(4G)」 発展した時点で激アツとなるため、タイトルは1種類のみ。 1&2G目で赤エフェクト付きの画面が出ればチャンスアップだ。 3人娘浴衣カットインは全連続演出に対応かつ設定4以上でのみ発生する可能性がある。 設定4ではAT以上確定、ハズれた場合は設定5以上確定だ。 めんまチャンス(MC)の前兆中か否か、さらに前兆中は液晶エフェクトの色によって連続演出の期待度が変化する。 「MC前兆中以外でSD系の連続演出に発展すれば確定!」 基本的にMC前兆中の連続演出はSD系のみなので、MC前兆中にそれ以外の演出に発展すればCZ以上確定。 逆にMC前兆中以外でSD系リーチに発展した場合も確定となる。 大まかに説明すると、表モードはレア役でATを抽選する一般的な内部状態、裏モードはリプレイやベル契機のAT当選…いわゆる謎当り当選率を管理する内部状態だ。 【表モードの特徴】 ・内部状態…通常/高確/超高確/超超高確 ・状態アップ抽選…おもにレア役で ・状態転落抽選…ハズレorベル ・高設定ほど状態アップが優遇 ・超超高確中の強レア役は激アツ [保証ゲーム数もあり] 状態アップ時に保証ゲーム数を抽選。 超超高確移行時は50Gの保証がある。 [ステージで内部状態を示唆] 思い出ステージは超超高確濃厚だ。 【裏モードの特徴】 ・内部状態…裏通常A/裏通常B/裏高確A/裏高確B ・状態アップ抽選…レア役orリプレイ ・状態転落抽選…ハズレ ・高設定ほど状態アップが優遇 ・リプレイやベルでAT直撃を抽選 [保証ゲーム数はない] 表モードと異なり保証ゲームはナシ。 [液晶絵柄テンパイ頻発で裏高確のチャンス] 裏高確中は液晶絵柄がテンパイしやすい。 ハズレを含む全役で上乗せ抽選をおこなう特化ゾーン。 レア役時や選択キャラの演出が発生すれば上乗せ濃厚だ。 「最終ゲームで継続を抽選」 夏祭りは最終ゲーム(10G目)に継続率を参照して継続の成否を抽選。 一度でも継続すれば超夏祭りの可能性大! 【出玉減少区間一切ナシのノンストップAT】 1セット20Gのセット数管理型AT。 AT中はかくれんぼチャンス(KC)成功で獲得できる、セット数上乗せやボーナスでロング継続を目指すゲーム性だ。 「純増は滞在している区間ごとに変化」 [純増約1. 「メインパート」 ・継続ゲーム数…20G [セット開始時にステージを決定] 星の数が多いステージほど高確以上のチャンス。 エピソードや夏祭りが選ばれる可能性もある。 「エピソード」 [通常エピソード] ・継続ゲーム数…30G [SPエピソード] ・継続ゲーム数…80G 通常とSPの2種類があり、どちらも消化中はレア役でKCやセット数上乗せを抽選。 通常はセット開始時、SPはボーナスから突入!? [セット数で突入率が変化] 末尾が3、7、0のセットはチャンス、10セット目なら必ずエピソードに突入!? 「かくれんぼチャンス(KC)」 ・平均継続ゲーム数…6. 4G KC中もセグリンクシステムが活躍! 最終的に液晶内の図柄が揃えばセット数上乗せorボーナスだ。 「ボーナス」 擬似ボーナスはBIGとREGの2種類あり、ベルナビ回数で管理。 消化中はレア役でセット数上乗せや夏祭りを抽選する。 ボーナスからSPエピソードに昇格するパターンもある!? 「上乗せ特化ゾーン・(超)夏祭り」 毎ゲーム全役で上乗せ抽選をおこなう特化ゾーン。 マイスロやメニュー画面で選択しているキャラの演出が発生すれば上乗せ濃厚!? AT中には初当り時に決定するFMモードが存在しており、モードによってATセットごとにかくれんぼチャンス当選率に関わる内部状態を管理。 基本的にAT終了までFMモードは固定だが、エピソードやSPエピソードを引いた場合に昇格抽選がおこなわれる。 「ボーナス時は内部状態の転落なし!」 ボーナスを引いた場合はモード不問で内部状態が転落しないため、超高確でボーナスを引くことができれば、次回セットも超高確となる。 成り上がりモードは転落することがないため、一度超高確までアップすることができれば、AT終了まで超高確が維持されるため超強力だ。 一度決まった内部状態はセット終了まで変化しない。 AT終了画面移行時にごめんまボーナス突入の有無を抽選し、終了画面滞在中(2G継続)は成立役でAT復帰を抽選。 ストックがあった場合は基本的にめんまDEポンで継続を告知するが、まれに復活演出を経由。 AT当選後or最初からストックがあった場合は成立役に応じてかくれんぼチャンスを抽選する。 「第2停止で復活演出が発生すれば特典アリ」 復活演出の発生タイミングは基本的に第3停止時だが、第2停止時に発生すればエピソードやボーナス、夏祭りなどに期待が持てる。 「ごめんまボーナス当選を優先」 ATが単発で終わった場合はごめんまボーナス突入のチャンス。 薄めだが2セット以上継続した場合でも抽選される。 ごめんまボーナスに当選していた場合、成立役ごとのAT復帰抽選はごめんまボーナスのラウンドストック抽選になる(当選率は復帰抽選と同じ)。 ごめんまあおり成功でごめんまボーナス! ロゴと一緒にめんまが浮かび上がればチャンスアップだ。 FMモードに応じてセット開始時のルーレット時に内部状態を抽選。 ルーレット時はレア役も状態移行のチャンスとなる。 AT中はボーナス(SPエピソード含む)当選で内部状態のアップ抽選がおこなわれる。 7個 KC1回あたりの期待上乗せ個数…1. 消化中はラウンドをストックしながら最大の40Rを目指すゲーム性だ。 「基本情報」 純増…約3. 「残りストック示唆要素は豊富」 [ラウンド開始画面] 幼少期の画面なら!? [ステージでストック数を示唆] お花畑(黄)<お花畑(ピンク)<湖の順にストックに期待できる。 ステージは途中で変化することもあり、湖なら残りストック5R以上!? [液晶の図柄が揃えばラウンドをストック] [ラウンド終了時のカーテン] カーテンの色が赤ならチャンス、金なら継続濃厚!? PUSHボタンが出現してもアツい! ごめんまボーナス中は消化中の役に応じてラウンドストックを抽選。 レア役はストック当選率が高いうえ、1回の上乗せで最大3ラウンドまでストックする可能性がある。 当選すれば継続確定(1Rストック)なので、ストックがなくても継続に期待できる。 モードはミドルとハイの2種類があり、ボーナスが終了するまで変わらない。 通常時のめんまチャンス(CZ)とは異なり、KCは前後半ともに押し順ベルをメインにリーチラインの開放やKCの成否を決める。 押し順ベル成立時は、セグの番号と同じ絵柄のリーチラインが開放される。 レア役ならゲーム数上乗せの抽選もあり! 開放したリーチラインが重複すれば図柄が強化され、当選時の報酬が豪華になる。 「後半は押し順ベルで当落を決定」 開放しているラインに対応した押し順ベル(絵柄と同じセグ番号)を引けば成功。 リプレイなら開放しているリーチラインをすべて1段階強化し、レア役ならもっとも強化されたリーチラインをゲットできる。 ぜんぶとーりっぴが発生すれば全ライン獲得! [KC成功後はボタン演出] 獲得した図柄ごとにボタン演出が発生し、セット数やボーナスの個数を確認できる。 赤図柄以上なら複数個濃厚なので2回以上はプッシュできる。 [全員集合バージョンは超激アツ!? ] KCが全員集合バージョンなら、どの押し順ベルを引いても成功確定!? [強レア役] 4Gなら設定4以上。 中段チェリーは5G確定だ。 ATスタート時はお花ランプの色で内部状態を管理するFMモードの種類を示唆。 パターンは白<青<黄<緑<赤<紫<消灯の7種類。 青は通常の割合も高いが初回モードは高確ループ以上! 「エピソード時はモードアップを抽選」 エピソード、SPエピソード時はモードアップを抽選しており、初当り時と同じくランプの色でモードを示唆(ボーナス時はATリスタート時に点灯)。 エピソード4回目以降とSPエピソード、EPほんとのお願い時は必ず黄色以上となる。 「ボーナスは内部状態を維持」 ボーナスを引いた場合、次回の内部状態が落ちることはないため、超高確中に引けば再度超高確へ移行する。 消化中はレア役やBAR揃いでセット数上乗せや特化ゾーンを抽選している。 消化中にハズレを引けばベルナビが+1回上乗せ! 「BIG中の演出」 選択した楽曲に応じてAT中の演出パターンが変化! [みんなに会いに行こう演出] 仲間が集まるほど上乗せ期待度がアップ! [めんまルーレット演出] ジャッジ前に発生すればチャンス!? [キャラ紹介にも注目] いつもと違う衣装やレアなキャラが登場すれば!? 「昇格演出発生でチャンス」 7図柄に昇格すればBIG。 群予告が発生すればSPエピソードに昇格!? 【ボーナス共通の演出】 [カットイン発生で特化ゾーンのチャンス] カットインの色は青<赤の順にBAR揃いに期待できる。 BARが揃えば特化ゾーンの夏祭り! [デフォルト] [男性ver. ] BIGの可能性アップ。 女性キャラの連続演出成功経由ならBIG以上! [女性ver. ] BIGの可能性アップ。 男性キャラの連続演出成功経由ならBIG以上! [幼少期] 通常時は思い出ステージ以外で出れば設定4以上の可能性アップ。 AT中はSPエピソード濃厚、否定すれば設定4以上が確定する。 「7絵柄ナビが6択ならBIG」 通常は3択ナビだが、6択ならBIG確定! 「確定画面中は特定ゲーム数ハマリでセットストック」 ボーナス確定画面で30GハマリでATのセット数をストック。 BAR揃いはBIG・REG共通で超夏祭り確定! 赤カットインなら大チャンス!.

次の

『あの花』チームが贈る新作アニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』、2015年公開

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない アニメ動画

【あの花】最終話感想、皆さん本当に感動出来ました??あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 最終回「あの夏に咲く花」が昨夜放送されました。 ネット各所では大絶賛の最終回ですが、正直ガッカリしました。 私はアンチではありません。 最終話をとても楽しみにしていました。 だからすごく期待外れでした。 号泣した、感動した、という意見が多数なのが信じられないです。 どこがどうガッカリして、何がどう期待外れだったのか、下に詳しく書きます。 ゆきあつはあの頃も、じんたんの事をリーダーなんて思った事無いって言ってましたよね?まあ本当は心の中ではじんたんの事を認めていて、嫉妬心からそういう発言をした、と取れなくも無いですが、それにしたっていきなり馴れ馴れしく肩を組んであんな事を言うのはおかしいです。 むしろこれまで丁寧に描かれてきたゆきあつ像自体を否定された様な気分になりました。 ・つるこのトラウマ 随分引っ張ったつることぽっぽのトラウマですが、懺悔大会でアッサリ終わってしまった。 『あの頃からゆきあつの一番の理解者はあなるだった?』唐突にそんな重要な事を言われても、そんな描写ほとんど有りませんでしたし、見ている方はちんぷんかんぷんで彼女の告白には全く感情移入出来ませんでした。 ・おいてけぼりのぽっぽ 結局バスターズの面々は、メンマを中心にドロドロの恋愛トラウマを抱えていた事が明らかになりましたが、この話のキーだった筈の『メンマの死』の一番近くにいたぽっぽだけがドロドロに参加して居ない為置いてけぼり。 そして一番重い筈のぽっぽのトラウマが懺悔大会の中で流される様な形になってしまった。 これは非常に残念でした。 ・最後のかくれんぼ 例えば幼少期のあの日、メンマと一緒に皆が最後に遊んだのがかくれんぼだった、とかなら分かります。 幼少期のかくれんぼシーンをなぞる様な形でエンディングに向かえば、感極まる物もあったでしょう。 しかし本編では唐突な印象がぬぐえませんでしたし、じんたんにも一度見えなくなった筈のメンマの声が最後に全員に聞こえたり、最後に皆にメンマが見える様になった事も、『ご都合主義』としか思えませんでした。 最終話を見て感動した、という方、以上の点をどの様に自分の中で消化しましたか?おかしいと思いませんでしたか???私が深く考え過ぎなのでしょうか? 皆さん、本当に感動出来ましたか?? 私も、大体あなたと同じ感想です。 とても面白かった。 それなりに良かった。 ただラストは色々と違和感が残り感動、泣くとい うところには至らない。 でも作品としては好きです。 あなたの書いている内容を見ても作品 が嫌いとかアンチだとは思いません。 たとえばネットで関係者のつぶやきで「最後は凄い」みたいなのが出ました。 それで一気に期待が高まりました。 でもこれは逆に作用することもあり今回の あの花もちょっといやな予感はしましたけど私としてはあたってしまいました。 必要以上に期待してしまうんですね。 あなた の指摘している部分以外にも「脚本の都合」で処理された部分が沢山ある。 しかし 本当に感動の名作として残る作品はそんな部分を跳ね返すだけの「結末」を用意して いるわけです。 今回で言うと、めんまがあっさり目の前に現れたのに消えていく描写が 一切なく見えたものが消えていく過程での表情ややりとりは結構「使える」部分だと思う んです。 そこを全部使っていない。 脚本や作りに駄目ダシをするわけじゃないですが これはこの手の作品の基本です。 こういうところがしっかりしていると正直な話多少の 矛盾とかきにならなくなるのです。 しかしいきなり消えてて「あれれれれ」でした。 めんまが消えるところは最大のクライマックスじゃないの??? 感動さえ出来れば細かい矛盾・疑問は言いように解釈できるものです。 そこに 至らなければ矛盾・疑問が残るのは当然 最後に・・・ こういう質問をすると、熱心なファンの中には「感動しないのはおかしい」と決め付ける 人がいます。 自分が感動した。 それはそれで良い。 ただ感動できなかったという人を ムリにアンチだのおかしいだの言うのもおかしいと思います。 また単純な人ほど(これは頭がどうこうという意味じゃなく単純にその時間は作品に入り 込める)そういう細かいことを抜きにして作品の作り手の意図を理解できる部分は有りま す。 だから逆にいうとそういう人にはうまく作り手のメッセージが伝わりやすい作品だった かもしれません。 私は、今回の感想を色々見てむしろあなたのような感想を結構見ましたよ。 ただ本人た ちも、なぜかはわからない。 それはそうですね。 感じるものが多くなかったわけだか らその理由など明確にわかるはずが無い。 でもそれは正常だと思います。 感じ取れる 人もいるしそうでない人もいる。 ただし、作品としては全体的に面白かったと思います。 売れる作品に仕上げた感じ。 意見を書いている人の中には「アニメばかり見ていてるから」とかありますがむしろ 洋画などの感動する映画ばかり見ている人は感動しないし泣けない人が多いと思います。 アニメそのものは肩肘張らずに見たいし単純に感動したい。 ただ私としてはやっぱりラス トは丁寧に描写をして欲しかったと思います。 誰か一人くらい小屋にいなきゃ駄目だろ? (深夜だし)とか細かいところあげたらきりが無い。 いきなりメッセージが置かれているの も変だし声が聞こえたのに遠くに飛び出したのも。 って言っていたらキリがありません。 でも感動した人はそんなことどういでもいいんですね。 それは感動できる場面で感動 できたから細かいことは気にならない。 私は、期待しすぎた分「あれれれれ?」となったのでそういうところが目に付いちゃった。 最初のインパクトが重要だから単純に入り込めなかった時点で私も失敗したのかな。 作品として売れたらその辺はまあ「あれでよし」になるんでしょうね。 むしろいきなりの展開よりも無理やりな部分をはぶいてめんまの消えるところをちゃん と書いてくれたら私は感動できたかなあと思いました。 みんなの前にいきなり見えた。 ならばそのさきもしっかり見たかった。 ただなんとなくですが製作側も「ベタ」なラストにしたくなかったのかもしれませんね。 たとえば・・・仁太やみんなの手の中でだんだん消えていくとか(更に遠目にカメラワーク) またはだんだん薄くなって消えていく(一部分から消えていく・星に願いをなど) むしろあえてそういう描写を避けていた=オリジナルに徹したとも言えますね。 最後のかくれんぼの描写も、今までのばらばらを考えると無理が有るし。 むしろ自然に綺麗にめんまを送ってあげる(消える)描写のほうが感動できたと思い ました。 皆が遠目のまま近づかず仁太は後ろ向いているし。 あそこは近寄って 見届けてあげるところじゃなかったのかなあと。 かくれんぽ無しでいいからそこをきちんと描いて欲しかったです。 大漁ですね。 >私が深く考え過ぎなのでしょうか? 質問者さんは「このアニメを誰よりも深く理解できてる」と思っているんでしょうが、全然理解できてませんよ。 >・ゆきあつの掌返し >いきなり馴れ馴れしく肩を組んであんな事を言うのはおかしいです >むしろこれまで丁寧に描かれてきたゆきあつ像自体を否定された様な気分になりました。 ゆきあつは、口下手で、情熱的。 でも、プライドが邪魔をして、冷静沈着を装っている。 肩を組んだのは照れ隠しで、ゆきあつらしいと思います。 >つるこのトラウマ >『あの頃からゆきあつの一番の理解者はあなるだった?』唐突にそんな重要な事を言われても、そんな描写ほとんど有りませんでしたし、見ている方はちんぷんかんぷんで彼女の告白には全く感情移入出来ませんでした。 それを感じさせる描写はありましたよ。 第5話、電車の中での会話 「女装男」 「やっぱり、そう言ってもらえたほうが楽だな」 第9話 「見透かせるのは、お前だけ。 似たもの同士のシンパシーってやつか」 >そして一番重い筈のぽっぽのトラウマが懺悔大会の中で流される様な形になってしまった。 これは非常に残念でした。 これには同意します。 >・最後のかくれんぼ >じんたんにも一度見えなくなった筈のメンマの声が最後に全員に聞こえたり、最後に皆にメンマが見える様になった事も、『ご都合主義』としか思えませんでした。 これまで、みんなは、自分の望みを叶えるために、めんまを利用していた。 でも、懺悔大会によって「あの日」から解放され、全員が心の底からめんまのことを想ったから、めんまが見えるようになったんだと思います。 ご都合主義というわけではなく、ツメが甘かったと思います。 それと、「とらドラ」のほうが、心理描写が上手かったと思います。 分かる。 分かるけど薄っぺらい涙腺の俺は泣いちゃったよ。 めんまのあの不器用な手紙の所でね。 だがそういう意見もあると思ってましたよ、僕は。 人の感性はそれぞれなので・・・って言うんじゃ話終わるし、そもそも回答になってないのでとりあえずあなたの挙げた点を自分が見て思ったこと書かせていただきます。 ゆきあつの件についてですが、それにしたっていきなり馴れ馴れしく肩を組んであんな事を言うのはおかしいです、とありますが、おかしいなんて事はないでしょうよ。 常識的に考えて。 第一そこは感情移入に注目すべきシーンありません。 あなたのゆきあつ像なんてものがどういう物か知りませんが、製作者の意図を汲んで自分で納得できなきゃどうしようもない。 人間の心理的なことについて言ってるのならそれはお門違いだろうに。 あの頃からゆきあつの一番の理解者はあなるだった?というのを「重要な事実」と受け止める時点で少しズレてるかも。 あくまでそれはつるこがそう言っただけなので、早とちりでしょう。 ゆきあつ本人の心情はこれといって描かれていません。 そういう所の描写が少なかったのは単に11話に収まりきらなかっただけであり。 時間があってもそれ以上に描写すべき点はあった。 つまり優先順位の問題ね ぽっぽの件については同感。 ぽっぽいい奴なのに誰にも好かれず、所詮顔かよ、とは思いました 笑 確かにトラウマ暴露した瞬間皆泣き出すし、どんだけ駆け足なんだよっていうね。 まあここらは声優のの凄さを感じたなぁ。 最後のかくれんぼも露骨に青臭かったとは思う。 泣かせにきてんな、とは容易に分かりました。 結局自分は製作者の思う壺だったけど。 「じんたんにも一度見えなくなった筈のメンマの声が最後に全員に聞こえたり、最後に皆にメンマが見える様になった」所については、唐突であるものの最初からじんたんには死人のはずのめんまが見えていたわけだし、最初から設定が比較的ファンタジーなんだと、一応そう自分は補完しました。 まあ『ご都合主義』ってのもアニメには溢れてるし気にならなかった。 楽しめればそこらは小さい事なんじゃないか。 とりあえずめんま蘇生オチじゃなくてよかったとは思ってますよ? しかしこの質問を見る限りあの花は成功したっぽいですね。 罵倒にも絶賛にも限らずのその評価の多さが人気の証、と自分は考えていますから。 これはあくまで私個人の感想ですので。 あと狂信者の人たちの発言はお気になさらず。 長文失礼しました、読みにくいですかね。

次の

【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない(あの花)】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない アニメ動画

解説 2011年4~6月にフジテレビ系深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送された全11話のオリジナルアニメーションの劇場版。 宿海仁太(じんたん)、本間芽衣子(めんま)、安城鳴子(あなる)、松雪集(ゆきあつ)、鶴見知利子(つるこ)、久川鉄道(ぽっぽ)の小学生6人は大の仲良しで、「超平和バスターズ」と名乗り、秘密基地に集まって遊ぶ楽しい日々を過ごしていた。 しかし、ある夏の日、芽衣子が事故で亡くなり、残された5人の心は離れ離れになってしまう。 時は流れ、高校1年生になった仁太の前に、死んだはずの芽衣子が成長した姿で現れる。 その姿は仁太にしか見えず、芽衣子は超平和バスターズのみんなに願いをかなえてほしいと言うが、その願いが何であるのか芽衣子自身も思い出すことができない。 離れ離れになっていた超平和バスターズは、このことをきっかけに再び集い、芽衣子の願いをかなえようとするが……。 TVシリーズで描かれなかった過去の出来事や、TVシリーズ最終話から1年後の成長した仁太らの姿も描かれる。 2013年製作/99分/G/日本 配給:アニプレックス スタッフ・キャスト めんまの供養の為に夫々手紙を書いて集まる事になった宿海たち。 手紙を書きながらめんまとの思い出を回想していくストーリー。 TV版の総集編的作品ですが、スタッフが単純な総集編を拒否してこのようなストーリーになったそうです。 しかし、この内容なら単純な総集編の方が良かったのではないでしょうか? 今と回想シーンが交互に現れるこの展開は、正直見難く、物語にも集中出来ませんし、感動的な名シーンにも感情移入出来ません。 私とすれば、めんまと再度の別れから1年。 彼等の成長や人間関係の変化にカタルシスを求めたかったのですが、私には現状維持のようにしか感じられません。 これなら、わざわざ1年後の彼等を描く必要があったのか?と根本的な疑問を感じたくなります。 TV版は文句なく最高評価の作品だっただけに、とても残念に感じる作品でした。 そのひと夏を描いたのが、アニメ版の『あの花』。 感想としては、 もっと5人それぞれの1年間を描いて欲しかった。 アニメを編集し直した部分が多く、 オリジナルは少なかった。 5人が高2になった現在、1年前、小学生の頃 この3つの時を何度も行ったり来たりするので、 話を追いかけるのが難しかった。 知りたい気持ちの期待が高かっただけに、 残念な作品だった。

次の