情熱大陸 コロナ 坂本。 情熱 大陸 コロナ

坂本史衣(さかもとふみえ)の経歴・プロフィール・家族【情熱大陸感染管理専門家】

情熱大陸 コロナ 坂本

C MBS 4月19日 日 放送の「情熱大陸」 毎週日曜夜11:00-11:30、TBS系 では、東京・聖路加国際病院の感染管理を一手に任されている感染管理専門家の坂本史衣氏を紹介する。 4月7日、安倍晋三首相は新型コロナウイルスの急速な感染拡大を食い止めるために、緊急事態宣言を発令。 この重大な局面に、医療現場では患者の命を救うため、あらゆる手段が講じられている。 坂本氏が勤める聖路加国際病院もその現場の一つ。 ウイルス感染で最も防がなければならないのが「院内感染」だ。 ひとたび院内感染が発生すれば、すべての医療の機能を崩壊させ、患者と医療従事者の命が危険にさらされる。 坂本氏は病院の感染管理対策を20年近く行ってきた。 目下、感染者が入院した時にどうすれば院内感染を防ぐことができるのか、感染者への対応手順や導線の確認、病院職員のメンタルケアなどに奔走している。 坂本氏は看護大学を卒業後に看護師になったが、臨床現場が肌に合わず退職。 客観的に物事を見る性格が、患者に寄り添う現場に合わなかったという。 だが、アメリカに留学した坂本氏は、そこで感染管理の重要性を知ることに。 坂本史衣氏プロフィル 1968年福岡県生まれ。 幼少期は父親の仕事で日本とアメリカを行き来する生活。 母親の勧めで看護大学に進学。 聖路加国際病院で看護師を始めたが、臨床の現場が合わずに退職。 その後、アメリカに留学し感染管理の重要性と奥深さに出会った。 偶然出会った医師の推薦で、一度辞めた聖路加国際病院に戻り、院内の感染対策に20年近く取り組んでいる。 2003年、感染管理および疫学認定機構による認定資格を取得。 日本環境感染学会理事、厚生労働省厚生科学審議会専門委員などを歴任。 趣味は子どもとテレビゲームで遊ぶこと、という優しい母の顔も。 (ザテレビジョン).

次の

「日本人は幻想を抱く」新型コロナと闘うウイルス学者の『情熱大陸』のドキュメントがすごい!(追記あり)(水島宏明)

情熱大陸 コロナ 坂本

坂本史衣の感染管理専門家とは? 坂本史衣さんの 感染管理専門家とはどんな職業なのでしょうか。 インフェクションコントロールドクター(Infection Control Doctor:ICD)とは、一般名詞としては感染症や感染制御、院内感染対策を専門に取り扱う医療従事者のことを指す。 日本においては、ICD制度協議会が上記の業務に就くことを想定して認定する専門資格の名称でもある。 出典:Wikipedia 感染症学会認定感染症専門医は感染症の臨床(診療)を実践する医師の中で、特に感染症全般に精通しており、感染症に関連する専門的かつ高度な知識と技術、判断力を以って国民の健康と福祉に医療を通じて貢献できる人格的にも優れた医師である。 出典:日本感染症医学会HP どんな職業なのか確認してみると、医療に携わる職業の中でも、様々な面で大変な役割を担っていことがわかりますね。 坂本史衣さんは、院内感染を防ぐべく、感染者が搬送された際の対応手順、導線の確認、病院職員のメンタルケアに尽力されています。 主な委員歴 ・2008年2月〜2012年1月 『日本環境感染学会』理事 ・2008年2月 『日本環境感染学会』JHAIS委員会 ・2016年12月〜現在 厚生労働者 抗微生物薬適正使用 AMS 等に関する作業部会 ・2017年2月〜現在 『日本環境感染学会』理事 ・同上 『日本環境感染学会』あり方委員会 ・同上 『日本環境感染学会』広報委員会 ・2018年2月〜現在 『日本環境感染学会』医療環境委員会 ・2019年7月〜現在 『厚生労働省 厚生科学審議会』専門委員 ・同上 一般財団法人『日本医療福祉設備協会』病院設備設計ガイドライン 空調設備編 改訂委員会 坂本史衣の大学 学歴 次に、坂本史衣さんの 大学 学歴 をご紹介です。 学歴 ・1987年4月〜1991年3月 『聖路加看護大学』 現:聖路加国際大学 看護学部卒業 ・1995年〜1997年 『コロンビア大学』公衆衛生大学院卒業 ・2003年12月〜現在 『Certification Board of Infection Control and Epidemiology Certification in Control』 元は看護師の大学に進んだんですね。 その後に、現在の感染症対策に関わるきっかけとなった『コロンビア大学』へ進んでいます。 坂本史衣さんはこんな人 ・名前 坂本史衣 さかもとふみえ ・生年月日 1968年 ・出身地 福岡県 ・勤務地 『聖路加国際病院』 QIセンター感染管理室マネジャー ・専門分野 医療関連感染対策 ・資格 感染管理および疫学認定機構『Certification Board of Infection Control and Epidemiology』認定資格 CIC 取得 ・ 所属学会 『日本環境感染学会』、『The Society for Healthcare Epidemiology of America 』、『Association for Professionals in Infection Control and Epidemiology』 , 『日本感染症学会』 ・趣味 子供とテレビゲームで遊ぶこと 坂本史衣 さかもとふみえ さんの 年齢は52歳 2020年現在 幼少の頃は、父親の仕事の関係で。 日本とアメリカを行き来する生活を。 母親の勧めで高校を卒業すると、『聖路加看護大学』 現:聖路加国際大学 へ。 大学を卒業し、『聖路加国際病院』に看護師として勤務。 しかし、患者に寄り添うという働き方と臨床の現場が合わず、辞めてしまうことに。 その後、アメリカ『コロンビア大学』公衆衛生大学院で学びます。 ここで、院内感染をいかに防ぐかという 感染管理の重要性 を知ることに。 この大学で出会った医師の推薦で、再び『聖路加国際病院』に勤務することとなり、日々、院内感染対策に取り組んでいます。 坂本史衣の結婚の旦那や子供について 坂本史衣さんは 既婚者です。 旦那さんの職業や詳しいことは不明。 子供は2人で、長男と長女がいます。 こちらも詳しいことはわかりませんでしたが、坂本史衣さんのブログに 2010年の時点で長男が4歳という書き込みがありました。 このことから、 長男は今現在、14歳 2020年現在 ということですね。 長女に関しては、何も情報がありませんでした。 スポンサードリンク 坂本史衣はTwitterで新型コロナウイルス感染対策も発信 坂本史衣さんは Twitterに今回の新型コロナウイルス感染対策や、今現在の医療現場の状況を発信してくれています。 いらなくなったTシャツなどの端切れを切って折るだけでできるマスクの作り方。 CDCは外出時に口元を覆うことを市民に推奨する方向へ舵を切った。 — Fumie Sakamoto,MPH,CIC 坂本史衣 SakamotoFumie このように簡易的なマスクの作り方や せやろがさんと一緒に感染管理やりたい。 フンドシによる咳エチケットも特別にオッケーです どっちみちマスク足りないんで。 — Fumie Sakamoto,MPH,CIC 坂本史衣 SakamotoFumie 最近、話題になっていましたね。 せやろがいおじさんの動画。 まさかの、せやろがいおじさんの動画まで紹介されています。 せやろがいおじさんは、自粛要請の必要性や問題になった政府からの布マスク配布について動画発信していました。 このように、坂本史衣さんは、有益と思った情報をTwitterで発信。 その中で、衝撃的な内容が。 新型コロナの患者数が増えることの問題は、人工呼吸器管理ができずに助けられない重症患者が増えること。 働き盛りにもそのリスクがある。 感染者にならないで。 — Fumie Sakamoto,MPH,CIC 坂本史衣 SakamotoFumie 病院前を埋め尽くす救急車。 この光景は、本当に恐ろしいことですね。 今現在は、病院の負担を軽減するためにホテルを借り上げ、軽症者にはそちらへ入ってもらうという措置が取られていますが、それでも厳しいと言います。 軽症者の受け入れ先が増えても、相変わらず、重症患者のベット数や人工呼吸器の数に限りがあり、各都道府県の病院は医療崩壊寸前、中には、すでに医療崩壊している、という情報が。 また、坂下史衣さんはTwitterで、困ったコメントが多いことを悩んでおられました。 学術系実名アカに匿名アカがクソリプを飛ばして精神的に参らせる事例がこのところ散発していますが、そういう方法でストレス発散される方にも、そうでない大多数の方々にも、万一の時には病院は誠実に対応するのでご安心頂き、今日も外出を控えて頂きたい。 — Fumie Sakamoto,MPH,CIC 坂本史衣 SakamotoFumie 感染管理で20年飯食ってる相手に専門知識も読解力もない門外漢が全能感に満ちたコメント投げてくるのはどうすりゃいいんでしょう?ツイッターランドで長く生きてる専門領域を持つ諸先輩方にお尋ねしたい。 ミュートかブロックでしょうが疲れているとつい相手にして無駄に疲労。 — Fumie Sakamoto,MPH,CIC 坂本史衣 SakamotoFumie これはストレスが溜まってしまうことでしょう。 のちにTwitterで 短時間のうちにたくさんのリプやアイディアを頂き感謝です。 総じて言えばTwitterやってていいことの方が圧倒的に多いので、クソリプはミュートして楽しくやります。 あとは美味いもので機嫌良く。 スッキリしました。 ありがとうございました。 — Fumie Sakamoto,MPH,CIC 坂本史衣 SakamotoFumie どうやら、解消できたようでよかったですね。 坂本史衣さんには余計なストレスを抱えず、仕事に専念していただきたですね。 坂本史衣さんはTwitterに 医療者は感染した人を責めない。 医療に自己責任論はない。 ウイルスと戦っているのは医療者ではなく、患者である。 — Fumie Sakamoto,MPH,CIC 坂本史衣 SakamotoFumie このように発信。 特に著名人で新型コロナウイルスに感染したことを非難するということが増えているように感じます。 また、新型コロナウイルスに感染してしまった人が、謝るという場面も。 いずれも、感染に十分きを付けていても、感染してしまう場合があります。 これは仕方のないこと。 どうか、感染した人を責めることのないよう、1日も早い新型コロナウイルスの終息に不要不急の外出をしないことを守り、マスクや手洗いで感染の予防と拡大に努めていきましょう。 では今回はこの辺で。 みなさん本日もご訪問いただきまして ありがとうございました。 またのご訪問をお待ちしております。

次の

坂本史衣のプロフィールと経歴/高校・大学・結婚を調査『情熱大陸』

情熱大陸 コロナ 坂本

「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、9月15日午後11時20分~) 東京・浅草。 多くの観光客で賑わう雷門や仲見世通りとは反対側、浅草寺本堂の裏手に広がる地域、通称「観音裏」は かつて東京を代表する花街だった。 今もその面影が残っており、夕刻になると芸妓が路地を歩き、料亭に向かう。 そんな観音裏に一軒の洋食店がある。 名前は「グリル グランド」。 ハンバーグ、クリームコロッケ、カツレツ、ビーフシチュー、オムライス……多くの日本人にとってどこか懐かしく、馴染みのある品々。 しかし、その味は浅草で約80年、3代にわたって受け継がれてきた特別な味だ。 厨房でフライパンを振るのは、3代目シェフ・坂本良太郎。 無駄口は叩かない、昔かたぎの頑固な料理人だ。 モットーは「変えているけど 変わらない味」。 一方、ホールで接客するのは、3歳年上の兄・坂本昌一。 25年間のサラリーマン経験を活かし、客目線での細やかなサービス向上に日々努めている。 店を訪れる客は、様々だ。 浅草の常連客、3世代で訪れる家族客、女子会で盛り上がる20代のOL、訳あり風なお一人さま、インターネットで検索をしてやってくる外国人。 注文は、客席からだけではない。 そんな慌ただしい店の様子を間近で見ながら、時に店を手伝う良太郎の息子。 小学2年生ながら、すでに未来の4代目として周囲からの期待は高い。 かたわらには、坂本兄弟の両親が孫の面倒を見ながら、店を一緒に切り盛りする。 祖父、祖母、兄、弟、そして孫。 令和になっても変わらぬ昭和の風景。 味は確か。 店を絶賛する著名人や料理評論家も多くいる。 しかし、この店の味わい深さは、決して星の数や数字では表せない。 どこか幸せを感じさせてくれる、家族で支える下町の洋食物語へ、ようこそ。 <プロフィル> 坂本昌一 1969年生まれ。 大学卒業後、大手企業に就職し25年間勤務。 弟を助けて「グリルグランド」の看板を守るため、周囲の反対を押し切り、退職。 2年前からサービスとして働き始める。 馴染み客を大事にしながらも、増える外国人客に洋食の魅力を伝えるため、店の休憩時間に英会話学校に通う。 幼い頃は自分が料理人として店を継ぐつもりでいたが、弟との「キャベツの千切り対決」で敗れ、接客や経営面で店を支えることを決意。 入店時に、「弟とケンカしたら、自分が店を辞める」と宣言、以来一度も大きな衝突はなく、常に良太郎の意見を尊重する弟想いの兄。 坂本良太郎 1972年生まれ。 料理の専門学校を出て、フレンチやイタリアンの有名店で数年間修行。 20年前に祖父・父の店「グリルグランド」に入店、3代目シェフとして厨房で腕を振るう日々。 幼い頃から店に居るのが大好きで、物心ついた頃には料理人になることが夢になっていた。 本人いわく、「料理の才能は兄よりあるので、自分が厨房に入るものだと信じて疑わなかった」そう。 8歳と4歳の二児の父。

次の