としまえん プール 事故。 としまえんプール事故の原因や女児名前!ふわふわウォーターランド現場情報

としまえん女児死亡事故 エア遊具、水上の安全基準なし:朝日新聞デジタル

としまえん プール 事故

15日午後2時10分ごろ、東京都練馬区の遊園地「としまえん」のプールで、埼玉県朝霞市仲町の小学3年、森本優佳さん(8)が倒れていると通報があった。 警視庁練馬署などによると、プール内に設置された遊具の下で溺れた状態で見つかり、意識不明の状態で病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。 同署が事故原因や死因を調べている。 出典;毎日新聞 としまえんは、 事故が起こったアトラクションを閉鎖。 夜間イベント「ナイトプール」についても、15日の実施を中止する予定と発表しています。 亡くなった女の子は、 水に浮く遊具の下に潜り込んで出られなくなった可能性があり、練馬署がさらに状況や死因を調べているとのこと。 お盆でにぎわう時期に起こってしまった痛ましいプール事故に、驚かれた方も多いのではないでしょうか? 亡くなられた女の子のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。 『ふわふわウォーターランド』の画像はこちら。 出典; 出典; 出典; 事故が発生した『ふわふわウォーターランド』は、 競泳用のプールに空気で膨らませた遊具が浮かぶファミリー向け有料施設です。 エアスライダーや、大きな浮島「ビッグアイランド」や、子ども用につくられた浮島「キッズアイランド」などの水遊び遊具があるとのこと。 亡くなられた女の子は、 このうちの「ビッグアイランド」と呼ばれる遊具の下で発見されたという事です。 ビッグアイランドは、 空気が注入された大きい浮島の上を移動していく遊具で、 プールは水深が最大1. 9メートルと深くなっています。 多くのご家族に人気の施設かと思いますが、このような痛ましい事故が起こってしまったことは、本当に残念というほかありません。 スポンサーリンク としまえんプール事故の原因 出典; 今回の プール事故の原因としては、どういったものがあるのでしょうか? 事故当時、としまえんのプールは同アトラクションの利用者約270人を含め、 約3800人の来場者が居たそうですが、 特に混雑しているという状況ではなかったようです。 また このエリアでは監視員が正午と午後2時、利用客にプールから上がってもらったうえで点検定時点検もおこなっており、 定時点検以外では、7人の監視員がプールの外から見守りをしていました。 ですので、混雑もしておらず、監視員が不足していたというわけでもなさそうですね。 また、身長110センチ以下の子どもは大人の付き添いが必要となっていますが、 女の子の身長は 110センチ以上で、ライフジャケットも着けていたとのこと。 監視員は、利用客に「遊具の下に潜り込まないように」と呼びかけていたようですが…、 女の子は、 なんらかの原因で誤って入り込んでしまったと考えられます。 もし、 プールから転落するなどして入り込んだのが一瞬の出来事であれば、親御さんも気づかなかったのかもしれませんね。 親御さんも『娘がいない』と監視員に相談するなど、すぐに姿を探されたようですが、なかなか見つけられなかったと考えられます。 監視員の見守りやライフジャケットの着用など、安全対策はなされていたものの、起こってしまった事故。 今後同じような事故を繰り返さないためにも、原因をしっかりと明らかにしてもらいたいと思います。 また、係員が呼びかけるだけではどうしても事故を防ぎきれない部分もあるかと思いますし、今後アトラクションのつくりも見直されると良いですね。 命を救うためにつけていたライフジャケットが原因で死亡事故につながるとは、誰も予測できなかったのではないかと思います。 としまえんプール事故女児名前 今回のプール事故で亡くなられた女の子の、現時点で公表されている情報をまとめます。 亡くなられた森本さんのご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の方々に心よりお悔やみを申し上げます。 スポンサーリンク としまえんプール事故ネット反応 スポンサーリンク 最後に いかがでしたか? ネットの反応は様々で、実際にプールに訪れた方からは怖いと思ったという声も聞かれました。 親御さんの責任を問う声もあるかと思いますが、色んな事情があるかと思いますし、一瞬たりとも目を離さないのは不可能でもあります。 これは、やんちゃ盛りの子供をもつ親なら誰しも一回は実感したことがあるのではないでしょうか? 親御さんが一番ご自分を責めて辛いお気持ちでいらっしゃると思いますし、責めるばかりの意見には賛同できません。 このような悲しい事故が起こらないためにも、今後どういった対策が必要なのか。 今一度、プール側も、施設利用側も、考える必要があるかもしれませんね。 最後になりましたが、改めて、亡くなられた女の子のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

次の

としまえん女児死亡事故 エア遊具、水上の安全基準なし:朝日新聞デジタル

としまえん プール 事故

(hanapon1002/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです) 台風が各地に被害をもたらした15日、東京都練馬区の「としまえん」で事故が起きた。 しらべぇ取材班は事故原因を探るべく、としまえんを直撃。 練馬署などによると、女児が溺れた「ふわふわウォーターランド」は、空気で膨らませたトランポリンやジャングルジムなどの遊具をプールに浮かべたアトラクション。 深いところでは水深が2メートル近くあるため、利用者は救命胴衣を着用することになっていて、女児も着用していたという。 しかし、遊具に潜り込んでしまったようで、監視員が救助した。 女児は家族とプールを訪れていたという。 警視庁は「遊具の下に潜り込んでしまい、水面に上がれずに溺れた可能性がある」とみて詳しい状況を調べている。 通常は7人の監視員がいるが、事故当時は1人が休憩中で6人で回していた。 現在監視員全員が警察の聴取を受けており、それ以上のことはわかっていない。 とりあえず明日のふわふわウォターランドの休止は決定した」 と述べた。 また、1992年には同じアトラクションの試運転をしていた男性作業員が遊具と床の間に挟まれて死亡する事故が起きている。 「どういう状況で溺れたのか分かりませんが、親はある程度大きいから大丈夫だと思ったのでしょうか?」 「私も6才と9才の子どもがいるが、プールでは監視員がいても子どもから離れないようにしている。 これからもそうする」 「諸事情はあるだろうが、子供のいる親は、こういう痛ましい事故のニュースを反面教師とすべきだと強く思う」 「この施設はよく利用しますが、全員が必ずライフジャケットを着用していますので、普通に利用したいる分には溺れるはずがありません」 6人の監視員がいたにも関わず、なぜこのような事故が防げなかったのか。 事故原因の全容解明が待たれる。

次の

森本優佳さん、顔画像は?としまえんプール事故!ふわふわの混雑が事故原因か? | 今!読みましょう

としまえん プール 事故

としまえんのプール事故と大型フロートの危険性 「としまえん」のプール事故の経緯と大型フロートの危険性について見て行きます。 「としまえん」のプールで、プールの監視員が8月15日午後2時に定時の水中点検をしたところ、「ビッグアイランド」と呼ばれる遊具の下で女児を発見、救助し、搬送されましたが、溺死が確認されました。 ビッグアイランドは空気が注入された 大きいフロート(浮島)の上を移動していく遊具で、プールは水深が最大1・9メートルありました。 女児はライフジャケットを着用。 水中に転落後、遊具の下に潜り込んで溺れた可能性があると見られています。 筆者は水泳愛好家であり、地元で、小学生水泳教室の手伝いをしたこともあって、プールや水泳の危険性には常日頃関心をもっています。 今回の事故原因となったと思われる大型フロートについては、以前からその危険性に関心を払っていました。 それは、平成24年7月に起こった京都市立Y小学校のプールで同小1年の女児Aちゃん 6歳 がなくなった事故の記事とその後の裁判を含む記事を読んできたからです。 の事故のニュース。 小学生の頃、別の場所の流れるプールにこのタイプの浮き輪で横になってる人がいて。 潜って上がろうとしたら丁度この浮き輪の下で上がれなくて、本当に死ぬかと思ったこと思い出した…。 ご冥福をお祈りします。 大型フロートの危険性は予見されていたか? 京都市立Y小学校プール事故の原因究明、安全指針の策定、裁判所の判決の経緯は以下です。 平成24年7月 京都市立Y小学校のプールで事故発生。 平成25年3月 京都市教育委員会は事故を受け、独自の調査・検証により確認した課題にもとづき、「小学校における水泳指導の手引」と「小学校の水泳指導における安全管理指針」を策定。 平成25年7月 第三者調査委員会を設置。 再現検証の実施児童・保護者・教職員・関係各機関への聴き取りなどを1年かけておこなう。 平成26年3月11日 両親が提訴した裁判の京都地裁判決。 平成26年7月 第三者調査委員会が調査報告書を提出。 平成27年7月 京都市教育委員会 「水泳指導の安全管理について」で再度注意喚起。 平成26年3月11日の京都地裁判決は、Aちゃんの死亡原因について、プールに大型のビート板(フロート)など16枚が浮かべられていた点に注目し、 足のつかない深さのプールでAちゃんがビート板の下に潜り込んでしまい、そのままおぼれたと推認しました。 これ以前、平成25年3月に京都市は、この事故を受けて、「小学校における水泳指導の手引」を作成し。 その中で、大型ビート板(フロート)について以下の注意を促しています。 city. kyoto. pdf (5)ビート板の使用上の注意 大型ビート板 フロート)は,使用方法を誤ると重大な事故につながる恐れがあり,使用目的・枚数などを明確にして使用するとともに,使用方法には十分な注意が必要である。 さらに、京都市教育委員会は、平成25年7月,第三者調査委員会を設置し、現場状況の再現実験を含むかなり詳細な報告をしています。 平成26年7月 Y小学校プール事故第3者調査委員会の調査報告書には 直接的な原因として、監視体制の不備を、 監視体制に関連する要因として、以下を挙げています。 city. kyoto. pdf 【4】事故の直接的な原因の項に、自由遊泳時間の再現状況の写真があり(事故調査報告書P163-169、173)1mを超えると思える大型フロート(浮島など)がプールに多数浮かべられ、子供たちが、乗ったりしている様子が写っています。 判決や事故調査報告書を受けて、平成27年7月 京都市教育委員会は、「水泳指導の安全管理について」の通達を出し、明確に 大型フロートの原則使用禁止を打ち出しています。 city. kyoto. html 以上からしますと、少なくとも、 平成27年には、特に児童の足の着かないプールでの大型フロートの使用は、下にもぐって脱出が困難になる、陰になる部分が出てきて、監視の目が十分届かなくなる点から、明確にその危険性が指摘されていたと言えるのではないでしょうか。 この教訓が今回の事故に生かされなかったのは非常に悔やまれます。 としまえんのプール事故へのネットの反応 大きな浮き輪が沢山浮かぶ流れるプールは、とても危険です。 下にすぐに巻きこまれて、なかなか出られなく、溺れそうになった事があります。 大人でもです。 周りを歩く人を掴んでようやく抜けだせたのでした。 怖かったです。 気をつけて下さい。 出典:ヤフコメ 子どもの足がつかないプールでの、大型フロートの使用については、多くの人が以前から危険性を感じていたようです。 まとめ としまえんのプール事故の経過と問題となった大型フロートの危険は予見されていたのでは、という観点でまとめました。 いくら監視人を増やして、一瞬たりとも眼を離してはいけないと言っても、 このような遊具でどんな危険があるかということを予め、学習し、対応の訓練をしていなければ、十分な安全を確保した監視ができる訳はありません。 大型フロート自体の使用の可否も含めて、子供の水からの安全を守るためにはどうすべきかの議論が必要と思います。 最後になりましたが、今回亡くなられたお子さまのご冥福をお祈りし、二度とこのような事故が発生しないように願いたいと思います。

次の