ふじたにみわこのいま。 藤谷美和子の皇居侵入未遂事件の真相は統合失調症!?現在住所は小田原で徘徊生活...

藤谷美和子の今現在の住まいやと夫や子供について調査!

ふじたにみわこのいま

そのまま、よくわからないまま話を受けて、カルビーポテトチップスのCMに大抜擢。 学校では物まねをする人が出るほどに、CMは有名になった。 もちろん、あのCMの子かわいいよなーという話も一緒にだ。 藤谷美和子の目標は、桃井かおりである。 藤谷美和子が15歳の頃だ。 「ゆうひが丘の総理大臣」で共演を果たし、ドラマ内で恋人役だった井上純一と藤谷美和子は交際していたこともあった。 交際の終わりについての詳しい話はない。 が、ジャニーズ的にも井上純一は重要なアイドルだったし、藤谷美和子も売れっ子女優だったので、事務所的な権力的なホニャホニャはあったのかもしれない。 女優やアイドルのブロマイドを販売していたマルベル堂では、藤谷美和子のブロマイドがぶっちぎりで1位を取っていたこともある。 1980年17歳のときだ。 全150話を超えるNHKの朝の連続テレビ小説で、ヒロイン役となった藤谷美和子という女優は、ほぼ全国民が知るところになる。 日本アカデミーの優秀主演女優賞から最優秀主演女優賞、人気女優の称号でもあるブルーリボン性も獲得している。 今の50代60代に「今まで見てきた女優さんで1番美しい人を1人選ぶとしたら?」と質問したらば、藤谷美和子だと答えるおっさんは少なくない。 皇居坂下門に突然やってきたタクシー。 警戒中だった警察官は、タクシーに近づいていく。 藤谷美和子は言った。 「紀宮さまにお会いして、お手紙を渡したいのです」 警察官へは、そのようなアポの話は来ていなかった。 「そのような話は無いですよ」と言うと、藤谷美和子は入りたいと繰り返した。 藤谷美和子はさらに続けた。 「秋篠宮殿下は私の弟、紀宮さまは私の妹です。 早く通してください」 警察官にとっては意味不明な話である。 警察官に言ってもも無駄だと判断した藤谷美和子は、電話することにした。 御所に直談判だ。 しかし結果は同じだった。 そのようなアポを受ける事はできないし、手紙も受け取れない。 藤谷美和子は言った「あなたは失礼です。 私は手紙を持ってきたのだから、早く紀宮さまと会える時間を決めてください」 それから1時間、藤谷美和子はタクシーの中に立てこもり、警視庁丸の内署員に諌められ、夕方になってようやく帰宅した。 藤谷美和子の関係者によると、事故経緯はこうだ。 藤谷美和子は、自分が紀宮さまに似ていると言われることが多く親近感を覚えていた• 紀宮さまにファンレターを出したくなった• 皇居の門に乗り付けると警察官に取り囲まれてパニックになった• 結果、あらぬことも口走ってどんどん話が大きくなってしまった。 姉、妹というのも、姉のような気分で手紙を書いたことと、感情的になっていたことも原因だった• 旦那岡村俊一との結婚について、藤谷美和子に質問が飛んだことがある。 「なぜ結婚したのか?」旦那、岡村俊一のどういう部分が気に入ったのか?というたぐいの幸せエピソードを引き出すための質問だ。 藤谷美和子は応えた。 「だって結婚しないと離婚できないでしょ?」 ちなみに二人は現在も既婚であり、パートナーで、芸能界への復帰の意思はない。 元祖プッツン女優(突飛な行動を繰り返す女優)と言われているだけに、なかなか理解しがたいものばかり。 神奈川県小田原市内で、藤谷美和子の生活がフライデーによって紹介された。 フライデーによると、藤谷美和子は、毎日17時半ごろになると小田原市駅前に現れて、両手にゴミ袋を持って、同じコースをぐるぐると回っているという。 キャリーバッグを引きずっていることがあったり、猫に水をあげたりもしているそうだ。 猫好きなんだな。 重要だ。 夫によると、更年期による心身の不調だという。 動物と接したりや外を出歩くことは大きなリラクゼーション効果があるというし、藤谷美和子さんなりの更年期障害の対策なのだろうか。 まあなんにしろ、元気にしているのは確かなようだ。 ところで、この記事を頼りに、芸能記者が藤谷美和子に突撃して質問をしたことがあるそうだ。 「芸能界への復帰はありえますか?」 藤谷美和子は言ったそうな。 「自分をメディアに出さないように厳命する紙が出回っているから出られない」 藤谷美和子は猫好きなので、犬派がいろいろ手を回しているのかもしれないな。 許されざるよ おわり.

次の

藤谷美和子の現在画像!小田原在住で徘徊生活?熱海のスナックはどこ?

ふじたにみわこのいま

プッツン女優(突飛な行動を繰り返す女優)と言われつつも、その美貌と高い演技力、そして抜群の歌唱力で多くのファンを虜にしてきた藤谷美和子さん。 ただ、そんな彼女も 現在は全く芸能活動をされていません。 そのため、ファンからは現在の藤谷美和子さんの画像や噂が、度々話題になってきました。 現在は 母親と一緒に小田原に住んでいて、徘徊生活をしているとの噂や、熱海のスナックで働いているとの噂も・・・。 彼女が働いてると噂のスナックはどこにあるの?と調べているファンも多いようですね~。 そこで今回は、現在の藤谷美和子さんがどうしているのかについて、 芸能界復帰の可能性があるのかどうかも含めて、検証してみたいと思います!• 藤谷美和子の2020年現在画像!年齢は?小田原在住なの? 藤谷美和子の現在の 年齢は56歳(2020年3月現在)。 NHKの朝の連続テレビ小説 「心はいつもラムネ色」で、ヒロイン役を務めた彼女は、一気に全国区の女優へと仲間入り。 女優としては、日本アカデミーの優秀主演女優賞から最優秀主演女優賞、人気女優の称号でもあるブルーリボン賞も獲得するなど、藤谷美和子さんの演技力は非常に高く評価されていました。 さらに、1994年には 「愛生まれた日」で歌手デビューすると、ミリオンセラーの大ヒットとなり、NHK紅白歌合戦にも出場! 「愛が生まれた日」は、132万枚以上の売り上げを記録し、多数の賞を受賞されています! そんな藤谷美和子さんが、 メディアに登場したのは2012年が最後と言われています。 その最後の登場というのが、彼女が 小田原市内在住だという情報や画像とともに、写真週刊誌「FRIDAY」やスポーツ紙で取り上げられたことです。 そして、実際に藤谷美和子さんが住んでいると言われていた、小田原駅前近辺の自宅マンションを記者が訪ねたところ・・・ ここに住んでいるかというと、イエスとは言い切れないな。 ホテル暮らしをしているという噂も聞いたことがあるからね。 ただ、猫がいなくなった今でも、多い時で週に4日ぐらい姿を見かける(近所の住人) 実際に住んでいると言われていた小田原駅近辺にある自宅マンションに、藤谷美和子さんが住んでいるという確証は得られなかったみたいですね。 数年前から見ていないということは、裏を返せばこの小田原駅近辺にあるマンションには住んでいたというのことは事実のようですね。 2008年までには、ほぼ確実に小田原市内のマンションに移り住んでいるという情報もあるので、 小田原在住だったことは間違いありません。 ただ、2020年現在も小田原在住なのかと言われると、情報や画像が出回っていないため、確証は得られませんでした。 現在の藤谷美和子さんの住んでいる家の最寄り駅は、小田原駅ではなく某線の3区間の間に目撃情報が集中していて、この区間を頻繁に電車で移動されているとの情報や、某デパートでの目撃も多数あるとの情報も・・・。 そこで、実際に小田原市内で徘徊生活を送っているという噂の真相を調べてみました! 調べてみたところ、確かに藤谷美和子さんは小田原駅前で多数の目撃情報が上がっていたのです。 しかも、ただ現れるだけでなく、野良猫に水をかけたり両手にゴミ袋を持って、毎日同じコースをぐるぐる周っているとのことなのです。 実際に目撃情報はTwitterにもツイートされています! 藤谷美和子は何と今は何故か小田原にいます!しかも徘徊して枯れ果てた感じです。 どうやら、猫の世話をしていた近所のお婆ちゃんが亡くなり、猫のことを心配していた藤谷美和子さんが、そのお婆ちゃんの代わりに世話をしているのではないか?と言われているようなのです。 派手なキャリーバックには、猫のための水やキャットフードを入れて、小田原市駅前に通っていたとのこと。 昨日と今日は姿を見ませんが、2日前までキャリーバッグを引きずって1人で歩く姿がありました。 キャップを目深にかぶって、すごいスピードで歩いています。 何年も前から見ています。 この猫小屋には夏は日傘、冬には発泡スチロールで猫が守られていたようですが、さすがに不動産業者から苦情が出て、 現在は全て撤去されているとのことです。 なぜなら、 藤谷美和子さんはプッツン女優(突飛な行動を繰り返す女優)として、度々奇行が取り上げられてきましたからね。 2020年現在、彼女が小田原に住んでいるというはっきりとした目撃情報がないため、小田原に住んでいるのかは不確かですが、母親と一緒に住んでいるというのは濃厚だと推測されています。 なぜなら、彼女は 病気説や奇行問題から芸能界から離れ、母親の元で療養も含めて一緒に住んでいると言われているからなのです。 ちなみに、藤谷美和子さんが現在56歳ということから考えると、母親の年齢は80歳前後になると予想されますよね。 彼女の目撃情報は過去に多数上がっていますが、 母親と一緒に見かけたという情報がほとんど見当たらないのです。 そのため、母親が現存しているのかすら疑っているという声も・・・。 仮に母親が現在も生きていて、藤谷美和子さんと一緒に住んでいたとしても、年齢のことを考慮すると、この先母親が亡くなってしまったら、 彼女が一人になってしまうことは予想されますよね~。 そうなった時、果たして誰が藤谷美和子さんの面倒を見るのでしょうか? 実は、藤谷美和子さんは結婚されていて夫がいます! 彼女は2005年に、 演出家・演劇プロデューサー・映画監督などで活躍されている岡村俊一さんと結婚されているのです。 夫の岡村俊一さんは、以前は若手俳優やジャニーズなどのアイドル系の舞台演出をされていましたが、現在は劇団EXILEなどの舞台演出を手掛けることが多いようですね! 藤谷美和子さんに夫がいるとなれば、仮に母親が亡くなったとしても、彼女の面倒は夫の岡村俊一さんがいるので大丈夫だろう!と思いますよね? ただ、 この2人の関係は結婚当初から謎の関係だと言えるのです! 2人は結婚当初から、なぜか都内にて別居婚をされていました。 その後、週刊誌やスポーツ紙には、藤谷美和子さんは夫の岡村俊一さんとの離婚を希望していると言われていましたが、彼いわく 現在も離婚はしていないとのことです。 彼女はスポーツ紙の直撃に『離婚したい』と不満を口にしていましたが、 岡村さんは保護者のような関係であり、彼の援助がないと暮らせない状況なんでしょう。 岡村さんにしても、更年期に伴う彼女の心身の不調からの回復を待っているんだと思います」 2人の関係性を良く知る芸能関係者も、岡村俊一さんは夫というよりも保護者のような関係だと言っていますね。 そう考えると、母親が亡くなってしまったとしても、藤谷美和子さんは 岡村俊一さんに引き取られるという形になるのでしょう! それを彼女が望んでいるのかは別の話しですが・・・。 私にとっても大切な思い出の歌です。 本来なら、お世話になった大内義昭さんの訃報なので、通夜や葬式に参列したかったと思いますが、彼女としても 参列できない事情がいろいろとあったのでしょう。 そのため、夫の岡村俊一さんを通して、コメントのみ送ったのではないかと考えられていました。 ただこれに対して、芸能関係者からは疑いの声が上がっていたのです! 本当に藤谷本人のコメントかは疑わしいですね。 藤谷は05年の結婚直後から岡村氏と離婚したいと周囲に漏らしていました。 12年には早朝に徘徊する姿を写真誌に撮られ、その際に 岡村氏と連絡を取っていないことを告白しています。 あまりにも普通なコメントだっただけに、藤谷美和子さん本人のコメントではないのでは!?とのこと。 さらには、徘徊生活を報道された際に、夫の岡村俊一さんとは連絡を取ってないと、彼女自身が話しているとのことだったのです。 取ってません。 離婚はしたい。 今すぐにでも離婚したいです。 指輪ももらってないし、結婚式もしていませんから。 徘徊生活は2012年に報道されたことなので、大内義昭さんが亡くなられた2015年には連絡を取るようになっていたかもしれませんし、亡くなったことを報告するために連絡を取ったという可能性も十分あるでしょう。 ただ、保護者のような関係だと言っていたのに、連絡を取っていなかったとなると、 やはり2人の関係性は謎としか言いようがないですよね 笑。 藤谷美奈子が働いている熱海のスナックの場所どこ? 芸能界から姿を消してから、小田原での目撃情報が多数あがっていた藤谷美和子さん。 そんな彼女には、 熱海のスナックで母親と一緒に働いているとの噂が・・・。 ただ、どれだけ調べても藤谷美和子さんが働いているという、熱海のスナックの情報は 一切出てきません! 芸能界を引退されたとは言え、あの藤谷美和子さんが働いているとなれば、間違いなく訪れたお客さんからの情報が拡散されるはずです。 それに、熱海のスナックで働いているということが分かっていれば、優秀な日本のマスコミや芸能関係者なら、そのスナックがどこにあるのかすぐに特定するでしょう 笑。 ただ、マスコミや芸能関係者からは、 藤谷美和子さんが働く熱海のスナックが、どこにあるのかといった情報が一切出回っていないのです! 小田原の徘徊生活については、あれだけ一斉に取り上げられたのに・・・。 夫の岡村俊一さんが言うことなので、この情報は本当なのだろうと、誰も疑うことなく信じたのだと思います。 ただ、これには夫の岡村俊一さんや、藤谷美和子さんのことを守りたいと考えていた、芸能関係者のある思惑があったのです! が熱海のスナックで働いている いた なんてガセを信じてるおめでたいやつがまだいるんだなw そんなことを証言した住民・一般人は実は一人もいない。 これは、 藤谷を記事にしてしまったものの、本人のプライバシーを守るために、 夫の岡村とメディアが故意に流した偽の情報。 — スファラディー Sephardim1115 実は、夫の岡村俊一さんや芸能関係者が、藤谷美和子さんを守るために、敢えて流したガセ情報だったとのことだったのですね~。 要するに、故意にガセ情報を流すことで、 マスコミや芸能記者達を攪乱させるという思惑があったとのことなのです! おそらく、多くのマスコミや芸能記者達が、藤谷美和子さんが働いているという熱海のスナックを探すために、多くのスナックを訪れいろんな人に情報を求めたと思います。 ただ、どれだけ探しても 藤谷美和子さんの情報は一切なく、はじめから熱海のスナックでは働いていなかったという結論に至ったため、報道が上がることはなかったというのが、この噂の真相なのです! 小田原の地元住民が、彼女自身から熱海のスナックで働いているという話しを聞いたという証言も上がったようですが、この証言じたいも嘘だったということでしょうね。 冷静に考えれば、芸能界を引退したにもかかわらず、 わざわざ自分の居場所を教える芸能人はいないでしょう。 また、自分の妻の居場所をご丁寧にマスコミや芸能記者に、情報を与える夫もいないと思います。 いくら二人の関係性が謎だとしても・・・。 そもそも病気 統合失調症 で働くのは無理! また、藤谷美和子さんには徘徊生活が報道された際に、 統合失調症という病気説も取り上げられていました。 ちなみに、統合失調症の主な症状は「妄想」「幻覚」「思考障害」といったモノで、正常な判断ができなくなるというのが大きな特徴だと言われています。 小田原での徘徊生活という奇行が、統合失調症のせいなのではないか!?と噂されていたのです。 この統合失調症という病気説については、 夫である岡村俊一さんがはっきりと否定しています。 これは2012年の時の話しなので、10年以上前となると2002年頃までとなります。 もちろん、警察官は藤谷美和子さんが来るなんて全く予想していませんでしたし、そんなアポがあるという話しも把握していません。 そのため、彼女に無理だと伝えると、藤谷美和子さんは中に入れるように繰り返しお願いしたようなのです。 もちろん、電話でも藤谷美和子さんは断られることになるのですが、彼女はそれでも引き下がらなかったのです。 昭仁天皇が退位を迎えたいま、16年前に皇居に突然タクシーで乗りつけて「紀宮さまは私の妹。 お会いしてお手紙を渡したいのです」と警察官に詰め寄るという奇行に走ったあと、ほどなくして表舞台から姿を消してしまった藤谷美和子さんに想いを馳せている。 — まことぴ makotopic なぜ、彼女がこんな行為に至ったかというと、理由は意外にも単純なモノでした。 まず、藤谷美和子さんは 自分が紀宮様に似ていると言われることが多く、それで紀宮様に親近感を覚えていたとのこと。 正直、画像を見る限りではあまり似ていないと思うのですが・・・ 笑。 あまりにもぶっ飛んだ行動ですからね! 普通の人ならあり得ない皇居侵入事件を起こしたことで、 藤谷美和子さんの病気説が確定したとも言われています。 小田原の徘徊生活には、まだ明確な理由があったため、統合失調症という病気説は違ったということがわかりますが、この皇居侵入事件については、 統合失調症などの病気を疑われても仕方ないですよね! 藤谷美和子が芸能界に復帰する可能性を検証してみた! 2005年に岡村俊一さんと結婚してから、芸能界で見かけることのなくなった藤谷美和子さんですが、 芸能界復帰の可能性はあるのでしょうか? 彼女は芸能界から姿は消しましたが、引退を発表したわけではありません。 ただ、 現在は芸能事務所に所属しておらず、無所属状態とのこと。 そんな藤谷美和子さんですが、芸能界復帰を望む声はあがっているようです! さんのような さんの引退💦引退宣言はしていないものの事実上引退状態の人もいる💧 さん さん 復帰してくれると信じている 最近では歌手はライブ活動🎶俳優は舞台や映画を活動拠点にしている人が多い気がする。 — KATZE y0830 藤谷美和子さんがメディアに出ないまま年月が過ぎるほど勿体ないことはない。 自分をメディアに出さないようにと書いてある紙が出回っているから出られない。 女優としては昔のような作品には出たいけど、今は出たいと思う作品がない。 印税が自分にちゃんと入って納得できる作品なら出たいです。 今は女優よりもデザインや建築、映像関係の仕事がしたい。 相変わらず、藤谷美和子節が炸裂してますね 笑。 彼女が言うように、メディア紙が出回っているかは定かではありませんが、納得できる作品があれば芸能界復帰の可能性はあるとのことです! ただ、現在は違う方面への興味の方が強いようですね~。 藤谷美和子さんのコメントから考えると、 芸能界復帰という可能性は極めて低いと思われます。 ここからはあくまでも個人的な意見ではありますが、やはり皇居侵入事件の経緯を考えると、統合失調症ではなくても、何かしら病気の影響はあるのではないかと考えています。 ただでさえ、プッツン女優というだけでも、起用するテレビ関係者側としては扱いづらかったであろう藤谷美和子さんが、病気も患っているとなると、 さらに起用は難しくなると考え見送るのではないかと予想しています。 そうなると、仮に彼女が芸能界復帰を希望したとしても、戻って来れる場所がないのではないでしょうか? ただ、 藤谷美和子さんの病気が回復し、奇行が抑えられるようなら、バラエティー番組での芸能界復帰はあり得るかもしれないですね。 また藤谷美和子さんの元気な姿を、テレビで観れる日が来ることを願っています!.

次の

1969

ふじたにみわこのいま

Nicht vergessen sind auch jene, die heute mit alter Tauchtechnik noch tauchen gehen! In dieser Schrift kommen mehr als Dutzend Autoren mit alten und neuen Texten zu Wort. poseidon - Nr. : 85 Inhalt:• Wehrsport und Spezialausbildung• Unsere Meinung. Zwei Meisterschaften• Der Steckbrief einer Divisanteneinheit• Fischlaute und ihre praktische Bedeutung• Elektro-Fischerei II• Der Stapellauf der MALTA I• In der Blauen Bucht• Mit H 4• Druckwasserdichte Lampen• Zum achten mal• Impressum, Inhalt, Anzeigen• Einsiedlerkrebse poseidon - Nr. : 86 Inhalt:• Jedermann an jedem Ort. Trainingszentrum im Tauchsport• Sie wohnen in der KRAKE• MALTER I• Mensch und Technik erobern die Tiefe der Meere• Tauchboot-Typentafel : ATLANT-1• Erprobung und Einsatz von ATLANT-1• SEWERJANKA• Wittling oder Zwergdorsch? Aus Forschung und Technik• Schnelle Hilfe• Unser hydraulischer Kompressor• Echte Hindernisse• Gesetzliche Bestimmungen• Gestreifte Meerbarbe poseidon - Nr. : 87 Inhalt:• MALTER I im Einsatz• Auch im Winter : Tauchen• Eine verpasste Gelegenheit• Fotografieren — wozu? Aus Technik und Forschung• Tauchboot-Typentafel : AMS-200• UW-Laboratorium MEDUSA I• Funderhaltung — Aufgabe der Konservatoren• Das Ruheverhalten der Fische• Die Kraftprobe• Licht und Beleuchtung unter Wasser I• Aus der Tauchsportmedizin: Verzeichnis, der in der DDR erschienenden Publikationen zur Tauchsportmedizin• Aus der Organisation• Moostierchen — Bryozoa poseidon - Nr. : 88 Inhalt:• Tauchende Fischer• Generalversammlung der CMAS• Tauchfahrt nach Jalta• Aus Technik und Forschung• Ein Fototip• Moderne DK-Forschung und ihre Ergebnisse• Licht und Beleuchtung unter Wasser II• Molche poseidon - Nr. : 89 Inhalt:• Ozeanologische Forschungen mit TSCHERNOMOR• Unsere Hauptaufgabe• Wir und die Gesellschaft• 20 Jahre DDR• Aus Technik und Forschung• Tauchboot-Typentafel : ASHERAH• Moderne DK-Forschung II• Rekorde im Tieftauchen• Meeresplankton I• Meeresforschung in Bulgarien• Licht und Beleuchtung unter Wasser III• Technische Tips• RFZ-Gruppe taucht an• Getarnte Krabben aus der Adria poseidon - Nr. : 90 Inhalt:• Lehrende lernten• Je fester das Fundament. 20 Jahre DDR• Moderne DK-Forschung III• Aus Technik und Forschung• Kosmonauten im Aquarium• Tauchboot-Typentafel : DOWB• Magnet Museum• Meeresplankton II• Bronzeschwerter aus Seen und Mooren• Tonaufnahmen unter Wasser I• Licht und Beleuchtung unter Wasser IV• Meerjunker poseidon - Nr. : 91 Inhalt:• 20 Jahre DDR• Zum dritten Mal• Die Sektionen festigen• Deutsche Meisterschaften der DDR im Tauchsport• Aus Technik und Forschung• Bundesmarine auf Kriegskurs• Tauchboot-Typentafel : TOURS 60• Moderne DK-Forschung IV• Tonaufnahmen unter Wasser II• Licht und Beleuchtung unter Wasser V• Wir suchen die KUBA• An den Quellteichen bei Tata• Technische Tips• Knoten• : 92 Inhalt:• In Gdansk notiert• 20 Jahre DDR• Wie geht es weiter? BALANUS• Rettung aus der Tiefe I• Tauchboot-Typentafel : BEAVER TYP IV• Der Seeschmetterling• DK-Forschung• Wissen, wo! Der Amphorenfund von Tscherni Nos• Es darf sich nicht wiederholen• Frohburger Initiative• Bohrmuscheln• Wladimirs Hobby poseidon - Nr. : 93 Inhalt:• III. Europameisterschaft im Tauchsport• Filmarbeiten unter Wasser• Aus Technik und Forschung• Rettung aus der Tiefe II• Tauchboot-Typentafel : DEEP STAR — 2000• UW-Station MEDUZA II• Moderne DK-Forschung V• Eroberung des siebten Kontinents I• Spionage, Sabotage, Mord. Blutegel poseidon - Nr. : 94 Inhalt:• Der Tauchsport wuchs mit unserer Republik• Alfred Wolf — zwei Jahrzehnte eines Lebens• Deutsche Meisterschaften der DDR• Das Pentagon in Neptuns Reich• Die Taucher von der PANNA WODNA• Lehrgang auf der SINEMOREZ• Die Eroberung des siebten Kontinents II• Moderne DK-Forschung VI• Breitwandaufnahmen unter Wasser• Aus Technik und Forschung• Leistungsverdichter im Baukastenprinzip• Insektenlarven poseidon - Nr. : 95 Inhalt:• Schiffsbergung in der Tromper Wieck• Zaun 4 — bitte melden• Die ersten Schritte — XI. Deutsche Meisterschaften• Aus Technik und Forschung• Die Tauchermaschine des Karl H. Klingert• Auf den Spuren des Dr. Lorenz• Das Ankerchen von Sosopol• Wale in der Ostsee• Tauchkamarad Susi• Lichtbogenschweissen unter Wasser II• Tauchboot-Typentafel : MAI — 3• Wie geht es weiter? Tauchzeit — Nomogramm• Tauchsportler in der NVA• : 96 Inhalt:• Stechlin — Cup• Reisenotizen• Aus Technik und Forschung• Tauchen in grosse Tiefen• US-Meeresforschung ohne Maske I• Tauchfahrt in der Wismarer Bucht• Lichtbogenschweissen unter Wasser III• Bilanz 1969• Jahresinhaltsverzeichnis [] [] [] [] [] [] [] [] [] [] [].

次の