テニス フットワーク。 テニスで上達させる為、フットワークが嫌でも向上してしまう簡単テク

【テニスのフットワーク】軸足セット位置の重要性【状況別】

テニス フットワーク

テニスのフットワーク【目的と考え方】 テニスは移動して打つというスポーツですので、テニスの フットワーク の目的はボールに追いつくことではなく、打ちやすいところに移動することです。 テニスコートの広さはシングルスの場合でもコートの真ん中に立っている場合は左右それぞれ5メートルほどの長さしかありません。 相手のボールが自分のところに来る時間が一般レベルで2秒前後ですので普通に走れば十分に追いつける距離となります。 50メートルを15秒で走れば追いつける 慌てて早く走らなくても、打つことを考えて効率よく動いていくことを意識していくことが重要ですね。 フットワークの起点となるコツが動き出しの足の出し方にありますので、お伝えしていきます。 テニスのフットワーク【動き出しの仕方】 フットワークの手順は以下のようになります。 そのために、動き出し時には横向きの形を作っておくことが重要となります。 動き出しの際に足の内側の側面を向けて動き出しの足に重心をあずけることで打球時に必要な横向きの状態を移動前から作ることができます。 また、テニスのフットワークは 打ちやすいところで止まる までの動きとなりますので、打ちやすい位置まで距離の調節をしながら移動することが大切です。 はじめは大きくボールに近づくほど小刻みな動きをしていきボールとの距離を調整をしていきましょう。 止まる際は動き出しの時の形で止まることを意識することですぐに打球フォームへと移ることができます。

次の

テニスで使うフットワークは4種類ある!

テニス フットワーク

ストロークでもボレーでも、頭から突っ込んだような姿勢になっているはずです。 力が入った感じで走っていると、 ちょっとその場で、走る素振りをしてみて下さい。 目線がぶれると、テニスはショットが安定しません。 人間は「頭」が一番上にある、しかも重量はすごく重たいものが乗っている、非常にバランスが悪い状態と思った方が良いのです。 だからこそ、かかとから着地して、その後につま先が地面に着く流れを意識したい。 ゆっくりその場でやってみて下さい。 頭がしっかり残る、バランスの良い「急停止」が出来るようになるはずです。 かかとで少し滑る、くらいの意識で良いので絶対に「速く」走ろうとしない。 速く走るのは、しっかりかかとからの着地に慣れてから。 まずはしっかり止まった時に、頭の位置がしっかりお尻の上、骨盤の上に乗って目線がぶれない。 低い態勢との相性もバッチリ、な状態になってから、徐々にスピードアップしていきましょう。 フットワークは「速ければ良い」の考えだと危険。 コートを速く走れても、しっかり良い態勢で止まって打てないと、テニスの試合では使えない。 ストローク、ボレーしかり、まずは練習から意識してみましょう。 きっと小さなミス、減って安定感がアップするはずです!.

次の

テニスのフットワークトレーニング方法〜フットワークの重要性について考えてみた

テニス フットワーク

トレーニングとしては姿勢をそのままに下がる バックフットを練習するフットワークトレーニングとしては、後ろに下がる時に姿勢を上下させず、バランスを保ったままに着地することが大切になります。 基本的に右利きの場合には右足を下げることになるのでバックジャンプをして右足で先に地面に設置するようにします。 その後、後ろに下がった足に体重を乗せて、反動を利用して前に踏み込みます。 このときにも姿勢がぶれてしまうときれいなショットを打つことができないので、後ろにジャンプするときに姿勢を意識するようにしましょう。 トレーニングとしてはジャンプして後ろに、そして反動に前に行く動きを繰り返すのが効果的です。 バックフットのメリットは何か バックフットでショットが打てるようになると相手のタイミングをずらすことができます。 バックフットでショットを打つときには軸足を引くのとラケットを構える動作を同時に行います。 このため、1、2、3のリズムではなく、1,2のリズムで返ってくる感じになり、タイミングがずれることになります。 ただ、ジャンプのトレーニングをしっかりとしないとタイミングが合わず、ショットしたボールのコントロールがしにくいデメリットもあります。 中途半端なトレーニングは怪我を生む バックフットでショットを打つことは非常にかっこいいイメージがありますが、中途半端なトレーニングで行うと怪我を生むリスクがあります。 特にジャンプをした時に最初に接地をする軸足には体重が乗っかり、そのまま反動を生み出すことなるので負担が大きくかかります。 フォームによっては肘や肩に大きな負担をかけることにもなるので、専門的なコーチングを受けて練習をしていくのが得策です。

次の