ご査収とは。 発注請書(注文請書)送付時の送付状・メール文例

「ご高覧」と「ご査収」の意味、使い分け方、例文など

ご査収とは

「ご査収ください」 これはビジネスシーンでよく見かけるフレーズです。 読み方は「ごさしゅうください」ですが、そもそも「ご査収(さしゅう)」とは一体、どういった意味なのでしょうか。 ・「ご」は尊敬語。 ・「査」は「よくみて明らかにする、検査する」こと。 ・「収」は「おさめる、取り入れる」こと。 このことから、「ご査収」は「よく確認して受け取ってください」「内容をよく確認した上でお受け取りください」といった意味になります。 また、「査収(さしゅう)」は文語体ですから、口頭で直接相手に伝えるときには「ご確認ください」となります。 相手に向かって「ご査収ください」とは使いませんので注意が必要です。 そのため、「ご査収ください」が使えるときは意外と限られたシーンだけとなります。 「ご査収ください」を使うタイミングは ・メールに書類などのデータを添付して、相手に確認して欲しいとき ・書類や商品を確認してほしいとき ですから、当たり前ですが「ご査収ください」は、確認すべき書類やファイルがあるときにしか使えません。 「ご査収ください」だとちょっと乱暴すぎる感じがするなら、「ご査収のほどお願いいたします」にすれば、柔らかいフレーズとなるので、覚えておくといいでしょう。 「ご確認ください」 これもビジネスシーンでよく見かけるフレーズです。 会話上でもメール上でもよく使われます。 ・「ご」は尊敬語。 ・「確認」は「確かにそうだと認めること。 はっきり認める」こと。 ですから、「ご確認ください」は「しっかりと確かめてください」「きちんと確かめて認めてください」という意味です。 これは、相手に書類や伝票といった何かをしっかりと確認してもらいたいときに用います。 さらに柔らかい表現にするときは「ご確認のほどお願いいたします」と「ほど」をつけるとやんわりとした言い方となります。 では、「ご確認してください」はどうでしょうか。 一見すると良さそうに思えますが、じつは敬語の使い方としては間違っているので気をつけましょう。 「ご確認」は、「ご」がついているので謙譲語ですので、これは正しい使い方をしています。 ところが、その後の「してください」は、依頼の敬語の尊敬語となり、1つの表現に2つ以上の敬語が使用されるのは「二重敬語」となってしまうため間違った用法となります。 「ご確認ください」または「ご確認くださいませ」を使います。 また、「ご確認の上、ご査収ください」はどうでしょうか。 これも何となく正しい使い方のように思われるかもしれませんが、これも間違いです。 「査収(さしゅう)」は「よく調べて受け取ること」で、「確認」も「はっきり認めること」で、同じ意味の言葉が並んでしまっています。 ということは「くどい言い方」ですから、別々に使うようにします。 「オピニ お願いごとスタンプ【ご確認ください】」を使えば、ふせんやメモにポンと捺すだけでスマートに伝えることができます。 「ご承認ください」 ・「ご」は尊敬語。 ・「承認」は「承知する。 承諾する」こと。 ですから、「ご承認ください」は、「相手に理解や納得を求めること」という意味です。 ただし、この言葉は誰に対しても使えるものではありません。 「承認を得る」は、上司が部下に使う言葉で、「目上」から「目下」に対して使うものとなります。 ですから、「クライアント」が「請負者」というように、時と場合によっては上から目線で「聞いてあげるよ」という意味にも取れるため、注意が必要です。 また、「ご承認くださいますようお願いいたします」もよく使われるフレーズです。 「ご承認ください」は尊敬語の「ご」を用いていますが、命令形であるために強い口調であることに変わりません。 ところが、「ご承認ください」に「ますようお願いいたします」を付け加えることで、やわらかいフレーズとして使うことができるようになります。 また、ビジネスメールで使うときには ・ご承認いただきたく存じます ・ご承認いただければ幸いです ・ご承認のほどお願い申し上げます のように使うようにするといいでしょう。 会社では日常の会話や会議の場で、はじめて聞く言葉が飛び交うことがあります。 特に使い方があっているかどうか気になることも多いでしょうが、しっかりマスターしておきましょう!.

次の

「ご査収」の意味と正しい使い方は?「ご確認」との違いや類語も

ご査収とは

ジネスメールは、簡潔にマナーを守って書くことが大切 ビジネスメールに慣れていないと、添付ファイルに添える文章をどうすれば良いのか悩んでしまいますよね。 ビジネスメールでは、マナーを守ることとと用件を簡潔に伝えることが大切です。 A:文章の書き方について回答!上司へ添付ファイル付きメールを送るとき 添付ファイル付きメールの文例その1 前後文章省きます。 ビジネス文章なので、あくまでビジネスライクに、しかし礼節をもって書きます。 「-------------。 お忙しいところ申し訳ございませんが、このメールの添付書類にお目通しをお願いいたします。 ーーーーーーーーーーーーーーー。 」 でしょう。 「ご多忙の中恐縮ですが、当該資料の添付ファイルをお目通し頂けますでしょうか。 宜しくお願い致します。 」 引用元- 簡潔に用件を伝えられる文例を参考にしてみて どちらも簡潔で丁寧で、ビジネスメールとして適切ですね。 短すぎる文章に不安を感じるかもしれませんが、無駄な文章をつらつらと書き連ねるのは上司の貴重な時間を無駄にしてしまうのでNGです。 「ご査収」って言葉は使う方がいい?上司へ添付ファイル付メールを送るとき! 「ご査収」の意味を理解していない人も多いため、使わなくてOK そもそもご査収という言葉は、メールなどで使ったほうがいいのでしょうか? この点については色々な意見があると思いますが、個人的には、そんなに使う必要がない言葉だと考えています。 というのも、「ご査収」という言葉自体、よく理解していない人が多いからです。 相手に伝わらない可能性がある言葉をメールで使うのは、リスクがあります。 現代のビジネスでは、シンプルなメールの方が好まれる傾向にある 添付ファイルをよくチェックしてほしかったら 「ファイルを添付いたしましたので、内容をよくご確認の上、お返事いただけると幸いです」 くらいで意味は伝わります。 また、昨今では、メールでの言い回しはどんどんとシンプルになっています。 昔の手紙のマナーとは違い、大量のやり取りをするわけですので、すぐに用件を確認できるほうが大事です。 使ってはいけないというわけではありませんが、積極的に使うほどではない単語だと思っておいてよいでしょう。 引用元- 難しい言葉はわざわざ使わなくてOK 上司に送るメールだから、丁寧な言い回しを心がけたいものです。 しかし「ご査収」などの近年使わる機会が減った言葉は、わざわざ使わなくても大丈夫です。 万人にとってわかりやすい、シンプルな言い回しの方が好印象ですよ。 メールの例文|社外に添付ファイルを送る時の書き方! 添付ファイルを送るメールの例文 〇〇株式会社 営業部部長〇〇様 平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 pdf形式)にてお送りします。 ご査収よろしくお願い申し上げます。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 引用元- 社外へのメールは、定型文を抑えておけば難しくない 社外にメールを送る時は、より言い回し等に注意が必要です。 新人の頃は悩むかもしれませんが、定型文を頭に入れておけば難しくないので安心してくださいね。 社外へのメールも、一目で用件がわかるよう意識して書きましょう。 上手にメールを書く時のポイントは!?上司に送る場合の内容について! 重要なメールは、件名を活用してアピールしよう 件名・本文は簡潔かつ分かりやすく!ピックアップしやすさも大事 必ず見て欲しいメールや、上司から頼まれた案件のメールなどは、件名を目立たせるなど工夫をしましょう。 いくつもの案件に関わっている上司は、部下の2倍、3倍の量のメールを毎日受け取っているのが一般的。 メールの返信は、そんな上司の状況をイメージしながら行うことが重要です。 緊急の場合には口頭連絡がベストですが、上司がつかまらない場合などは先に【 至急ご確認ください】【要ご確認】【緊急のご相談】などを件名の冒頭につけて目立つメールを送っておきましょう。 ただし、膨大な量のメールに流されるメールボックスを想像して、口頭連絡は欠かさないようにしてください。 また、メールの本文の内容も重要です。 理想は上司がパッと見て瞬時に内容を理解できるような簡潔さ。 前置きは長すぎず、まずは結論を先に伝えるようにして「何が言いたいのか」を明確にしましょう。 的確な事象説明に欠けたメールにならないようにご注意を。 引用元- メールは「報連相」の一環!中間報告は特に好印象に 報告・連絡・相談はメールを使ってこまめに行いましょう。 報連相は、自分の評価を上げる「最高のプレゼン」の場でもあります。 随時、報告・連絡・相談を積極的に行うことで、自分の仕事ぶりをさりげなくアピールしましょう。 例えば、上司からのメールでレポート提出の指示があったとき、まずは「承知しました」メールを送り、すぐに用意できない場合には提出日を連絡するのがスマート。 そして、もっとスマートでデキる自分をアピールするには、提出日までに中間報告メールを入れること。 わざわざメールで依頼してきたわけですから、よほど上司にとっては重要なレポートのはず。 そこで、途中で進捗報告のメールを入れておけば、上司からの評価は目に見えないところで上がります。 上司は意外といろんなことを心配しているもの。 ぜひ上司が安心できるようなやりとりを心がけてください。 引用元- 目立つ件名と簡潔な文章は、上司にとってうれしいもの 重要なメールがほかのメールに埋もれて見逃されないよう、急ぎの用事の場合は懸命に工夫をすることが大切です。 丁寧さにこだわり過ぎて、無駄な文章を並べないように注意し、簡潔に用件を伝えることを意識しましょう。 メールを書く時の【注意点】上司へ送る場合に気を付けること! 二重表現・二重敬語・役職と敬称の位置に気をつけて 二重表現に注意! (添付書類を添付いたします など) 二重敬語に注意! (おっしゃられていました など) 役職と敬称の位置に注意! OK:「役職+名前+敬称」(社長haniwa様) NG:「名前+役職+敬称」(haniwa社長様) 私の職場の社内メールでは、一般的にはNGとされる「名前+役職+敬称」が使われています。 例えば、会議の案内では、以下のように連絡すると良いかもしれません。 ・議題: ・日時: ・場所: ・内容: 引用元-.

次の

「ご査収」の意味や使い方とは?誤用しないためのポイント

ご査収とは

読み方: 別表記: がないよくした受け取ること(「」)を丁寧に述べた。 に丁寧の「お」(御)をたである。 において、「」「ご査収ねがいます」「よろしく」といったで用いられる。 の「査」は「る」というの字である。 、、、、、、といったに用いられる。 の「収」は「おさめる」「おさまる」とされ、「しまう」「受け取る」「手に入れる」といったで用いられる。 、、、、、といったに用いられている。 「」「ご査収ねがいます」といったは、などをに渡す際にるとして用いられる。 「、やのがないことをして、受け」というがられている。 たいていの、「」を「」とても特には来たさず、としてする。 ただし「」の語は「受け取る」というにが置かれており、「」には受け取るをため、をした後の(するのか、するのか、他の者へ回すのか等)がになるが残る。

次の