聖教 新聞 寸鉄。 聖教新聞寸鉄の速報なら!!

聖教新聞寸鉄に関してのニュース

聖教 新聞 寸鉄

いま記事を見ている中で把握ができていないというような人もいると思いますから、当方が参考になった参考情報を引用しますね。 人気の聖教新聞寸鉄ですから、話題を確認している人も相当いるのではないかと感じてます。 この数日検索数がのびている聖教新聞寸鉄のニュースは確認してますか。 聖教新聞とは?オンライン電子版もあり【信仰体験・寸鉄・池田先生】 聖教新聞の戦いまっさかりなあなたのために 聖教新聞の良さをまとめてみました このチャンネルでは、学会活動をがんばりたいあなた向けに... 動画投稿日: 2019-10-01 時間:14:43:52. 【聖教新聞】創価家族の種まき絵本 はなれていても 創価家族の種まき絵本 vol. 「相手が裏切らな... 動画投稿日: 2019-09-15 時間:04:33:57. seikyoonline. カードで買い物できる楽天市場で見つけました。

次の

聖教新聞 寸鉄とは?ここでチェック!!

聖教 新聞 寸鉄

聖教新聞の寸鉄って、そんなに汚いですか?見ましたけど全然、変じゃなかったんですが? おはようございます。 私の前回の質問で、ここでは人数が圧倒的に多い反創価が、ひどい言葉を使って少ない人数の創価学会を罵っているように感じると書きました。 たくさん回答を頂いていますが、その中の回答のひとつに、「聖教新聞の寸鉄」には、これほど汚い言葉が出ているんだよ、そんな新聞なんだよと言って、下品な言葉が書き連ねてありました。 昨夜はカレシの家に泊ったので、今日の朝早く、聖教新聞の寸鉄を見てみました。 先の回答者さんの言うようなことは、まったく書いてありませんでした。 カレが仕事に出る前にこの話をきいてみました。 あーそれは、確かに書いてあることもあるけど、たまのことだし、そのようなことが書かれるのは事実・背景がある、それにそこにたくさん書いてあったというのは、何年分ものものをまとめているだけ、しかも前後の話は関係なしに部分を切り取っただけだから、気にするな・・・そう言われました。 カレが出かけたあと、4,5日分、見ましたが、やはり回答のような下品な言葉は見当たりませんでした。 あの回答は、嘘だったのでしょうか? それにyoutubeも貼付されていたので見ましたが、コメントは創価の悪口ばかりでした。 この方の回答には、創価批判の心しかないと感じました。 当然のことですが、見ず知らずの人の言うことより、カレの言うことを信じます。 申し訳ありませんが、この方の回答は、今後、見たくないのでBLにさせて頂きます。 聖教新聞って、まともな新聞ではないのでしょうか? 例えば今日の寸鉄を見てみましたが、 「勇気を持って語れば人の心は変えられる」 「公明党の議員OB、家族が火の玉となって戦え」 などをとっても、 自分の心や相手の心を理解しようとせず、「自分達は絶対正しいんだ」「自信を持ちなさい」などの言葉で信者を煽っていれば、必ず行き過ぎた事をしてしまいトラブルを起こす会員が出ても全く不思議ではないと、常識で考えても思いますよ。 ですから学会の人達は、元気のない人や精神的に弱っている人、またはうつ状態の人にも関係なく、「頑張れ!」「信心で乗り切れ!」などの言葉をかけてしまうのです。 もちろん自分で「そういう事は言わない方がいい」と判断できる人はしないでしょう。 しかし、基本は「信心で乗り切れ」という指導なのですから、危険と言わざるを得ないでしょう。 学会では犯罪者は除名して終わりのようですが、自ら信者が暴走するような指導をしておいて、「後は自己責任で」ではまずいでしょう。 学会の人達は真剣なんですから。 真面目に「良い事をしている」と思っているのです。 だから危険なのです。 自分、または他人を精神的に追い込んだりすることがないように、学会ではどのような注意、指導があるのですか?と聞いても誰も答えてはくれませんよ。

次の

聖教新聞寸鉄の速報なら!!

聖教 新聞 寸鉄

概要 [ ] のみの発行。 は発行していない。 発行部数は公称550万部。 「聖教」はの説いた一代聖教に由来する。 同紙を出版している聖教新聞社は、の機関紙発行・出版部門であるため、がない。 また聖教新聞はおよびに加盟していない。 公称発行部数は1990年代から2006年まで「550万部」となっているが、これは聖教新聞社の発表によるものである。 歴史 [ ]• (昭和26年)4月20日 - 創刊。 旬刊2面、発行部数は5000部。 (昭和28年)9月6日 - 週刊化。 (昭和30年)6月1日 - 販売店、配達員制度が始まる。 (昭和32年)8月2日 - 紙面が8面になる。 (昭和35年)9月3日 - 週2回刊化。 (昭和37年)1月1日 - 週3回刊化。 (昭和40年)1月1日 - 創価学会会長・(当時)の小説『』が連載開始。 (昭和40年)7月15日 - 日刊化。 (昭和45年)9月28日 - 現在の本社社屋(信濃町)が完成。 (昭和46年)1月4日 - 紙面が12面になる(現在まで変わらない)。 (昭和63年)1月18日 - (CTS)による新聞制作システムに移行。 (平成2年)7月19日 - 紙齢10,000号。 (平成5年)11月18日 - 池田大作の『』が連載開始。 (平成13年)4月20日 - 創刊50周年。 (平成18年)11月18日 - 聖教新聞の公式「SEIKYO online」が開設される。 (平成20年)7月15日 - 一面記事が連日カラー化される。 (平成22年)4月20日 - 公式ウェブサイト「SEIKYO online」をリニューアル。 (平成23年)4月20日 - 創刊60周年。 (平成23年)11月3日 - 小説『新・人間革命』の連載が4726回となり、の『』の4725回(余話も含む)を超え、日本一の小説新聞連載回数を更新する。 (平成26年)5月8日 - 紙面の題字・レイアウトをフルリニューアル。 題字が縦並びから横並びに変わり、「名字の言」と「寸鉄」のタイトルロゴも新しいものに変わり、一面記事中に掲載されていた「わが友に贈る」が一面題字左端に移設された。 (平成27年)7月15日 - 日刊化50周年。 (平成28年)2月1日 - 公式ウェブサイト「SEIKYO online」をリニューアル(一部有料化)。 (平成29年)2月18日 - 小説『新・人間革命』連載が6000回突破。 (平成30年)9月8日 - 『新・人間革命』完結(後述)。 (平成31年)1月20日 - 紙齢20,000号 紙面構成 [ ] 全12面で、基本的には前6面が宗教的・創価学会に関わる組織的な記事、後ろ6面が一般的な記事(一面広告を含む)、9面はテレビ・ラジオ欄となっている。 一面の題字は、2014年5月6日付まで右端に縦並びに毛筆書きで「聖教新聞」と書かれたもの(字紋は桜)が使われていたが、毎週のみ、上部に横並びで「聖教新聞」、下段に「THE SEIKYO SHIMBUN」と記されたもの(字紋は平日版と同じ)が使われていた。 同年5月8日付から、紙面のレイアウト刷新に伴い、題字を仕様の横並びでゴチック体で「聖教新聞」(青色で地紋はなし)、下段に「SEIKYO SHIMBUN」(CIロゴ)と記されたものに変更された。 一面 [ ] かつては創価学会名誉会長・SGI()会長の動静を前面に出すことが多かったが、2010年5月の本部幹部会を最後に池田が第一線から退いた後は池田名義のメッセージが贈られた学会ないしは各国SGI組織の活動を紹介する機会の方が多くなっている。 池田が創立した・に関する記事もある。 「寸鉄」が5タイトル程度、コラム「名字の言」(朝日新聞の『』、朝刊の『編集手帳』等に相当するもの)が一面下部に掲載される。 本部幹部会など大きな会合で池田ないしは創価学会会長のスピーチがあった場合は数日後に2面から3面にかけて編集されたものが掲載される。 寸鉄 [ ] の『』等に相当。 創価学会内外の人物・支部、団体の批判や会員に向けての激励が多い。 過去には会館及び会館周辺の利用について学会幹部や会員に苦言を呈したり、議員のについても厳しい意見で批判するなど、他のコラムに比べ独自性を保っている。 名字の言 [ ] 名字の言(みょうじのげん)は、長期連載中の一面コラムである。 創刊1年後の(27年)付から始まった。 名字とは・の( - 、天台智者大師)が、を修行する人の位を6種類(六即)に分けた中の一つで、名字即(みょうじそく)のこと。 仏の言葉(名字)によって、わが身が本来、仏であると覚知する位である。 名字の言というタイトルには仏法の視点からさまざまな社会事象の本質を見極めていく意義が込められている。 創価学会関連記事 [ ] 4面・5面は創価学会の日々の活動に直結する記事が掲載される。 2017年(平成29年)現在は各テーマごとの掲載曜日がほぼ固定化しており、聖教新聞社が作成した『PR版』にそのスケジュールが掲載されている。 座談会拝読御書 [ ] 前月20日発売のに掲載された座談会拝読御書を月の初めに新聞紙上でも掲載し、学会員に対して予習を徹底させている。 大白蓮華を購読していない世帯では、この記事が載った紙面を座談会に持参しても良い。 社説 [ ] 火曜日と土曜日を除く週5回掲載。 これ以外にも4面全部を使った企画記事が掲載される場合は休載となることがある。 紙上座談会 [ ] 最高幹部(会長・主任副会長・副会長・理事長・壮年部長・婦人部長・男子部長・女子部長・青年部長・その他)らによる紙上座談会が不定期 に掲載され、創価学会と対立する個人・団体や公明党と対立する政党への批判が行われることがある。 創価学会を退会したり、除名された後に新聞で公然と誹謗中傷された者としては、元公明党中央執行委員長、、元顧問弁護士、元教学部長などがおり、前管長らと共に裁判に発展することもあった。 その他、なども批判の俎上に上がる。 「」および「」も参照 きょうの発心 [ ] 創価学会の都道府県中堅クラス以下の幹部が御書のお気に入りの部分を紹介しながら、自身の信仰体験や日々の活動に対する決意などを語る企画。 社説と同じく、火曜日と土曜日を除く週5回掲載。 他に「声の欄」と呼ばれる会員及び購読者からの投書コーナーが設けられており、こちらは水・金・日曜の週3回掲載。 また、毎週金曜日の7面には各地方の創価学会の動向を報じる(内は『東京版』もしくは『東京・版』)が掲載されている。 生活・教育・文化 [ ] 6面・7面・12面は創価学会が強く推進する教育・文化関連の記事が掲載される。 特に12面はオールカラーで毎日多彩な企画が行われる。 こちらも4面・5面と同様各テーマごとの掲載曜日がほぼ固定化しており、聖教新聞社が作成した『PR版』にそのスケジュールが掲載されている。 生活家庭関連の記事は民間全国紙で見受けるような内容と大きな差異はない。 また、創価学会員、または学会の活動に理解のある文化人のインタビュー記事が多いが、芸術部所属の芸能人インタビュー記事は減少傾向にある。 小説・漫画 [ ] 創刊と同時に、当時現職だった第2代会長の手による小説『』が掲載される。 戸田版『人間革命』は、1957年(昭和32年)に完結し、単行本化された。 その後、創価学会は会長不在が3年間続き、加えて3代会長に就任した池田もまだ若輩で戸田が遺した『人間革命』の続編的作品に取りかかれるだけの実務経験がないという事情があった。 このため、池田の日本正学館勤務時代に雑誌で執筆経験があった作家のに依頼、時代小説『』を連載してもらった。 山岡の『高杉晋作』は、(昭和37年)8月から(昭和39年)まで掲載され、完結後は山岡が懇意にしていたから単行本化された。 詳細は「」および「」を参照 『新・人間革命』完結後は当分の間、連載小説は掲載されない予定である。 は、~に『かちどき君』が連載され、からは35年間の長期に亘って、同じく井上の『バリバリ君』の連載が続いた。 (平成16年)に『あおぞら家族』に交代したが、(平成28年)7月25日の第4000回をもって連載終了となり、から・夫妻による『ちーちゃん家』がスタートしている。 ストーリー漫画はの『みちょれ!太陽』から、小学生文化新聞などと往復する形で・渡あきら(社会部記者・渡辺紀大の漫画原作者名義)コンビによる連載漫画が断続的に掲載されていた。 に『走れ!! 美穂』が日曜掲載で定着し、それに続く形でからまで『劇画・人間革命』の長期連載が行われた。 また、からで連載されていた、『花の三丁目地区』と続編『はなさん』が本紙に移籍連載されている。 小学生文化新聞ではも長く連載していたが、石井とは異なり、本紙に執筆することはなかった。 (代わりにので『』を連載した) 一コマ漫画は元力士のが時折執筆している。 一般記事 [ ] 一般の政治・経済・事件に関する記事や、の結果などの関連の記事も、テレビ欄直前の2面(一般紙の社会面に相当する面)にわたってより配信された記事を転載している。 外信記事はからも配信を受けている。 プロ野球のの結果を伝える記事や時差のあるサッカー日本代表の国際試合では試合が長引くと最後まで掲載されないこともある。 また、スポーツ面の場合、創価学会員のスポーツ選手の活躍の記事を比較的大きめにするのも特徴で、プロ野球選手では、、、、、などが大々的に取り上げられるが、同じ学会員でも、などが取り上げられることは少ないため、、出身が基準にはなっていない模様。 政治記事は創価学会が支持母体となっているに関するものが見られる。 やで公明党公認候補が議席を獲得した場合は氏名・当選順位・得票数などが、無投票当選の場合はその旨が掲載される。 広告 [ ] 広告は創価学会系の出版社などの広告の他、一般企業・団体のものが掲載される。 また、発行される地域向けの広告(求人案内、発行地域関連の商業施設など)に差し替える地域も存在する。 他の一般紙と同じく、近年は会員の高齢化に伴い、健康食品などの広告が増加している。 その他 [ ]• (平成20年)付紙面から記事内の文字サイズが拡大された(一部記事を除く)。 また、同日付から一面コラム「名字の言」の下段に日本の主要都市のマーク(、、、、、、、、、、、、)が掲載されていたが、の紙面のフルリニューアルで最終面に移設された。 同時に、天気欄は3時間ごとの表示となり、やなどの情報も新たに加わった。 は大手全国紙やと同じ日に設定されている(毎週日曜日に掲載されている『週間テレビガイド』は休刊日前日は土曜日に振り替え掲載される)。 また新聞休刊日以外では・・に年末年始のため休刊になる(付及び付け紙面では後ろ3面に3日分のテレビ欄をまとめて掲載する)。 通常は12ページで発行されているが、前述の東日本大震災の影響で2011年3月16日付から4月19日付まで、の製紙工場が被災したのに対応して8ページでの発行に変更された。 同年(この日創刊60周年)付から通常の12ページに戻った。 とでは、大阪府内版ではなく東京都内版を所蔵している(公明新聞は両図書館で関西版を所蔵)。 番組表 [ ] テレビ欄には(平成23年)付けまでが記載されていたが、完全移行 に伴い同年付けから東日本大震災で被災した東北3県(、、)発行分を含めGコードが掲載されなくなった。 またのテレビ欄の並び順も7月24日付からこれまでのアナログチャンネル順から順に再編された。 2014年5月8日付から前述の紙面フルリニューアルで最終面の地上波テレビ・ラジオ欄と10・11面のBSデジタル欄を1ページに集約する形で中面(基本的に最終面の裏面)に移設した。 なお番組表はから配信された物を掲載している。 東京都内版 [ ] テレビ• フルサイズ:、、、、、、• ハーフサイズ:• クォーターサイズ:、、、 ラジオ• 、、、、、、、、、、、、、、放送大学FM、 大阪府・奈良県版 [ ] テレビ• フルサイズ:NHK総合、NHK Eテレ、、、、、• ハーフサイズ:、、 ラジオ• NHK第1、NHK第2、、、、KBS京都、、NHK-FM、、、、 愛知県・岐阜県・三重県版 [ ] テレビ• フルサイズ:NHK総合、NHK Eテレ、、、、、• ハーフサイズ:、 ラジオ• NHK第1、NHK第2、、、、NHK-FM、、、、、ラジオNIKKEI 福岡県・佐賀県版 [ ] テレビ• フルサイズ:NHK総合、NHK Eテレ、、、、、、• ハーフサイズ:、 ラジオ• NHK第1、NHK第2、、、NHK-FM、、、、、OBS大分、 北海道版 [ ] テレビ• フルサイズ:NHK総合、NHK Eテレ、、、、、• ラジオ• NHK第1、NHK第2、、、NHK-FM、 、 、ラジオNIKKEI BSデジタル [ ]• 、、、、、、、、1、、、放送大学テレビ・ラジオ、 番組解説欄 [ ]• テレビ番組の解説記事が2 - 5番組程度(大阪府内版は2番組のみ、地域によって異なる地域あり)掲載されている。 ラジオ番組の解説は、NHK第1とNHK-FMのいずれかの番組が1日1本ずつ掲載される。 今後放送予定のテレビ番組や、出演者にスポットを当てた「番組ファイル」が連日掲載されている。 ただし日・月曜日は休載だが、その日のテレビ番組を記者が視聴して解説する「試写室」に差し替えられることもある。 日曜日の番組欄には、の「放送塔」と似た内容の、読者からのテレビ番組の投書欄「反響板」が掲載されている。 購読について [ ] 家族で個別的に使用する、記事を切り抜いて保存する、知人への贈呈、組織の要請、下記の理由等によって複数部購読する世帯がある。 創価学会に入会を希望する者は原則として聖教新聞の購読が求められるが、創価学会会則や法人規則に聖教新聞購読に関する記載はない。 詳細は「」を参照 聖教新聞は創価学会に関する社会的運動やその立脚する思想が中心記事となっており、会員世帯以外にも購読層を広げて創価学会への理解・浸透を図る。 会員の判断によって無償贈呈(配布)することがあり、会員宅前に「ご自由にお読みください」と書いた箱を設置する例も散見される。 なお聖教新聞社側でも一般購読者の獲得を目的とする 『PR版』と呼ばれる号外を1年に数回作成し、学会組織を通じ配布している。 印刷 [ ] 聖教新聞社は独自の印刷所を持たず、からまで全国37か所の、おもに系列の印刷会社(は、はなど)と、を含む(直営・系列問わず)を中心に、一部では、の関連会社に印刷を委託し、このことによって日刊化を可能としている。 公明新聞も同様に独自の印刷所を持たず、各地の印刷会社に印刷を委託している。 創価学会広報室は聖教新聞の印刷を外注する理由について、「(自前で印刷するより)全国への配送スピードや経済効率の点で優れており、メリットが大きい」と説明している。 委託印刷所一覧 都道府県 委託先の新聞社名 委託先の工場名 道新旭川印刷() 自社印刷工場() () 不明 辻商事() () イワニチ高速オフセット() 自社印刷工場() 毎日新聞東京本社 福島工場() () 毎日新聞東京本社 () 毎日新聞首都圏センター川口工場() () 読売新聞東京本社 読売プリントメディア府中工場 () かなしんオフセット() 自社塩尻印刷工場() 自社印刷工場() ショセキ白山工場() 自社印刷工場() 中日高速オフセット印刷() 京都新聞印刷() 海老江工場() 読売大阪プリントメディア ・大阪工場() 読売大阪プリントメディア ・高石工場() 堺工場() 神戸新聞総合印刷西宮工場() 読売新聞大阪本社 関西図書印刷() 自社印刷工場() 中国新聞福山製作センター() 中国印刷() 自社印刷工場() 自社印刷工場() 高知印刷() 西日本新聞印刷() 自社印刷工場() 自社印刷工場() 南日本新聞オフセット輪転() 自社印刷工場() 不明 池宮商会() 過去 北海道 毎日新聞北海道本社 自社印刷工場(旭川市) 兵庫県 神戸新聞 神戸新聞総合印刷神戸工場(神戸市) 販売店 [ ] 販売店は会員によるである。 基本的に一般のと同様の形態を採っている。 聖教新聞販売店は聖教新聞の他、の『』『』、創価学会青年部の機関紙として別に発行されている『』、創価学会が支持母体となっているの機関紙『』などを取り扱う。 議会関係者やの管理職が公明党対策として公明新聞とともに聖教新聞も購読する例があり、の規定により公明新聞と聖教新聞の両方を取っている家庭や事業所には、それぞれ別のが発行される。 一般商業紙に見られるような「」のシステムは聖教新聞には存在しない。 非学会員に贈呈、ないしは配布を行う場合、必要な部数分を紹介者となる学会員が別途購入しなければならない。 詳細は「」および「」を参照 広告出稿 [ ] 聖教新聞は多くのにを出稿している。 とには時報前CMも提供している。 で番組を提供される、などのにも広告を出している。 ただ、創価学会および聖教新聞からの出稿を受け付けない放送事業者もある。 ラジオではが局側の編成方針もあり開局当初から出稿がなく、運営のも1990年代から2009年4月改編まで出稿を受け付けていなかった。 本来系列外の(ラジオ大阪)でという事態になった。 「」および「」も参照 また、ではとがキー局のなど系列各局発のネットワークセールスを含むすべての番組への出稿を認めず、該当CMは制作の公共広告や自社番組宣伝、最悪他の企業のスポットCM等に差し替える方針を取っているほか、外部制作による聖教新聞、創価学会の企画参加および一社提供番組の購入も行っていない。 このため、フジテレビ系列局(を除く)もネットワークセールス枠への聖教新聞、創価学会からのCM受け入れや、創価学会および聖教新聞をはじめとした創価学会関連団体の企画参加または単独提供番組の制作には消極的となっている(などローカルセールス枠やスポットCMに限り受け入れるという基準を設けている局もある)。 なお、創価学会および聖教新聞からの出稿を一貫して受け付けない放送事業者(J-WAVE、関西テレビ、テレビ熊本)であっても、国政選挙運動期間中ののCMおよび政見放送に関しては法解釈上、選挙公報と同じ扱いを受けるため、放送局の都合で断ることができないので、同党のCMおよび政見放送についての出稿受け付けは認めている。 これは、かつて創価学会および聖教新聞からの出稿を受け付けていなかったことのある放送事業者(TBS、毎日放送 )でも同様であり、創価学会および聖教新聞からの出稿の受け付けを認めていなかった時期から 現在に至るまで [ ]、国政選挙運動期間中の公明党のCMおよび政見放送については出稿を受け付けている。 提供番組 [ ]• 元気のアプリ()• () ほかにもスポットで多くの提供を出しており、その内容の大体が直接聖教新聞や創価学会と結び付けられないようなメッセージをアナウンスするだけである。 過去の提供番組 [ ]• (・)ほか。 2012年3月まで。 (制作。 2011年9月まで)• (火曜会制作。 2013年3月の放送をもってスポンサー撤退)• (TBSラジオ制作。 2012年3月まで)• (TBSラジオ制作。 2017年度まで)• (文化放送制作。 2018年度まで)• (文化放送制作。 2019年3月29日まで)• (・制作。 2019年3月まで)• 一時期) 関連書籍 [ ]• 渡辺武達 『聖教新聞の読み方』 三五館、2000年。。 脚注 [ ] []• 2019年11月18日付けの聖教新聞より。 2019年11月18日付けの聖教新聞より。 、SEIKYO online、2019年1月21日。 、SEIKYO online、2019年1月20日。 「聖教新聞」と「SEIKYO SHIMBUN」の間には波状の線(青色)が入る。 学会では、「会員を希望で照らす太陽の新聞という意味を込め、水平線をあしらった」と説明した。 - 聖教新聞2014年5月23日付社説、公式サイトにて2014年5月24日閲覧。 [ ]• 現在は掲載される場合でも月曜日と木曜日に事実上固定されている。 『「新・人間革命」完結記念特集・中 日本一の連載回数』 - Seikyoonline 2018年9月12日更新。 新聞連載での筆名は法悟空。 戸田の筆名の妙悟空と合わせての意義が込められている。 では池田大作名義となる。 『「新・人間革命」完結記念特集・上 反転攻勢の力に』 - Seikyoonline 2018年9月11日更新。 『人間革命』から通算すると全7978回。 - Seikyoonline 2018年7月10日更新。 ただし、で被災した東北3県(、、)はにより、2011年7月24日時点での終了が見送られていたが、3月31日付けをもって先般の3県(岩手県、宮城県、福島県)でも地上アナログ放送は終了した。 「」、「」、「」、「」、「」、および「」も参照• 『』2002年9月19日、、2002年9月。 創価学会マネーにたかる新聞に公明党批判ができるのか」『』2007年11月14日、、2007年11月。 に於いてはから本土で発行する日刊新聞としては史上初めて現地印刷を開始。 にが現地印刷を開始するまでは聖教新聞が唯一であった。 2017年10月31日から公明新聞とともに受託印刷を開始している。 (毎日新聞首都圏センター)• 旧読売新聞東京メディア制作• に廃刊されるまではに委託していた• 度まではにあった工場(まで工場)に委託• 2004年5月に道新旭川印刷に委託先変更• 2006年11月に読売新聞大阪本社関連会社の関西図書印刷に委託先変更• (創価学会と極左動向)• 東京都多摩地域と山梨県の全部。 地域版が「東京・山梨」となっているのはこのためである。

次の