夫婦 カウンセリング 東京。 東京代々木の夫婦関係カウンセリング|ピリアロハカウンセリング

夫婦カウンセリングについて

夫婦 カウンセリング 東京

夫婦の問題については、1万件を越えるご相談や夫婦のカウンセリングをお受けしてきました。 だからこそ一度離れてしまった気持ちを元に戻す事の難しさを誰よりも理解しております。 夫婦関係は修復できないと諦めている方。 修復のキッカケを見いだせず、疲れ切ってしまった方。 カウンセリングの現場で大勢の方のお話をお聞きしてきました。 それと同時に、いくら努力をしても相手の気持ちが戻ってこない方の、着眼点のズレについても多々見てまいりました。 そのポイントを以下で説明しております。 なお、「修復の気持ちは100%です。 それ以外に考えることはできません。 」と言われる方は多く、それに関して悪いとは決して申し上げません。 けれど、一点だけ、ほとんどの方が、自分の問題の改善に目を向けていても、実際は、相手方のほうばかりを見て、相手方に合わせた自分を作ろうとしている傾向にあります。 それは、実のところ相手を見ているのであって、自分を見ているのではありません。 まずは相手よりも自分にフォーカスする視点が必要になると思っています。 そうした気持ちがなければ、当初は不仲の原因は「自分が悪かった」と思っていたとしても、時間が経つにつれて「相手が悪い」というように、被害者の気持ちをぶつけるようになり、結果として、今以上に心の距離がひらいていってしまうことになりかねません。 このコンテンツが、修復をされたい方、離婚か復縁か迷っている方、そして何故相手方から嫌われてしまうのかと考えている方へのヒントになれば幸いです (長文ですが5分で読めます。 その5分がアナタを救うかもしれません)。 なお、多くの方は、修復を急ぎます。 カウンセリング自体のスピードも急いで解決をしようとしてしまいます。 その気持ちはよく分かります。 けれど、それが自分の気持ちを安心させるためのものであっては、つまり、自分本位な気持ちが相手方にギラギラしている状況では、向き合えるものも向き合え無くなってしまうことも、なんとなく分かるのではないでしょうか。 故に、当職個人としては、修復を目指すことよりも、まずは相手方との向き合い方や、そもそも夫婦のコミュニケーションとは何?カウンセリングを利用する目的は何?という点を考えることが必要だと思っています。 そして自分自身の反省の仕方、も知る必要があると思っています。 変わったと言っても、案外変わっていないものです。 中には、夫婦関係の再構築を急ぎすぎてしまい、結果修復を強要するような形となり、モラハラに近い状態を作ってしまっている方もおられます。 厳しいようですが、これも変わらない自分の心があるからと言えるかもしれません。 また、多くの方の離婚・夫婦カウンセリングを続けていて思うのは、当初の話し合い時では、 結論有りきでの話し合いは避けるべきということです。 同じ出来事をみていても、 それぞれが主観でみているわけですから、各々の感じ方や解釈がある以上、簡単に理解を促すことはできません。 故に、理解ができない以上、理解をしたくもないと思われている状況の中、結論前提で話をすれば、それは単なる綱引きになってしまい、余計に互いの気持ちは離れていってしまいます。 修復を目指すのではなく、かといって離婚を目指すわけではない、 夫婦にとってベターは方向を探すべくカウンセリングやコーチングが望ましいと感じています。 ではどうすればよいのか?そのために以下をお読みになってみてください。 あなたと夫婦にとってのヒントが書いてあります。 【目次】• 1、理想的なハート(マインド)の在り方 夫婦でも、恋人でも、理想的なハート(マインド)の在り方は、左図の通りです。 お互いのハートがしっかりと丸くなっていて、そして気持ちが重なりあっている形が理想です(完全に重なっていないのは、残りは自分の事を大切にして貰いたいという考えの元、そのようにしてあります。 自分の事を大切にできれば、さらにパートナーの事も大切にできると思います)。 今、このページを読まれているということは、離婚のお話が出ているか、夫婦関係を修復させたいという方、夫婦の答えを見つけるために、カウンセリングを考えている方かと思います。 そうであれば、丸いハートの図は、反省の気持ちにも繋がるかもしれませんね。 「昔はそうだったのに。 なんで今は・・」というお気持ちかもしれません。 だからこそ、このページを最後まで読んでいただき、修復や夫婦としてのよりよき関係性を作る、または夫婦の方向性を見出すための、きっかけを見つけてみてください。 心からそう願っておりますよ。 なお、多くのサイトでは、夫が妻と修復したいというケースが多いものですが、それはケースバイケースであり、妻側の方が夫から離婚を突きつけられ、けれど修復をしたいというケースも多いものです。 夫婦での対話が難しい場合には、夫婦カウンセリングの利用も一つの方法かと思います。 少なくとも、重なり合いが作れないまま、なし崩し的に破綻していくことだけは避けたいですので。 2、思い当たりませんか~理想的で無いハート(マインド)の状態1 このパターンはよくあるケースです。 一方のハート(マインド・自尊心)がやせ細り、もう一方は普通な状態です。 まず、何故こういった状態が起きるのかを知ってください。 結論から言いますと、AさんがBさんに対して モラハラを行なっているか、Bさんに対して 依存度が高いケースに起きている傾向があります。 モラハラや依存は気付きにくいのです。 自分はそんなつもりが無くても、相手を傷つけていることは多々あるのです。 しかも悪いことに モラハラは、相手の気持ちを少しずつ削ぎとってゆきます。 相手方(Bさん)もなかなか自分でも気付かず、気付いた頃には、すでに本パターンでいえばBさんはAさんに対する気持ちを失ってしまっています。 よって、Aさんとしては、昨日までは普通だと思っていたのに、急に今日になって離婚を切り出されてしまったというような印象を受ける場合もあります。 隠れ依存とでも言いましょうか。 「相手がしっかりしてないから私が言わなきゃ分からない。 だから強く言ってしまっていた」という例は多いものです。 ですがそれは依存の一つの形態なのかもしれません。 ただ一方で、「私はあなたのためにやってあげている」という思い込みもあるわけです。 ですから、急に離婚請求を受けた時、思いもしていないことだからこそ、 余計にAさんはBさんに対する依存が強くなったり、さらに依存というモラハラが強くなってゆきます。 それ以外でも、同様のケースは多々あります。 参考: 3、修復のために逆効果となるミス~おちいりやすいポイント 前述()のとおり、モラハラをしている側(Aさん)は、必死です。 Aさんは、なんとかBさんを繋ぎとめようとして、 「頑張るから」「努力するから」となります。 ですが、Bさんのハートはすでに離れてしまっていますので、Bさんからすれば、 詰め寄られれば寄られるほど、怖くて仕方がありません。 実際、実家へ逃げられてしまい「怖くて話ができない」と告げられた方も多いと思います(ちなみにではありますが、モラハラは男性から女性に対するものではありません。 女性から男性に対するモラハラも多いのですよ。 夫婦ではなく、個別のカウンセリングも行っておりますが、女性の方が、自分の感情のコントロールのために、コーチングやカウンセリングに来られる例は、年々増えている印象があります)。 綴ってしまうというよりは、ぶつけてしまうという表現の方が正しいかもしれません。 いずれにしても、それによってさらに相手を怯えさせてしまうことになります。 上の図にもあるとおり、理想的なハートの形は、双方のハート・気持ちが膨らんでいて、重なり合いのある状態です。 こう持ってゆけなければ修復は絶対にできません。 焦りや苛立ちの入り乱れた気持ちは分かります。 ですが、 こちらの気持ちをぶつけ続けること、これも一つのモラハラです。 2枚目の図の下側にある通り、Aさんのハートはどんどん膨らみます。 Bさんと寄りを戻すために膨らみます。 ですが、Bさんのハートは細いままか、さらに細くなり、互いのギャップ(温度差)は大きくなってゆきます。 ここまでお読みいただいた方はお分かりかと思います。 まずはBさんのハートを少しでも膨らませること、そして自分のハートを大きくしないこと、ここが重要です。 さらに、多くが自分のモラハラを理解しないまま「努力する」「もうしないから」「がんばるから」と言っているわけですから、まずすべき最低限の事は、以下となります。 当然ながら、 お互いに気持ちの温度差というものがあるわけです。 ご相談者様のアプローチを見ておりますと、その自分の暑くなった・冷えた温度をそのまま相手にぶつけてしまっている方が多い印象があります。 温度が違うが故に、感情がぶつかり合い、結果過去の嫌な事も全て思い出し、その後は話し合いすらできないということもあります。 また、 1回目の手紙から思いの丈の全てをぶつけないようにされてください。 それもひとつのモラハラと受け取られてしまいます)。 決して鵜呑みにされないでください(当職は独自の5つのルールに則った手紙をお勧めしています)。 ビジネスでも、何か大きなモノを売りたい時に、相手先に一気に押しこむような事をすれば、相手方としては何かを踏みにじられたような嫌な気分になり、それが余程特別なものでないかぎりは購入をすることはありません。 押し売りは勘弁ですよね。 人と人との間に気持ちの架け橋を作る、そんなイメージでいていただくとよいかもしれません。 4、お互いにやせ細った気持ち~それでも修復するための方法とは? お互いに気持ちがやせ細ってしまっていて、けれどお互い「特別嫌いではないので修復をしたい」という若干ネガティブな方向での夫婦カウンセリングをお願いされる事があります。 共働きでお互いに忙しく、コミュニケーションを取ってくることができなかった夫婦に多いものです。 修復したい理由としては、体裁であったり、両親へ心配をさせたく無いということ、生活レベルを維持したいだとか、色々な理由があります。 ただ、お互いにある程度の目的があるのに、夫婦カウンセリングがうまくいかなかったということで、当職の元を訪れる方が多いという現状もあります。 何故でしょうか。 理由としては2つありますが、大きな理由の1つは、 いきなりご夫婦揃ってのカウセリングを実施してしまっていることが問題なのです。 NG-2図の場合、お互いのハートがしぼんでいるわけです。 ここだけ聞けばそれまでの話ですが、必ずAさん、Bさんのハートがしぼんだ理由は違うのです。 上述の説明のようにコミュニケーション不足というのが問題の根底にあるとしても、その問題に対するお互いの見方は違います。 そして、 見方が違うということは、問題解決のための方程式が違う、ということを意味しているのです。 5、問題の認識がお互いに同じであるとは限りません。 解決の方程式は違うんだよ! 図をみてください。 一言で夫婦問題といっても、その問題の認識がお互いに同じであるとは限りません。 たとえば浮気の問題があった場合、浮気、がある以上、それが問題と捉えられがちですが、そうではありません。 浮気自体を怒っているケースもあれば、怒っているというよりも、傷つけられたという気持ちの方が強い方もおられます。 中には「自分だけ好き勝手やって!私も好き勝手やりたり!」という方もいるわけです。 浮気のような明確なキーワードがある場合でも、人それぞれなわけですから、 特別な問題が無い場合には、見ている問題が違うということがより顕著です。 また、過去に大きな問題、たとえば 新婚旅行先で怒鳴られたことがある、というように10年以上も前の事がご本人様には大きな問題になっていることもあります。 もう一方はコミュニケーション不足が問題と考えていたわけですが、そうではなく、怒鳴ってしまったことにより、 相手方は10年間自分の言いたいことを言えずに来た、ということもあるわけです。 カウンセリングの場では、このような食い違いは無限に出てきます。 そうなれば、やはりお互いが見ている問題が違うのですから、解決方法は異なります。 よってまずはお互い、個別にカウセリングを行なって、カウンセラーがまずは互いの問題認識のズレを確認し、また個別でできる範囲で解決をしておき、そのうえで、ご夫婦揃ってのカウセリングに入ることが必要であると考えています。 異論のあるカウンセラーもいると思います。 当職もあえて異論を論じようと思えばできますので。 ですが、机上の論理ではなく、 実務の理論としては、個別カウセリングを行い、そのうえで夫婦そろってのカウセリングを実施する方が修復率は高い印象がありますよ。 6、夫婦関係の修復を失敗してしまうチェックポイント 2 「もうしない(浮気・暴力)」「努力する」「もう一度だけチャンスを」 これらの宣言は、決して悪くはありません。 ただ、仮に私が当事者なら聞きたいのは、たとえば暴力であれば、 a 何故暴力を振るってしまったのか・何故感情をコントロール出来なかったのか b 暴力により、相手方をどんな気持ちにさせてしまい、苦しめたかを考え、説明しながら謝罪 c 自分の気持ちをコントロールするための策(カウンセリング等)を実施(口だけではなく、実際に行動) これらは最低限すべきものだと考えております。 口頭での暴力やモラハラ的なものを続けていた場合には、相手方は「これを言ったら怒られるかも・反論されるかも」という気持ちから、何も言えなくなってしまっていることがあります。 その点まで、心の深い部分まで考えてみてください。 被害者側は、 もし表面的な言葉だけで許してしまった場合、相手方の気が緩んだ時に、また同じ事を繰り返されてしまうのではないかという不安を抱え続けて生活をしなければならなくなります。 そのことも想像しながら、どのようにして、相手方の信頼を取り戻してゆけるのかを考えてみてください。 3 責めながらの謝罪 当職も夫婦カウンセリングの中でよく見かけますが、「絶対に修復をしたい」と言いながらも、「でも、あなたの方だって悪いでしょ」と、相手方を責めているケース。 離婚をしたい側が「あなたの方だって悪い!」と言われて「そうですね。 夫婦関係はフィフティ・フィフティですからね」となることはありません。 確かに、ケースによりますが、夫婦関係はフィフティ・フィフティな所もあります。 場合によっては、有責性のある側から離婚をしたいと言い、有責性の無い側が修復を求めているというケースもあります。 ですので、一概に、責めながらの謝罪、が悪いわけではありません。 「夫婦なんだから、お互いに見つめ直そうよ」というべき場面もありますよね。 離婚の話で喧嘩になった時に、奥様から (1)子どもを出産した時の不満(2)子育てへの不満(3)以前、奥様が病気をした時のこと、入院をした時の事などの不満(4)10年も前の浮気の話、を、持ちだされてしまった方はどの位いらっしゃるでしょうか。 言われてしまった側としては、「10年も20年も前の話だろ」と思っておられるかと思います。 では何故その話が今持ち上がっているのでしょうか。 ここで問題になるのは、今現在起きている問題を解決すべきなのか、昔の問題を解決すべきなのか、という点です。 答えはどこにあると思いますか?また、何故相手方は、今更過去の話をしているのかお分かりになりますか?確かに、女性と男性とでは、見ているタイムラインが違う部分もありますが、それだけで説明しきれるものではありません。 ここを如何に考えるかという点は、夫婦関係の修復にとって非常に重要なポイントになってくると考えています。 少しこの問題に向き合ってみてください。 見えてくるものもあると思いますよ。 当職の夫婦カウンセリングの進め方は、ご夫婦ご一緒にお越しいただくよりも前に、まずは、 各自それぞれにお越しいただく流れを取らせていただいています。 いきなりその場で、本音を話せば争いになりますし、また お互いがお互いの本音を絶対に知っておかなければならないとは考えていないからです。 関係性がまだ改善していない段階で、お互いがそれぞれの期待役割などを知れば、それぞれが相手方に対しての譲歩を求めてしまいます。 「こちらが被害者なんだよ。 私が求めていることが分かってるのなら、なぜそちらから改善に向けて動かないの」という気持ちも生まれがちになります。 つまり、 相手が期待通りに動かなければ、それが不満となりストレスな状況になり、余計に関係が悪くなることもありえます。 もちろん、知らなければならないことも沢山あるのでしょうが、それを知るタイミングというのも重要なのではないでしょうか。 抽象的な話で恐縮ですが、夫婦カウンセリングというのは、カーナビのように、「50メートル直進して、次は左折して100メートル・・」というように、正確な進路を指し示せるものではありません。 それよりも、ご夫婦それぞれが、今自分はどこに立っているのだろうか、仲の良かったころに夫婦で一緒に歩いていた道はどこにあるのだろうか、ということを、 夜空の星を眺めて位置を確認し、少しずつ修正・調整をしながら、元来た道に戻していくというイメージです。 だからこそ、最初からお互いの全ての要求や不満を知る必要はないわけです。 当職との対話の中から星を見つけていただき、歩いていっていただきたいからです。 なお、と当職は便宜的にカウンセラーと表記していますが、スタイルとてはコーチングの流れを踏襲しております。 共感は大切だと思いますが、共感と癒やしだけで変わるものではないというのが私の考えです。 答えは自分の中にあるというよりも、自分の足元にあるという考えです。 自分の中に答えがあったとしても、気付くことができない自分である限り、答えが見つかることはありません。 見つかったと思っているだけだと考えた方が、よりよい答えを見つけやすくなると思っています。 だからこそ、カウンセラーというよりもコーチとしての橋渡しをさせていただいております。 自分自身の事は、意外と分からないものです。 客観的に自分を把握し、そこからがスタートなのではないでしょうか。 Author:行政書士松浦智昌.

次の

夫婦の修復,離婚,浮気カウンセリング|離婚カウンセラー多数在籍の愛・win

夫婦 カウンセリング 東京

何を話せばいい? うまく話せるか不安ですか? 「カウンセリングで何を話せばいいかわかりません」というのは、初回のカウンセリングで皆さんおっしゃることです。 心の中を整理して話すことに慣れている方は多くありませんし、悩みを初めて会う相手に打ち明けるのには、誰だって勇気が必要です。 だからまず、うまく話そうなんて、しなくて大丈夫です。 私達カウンセラーは、言葉にならない声、声にならない気持ち、をお聴きするトレーニングを積んで、"声のトーン"や"お話の間"、"表情"や"存在感"など言葉にならない感覚から、お客様の本当にお伝えになりたいことを受け取れるように努めています。 お話されたいことをあるがままに、お話いただければ大丈夫です。 夫婦カウンセリングの進め方 夫婦・カップルカウンセリングは、おひとりでも、ご夫婦揃ってでもお受け頂けますが、 現在はおひとりでいらっしゃる方の方が多いようです。 ご相談の多くは、パートナーの浮気や、離婚、セックスレスに関するもので、本質的にはご夫婦関係の修復を目的とされている方が大半です。 夫婦カウンセリングではまず、現在、直面されている「テーマ」について伺います。 パートナーの浮気や暴力など、心理的に負担の大きいご相談の場合は、無理にお話をいただく必要はありません。 まずは、辛い気持ちを吐き出して、傷ついて心の回復を最優先にすすめていきます。 そうして、気持ちが落ち着いて段階で、夫婦の関係性を見つめていくことを始めます。 修復をテーマにする場合でも、別々の道を探るケースでも、大切にしているのは、おふたりに後悔のない選択をしていただけるようサポートすること。 わだかまりや、誤解があってうまくコミュニケートできていない気持ちや考えを、整理することで、それぞれが心を伝え合える状態を作っていくことを目指していきます。 私たちは皆、人との関わり合いの中で、自分の居場所を探しながら生きています。 けれど私たちは、様々な理由から心の中に十分なスペースを用意できなくなって、パートナーとの関係に心を割くこともエネルギーを使うことも、難しくなっていく場合があります。 そんな時にはまず、疲れた心を充分に休めること。 そして、もう一度、ふたりの関係を見つめ直してみることから始めましょう。 あなたの心の中にパートナーのためのスペースが充分に確保できているか? パートナーの心の中に、あなたのスペースが充分にあると感じられるか? 夫婦のカウンセリングではまず、心を整えてパートナーのためのスペースを空けるための取り組みから始めます。 もちろん、ふたりの望む未来のために。 夫からの離婚申し立てに対して、関係を修復したい、あるいは、建設的な話し合いをしたいと考えるなら、まずここは踏ん張りどころです。 なぜ離婚を望むのか?そこに至るまでに、どんな経緯があったか? 彼の気持ちや考えを知ることが、初めの一歩になります。 というのも、男性の場合、離婚を口にしたとしても、妻からの離婚宣言ほど気持ちが固まっていないケースが少なくありません。 一時的な感情や、思い込みに動かされるのはむしろ、男性のほうが多いかも。 なので、ここは冷静に、売り言葉に買い言葉にならないよう、クールダウンする時間をとって、長期戦に持ち込むことが大事。 避けるべきは、自暴自棄になって納得しないままに離婚を受け容れることです。 その言質だけとって、君も納得したじゃないか、となりかねません。 彼との関係を修復したい、建設的な話し合いをしたい、と考えるなら、であるならばなおのことですね。 彼の不満を自分事として受け取らず、ただ彼は、そのくらい苦しいんだ、と言う見方ができれば上々です。 それだけで彼も少し落ち着く場合も少なくありません。 ここでは時間が解決してくれることもある、と理解しておいてください。 焦りは禁物、たとえ彼が急いでいたとしても、そのペースにあなたが合わせる必要は、何もないのです。 夫婦が住まいを分けることには、様々なリスクがあります。 別々の生活基盤ができることで、コミュニケーションがとりづらくなるのはもちろんのこと、経済的な負担や、心理的なストレス、また考えたくないことですが、浮気や不倫のリスクも高まることは否めません。 故に、まずは回避することができるなら、どうにか避ける道をさぐること、お勧めします。 ただ、もしそれが難しいと感じられるほど強い要望であるなら、まずはそれを受け容れる勇気を持つことが、夫婦関係を立て直す最善の方法になる場合があります。 一度固まった意志を、撤回させようとすることは、却って事態を悪化させるかねません。 人は、一度決意したもの思いとどまることは、なかなか出来ないものです。 まして、既婚者が別居を口にするのは、相応の覚悟と準備があるはず。 言葉にされた決意は、反対すればするほど抵抗感を生み、より頑なに、覚悟を堅固なものに変えてしまいます。 信じられないかもしれませんが、受け容れることで状況が改善することもあるということを、まずは知っておいてください。 逆に、反対すればするほど、相手は自分の中に引きこもったり、修復不能な亀裂を残してしまうことさえあります。 もしもパートナーが別居を望んでいるとしたら、まずはその選択を尊重することで、一歩譲り、代わってあなたの気持ちを、パートナーにも理解してもらうチャンスを狙いましょう。 出産・育児は女性にとって、男性が想像する以上に大変な出来事です。 慢性的な身体の疲れやホルモンバランスの影響で、通常ではあり得ないような発言や態度をとってしまう、というご相談を受けることもあります。 赤ちゃんを守ること、慈しみ育てること、に女性の身体と思考は注力するようできているのかもしれません。 ケンカをしたいわけでも、まして傷つけ合いたいわけでもない。 今は、普段とはちょっと違う、そんな時期なんだ、という見方をしてみることが大切。 また、この時期の男性はとかく疎外感を感じやすいもの。 それも、これまでとはちょっと違う育児期の心理変化なのかもしれないな、とそんな風に捉えておくことも、大切なのではないでしょうか。

次の

夫婦関係の修復(カウンセリング)の教科書~失敗しないための法則

夫婦 カウンセリング 東京

自然体なカウンセリングで心の拠り所となっている彼女。 実はご本人も、 うつ病や摂食障害などメンタル不調の経験があり、だからこそ辛い気持ちに寄り添えるとして人気が出ているのです。 吐き出したい気持ちがある。 何もないけどなんとなく誰かと話したい。 そんな人のために 5分相談を受け付けていらっしゃいます。 ちょうど今、サイトのキャンペーンで はじめての方には3000円無料クーポンを配布しています。 nanamiさんへ 25分までなら無料で相談できるお得な機会です。 ぜひ、試してみてほしいですね。 いざ辛いときに頼りにできるハズです。 ぜひ一度から探してみてください。 value creation room(バリュークリエイションルーム)は日本橋にある都内でも屈指の人気カウンセリングルームです。 所属されているのは「工藤美都」先生と「中村和子」先生の2名の女性カウンセラー。 どちらの先生も非常に人気が高く、連日数多くのクライエントを導いています。 特筆すべきは、症状の改善と幸福感を作り出す事を目的とした「工藤式」と呼ばれるその方法。 自らの克服をした成功体験から生み出した工藤式をもとに、クライエントに合わせた完全オーダーメイドカウンセリングが最大の特徴と言えるでしょう。 これまでなかなか抜け出せず困っている人は、一度、訪れてみると良いでしょう。 今回、「フィーチを見た」と伝えた方に、かなり大きな特典を付けていただけることになりました。 カウンセリング予約時にはお忘れなくお伝えくださいね。 ルーム名 value creation room サイトURL 住所 東京都中央区新川2-21-10 リードシー八丁堀2. 国で定められているメンタルヘルス相談機関の推奨基準に適合している他、数々のメディアでも取り上げられていることもあり、安心して利用ができるでしょう。 カウンセラーは男性だけではなく、女性も数名在籍しています。 予約の際にはカウンセラーを選べる他、1度利用するごとにカウンセラーを変えることも可能。 自分に合ったカウンセラーを探しやすいカウンセリングルームです。 予めご了承ください。 在籍カウンセラーの資格 ・一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定産業カウンセラー ・米国催眠療法協会認定ヒプノセラピスト ・米国教育学会 AERA ・米国心理学会 APA ・ ・全米教育測定協議会 NCME 心理検査Level B有資格者 ・日本カウンセリング学会認定カウンセラー ・上智大学カウンセリング研究所認定カウンセラー ・中央労働災害防止協会認定THP指導者 心理相談員 ・NLPマスタープラクティショナー ・NPO法人日本カウンセリング普及協会認定心理カウンセラー ・NPO法人日本カウンセリング普及協会認定アートセラピスト ・NPO法人日本カウンセリング普及協会認定インナーチャイルドファシリテーター 女性カウンセラー 5人中4人女性 主な対応の悩み ・心の悩み ・家族の悩み ・恋愛 ・結婚の悩み ・性格の悩み ・人生 ・転職の悩み等 電話カウンセリングの可否 対面のみ 口コミ・評判 異性とのことでは逃げてばかりいた私。 今度こそ、彼とは向き合っていきたいと思っていたので、これからどうなるかは分からないけど、もっと彼を知っていきたいです。 先生があの椅子に座って彼と向き合わせてくれたお陰でもあります。 また何かあったら相談しにいきます。 kokorotherapy. html) 東京カウンセリングサービス 東京カウンセリングサービスはリラックスできる雰囲気の良いカウンセリングルームで、ゆっくりと悩みを聞いてもらえると評判。 カウンセラーは男性の他、女性が10名以上在籍しているので、女性カウンセラーを探している人にもおすすめです。 カウンセリング、サイコセラピースタッフは、自己評価が低く自信が持てないなどの悩みだけではなく、カップル・マリッジカウンセリングや国際結婚、離婚サポートに詳しい人ばかり。 恋愛で悩んでいる人は是非受診してみましょう。 ルーム名 東京カウンセリングサービス サイトURL 住所 東京都世田谷区代沢2-30-21 マ. メゾン代沢(旧KS レジデンス) 202 交通アクセス 下北沢は、新宿からは小田急線で、又、井の頭線なら渋谷からでも吉祥寺からで一本です。 「TCSカウンセリングサービス」は、下北沢駅南口から、徒歩3分です。 それ以降はカウンセリング料全額。 在籍カウンセラーの資格 ・臨床心理士 ・日本欧州共通認定サイコセラピスト 日本サイコセラピー学会 ・The Focusing Institute 認定 フォーカシングトレーナー ・米国ワシントン州メンタルヘルス・カウンセラー ・精神保健福祉士 ・アートセラピスト ・朝日カウンセリング研究会認定スタッフ(グループワーカー) ・ICISF教官 International Critical Incident Stress Foundation 女性カウンセラー 16人中14人女性 主な対応の悩み ・自分の性格や能力 ・家族や友人との人間関係 ・職場のストレス ・転職 ・将来への展望 ・カップルや夫婦の行き違い ・家族間の問題 ・グループセラピー 電話カウンセリングの可否 対面のみ 口コミ・評判 現在、このルームの口コミ情報はありません。 神保町カウンセリングルーム 神保町カウンセリングルームは土日もカウンセリングを行っているため、平日はどうしても休めないという人におすすめ。 カウンセラーは女性のみ在籍しているので、男性カウンセラーに苦手意識がある人も通いやすいでしょう。 不安感が強い、疲労感が取れない、眠れない、人前に出るのが怖いといった悩みから対人関係に家族のこと、依存症についての悩みを相談できます。 的確なアドバイスをもらえると評判のカウンセラーに心の内を話してみてください。 それまでにご連絡がない場合は、相談料をキャンセル料として申受けます。 在籍カウンセラーの資格 - 女性カウンセラー 女性のみ 主な対応の悩み ・うつ(鬱) ・パニック症状 ・強迫性障害 ・不眠症状 ・疲労感 ・対人恐怖、対人緊張がある ・コミュニケーションが苦手 ・親密な関係が築けない ・友人関係が築けない ・職場や学校などの人間関係の問題 ・恋人、カップルの問題 ・アダルトチルドレン(AC) ・夫婦関係の問題(喧嘩、セックスレスなど) ・ドメスティックバイオレンス(DV) ・嫁姑問題 ・子どもや高齢者への虐待 ・アルコール依存 ・薬物依存 ・ギャンブル依存 ・買い物依存等 電話カウンセリングの可否 対面のみ 口コミ・評判 夫がうつ気味で診てもらいました。 精神的なストレスからくるものでじっくりと治療をしていただき、無事仕事にも復帰出来ました。 原因は人間関係だということもわかり、今後のアドバイス等もいただいたようでありがとうございます。 (引用:) かなり親身に話を聞いてくれました。 東京で評判のいいカウンセリングルームを探していたところ、友達に紹介してもらい行きました。 良かったです。 (引用:) M'Sカウンセリングルーム 病院などの冷たい雰囲気ではなく、まるで友達の家へ遊びに来たかのようにホッとすると評判のM'Sカウンセリングルーム。 カウンセラーは女性で、カウンセリングの他にアロマ・カラーセラピーやアロマオイルハンドマッサージも行っています。 人間関係のことで眠れないほど悩んでいる、家庭の問題について誰かに話したいなどあれば、M'Sカウンセリングルームの優しくて頼れるカウンセラーに聞いてもらいましょう。 イライラする心もアロマによって癒されるはずです。 色々アドバイスもいただけたので実行してみようと思います。 暖かい安心できる先生です。 (引用:) 生年月日や名前からみる占いのような部分と、アロマテラピー、カラーセラピー、カウンセリングと様々な要素が融合したサロンでした。 雰囲気がとても良く、必要なアドバイスも頂き、悩んでいることが良い方向に変わる期待を感じました。 何か気になる事、悩んでいる事がある方に是非オススメしたいです。 groupon. カウンセラーは男性のみではなく、女性も在籍しているため、男性も女性も通いやすいカウンセリングルームです。 東京カウンセリングセンターだけではどうしても悩みが解決しない、そんなときは悩みに合わせたかかりつけ医を紹介してもらえます。 対面だけではなく電話やWEBからの相談も可能です。 私の担当は女性でしたが、話をじっくり聞いてもらったのでストレス解消になったし、自分の考えを整理することもできましたし、客観的なアドバイスも貰う事が出来ました。 お陰様で計7回のカウンセリングで一旦回復という状態になりました。 (引用:) 池袋カウンセリングセンター 池袋カウンセリングセンターでは不安でなにも手につかない、人に溶け込むことができない、転職したいけれど勇気が出ないといった自身の性格に関する悩みから、国際結婚や異文化間で起きるストレス、仕事での人間関係の調整や子供のしつけについても相談できます。 カウンセリングも1対1の個人カウンセリングだけではなく、家族や恋人とともに受診するカップル・家族カウンセリングもあります。 また、カウンセラーを目指す人を対象とした「スーパービジョン・教育カウンセリング」も受付可能です。 話してて傷つくことはあまりなかったし、安心して泣いた。 たまたまその方の予約が取れない時があり、その時に場繋ぎのようなかんじでやらせていただいた箱庭療法は結局合わなかったけど経験としては楽しかった。 (引用:) 恵比寿カウンセリングルーム SEEDS 恵比寿カウンセリングルームSEEDSには臨床心理士やシニア産業カウンセラーといった資格を保持した頼れる男女のカウンセラーが在籍しています。 PTSDや恐怖症などの症状に対して有効性が認められているという「EMDR」も相談次第で対応可能です。 EMDR(眼球運動による脱感作・再処理法)は、日本ではまだあまり数の少ない心理療法です。 左や右に揺られるカウンセラーの指を見ながら過去に起きた体験を思い出しつつカウンセリングを進めていきます。 相談内容や状態によってはEMDRを受けられない場合もあるので初回の面接時にカウンセラーへ確認してみましょう。 西新宿臨床心理オフィス 西新宿臨床心理オフィスは仕事のストレスや対人関係の悩みを抱えている人や、電車に乗れない、気分が落ち込みやすい人におすすめのカウンセリングルーム。 カウンセラーには女性が数名在籍していますから、男性カウンセラーには話しにくいことも気兼ねなく相談できるでしょう。 こちらでの心理療法は原則、予め決められた日時に、決められたカウンセラーと1対1で行われることになっています。 週1回、時間は約50分ほど。 その他に栄養相談や、心理検査を受診することも可能です。 日本橋のメンタル屋さん 心の居酒屋 日本橋のメンタル屋さん心の居酒屋は、気軽に悩んでいることを打ち明けられる、そして元気になれると人気のカウンセリングルームです。 「心の居酒屋」という不思議な名前ですが、メンタルトレーニングや運動・行動療法、催眠療法に自己暗示など本格的な心理療法を受けられます。 「こんな小さな悩みでカウンセリングに行ってもいいのかな…」と悩んでいる人にこそおすすめなカウンセリングルームです。 カウンセラーは男性の方ですが親身になってくれると評判。 女性の方も通いやすいですよ。 ストレスは無くなったわけではありませんが、気持ちがとても楽になりました。 心理カウンセリングは、なんとなくとても敷居の高い場所だと思っていましたが、とても話がしやすい先生で安心しました。 kokoro-counseling. kokoro-counseling. 東京には家族も親戚もいなくて、友だちには愚痴っぽい話をするのがいやでしたが、心理カウンセリングなら、割り切って話ができるのでいいと考えました。 でも心理カウンセリングはクールな割り切りではなく、とても温かい気持ちで接してくれる癒しの場所でした。 毎月お願いしています。 kokoro-counseling. カウンセラーも女性で、優しく話しを聞いてくれる、親身に寄り添ってくれると評判です。 カウンセリングへ行ったことがない、自分の悩みを聞いてもらえるか不安であるなどそういった人こそこころルーム表参道へ行ってみましょう。 話すことが苦手でも、カウンセラーが優しく聞きだしてくれるので、思いっきり心の中のモヤモヤを吐き出すことができますよ。 例えば、最初のセッションで怒りなどの不快な気持ちも、無いことのように扱うのではなく、まずは認識しようと試みることの大切さや、不快な気持ちを意識するほうが最終的には良いことを実感できました。 それから、何より有難かったのはやはり先生のお人柄です。 ちゃんとこちらの話を聞いてくださるという安心感を感じながらセッションに臨めました。 こうした信頼関係なくしては心を開いて話せなかったと思うので、真摯で気持ちの温かい先生にご担当して頂き、本当にラッキーでした。 cocoro-room. html) 決め手は料金システム、女性専門であることでした。 最初は、半信半疑でしたが、1時間という限られた時間の中で私自身の思いのたけを全て受け止めて下さり、私のモヤモヤをひもといて下さるのがよく分かりました。 言葉につまったり、涙を流すこともありましたが、しっかりと向き合って一緒に考えて下さったことに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 なんでもっと早くここに来なかったのだろうと思う程です。 以前と比べて私の心は大分おだやかになりました。 cocoro-room. html) 八王子のカウンセリングルーム「ハルモニア」 ハルモニアはトランスパーソナル心理学やサイコシンセシス(統合心理学)といった理論を交えたプロセスワークを行っているカウンセリングルームです。 初めのカウンセリングでサブパーソナリティを見つけ、ロールプレインゲームのような方法で問題の原因解決へと進めていきます。 カウンセラーは女性の主宰他、男性が数名、そして女性のヨガインストラクターがいます。 ハルモニアは一般的なカウンセリングだけではなくヨガ療法やアロマケアにフェイスセラピー、ボディケアも行っていて、カウンセリング初心者の方でも通いやすいのが特徴です。 対人関係、仕事、恋愛やコミュニケーションについての悩みを相談できます。 「自分はアダルトチルドレンかもしれない」など、悩んでいることがあれば気軽に相談してみましょう。 カウンセリングでは認知行動療法によって、相談者がどういった考え方の癖を持っているのかを明確にします。 そこから悩みの原因などを読み取り、新しい考え方の癖やコミュニケーション方法を学んでいくのです。 カウンセラーは男性ですが、頼り甲斐があり話しやすいと評判です。 悩んだ時自分で考えて対処できるようになったり、人間関係も良くなって、自信が持てるようになりました。 正直、最初は難しそうだと思ったけど、毎回納得できたし、頼れるいい先生です。 これからも通い続けたいです (引用:) 東京多摩ネット心理相談室 東京多摩ネット心理相談室では日本人唯一のブレインスポッティング国際トレーナーであるカウンセラーに悩みを相談することができます。 米国式の問題解決方法を行う、最先端カウンセリングルームといっていいでしょう。 カウンセラーは数々の著作を出版している、知識も経験も豊富な男性の方。 パニック障害や恐怖症など、難しい悩みについても的確に対応し、スピード解決してきた実績があります。 多摩境通りを右手に直進。 尾根幹線道路(右手にガソリンスタンド、向かいにトイザらス)を右折し、直進。 坂を下りきった左手(20分程度)。 坂本橋バス停で乗車し、横土手で下車。 小山の交差点を右折で右手に(15分程度)。 面前で、大恥をかいてしまって……。 近場の心療内科に診察に行きました。 薬物療法と認知行動療法を8ヶ月続けましたが、どんどん絶望していきましたね。 鈴木さんには表面的な部分ではなくて、いろんな核心的な部分に気付いていただき、真摯に向き合っていただき、自分の心が少しずつ開けていけました。 自分の中で起こっているっていうのをきちんと認識した上で、それを乗り越えるためにどのようにしたら良いのかを 心療内科で受けた認知行動療法の様に マニュアル的な一般的にありうるようなことではなく、私自身にカスタマイズした内容で対策を考え、新たな気付き、ひらめきを2人で導き出して実践していきました。 バスに乗っては降りて、降りたところでTFT療法を行い、またバスに乗りの繰り返し。 TFT療法をやるたびに緊張がとれ、それでバスの中で行動療法(混んでいるバスであえてシルバーシートに座る)ができる余裕も生まれました。 通常のカウンセリングだけではなく、相続に関する悩みについても相談できます。 カウンセラーは男性で、初回のカウンセリングではどういったことに悩んでいるのかを聞きだし、過去のどんなことが悩みの原因になっているのかを明らかにします。 相談者の脳の機能を大まかに推測するために簡易チェックも行うことで、より悩みの原因や解決方法がはっきりとわかるなど丁寧な対応をしてもらえます。 モノレール沿いに立川南通りに出ます。 その通りを東に約600m行くと立川通り(市民会館西の信号)に出ます。 その通りを南に375m行くと右手にこげ茶色のタイル貼りの5階建てマンション(ソリドール立川)があります。 その2階(201)です。 その他の最寄り駅はJR南武線の西国立、多摩都市モノレールの立川南と柴崎体育館です。

次の