家具 簡単 移動。 100均で手に入る!重たい家具も「1人で動かせる」超ベンリアイテム知ってる?

家具移動ならクロネコヤマト!セルフ引越を楽にするサービスは?

家具 簡単 移動

長年住んでいる部屋には、だんだん飽きてきてしまうものです。 「心機一転!模様替えをしよう!」ともくろんでいる方も多いのではないでしょうか?いつもと違う場所に家具を移動するだけでも、部屋の雰囲気がグッと変わり気分もよくなるものです。 そんな模様替えのときに、少し困ってしまうのが「ベッドの移動」ではないでしょうか?ちょっとしたチェストやテーブルなどは一人でも簡単に移動できるかもしれませんが、大きなベッドは、少し移動させるだけでもなかなか大変です。 そこで今回は、「ベッドを移動させるときの注意点は何か?」「ベッドを楽に移動させる方法はあるのか?」などについてまとめてみました。 ぜひこの記事を参考にして、素敵なお部屋に模様替えをしてみてくださいね。 ベッドを移動させるときの注意点 ベッドは非常に大きな家具であるため、移動する際には気をつけるべき点がいくつかあります。 まず一番気をつけたいのが、ケガです。 ベッドはとても重たいので、運んでいる最中にうっかり落としてしまったりすると、下敷きになった足をケガしてしまうことがあるのです。 少しでもケガを軽減できるよう、ベッドを移動させる際には厚手の靴下やスリッパなどを履くようにしましょう。 次に気をつけたいのが、床などへ傷をつけてしまうことです。 ベッドを運んでいる途中にうっかり床に落としてしまうと、衝撃で床がへこんでしまったりすることがあります。 また、「重いから」といってベッドを引きずって運んでいると、床に傷ができてしまうことも。 ベッドを運ぶときは、床や壁に傷がつかないよう、細心の注意を払っておこなうようにしましょう。 他にも、ベッドを運んでいる最中にうっかり他の家具にぶつけてしまうこともあるでしょう。 花瓶など陶器でできたものにぶつかってしまうと、割れてしまうこともあるかもしれません。 ベッドの移動をおこなう際には、あらかじめ壊れやすいものを別の部屋に移動させておいたり、毛布などクッション性のあるもので覆っておいたりしたほうがよいでしょう。 身近なグッズでベッド移動をラクにする ベッドをラクに移動させるためにはいくつかの方法がありますが、まずは身近なグッズでできる方法をご紹介していきましょう。 家にあるもので簡単にベッドを移動させることができるので、ぜひ一度挑戦してみてくださいね。 ダンボールを使ってベッドを移動させる 比較的大きなダンボールが家にある場合は、ダンボールを使ってベッドを移動させるのがおすすめです。 やり方は簡単で、ダンボールをベッドの下に挟みこみ、ダンボールごと引きずって移動させます。 こうすることでベッドの滑りがよくなり、少しの力で移動ができるようになるほか、床に傷をつける心配がありません。 毛布を使ってベッドを移動させる 引越し屋さんなども使うことがある手法になりますが、毛布などの厚手の布をベッドの下に挟みこむというのも、簡単にベッドを移動させるために有効な手段のひとつです。 布は滑りがよいため、ベッドの下に挟みこんで布ごと引きずるだけで、簡単にベッドを動かすことができます。 軍手を使ってベッドを移動させる 「家にダンボールも毛布もない!」という方には、軍手を使って移動させる方法がおすすめです。 やり方は、軍手を4枚準備して、それぞれベッドの脚の下に敷き、あとはダンボールや毛布の場合と同様に、ベッドごと引きずって移動させるだけです。 なお滑り止めのゴムなどがついているタイプの軍手を使用する場合は、滑り止めの面が床側にこないようにしましょう。 もし滑り止めの面が床側にあると、ベッドを動かすことができません。 ベッド移動はアイテムに頼ってみる! 上記でご紹介したとおり、ベッドはダンボールなどの身近な道具を使って移動させることができますが、それでも「やっぱり専用の道具じゃないと床を傷つけてしまわないか心配!」という方もいらっしゃるでしょう。 そういった方には、「ジャッキ」と呼ばれる家具移動専用の道具を使用することをおすすめします。 ジャッキとは、テコの原理を用いて家具の脚を持ち上げる道具です。 ジャッキには通常、4つの小さな台車が付属されており、ジャッキを使って持ち上げた家具の脚にこの小さな台車を装着することで、簡単に家具を移動することができるようになります。 ジャッキは、ベッド以外にも、大きなタンスの移動などにも使うことができるので、「一家に一台」という感覚で常備しておいても損はないでしょう。 ジャッキ以外にも、ベルトを巻くことで家具を移動しやすくする道具や、敷くだけで簡単に家具を移動できるようになる専用マットなど、さまざまな家具移動用の道具がありますので、ぜひ自分にぴったりのものを探してみてくださいね。 そこでOK?ベッドの適した設置場所 さてベッドを移動する準備ができたら、次は「どこに移動させるか?」についても考えましょう。 労力をさいて重いものを移動させるのですから、よく考えてから移動し、やり直しすることのないようにしたいものです。 ここでは、ベッドの適した設置場所について、ポイントをご紹介します。 寒いところには置かない 換気口の目の前や出入り口のそば、窓の近くなどにベッドを置くと、冷たい空気が流れ込み、眠れないことがあります。 ベッドはなるべく暖かい場所に設置することを心がけたほうがよいでしょう。 壁とベッドの間に隙間が取れない場所には置かない 壁にピッタリつけないとベッドを置けないような場所は、避けることをおすすめします。 壁とベッドの間に隙間がないと、隙間から落ちたものを拾うことができないほか、隙間を掃除することができず、埃まみれになってしまうことがあるからです。 掃除がしやすいように、壁とベッドの間には、掃除機が入る程度の隙間を空けておくとよいでしょう。 外の音がよく聞こえる場所には置かない 昼間は気にならない車の騒音なども、夜になるとうるさく感じることがあります。 寝ている途中に、車の音で目が覚める、なんてことになったら嫌ですよね。 したがって、ベッドを設置する際は、窓や換気口など外の騒音が聞こえやすい場所は避けたほうがよいでしょう。 生活の動線上には置かない 通常、部屋の中にはいろいろな生活用品が置いてあります。 「洋服を取りに行こうとしたら、ベッドがジャマ……」「テレビをつけようとしたら、ベッドがジャマ……」なんてことになったら、不便で仕方がないですよね。 そうした状況を避けるため、ベッドを移動する際は自分の生活をよくシミュレーションし、動線にならない場所に設置するようにしましょう。 ベッド移動で困ったら…家具移動サービスを利用しよう さてここまでで、自力でベッドを移動する方法についてご紹介してきました。 工夫さえすれば、ベッドを移動するのは比較的簡単です。 しかしそれでも「床が傷つかないか心配」「力がないので一人でできる気がしない」という方もたくさんいらっしゃるでしょう。 そんな方には、業者が提供している家具移動サービスの利用がおすすめです。 家具移動サービスを利用すれば、ベッドの移動に必要な道具を自力でそろえる必要はなく、すべて業者におまかせすることができます。 また自分でやろうとすると、たとえベッド1つでも何時間もかかってしまいますが、業者にお願いすればスピーディに移動を完了してくれるでしょう。 「1階から2階へベッドを移動したい」といった要望にも応えてくれるところがほとんどです。 こういった場合は特に、自力で移動させるのはとても危険ですので、ぜひ家具移動サービスを活用しましょう。 まとめ さて今回は、「ベッドを移動させるときの注意点は何か?」「ベッドを楽に移動させる方法はあるのか?」などについてご紹介してきました。 ダンボールや毛布など家にあるものを使ってベッドの移動ができるというのは、ご存知でしたか?機会があれば、ぜひ一度挑戦してみてくださいね。 ただ、ベッドは重たい家具ですので、無理は禁物です。 少しでも「無理そうだな」「大変そうだな」と感じたら、すぐに業者の利用を検討することをおすすめします。 家具移動サービスを提供している業者はたくさんありますので、ぜひご自分の要望に合ったサービスを提供してくれる業者を探してみてくださいね。

次の

ベッドを移動させたい…「大きい重い」が難点!自分でできる移動方法

家具 簡単 移動

突然ですが、 「家具を移動するときに使える便利グッズにはどんなものがあるの?」と困っていませんか?• 家具を滑らせて移動できる便利グッズは?• 家具を持ち上げて移動できる便利グッズは?• 家具を移動するときの注意点は? これらの悩みを元引越し業者が、全て解決します! 家具を滑らせて移動できる便利グッズは? 家具を滑らせて移動させる便利グッズは以下の通りです。 品名 価格 購入先(参考) カグスベール 200円〜6000円前後(大きさによって異なる) 楽むび 1980円(税込・楽天市場) 楽ちんパワフルキャリー 1980円(税込・楽天) カグスベール 自分で持ち上げられる程度の家具であれば、脚の部分に「カグスベール」を 貼り付けるだけで簡単に床を滑らせて移動することができます。 カグスベールを付けておけば、 床を滑らせてもほとんど傷がつきません。 家具に合わせて様々なサイズのカグスベールが用意されており、フリーカットできるシートもあるので動かしたい家具に合わせて使い分けてみるといいでしょう。 鏡台、脚付きソファー、脚付きタンス、テーブル、などの4本の脚にカグスベールを貼り付けると、フローリングの上をスーっと動き簡単に家具移動ができて部屋の衣替えも簡単です。 引越しの際に玄関まで家具を動かしたい時にも便利に利用できます。 価格:200円〜6000円前後(大きさによって異なる) 家具を持ち上げて移動できる便利グッズは? 家具を持ち上げて移動させる便利グッズには「キャリーベルト」があります。 数種類のキャリーベルトが発売されていますが、どの商品も原理や使い方は同じです。 キャリーベルトを家具の下にクロスさせて通し、2人で左右からベルトを使って家具を持ち上げるだけなので使い方はとても簡単です。 このベルトを使うと1人に対しての家具の重さが半分になるので、重い家具でも負担なく持ち上げることができます。 家具を滑らせて移動できない場合にはこちらのベルトを使ってみましょう。 ベルトでしっかり固定できるので、階段の移動も可能です。 価格・1000円〜2000円前後(アマゾン、楽天で取扱有り) 家具を移動するときの注意点は? 便利グッズを使用すれば自分でも家具を動かすことは可能ですが、怪我をしたり家具を破損する可能性もあるので、作業には十分注意するようにしましょう。 まず自分が怪我をしないために、手には軍手やゴム手袋をはめて足にはスリッパや室内シューズを履くようにします。 万が一手や足に重い家具を落としてしまえば大怪我になりますので注意してください。 次に、家具の通り道となる通路や壁に傷をつけないように緩衝材や毛布を使って養生しましょう。 便利グッズを使っていても家具が倒れる可能性が有り、これによって大きな傷が付いてしまう可能性があります。 さらに家具もしっかり養生するのを忘れないでください。 家具を滑らせても持ち上げても、倒したり落して傷をつけてしまう可能性があります。 まず緩衝材や毛布で家具を包んでから便利グッズで移動するのが理想です。 万全な体制を整えてから便利グッズを使ってみよう 家具を自分で簡単に動かすことができれば、引越し作業がグンと楽になります。 しかし、きちんと準備をせずに家具移動をしてしまうと思わぬアクシデントが起こる可能性があります。 自分で家具を移動した場合の怪我や破損は誰も保証してくれませんから、十分注意して作業してください。 怪我、破損、傷、を防ぎながら便利グッズを使って家具移動ができればこんなにいいことはありません。 早速便利グッズを活用してみましょう。

次の

家具の移動はリフターで簡単!お部屋の模様替えを快適に!│家具インテリアの図書館

家具 簡単 移動

こんにちは、引越しアドバイザーのめぐみです。 引越しのやり方は様々で、多くは引越し業者に頼むことが多いですよね。 ですが、荷物が少なかったり移動距離が少なかったりする引越しの場合には自分たちでトラックをレンタルしてセルフ引越しをすることもあります。 実際私も、一人暮らしで市内ぐらいの引越しの時には大きめの車を借りて引越しをセルフでしたことがあります。 しかしセルフ引越しで大変なのが、家具の移動です。 手伝ってもらって大型の家具や家電を運ぶことはできても、部屋の整理をしていたら家具を移動させたいということもあります。 そういった時に利用できるクロネコヤマトの家具移動サービスとはどういうものなのでしょうか? また、引越しでペットや自動車などの移動が必要な場合のクロネコヤマトのプランについては次の記事でまとめてあるので、気になる方はチェックしてみてください。 クロネコヤマトの家具移動サービスとは? クロネコヤマトのサービスのひとつに『家具・家電移動サービス』があります。 このサービスはその名の通り、大きい家具や家電を移動してくれるものになります。 家具移動サービスを頼むと、引越し業務も行うスタッフが2名派遣されてスムーズに家具や家電の移動を行ってくれます。 家具や家電の大きさは大体100キロぐらいまでとされているので、大抵の家具や家電なら運んでもらえることになります。 クロネコヤマトの引越し業務のノウハウから、大きな家具や家電の移動も安心して任せることが出来るのがこのプランの特徴です。 クロネコヤマトの家具移動サービスの料金は? ではクロネコヤマトの『家具・家電移動サービス』の料金はどれくらいになるでしょうか? 料金の設定は、基本的に家具家電1点が6000円~というようになっています。 1点6000円だと高い、と思うかもしれませんが同時に2点以上の移動を頼むと2点目以降は家具・家電1点あたり3000円~になります。 そのため、家具や家電を移動させる場合にはまとめて頼む方がお得になりますよ。 また、家具によっては移動させるのに分解や組み立てが必要になってくることもあります。 その場合にかかる料金は、分解が3000円~組み立てが4500円~になります。 また家具を吊り上げたり吊り下げたりが必要な場合には、家具1点につき10000円の追加料金がかかりますよ。 心配な場合には、まず見積もりをしっかりととってもらうことが大切です。 特に分解や組み立てが必要かどうか自分でわからない、吊り上げや吊り下げが必要かわからないなどの場合には、事前に見積もりをとっておくと安心ですよ。 クロネコヤマトの家具移動サービスの注意点は? まず注意しなければいけないのが、この家具移動サービスはその住居内で行うということです。 家具移動という名前だけみて、引越しで家具家電だけの移動をしてもらえると勘違いしてしまうことも多いです。 確かに、プラン名だけで判断すると間違えてしまいそうになります。 ですがクロネコヤマトには、『らくらく家財宅急便』という家具家電のみの引越しをしてくれるプランがあるため、引越しとして別住居へ運びたい場合には『らくらく家財宅急便』を利用するようにしてくださいね。 実は私もこれを間違えたことがあって、家具と家電だけを運んでもらいたい時にネットで調べて家具移動サービスに問い合わせをしてしまったことがありました。 事前に問い合わせをしたので、間違えて申し込んでしまうことはなかったですが注意が必要です。 また、中にものを入れるような家具や家電の場合には事前に中身を抜いておかなければいけません。 引越しの場合には中身を抜かなければいけない、と思って抜く人も多いですが同じ住居内なので別に中身を出さなくてもいいかな、と思ってしまうことも多いです。 冷蔵庫をはじめ、洋服ダンスなども中身を抜いて空にしておかなければいけません。 家具1点あたり6000円~の料金と考えたら出し入れで+5000円だとかなり料金が変わってきてしまいます。 中身があるものに関しては、同じ住居内の移動だとしても必ず空にしておくようにしてくださいね。 まとめ クロネコヤマトの家具移動サービスのように、同じ住居内での家具移動サービスを取り扱っている業者は少ないです。 何よりも、大切な家具家電だからこそ同じ住居内でもしっかりと取り扱ってもらいたいですよね。 そんな時に、クロネコヤマトはその看板だけでも安心感などがあるため頼みやすくなっています。 料金的にもそこまで高いものではないので、同じ住居内で1階から2階への移動などセルフでは難しいような移動があれば一度検討してみてくださいね。

次の