ホステス プロ。 色恋営業と擬似恋愛の区別もつかないクソホステスが売れるには

越雲みなみ(ゴルフ)が可愛い!ホステスプロって?プロフィールも

ホステス プロ

外注費と給与の違い 外注費と給与では、源泉所得税等の取扱いが異なります。 上記、所得税法第204条第1項第6号は、外注費扱いを想定したものです。 ですが、近時では、給与扱いとするケースもあります。 なお、給与となった場合、通常の従業員と同じ取扱いが必要です。 具体的には、以下のような計算を行います。 所得の大きさに応じ、税額が異なります。 したがって、ホステスの類型がどちらに該当するか、判断を要します。 外注費と給与の分別基準 ホステス等への支払いが、 外注か給与かは、以下を参考に判断します。 実際は、個々の経済事象から総合的に判断することになります。 所得税法第204条第1項第6号は、プロホステスを想定していると思われます。 そのため、完全歩合制、数店舗の掛持ち、自身のお客様と営業、等の特色があります。 代表例として、東京銀座のホステスが該当するでしょうか。 彼女たちは、個人事業主で、お店の従業員という意識はほとんど無いそうです。 (お店という場所を借りて、自分で営業している感覚) 衣装代、DM代、お中元等も基本的に自己負担と聞きます。 また、売掛金回収も責任を負う場合があるとか。 報酬は基本日当+成果報酬の契約が多いようです。 したがって、以下の場合は、給与所得となる可能性もあります。 ・所属先から携帯電話の貸与• ・時給制• ・衣装代、クリーニング代等が自前ではない.

次の

ホステスプロ・井上りこはトップ10フィニッシュも…「まだまだ力不足」 (2018年7月26日)

ホステス プロ

ホステスプロの村田理沙(24=レオパレスリゾートグアム)が、恩返しのプロ初優勝へ首位発進した。 雨の中で4バーディー、1ボギーの69で回り3アンダーとした。 今季は米下部ツアーが主戦場。 一時帰国してスポンサー契約するECCの大会に臨み、好スタートを切った。 田辺ひかり(22)、今季のプロテスト合格を目指すアマチュアの西村優菜(18)ら4人が首位に並んだ。 雨脚の強い前半、村田はパーを重ねて耐えた。 雨が徐々に弱まると、8番パー5でピン左1メートルにつけて最初のバーディー。 続く9番パー4でもバンカーから3メートルに寄せ、2連続でスコアを伸ばした。 13番パー3では20ヤードをチップインバーディー。 最終18番パー4では惜しくもバーディーパットを外して単独首位は逃したが、ホステスプロとして胸を張れる第1日になった。 「雨はすごく苦手。 朝から嫌だな~と思っていて、それでもやるしかない。 最初の1番から良くなくて3、4番では外してもおかしくない3~4メートルのパーパットを入れた。 そこでボギーを打たなかったのが、いいスコアにつながりました」 今季からカリフォルニアに拠点を置き、米下部ツアーに挑戦する。 自ら車を運転してツアーを転戦。 ボランティアのキャディーを探し、キャディーが見つからなければ、自ら手引きカートで回るという。 「米国に行きたかった。 こんな経験ができるのも、応援してくださるスポンサーさんがいるからこそ。 日本のファンにも恩返しがしたい」。 一時帰国して臨む今大会後には再び渡米する。 プロ初優勝を手にすることができれば、最高の自信になる。 父が米国人、母が日本人。 9歳から競技を始め、東京・杉並学院高から山梨学院大へ。 大学時代の15年にグアム知事杯女子トーナメントで優勝。 翌16年プロテストに合格。 161センチ、52キロ。

次の

灼熱のサマンサタバサ! “ホステスプロ”たちのファッションチェック

ホステス プロ

前の記事 口説き落としたくて、何度も指名しているホステスがいる。 でも、口説き落とせない。 いつも、寸前のところでかわされる。 そんなとき、男は焦れますよね。 かわされればかわされるほど、深みにはまるように、さらに店に通い続けてしまったりする。 その気持ち、すごくよくわかります。 なんだろう? 当たりが出るまで大枚をつぎ込んでしまう、ギャンブルに近いような感覚? それとも、相当つぎこんでしまったので、引っ込みがつかなくなってしまっている感覚でしょうか。 こんばんは。 素人よりも水商売の女性が大好きなJDです。 この記事では、ホステスを落とすために、頭に入れておくべき、2つの方向性について解説します。 お読みいただくことで、「指名地獄」にはまって抜け出せなくなる危険を避けることができるようになります! ホステスの目的とは ホステスは、何のためにお店に来ているか。 簡単ですよね。 金を稼ぐためです。 客に金を使わせて、店の売り上げを上げる。 その結果、自分がもらえる給料を増やすこと。 それ以上でも、以下でもありません。 ですので、仕事を真面目に考える「ちゃんとした」ホステスほど、この目的に忠実に行動します。 客に愛想を使いますし、笑顔で接します。 仕事ですからね。 さらに、ときどきは怒ったふりをして客の気を引いたりします。 何を言ってもニコニコしているよりも、たまにキッとなってくれた方が、男の側も楽しいじゃないですか。 これも仕事です。 男の感情を揺らしてあげるのが、仕事なんです。 まずは、ここを理解しましょう。 彼女たちは遊びにお店に来ているのではなく、仕事に来ています。 「色恋」も仕事のひとつ 「色恋」という言葉、ご存知でしょうか。 ホステスは客との関係が進んでくると「 色恋」を使うのが定番です。 JDさんと、遊園地とか言ったら楽しいんだろうな みたいな感じです。 あとは、じゃれつくようにボディタッチしてくるとか。 少し手慣れたホステスなら、思わせぶりな態度をとることによって、客が自分のことを落としたくなるようにし向けることなんて朝飯前です。 機械的に仕事としてこなします。 ホステスは負の感情を見せない なのに、男の方はだまされてしまうんですね。 「俺に気があるんじゃないか…」 「一押しすれば、いけるんじゃないか…」 残念なんがら、いけません。 ホステスとの接し方で難しいのは、彼女たちが男に対して「 負の感情」を絶対に見せないことなんですよね。 基本的に彼女たちは「 お客さんに嫌な感情を抱かせるようなこと」はしません。 仕事ですから。 客商売ですから。 客を気持ちよくさせて、金を使わせてナンボの商売です。 仕事意識が高ければ高いほど、客に嫌な気持ちをさせません。 その点では、素人の女性の方がよほどわかりやすいですよね。 男がキモければ、あからさまに避けようとしますから。 無視したり、音信不通になったりする。 ですので、「自分が嫌われたんだ」ということが簡単に見極められます。 それに対して、ホステス。 仕事のためですから、男がよほどあり得ない対応をとっても、関係を切ってはきません。 切るとすれば、 男の金が尽きたとき です。 男から十分に金を引き出した後に、 この辺が潮時かなと思えば、「ちょん」と簡単に関係を切ります。 男の方はというと、その頃になるとつぎ込んだ金も膨大になりますから、あきらめきれない。 ホステスにすがりますしかなくなりますよね。 ホステスのことを好きであきらめられないのか、 金を使って引っ込みがつかなくてあきらめられないのか、自分でもなんだかわからなくなる。 こうなると、地獄ですよね… そうならないように、お店に通うときには、戦略的に考えていかなければなりません。 ホステスを落とすための2つの方向性 ホステスは、客のことを「金」だと思っています。 男は金を引き出すためのキャッシュディスペンサーか何かです。 ボタンを押す代わりに、男の感情スイッチをちょこちょこ押して刺激します。 感情を刺激された男は、パブロフの犬のようにお金を払い続けるわけです。 笑えないですよね。 この現実を見据えましょう。 見据えた上で、戦略を練っていきましょう! 私たち男が「金」だとしたら、ホステスを落とすには「金」という関係性をどう利用するかという観点から、2つの方向性があることになります。 以下の2つです。 そして、自分がどちらの方向性で攻略するつもりなのか、最初から決めておくことが、ぜひ必要です。 友達関係をつくる(客=金という関係から離れる) 一つ目の方向性は、比較的若い人に有効です。 ホステスが自分のテーブルに来たときに、極力リラックスさせてあげ、友達のような関係を作っていく方法です。 「ほっとした気持ちにさせてあげる」 「たまたま出会ったのがキャバクラというだけであって、自分とは金以外のところでつながりたいと思わせる」 こんな感じで攻めていきます。 確かに、綺麗な攻め方です。 ただし、難しい… たとえば、ホステスの世界では「 友達営業」などといって、「色恋」をはさまずに、客と「友達」のように接することで店に来させるという営業スタイルすらあります。 自分に気安く接してくれるからといって、別に気持ちを許したわけではないんです。 単にそのホステスの営業スタイルというだけです。 あなどれないですよね。 彼女が本当に気を許しているのか、それとも営業スタイルで気を許している風を装っているのか、それを見極められるかが一つのポイントになります。 この方法「友達関係を作る」で落とすには、客の側に 相当なコミュニケーション能力が必要になります。 ホステスはそもそもコミュニケーション能力が高いですよね。 客に楽しいと思わせてナンボな商売のわけですから。 男と会話をして、楽しそうなふりをすることなんて朝飯前です。 男の側はそのホステス以上に、コミュニケーション能力を発揮して、彼女に 楽しいという気持ちを抱かせることが必要になります。 単に爆笑させるということではなく、「心地いいな、落ち着いていて楽しいな」と、ホステスに無意識のうちに思わせることができるようなレベルです。 そこまで出来て、初めて「この男、ちょっといいかも」と感じさせることができるようになります。 女は尊敬できる男にはなびきますから、自分よりコミュニケーション力が高いと思わせ、人間的にすごいと思われれば、魅了できます。 尊敬できる男友達になる。 確かに綺麗な攻め方だとは思います。 で、これ、あなたはできますか。 金づるであることを自覚し、利用する(客=金という関係を有効利用する) そうなると、もう一つの方向性、 自分が金だと思われていることを 最大限に利用するしかなくなります。 もし、あなたがどこかの会社の羽振りのいい社長で、毎月100万円ぐらい使っても痛くも痒くもないというなら、普通に金を使ってください。 それが手っ取り早いです。 それが夜の世界での正攻法です。 どうするか。 口説かずにホステスに余裕をもって接します。 冗談を言って笑わせ、場を盛り上げたところで、すっと切り上げる。 テーブルの上には、フルーツ盛り。 シャンパンやワインの1、2本は、いつもあたり前のように抜いてあげる。 指名している女性が、周りのホステスからうらやましがられるように振る舞う。 そんな感じで月に100万円ぐらい使う。 店にはふらっと行って、同伴はしない。 「ちょっと顔出したよ」っていう感じで指名する。 そして、ごく普通にアフターに誘う。 もちろん彼女はついてきます。 ホステスからすれば 日頃のお礼ですから。 アフター終わりには、タクシー代としてすっと1万円を渡してあげる。 そうして何回かアフターに行った後に、 ごく自然にホテルに誘う。 これだけです。 これでもし、ホテルについてこなかったら、その時は 1ヶ月ぐらい無視します。 電話にも出ない。 メールも返信しない。 ホステスは心配になって、必死にあなたに連絡をとってくるでしょう。 それでも無視する。 頃合いをみて「ごめん。 忙しかったから」なんて言いながら、何食わぬ顔でお店に行く。 そして、もう1回アフターに誘えばいい。 彼女は、まず アフターを了承するでしょう。 そうしたら前回と同じようにホテルに誘う。 それでもホテルに来ないようであれば、その女性のことはあきらめます。 違う店に行って最初からやり直すだけのことです。 100万円ぐらい痛くもなんともないのであれば、これを繰り返せばいい。 粋な飲み方。 最も格好いい飲み方ですし、いわゆる 夜の店の正統的な楽しみ方です。 でも、そんなことできますか。 私には無理です。 というか、そんな風な銀座のママに喜ばれるような、かっこいい飲み方は好きではありません。 すかした社長と、訳知り顔の銀座のママに勝手にやらせておけばいいぐらいに思います。 第一、金が続かない(笑) となると、 私たちに残された手段はそんなに多くありません。 使うのは「フェイク」です。

次の