サイコパス 3 first inspector。 www.m6mobile.fr: PSYCHO

サイコパス3シーズン最後の幕開けFIRST INSPECTORをわかりやすいように解説・考察してみた

サイコパス 3 first inspector

『サイコパス3 FIRST INSPECTOR』の考察 ・『サイコパス3』の光と闇 『サイコパス3』は光と闇の二項対立構造がはっきりしていた。 たとえば、• シビュラ(光)とビフロスト(闇)• 慎導灼(光)とイグナトフ(闇)• 行動課(光)とピースブレイカー(闇) といった対立だ。 そうした対比が、『サイコパス3 FIRST INSPECTOR』ではより顕著に描かれていたように思う。 この中で、シビュラはビフロストを取り込み、行動課はピースブレイカーを始末した。 ただ、イグナトフについては、今作で闇に落ちることはなかった。 しかしこうした対比から考えるに、次回作以降で執行官落ちすることが予想される。 ・ビフロストとはなんだったのか? 『サイコパス3 FIRST INSPECTOR』ではっきりしたのが「ビフロスト」についてだ。 ビフロストは、シビュラのデバッグ(システムのエラーなどを見つけて修復する役目)であるということだった。 つまり、シビュラとビフロストは表裏一体のシステムということになる。 常守朱もどこかで、「シビュラという巨大なシステムが単体で存在することは考えにくい」と言っていたので、その伏線を回収した形にもなった。 ただ、シビュラは当初よりもシステムがアップグレードしたので、もはやビフロストの助けを借りる必要はなく、物語の最後ではビフロストを吸収した。 つまり、シビュラはまた一歩完璧な社会システムに近づいた、というのが今回の映画では強調されていたように思う。 ・「火」で繋がる新たなチーム 今作で法斑静火が悪役ではないことが分かったことから、新たな関係性が浮かび上がってきた。 それは、• 慎導灼(しんどうあらた)• 炯・ミハイル・イグナトフ• 法斑静火(ほむらしずか) の3人全てに「火」というキーワードが入っていることだ。 火は赤い色であり、「赤」はシビュラ社会が目指すクリーンな「青」と対になる色だ。 そして何より、赤と言えば常守朱(つねもりあかね)の「朱」が思い浮かぶ。 こうしたことから、シビュラ社会に対立する存在として、「赤」を共通項とした人物が設定されているのではないだろうか。 さらに赤といえば、常守を慕っている雛河翔の髪色も赤だ。 つまり、• 常守朱• 法斑静火• 慎導灼• 炯・ミハイル・イグナトフ• 雛河翔 この「赤い」5人がチーム常守として、進化を続けるシビュラに疑問を突きつける役割を担っていると考えられる。 逆に言えば、今後の『サイコパス』シリーズで「赤」を連想させる人物が登場すると、その人物は常守側の人間であることが予想されるだろう。 ちなみに3期の局長の名前は細呂木晴海。 海は青色を連想させることから、常守との対比を表していると言える。 ・局長の名前が禾生壌宗から細呂木晴海に変わった理由 今作で細呂木晴海はビルから落ちて、報道ドローンのいる公衆の面前で死んだ(ことになった)。 本来なら、ここで双子という設定を出して、姿の似ている新局長が就任する場面だろう。 だがその手法は、• 局長が禾生壌宗から細呂木晴海に変わるときに使われた というのが僕の推論だ。 ではなぜ局長が禾生壌宗から細呂木晴海に変わったのか。 それは常守朱が収監されていることと関係していると考えられる。 『サイコパス3』のエピソード1「ライラプスの召命」の冒頭で、常守朱に関すると思われるラジオが流れる。 さらに、3話で廿六木天馬が常守のことを 「あの人殺しの執行官」 と言っていたので、常守が誰かを殺害したらしいことが読み取れる。 その相手はおそらく禾生壌宗。 今のところ、表向きにも裏向きにも一番の大物は禾生壌宗局長で、それなりの理由があれば彼女を手にかけることはあり得る。 となれば、もちろん禾生壌宗は表舞台から姿を消し、その時に双子であるという設定の細呂木晴海が新局長になったのではないか。 だから、名前が変わったのではなく、人物そのものが変わったというのが正解だろう。 もちろんシビュラなので人物は変わらないが、一般大衆的はシビュラシステムの全貌をまだ知らないので、そうした設定が必要だ。 犯罪係数と「愛」の関係 最後には、• 犯罪係数と愛 の関係を考察していこう。 この命題は、個人的に『サイコパス』シリーズのラストに繋がってくると考えている。 『サイコパス3』では、六合塚弥生(くにづか やよい)が更生して社会復帰した。 そして、『サイコパス3 FIRST INSPECTOR』では唐之杜志恩(からのもり しおん)が社会復帰した様子が描かれている。 潜在犯になった人間が社会復帰することは「都市伝説」と言われるほど難しいが、彼女たちはそれを成し遂げたのだ。 つまり、彼女たちを考察することで、一度潜在犯化したほどの犯罪係数をクリアにする方法があるのではないか。 結論からいうと、僕はその方法が「愛」であると考えている。 六合塚弥生と唐之杜志恩は恋人という設定だ。 実はこの『サイコパス』シリーズで恋愛がはっきりと描かれているのは、この2人だけなのだ(2人は身体の関係も描写されている)。 そして、『サイコパス3 FIRST INSPECTOR』では、入江一途と如月真緒の恋愛が「ほのかに」描かれる。 可能性として、この2人の社会復帰もあり得るかもしれない。 「ほのかに」でいうと、常守と狡噛の2人もそんな雰囲気を漂わせることがある。 個人的には、この「愛」で狡噛が贖罪を乗り越えたあたりが『サイコパス』のラストシーンになるのではないかと思っている(願望と言ったほうが正しいか)。 『サイコパス3 FIRST INSPECTOR』の感想 以上、『サイコパス3 FIRST INSPECTOR』を含めた『サイコパス3』の考察をしてきた。 まとめると、『サイコパス3 FIRST INSPECTOR』はかなり面白かった。 『サイコパス3』が不完全燃焼だった分、余計にそう思うのかもしれない。 個人的に特に良かったのは、• イグナトフと慎導灼の対比• 唐之杜志恩の活躍• シビュラシステムと梓澤廣一の対峙シーン といったところだ。 やはり、シビュラシステムが表に出てきたり、物語の間テクスト性(他作品を引用した例え話など)があったりするのが『サイコパス』らしくて好きだ。 今作初登場ながらも、梓澤廣一のキャラクターが上手く描かれていたことも良かった。 シーズン4も楽しみではあるが、とりあえずはお腹いっぱいになった、そんな気分だ。

次の

映画『サイコパス3』ネタバレあらすじと感想考察。 FIRST INSPECTORは劇場版PSYCHO

サイコパス 3 first inspector

慎導灼:梶裕貴• 炯・ミハイル・イグナトフ:中村悠一• 雛河翔:櫻井孝宏• 廿六木天馬:大塚明夫• 入江一途:諏訪部順一• 如月真緒:名塚佳織• 唐之杜志恩:沢城みゆき• 霜月美佳:佐倉綾音• ドミネーター:日髙のり子• 法斑静火:宮野真守• 代銀遙煕:中博史• 小宮カリナ:日笠陽子• ラウンドロビン:森川智之• 梓澤廣一:堀内賢雄• 小畑千夜:矢作紗友里• 狡噛慎也:関智一• 宜野座伸元:野島健児• 須郷徹平:東地宏樹• 六合塚弥生:伊藤静• 花城フレデリカ:本田貴子• 常守朱:花澤香菜 本作はタイトルにFIRST INSPECTORとあるように 梓澤廣一劇場であると言っても過言ではありません。 その上で、梓澤廣一を演じた堀内賢雄さんの演技は見事でした。 自信に満ちた梓澤廣一だけでなく、シビュラに否定され自暴自棄になっていく梓澤廣一など、梓澤という掴みどころの無かったキャラクターが、質感のある一人の犯罪者になっていくのが、素晴らしかったですよね。 スタッフやキャストの皆さんの詳細については、ぜひ公式サイトも確認してみてください。 過去のサイコパス1や2では、執行官に落ちた人間に対する「救い」は殆ど描かれてこなかったんですよね。 しかし『PSYCHO-PASS サイコパス3』での六合塚弥生や、『PSYCHO-PASS サイコパス3 FIRST INSPECTOR』での唐之杜志恩など、明らかに潜在犯に対する救いが提示されています。 特に『PSYCHO-PASS サイコパス3 FIRST INSPECTOR』での志恩の活躍は「罪を償う機会」の尊さを後押ししているように感じます。 志恩はシリーズ1期から登場している分析官で、情報収集・解析の面から刑事課一係の捜査活動をバックアップしてきました。 分析官ゆえ、これまでずっと安全な場所からメンバーをサポートしてきた彼女は、本作で初めて自ら動き、命をかけてメンバーをサポートします。 本当の人生とはそういうことかと」 これは法斑静火が終盤に細呂木局長(シビュラシステム)に言ったセリフです。 意味深なセリフですが、この言葉の意味はエーリッヒ・フロムの「自由からの逃走」を補助線にすると少し理解できるような気がします。 ドイツの哲学者エーリッヒ・フロムは、「自由からの逃走」という著書の中で、自由をこう看破しました。 自由には耐え難い孤独と痛烈な責任がある。 私達の世界で一般市民が真の意味で自由を勝ち取ったのは、ヨーロッパでは封建制度が崩壊した18世紀以降、日本では明治維新以降だと思われます。 そこに至るまでには非常に多くの犠牲がありました。 私達はやっとの思いで自由を勝ち得たわけですが、人々は自由を手に入れて幸せになったのかというと必ずしもそうではありません。 自由とはいわば自己責任の世界であり、自分で考えて決定しないといけない 孤独の苦しみが伴います。 孤独に耐えられなかった人たちを扇動し、従属させることで痛みを和らげた(ように見せかけて利用した)のが、ファシズムであり全体主義です。 つまり人類はせっかく手に入れた自由を、一度は手放したという歴史があるわけです。 (今の世界もその傾向があるかもしれませんが) 歴史は「人は自由を求めるが、自由はときに毒にもなりうる」ということを示しています。 自由とは、誰にとっても絶対的な希望では無く、それを扱う人の 魂の強度が問われるということなのです。 ゆえに皮肉ではありますが、ある程度の連帯(=不自由)を選択するというのは、人の心を蝕む 孤独の毒を中和する効果があるということです。 『PSYCHO-PASS サイコパス3 FIRST INSPECTOR』の中でたびたび強調された「ザイルを離すな」や「アンテザードにはなるな」という言葉には「孤独になるな」というメッセージが込められています。 法斑静火のセリフとは、人は繋がりの中に(=不自由の中に)も希望を見出すことができる、というか完全な自由など人生ではない、というメッセージが込められているんだと思います。 1期のヴィラン(敵役)である槙島聖護は「システムを破壊すればいい」と答えます。 2期のヴィランである鹿矛囲桐斗は「システムの改善」を求めました。 そして3期の梓澤廣一は「システム側になればいい」という答えを出します。 ただシステムに入れる人間は限られた一部の人間です。 梓澤でさえ、システム側になることはできませんでした。 そんな中、システム側に入る権利をもっているのにも関わらず、慎導灼はシステムに抵抗します。 「引き金を引く権利は人にある」としてシステムを運用する道を選びます。 圧倒的なシステムを目の前にしたとき、迎合するでもなく、従属するでもなく、運用するという道は、実は1期で常守朱が示した道でもあります。 つまり『PSYCHO-PASS サイコパス3』は1期で放たれたブーメランが戻ってきた作品である、と言えるのかもしれません。 この美しい円環構造から『PSYCHO-PASS サイコパス』というアニメが持つ普遍的なメッセージを感じます。 終わりに いかがでしたでしょうか。 以上が『PSYCHO-PASS サイコパス3 FIRST INSPECTOR』の感想になります。 この記事では主に本作の感想について語りましたが、作品の伏線や解説については、別の記事を書いていますので、良ければそちらも覗いてみてください。 『PSYCHO-PASS サイコパス3 FIRST INSPECTOR』の関連エントリー.

次の

「PSYCHO

サイコパス 3 first inspector

アニメ・サイコパス3の続きとなる映画『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』をさっそく見ました! アニメの3期が終わった時は 「ビフロストっていったいなんなの?」「梓澤廣一目的は?」と頭の中が謎だらけでしたが... 映画『サイコパス 3 ファーストインスペクター』で明かされた謎をネタバレしつつまとめ、回収されなかった伏線を考察しました。 さらにレビューで3期ラスボスの梓澤廣一が死ぬほど叩かれていたの擁護しました。 槙島省吾と比較して梓澤の魅力をご紹介します。 *劇場公開しましたがAmazonプライムビデオでも同時配信しています 2120年、東京。 シビュラシステムによって管理された社会で、刑事課一係を率いて事件を解決してきた二人の監視官、慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフは、事件を捜査していく渦中で真実と正義を巡り決裂してしまう... 細かい部分はこれから解説していきます。 映画『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』考察・解説 サイコパス3で描かれたのはシビュラシステムvsシュビラの穴をつく組織 ビフロスト との戦いです。 この戦いを軸に新米監視官の慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフの物語を組み立てました。 ビフロストって結局なんだった? ビフロストの詳細は梓澤の口から語られました。 梓澤:「ビフロストとはねぇ。 もともとシビュラシステム運用初期にデバッグを行う極秘部署の名称だった。 その立場をシステム開発の出資者たちが利用し、あらゆる手でシビュラの盲点と己の利益だけを作り出す形に変貌させた」 シビュラの盲点を突き利益を生みだし続けることがビフロストの目的... 今回の事件は小宮カリナの人工知能マカリナを狙ったもの。 小宮カリナと人工知能マカリナをそれぞれ別の人だとシュビラは判定しました。 そこが新たな盲点となり大儲けする算段だったようです。 人工知能の開発はビフロストが主導していた おさらい|ビフロストがしていたこと コングレスマン 議員 、インスペクター 監視員 、キツネ コマ の3層で形成されており末端構成員のキツネは自分たちが何をしているかわからないため色相が濁らない。 犯罪をしているという自意識がないと犯罪係数があがらないという盲点をついた ラウンドロビンとは? 併設型自動デバッグ修復サブシステムの名称でした。 ビフロストはこのデバッグシステムを使いシュビラの盲点を突き稼ぎ続けていたようです。 シビュラの盲点が徐々になくなってきたので、新たな盲点として人工知能マカリナを作りました。 梓澤廣一の狙いってなんだったの? 橋野サル先生が描く「PSYCHO-PASS サイコパス 3」第3話公開! 大型輸送ドローン墜落事故の捜査の末に灼と炯がたどり着いた結論。 なんとなく予想していましたが、目的が明らかになった瞬間に一気に小物臭がしましたね。 梓澤廣一の末路 梓澤は人を色々使って犯罪をしても罪の意識もなく 犯罪係数は正常のままでした。 おそらくインスペクターとしての活動はシビュラの真実に近づくためのゲーム位にしか思っていなかったはずです。 それがシビュラに拒絶されたとたんに犯罪係数が上昇。 信じ続けていたシビュラに対し敵意を向けたことを象徴したシーンでした。 法斑静火って結局何がしたかった? 法斑静火の目的は ビフロストの破壊。 コングレスマンを全員倒し自分が最後の1人になることでラウンドロビンの存在をシビュラに教えました。 法斑静火の過去についてはほとんど何も分かっていません。 父親がコングレスマンで代銀遙熙と裁園寺莢子によって消されたのでそれを恨んでの行動だったようです。 アニメの3期ではいい奴なのか悪い奴なのかわかりませんでしたが、味方でした。 『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』評価と感想 あくまで一期にこだわるのならそれだけ見ていればいい。 狡噛も宜野座も一期の時間で止まっているわけじゃないことを見せてくれたし、新たなバディにシビュラの未来を託しながらも自分たちの信念を追っていることを見せてくれた。 物語全体として、このサイコパス3はまごうことなきサイコパスの世界の物語であり、壮大な近未来刑事ドラマだ。 ただ、あえて言うなら、バディ設定をもっと活かすべきだった。 バディ描写が少なすぎて、バディにした理由がぼやけている気がする。 二人の繋がりや関係をもっと深く掘り下げてもよかったのではないか。 主人公の妻も、二人を仲たがいさせるためだけの存在にしか思えず、バディものには不要な女性キャラだったのではないか。 そしてわかりづらくなっているのは設定のせいだけではなく、無駄なシーンや台詞のせいでもあると思います。 新しい挑戦とはいえやはり一時間ではなく30分構成が良かったんじゃないでしょうか。 内容がスッと入ってこない…。 テーマももっと今の私達にも考えられる、社会的なテーマのほうが感情移入できたと思います。 (1期がそうでした。 ) 新規キャラにもあまり魅力を感じません。 折角いい声優さんばかり使っているのに…。 主人公二人組はもっと葛藤とかしてくれてたら少しは親しみが持てたのかもしれない。 がっかりです。 ですが既存のキャラの見せ場をちょこちょこいれてくれたのは嬉しかったですね。 作画も力がはいっているように感じました あと言いたいのは、あきらかにドミネーターの使用頻度が減ったことです。 敵がまあああいう感じなのでしょうがないのかもしれませんが、正義の執行の象徴であるドミネーターを打つところが中々見られないなんてPSYCHO-PASSなんですかこれ。 殆どお飾りになってません?別に私はグロいのが好きなわけではないんですけどそういうシーンがあれば残酷さが一気に出ますよね。 PSYCHO-PASSらしくない。 格闘が中心でつまんないです。 もう全部がPSYCHO-PASSらしくないんです。 せっかく素晴らしい世界観なんだから、設定と脚本をもっと考えて…。 ファーストインスペクターの後にも続編を出すならスタッフは入れ替えて欲しいですね。 未熟な文章で長々と書きましたが、理解しづらく面白いと思えなかったのは私の地頭が悪いからではないと願いたいです。 Amazonレビュー総評 Amazonのレビューは大荒れで賛否の数で言うと半々くらいです。 この評価になるのはわかるなぁという印象。 PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR感想 個人的には3期もまあまあ好きでした。 サイコパスと言えば1期のラスボスの槙島省吾がどうしても引き合いに出てしまいます。 見た時は梓澤の小物感(笑)と思いましたが槙島省吾を受けての梓澤なんだと考えると妙にスッキリします。 梓澤は強キャラ感を出しカリスマ性も匂わせてはいましたが、結局はただの人の枠に収まる人間なんです。 槙島省吾はシビュラでは理解不能の存在である一方で梓澤の「シビュラになりたい」という思考は凡人そのもの。 梓澤はどんなに頑張っても槙島省吾にはなりえない。 どこまで行ってもシビュラの理解の範囲に収まってしまう。 だからこそ小物に見えるのは当然なんです。 終盤ですべてのメッキが剝がれザコ感がえげつなかったのは、梓澤がそういうキャラクターだから(ザコ臭を漂わせる展開、演出でした)。 そう考えると3期のラスボスとしては魅力的なキャラクターですし、悪くなかったかなと。 スケール感がテレビアニメとそこまで変わっていないのでテレビアニメでやってしっかり完結させても良かったのになぁと思います(1時間11本ある作品を8本アニメ、3本映画にした感じ)。 スッキリしない!伏線丸投げはどうなの? 伏線回収がしっかりされていないという指摘もあります。 「灼の父である篤志の死の真相」「常守茜の勾留理由」が明かされなかったのは気になりました。 劇場で見たネタバレです Amazonカスタマー 編集版のprimeと、劇場で今作を見たので一番大事そうな違いだけ述べます。 劇場ではEDのあとに常守朱、慎導灼、炯・ミハイル・イグナトフの話し合いの席が設けられます。 そこで常守朱は2人に感謝を述べた後、 「あなたたちに真実をお話するわ。 2年前の事件の全てを公開します。 」みたいなことを言って映画が終わります。 おそらく、さらに続編が作られると思います。 なぜ、primeではそこがカットされたのかはわかりませんが…。 映画では続編を匂わせており 「全てが明かされていない=続編で明らかにしていく」ということのようです。 モヤモヤ感もわかりますが、余白を残しつつ終わらせたことは戦略として悪くないんじゃないかなぁと感じます。 『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』まとめ マジ神!と絶賛できないのはツラいですが、 「確かにそれはサイコパスだった」と言えるでしょう。 1期が偉大過ぎてファンを納得させるのは難しいと思います。 サイコパスファンのガチさはヤバい... 視聴者の1人として「PSYCHO-PASS」の世界の続きを見せてくれたという点は素直に「ありがとうございました」と伝えたいです。 また「PSYCHO-PASS」の世界がのぞける日が来るのを心待ちにしています。 amazonプライムビデオにて配信しています 2120年、東京。 シビュラシステムによって管理された社会で、刑事課一係を率いて事件を解決してきた二人の監視官、慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフは、事件を捜査していく渦中で真実と正義を巡り決裂してしまう...

次の