はじめのかんぽ。 かんぽ生命の学資保険はお得なの?特徴をわかりやすく説明します!

かんぽ生命の学資保険はお得なの?特徴をわかりやすく説明します!

はじめのかんぽ

2018年10月更新:はじめのかんぽ評価レビュー 郵便局で入れる学資保険! 学資保険と言えばニッセイなど民間の大手保険会社が有名ですが、郵政民営化するまで国営だったかんぽ生命にも学資保険商品があります。 それが 「はじめのかんぽ」です。 かんぽ生命の保険商品は郵便局で取り扱っていて安心、信頼のイメージが強く、それぞれの地域に密着しているため契約数は 世界一と言われるほどの規模となっています。 しかし学資保険に関して言えば、最も重要視すべき 返戻率(戻り率)が低めであるため、当サイトでは平均的な B評価のランキングづけとしています。 ただし 「郵便局で入れる学資保険」という安心感をより重視する方であれば、検討する価値はあると言えます。 以下に、かんぽ生命の学資保険「はじめのかんぽ」の内容と他社商品と比較して見える違いについて述べていきます。 (最終更新:2018年10月) 主な保障内容と特徴 まず、「はじめのかんぽ」の主な内容と加入例は以下の通りです。 つまり 貯蓄+保障の保険です。 学資保険は返戻率を重視した 「貯蓄型」と、死亡保障や医療保障を重視した 「保障型」に分けられ、当サイトでは 学資保険は返戻率が最も大事との観点から「貯蓄型」をおすすめしています。 参照 「はじめのかんぽ」もこの「貯蓄型」に分類され、 返戻率の良さが最大のアピールポイントとなっています。 この商品の特徴は以下の4つとなります。 貯蓄性重視の学資保険である 学資保険の目的には大きく分けて 「教育資金を増やすこと」と 「死亡や医療費の保障」の2つがあります。 「はじめのかんぽ」の場合は親の死亡時の保険料支払い免除のみを保障とすることで貯蓄性を高めることができます。 つまり、 貯蓄性重視の学資保険と言えます。 ただし後に他社商品と比較して示すとおり、「はじめのかんぽ」の返戻率は他の保険会社の学資保険と比較して決してトップクラスとまでは言えません。 学資金の受け取り方は3通り 「はじめのかんぽ」は、3種類の学資金の受け取り方法があります。 大学入学時の準備コース(18才時の1回のみ)• 大学4年間の準備コース(18、19、20、21才の4分割) 基本的に学資保険は、 保険会社にお金を預けている期間が高いほど返戻率も高くなります。 「はじめのかんぽ」も「大学4年間の準備コース」が最も返戻率が高くなり、この中では最もおすすめです。 保険料の払い込み方法は2種類 保険料の払い込み方法は 「0〜18才」「0〜12才」までの2種類から選ぶことができます。 基本的に学資保険は 保険料の払い込み期間が短いほど返戻率も高まります。 先述の加入例では返戻率105. 短期で払うぶん毎月の保険料負担も大きくなりますが、より返戻率を高めたい場合には「0〜12才」払いがおすすめです。 医療保障ありだが不要 「はじめのかんぽ」は、 医療保障を特約として付加することができます。 その主な内容は以下のとおりです。 入院給付金• 手術給付金• 長期入院一時金 決して内容は悪くないのですが、医療保障を付加するとどうしても 返戻率は下がってしまいます。 学資保険の最大の目的は教育資金を増やすことにありますので、 医療保障はつけないプランがおすすめです。 他の高評価商品との違いはどこにある? では、他社の学資保険商品と比較した場合に「はじめのかんぽ」はどう違うのでしょうか? 当サイトでは現在、学資保険の上位トップ5を以下としています。 2018年学資保険おすすめトップ5 商品名 返戻率の目安 保険料払込期間 特徴 104. 祝金を受け取らないプランでの返戻率が高い。 104. 15歳までの保険料支払いのため、毎月の保険料はやや高め。 「高額割引」で返戻率が高まる。 104. ソニー生命のライフプランナーを通じての加入となる。 101. 100. 参照 「はじめのかんぽ」は、スタンダードな「18年/月払い」プランだと返戻率は 94. 「郵便局で加入できる学資保険」であることに安心感、強いメリットを感じないかぎり、現状では積極的に選ぶ理由はありません。 ちなみに、近年のマイナス金利政策の影響を受けて、多くの商品は改定が行われて返戻率は低下する傾向にあります。 参照 まとめ&どんな人が選ぶべき? 「郵便局で入れる学資保険」という安心感を感じさせる「はじめのかんぽ」。 ただし、学資保険で最も重視すべき 返戻率は低めとなっているのが現状であるため、当サイトでは B評価の平均的なランキングづけとしています。 学資保険商品を検討されるなら、当サイトで高評価しているその他の学資保険商品のレビューもご参照して選ばれることをおすすめします。

次の

かんぽ生命(郵便局)の学資保険は入るべき?全コースを解説!

はじめのかんぽ

子供を授かり、『将来の教育資金をどうやって貯めていこう?』と考えたとき、思い浮かぶのが学資保険ではないでしょうか? 学資保険は昔からある保険なので、自分たちの親世代から『学資保険はいいよ』と勧められることも多いはず。 実際のところ筆者の両親も、昔学資保険に加入していたと話していました。 かんぽ生命は日本郵政グループが運営している保険会社。 またコースも3つも用意し、将来いつのときにどのくらい教育資金を準備しておきたいか?という、世帯ごとに違うニーズに応えらえるようなラインナップを揃えています。 もくじ• ニーズに合わせた3つのコースがある こどもは成長していくにつれいくつもの節目を迎えますね。 そのたびにまとまったお金が必要になるのも事実で、その金額の程度や『いつに向けて貯めておきたいか?』は家庭によってさまざま。 かんぽ生命の学資保険では、そんな各世帯のライフプランに合わせられるよう、3つのプランが用意されています。 大学へ進学するには、まず大学を受験しないとなりません。 受験料、交通費・宿泊費、塾の講習代等が必要になり、大学を複数受験するほど受験費用はかさみます。 そして大学が決まると入学金や1年目の授業料は大学入学前の納金が必須。 その上自宅外通学をする場合は大学に入るまでにアパートの契約をし、家財道具を購入して生活できる環境を整えておく必要があるでしょう。 このような入学前に必要な費用は、総額で約231. 1万円とも言われています。 250万円近くも急に用意するなんて至難の技。 保険は一度入ると毎月口座から引き落とされるので、筆者のようなずぼらな人でも計画的に貯蓄ができます。 そして十数年経ったときには自然と目標金額に達し、安心して大学進学の準備をさせてあげられるというわけです。 『日々の出費はなんとかやりくりできそうだから、とにかく大学進学のための資金を貯めておきたいわ』という方にお勧めです。 「小・中・高+大学入学時」の学資金準備コース 教育費用の中で最も費用がかかるタイミングは大学入学時と先に触れましたが、それ以前にも節目は何度もありますね。 その節目においても、制服代や学業用品を揃えるために費用はかかります。 特に私立大学だと月々200万近くかかる場合もあります。 決まった金額を大学入学時から1年に1度、計4年間受取ることが可能です。 万一の時に保険料の払込免除 普通の生命保険では契約者が保険料を払えなくなってしまった時点で、保険の契約は修了になりますね。 しかし学資保険ではもしも契約者が亡くなる等、万が一のことが起きてしまった場合、その後の保険料の払込を免除してもらえます。 そして学資金は選んだプランに従って予定通りに受け取ることができるのです。 また、払込が免除になる場合・ならない場合は以下のような事由の時です。 自分の身の万が一があると考えるのは心苦しいですが、せっかく始めた保険をやめることなく、子供の将来のために貯蓄と保障が続くのはありがたいですね。 出生予定日の140日前から加入可能 学資金は子供の成長のタイミングに応じて支払われます。 つまり、こどもの正確な年齢がわからなくては学資金を受け取るタイミングがずれてしまいますよね。 よって学資保険は子供が生まれてから加入する場合が多いです。 ただし契約者は被保険者となるこどもの両親のみに限られていますので注意しましょう。 17歳満期もOK 先に触れているように、大学入学前はとてもお金がかかります。 最近では入試形態も多様化しており、推薦入試やAO入試といった日程で受験する場合は、早くも高校3年生の秋頃から受験費用や入学金等を用意しておく必要があります。 そんな場合のために、かんぽ生命の学資保険では学資金の最初の受け取りタイミングを17歳満期と18歳満期の2パターン用意。 もしも1月に保険の申請をし契約日が2月になった場合は、17歳満期では17歳の2月に、18歳満期では18歳の2月に満期保険金を受け取ることができます。 『高校3年生になったら塾や受験の日程次第でいつお金がかかるか分からないし、早めにもらっておきたいな』という方には安心のプランでしょう。 こどもの怪我や病気の医療保障も付けられる! 「こどもは風の子」とよく言いますが、まったく怪我や病気をしない人はいません。 特にこどものうちは急な体調変化はつきもの。 風邪程度のことならまだしも、もし入院や手術をするほどの重たい病気やケガをしてしまったら大変です。 しかもまとまった費用が必要になるので困ってしまいますね。 実はかんぽ生命の学資保険では、学資保険の契約と一緒に医療特約を付けることができます。 入院・手術だけでなく、放射線治療も備えてあるのは心強いですね。 このようにかんぽ生命の学資保険は、教育資金を貯めるための「貯蓄型」の機能だけでなく、こどもの怪我や病気にも備える「保障型」も兼ね備えた保険なのです。 ただし出生前はこの特約をつけることができませんので、出生前に学資保険を契約したい場合は、先に学資保険だけ契約をし、こどもの出生後に医療特約を申し込むようにしてください。 また、住んでいる自治体によっては子供の年齢が小さいうちは医療費を免除・助成を受けられる制度もあります。 特約も加入の際は自治体に確認して検討してみてください。 保険料金のシミュレーション かんぽ生命の学資保険の5つの特徴がわかったところで、気になる保険料を探ってみましょう。 基準保険金額とは、給付金や祝金の金額を算出するために基準とする金額のこと。 言い換えれば、給付金や祝金をいくらもらいたいか?で基準保険金額を定めます。 この金額を高く設定するほど当然保険料は高くなります。 加えて契約者の年齢や性別、子供の年齢、払込期間によっても保険料は変わることに。 払込期間は、• 17~18歳で払込が終了するもの• 12歳で払込が終了するもの の2パターンから選ぶことができます。 今回は25歳、30歳、35歳、40歳の男女が以下の条件で各プランを契約したときの保険料をシミュレーションしてみましょう。 保険料は2018年10月の保険料を参考にしています。 <払込期間:18歳で払込が終了するタイプ> <払込期間:12歳で払込が終了するタイプ> どのコースでも、保険料は受け取る金額よりも多く支払うようですね。 他保険会社の学資保険の中には、払込した保険料よりも増えた状態で学資金を受け取れる、利回りのよい商品も販売されています。 ところが最近では残念ながら100%を下回ってしまっているのが現状。 電子化が進み、手紙のやりとりの少なくなった近年では一見低迷しているように思われそうですが、ゆうちょ銀行や生命会社等の収益をもとに日本郵政がグループ一丸となり、互いを支え合っています。 しかも日本郵政は2015年11月に株式上場を果たすほど。 日本郵便がバックでしっかり支えてくれているからこそ、ちょっとやそっとでは倒れたりしないのですね。 保険とは、契約すると10年、20年という長いスパンでのお付き合いになります。 どんなに利回りが良くても途中で会社がつぶれてしまっては何の意味もありません。 上記の表でもあるように、保険料は契約者・被保険者の年齢や性別以外にも、払込期間によって保険料総額が格段に変わります。 ただしその分月々の保険料は高くなりますので、家計が負担にならないような料金設定を心がけましょう。 また、表でもわかるように、男性よりも女性の方が保険料が安いです。 日本人の平均寿命や死亡率をみたとき女性の方が長生きで死亡率が低いことから、保険会社側の保険運営手数料が少なくて済むため女性の方が保険料が安くなるようです。 もしも夫婦でご主人は複数の生命保険に加入しているようなら、奥さんが学資保険に加入してもよいかもしれません。 そして上の表はほんの一例です。 設定条件で保険料も随分変わりますので、ぜひ以下の公式ホームページでご自身の希望に近い形をシミュレーションしてみてください。 加入可能な年齢範囲は? 上記の3つのプランは、誰でも加入できるわけではありません。 実はプランごとに加入できる契約者と被保険者である子供の年齢範囲が定まっています。 各プランの年齢範囲は以下の通りです。 「小・中・高+大学入学時」の学資金準備コースは、他のプランよりも学資金を受け取るタイミングが早いため契約可能な子供の年齢も短くなっていますのでお気をつけ下さい。 他の2プランは12歳 小学校6年生 まで契約できるということで、これは他社の学資保険と比べても長めのようです。 払込方法 保険料の払い込みは、口座振替、窓口払込、団体払込の3パターンから選ぶことができます。 もし3ヶ月分以上をまとめて前納すると、保険料が割引になる可能性が。 また1年以上のまとまった保険料の払込には、金融機関の払込票を利用することも可能です。 ただしもし途中で払込方法を変更すると、保険料額が払込方法に応じて保険料が変わる可能性もあります。 場合によっては高くなってしまうことも考えられますので、変更する際は保険担当者に相談してみましょう。 留意しておきたいこと かんぽ生命の学資保険に加入する際に、留意しておきたいことが2つあります。 契約者配当金は必ずもらえるとは限らない かんぽ生命の学資保険は配当金がついています。 決算で会社の利回りが良かった場合、利益の一部を会社の方法で契約ごとに割り当ててくれるのです。 しかし配当金は収益等の状況によって変動するため、必ずしももらえるとは限りません。 どちらかというと配当金はもらえたらラッキーくらいにとらえておいた方が賢明でしょう。 途中解約は損 もし何らかの理由で契約を解除することにした場合、払込した保険料に応じて解約返戻金が支払われます。 ところが払込保険料の合計金額がそのまま返戻されるのではありません。 私たちが支払う保険料には、貯蓄の他に保険会社が保険運用するための諸経費等も含まれています。 諸経費分は当然戻ってきませんので、ほとんどの場合は払込んだ保険料の合計額よりも解約返戻金は少なくなります。 特に保険に加入して短期間のうちに解約すると、解約返戻金は全く戻ってこないか、あったとしてもごくわずか。 それではせっかくのお金が無駄になってしまいますので、よほどの理由がない限りは解約しないようにしましょう。 理由の中でも『保険料が高くて払い続けていけない』は本当にもったいないことですので、契約の際には生活に負担がかからない範囲で無理なく続けられる保険料を設定するように心がけましょう。 また、出生前に保険に加入していて、悲しいことに万が一子供が流産や死産になってしまった場合は契約は無効になります。 そして先に払込していた保険料は返戻されます。 まとめ 未来は先読みできない分、子供の将来を予測して保険のプランを考えるのは正直難しいですよね。 しかしこどもがどんな道筋を辿っても大丈夫なように備えておくのも親の務めです。 かんぽ生命の学資保険を選ぶ際は、以下の6つをポイントにして考えてみましょう。 最終的に学資金はいくらほしいか?• 学資金をいつから受け取りたいか?• 学資金はいつまで必要か?• こどもの年齢は何歳か?• 契約者 あなた は何歳か?• 月々いくらなら負担なく払っていけるか? 繰り返しになりますが、保険は契約開始するととても長いお付き合いになります。 契約時に設定した保険料や契約内容は後々に影響してきますので、妥協せずじっくりプランを設計してくださいね。

次の

はじめのかんぽ(かんぽ生命)の口コミ・評判 2ページ目 | みん評

はじめのかんぽ

進学の時には必ずと言ってよいほどまとまった費用が必要です。 次のような出費が考えられます。 進学 想定される費用 小・中・高入学時 学業用品の購入費、制服代、自宅学習に必要な学習机・本棚等の購入費 大学受験 塾等の受講料、受験の際の交通費・宿泊費、大学受験料 大学入学の初年度納付金 入学金、初年度授業料、施設整備費・実習費等 一人暮らしの初期費用 アパート等の敷金・礼金等、一人暮らしのための家財道具購入費 進学の際に必要なのは、教育施設で授業を受けるための学習費ばかりではなく、いろいろと学習に関係してくる学業用品等の購入を考慮に入れなければなりません。 また、大学進学の際には初年度納付金はもとより、 子が親元を離れて生活する費用も必要になる場合があるなど、教育資金が多額に上ることが想定されます。 こちらの学資金準備コースを選ぶと、小学校・中学校・高校および大学進学の際、何かと まとまった教育資金を必要になる場合に、金銭的なサポートが期待できます。 尚、被保険者(子)の性別による支払保険料・返戻率等の差異はありません。 12歳払込済18歳満期の事例 (事例) 保険料払込期間:子が12歳まで 保険料払込方法:月払 保険期間:18歳 基準保険金額:300万円 特約なし 加入契約者30歳、子0歳の場合 契約者性別 男性 女性 受取金総額 390万円 390万円 支払保険料 28,080円 28,050円 払込保険料総額 約404万円 約404万円 返戻率 約97. ある程度、 返戻率を高くしたい場合、こちらの学資金準備コースは不向きと言えます。 その内容、モデルケース、注意点について説明します。 子が在学中にかかる費用は、学習費だけではありません。 実家を離れてアパート・寮に住みながら、大学へ通う学生もたくさんいます。 子供が実家以外の場所で生活する場合の生活費はどれくらいかかるのですか? 大学へ進学し、自宅、学寮、下宿・アパート等で生活する場合の生活費の平均を以下表にてご紹介します。 居住形態 住居・光熱費 食費 保健衛生費 娯楽等 その他 大学1年間 大学4年間 自宅 ・・・ 124,300円 41,700円 163,600円 249,200円 578,800円 2,315,200円 学寮 261,200円 203,900円 32,300円 109,900円 124,700円 732,000円 2,928,000円 下宿・アパート等 446,600円 280,000円 35,200円 159,500円 186,200円 1,107,500円 4,430,000円 自宅通学の学生と下宿・アパート等で生活をしている学生を比較すると、下宿・アパート等で生活をしている学生の方 は2倍近く生活費がかかることがわかります。 大学生ともなればバイトなどで生計を立てることもありますが、その収入は一般社会人と比較して非常に低く、また雇用も不安定です。 注意事項 もしもの時のために頼りになる保障内容ですが、保険契約者または被保険者(子)に 故意(わざと)または 重大な過失(不注意)があった場合、保険金を受け取ることができません。 次のような特約が設けられています。 無配当傷害医療特約 不慮の事故によるケガが原因で3年以内に入院、手術、放射線治療をした場合、 入院保険金、手術保険金、放射線治療保険金を受け取ることができます。 入院保険金 不慮の事故によるケガが原因で、 3年以内に1日以上入院されたときに受け取れます。 保険金額は入院1日につき特約基準保険金額(100万~700万円)の1. 入院初期保険金 入院保険金が受け取れる入院をしたときにこちらも受け取れます。 ただし、 入院初期保険金のない特約を選んだ場合は受け取ることはできません。 保険金額は入院1回で入院保険金日額の5倍となります。 手術保険金 不慮の事故によるケガが原因で、3年以内に 公的医療保険が適用される手術をした時に受け取れます。 保険金額は、入院中の手術の場合に入院保険金(日額)の20倍、外来の手術の場合に入院保険金(日額)の5倍となります。 放射線治療保険金 不慮の事故によるケガが原因で、3年以内に 公的医療保険が適用される放射線治療をした時に受け取れます。 保険金額は、入院保険金(日額)の10倍です。 ただし、放射線治療保険金を受け取ることができる放射線治療を受けた日から、その日を含め て60日以内に再び受けた放射線治療は対象外です。 無配当総合医療特約 病気や不慮の事故によるケガが原因で3年以内に入院、手術、放射線治療をした場合、 入院保険金、手術保険金、放射線治療保険金を受け取ることができます。 入院保険金 病気や不慮の事故によるケガが原因、。 3年以内に1日以上入院されたときに受け取れます。 保険金額は入院1日につき特約基準保険金額 (100万~700万円)の1. 入院初期保険金 入院保険金が受け取れる入院をしたときにこちらも受け取れます。 ただし、こちらも入院初期保険金のない特約を選んだ場合は受け取ることはできません。 保険金額は入院1回で 入院保険金日額の5倍となります。 手術保険金 病気や不慮の事故によるケガが原因で、 3年以内に公的医療保険が適用される手術をした時に受け取れます。 保険金額は、入院中の手術の場合に入院保険金(日額)の20倍、外来の手術の場合に入院保険金(日額)の5倍となります。 ただし、 創傷処理・皮膚切開手術等は手術保険金の対象外です。 放射線治療保険金 病気や不慮の事故によるケガが原因で、3年以内に公的医療保険が適用される放射線治療をした時に受け取れます。 保険金額は、 入院保険金(日額)の10倍です。 ただし、こちらも放射線治療保険金を受け取ることができる放射線治療を受けた日から、その日を含めて60日以内に再び受けた放射線治療は対象外です。 あわせて読みたい 保険の特約とは何か?絶対知っておきたい特約の基本と選び方を解説 無配当災害特約 被保険者(子)が不慮の事故でのケガにより、死亡または所定の身体障害になったときに保険金が下りる特約です。 死亡保険金 不慮の事故によるケガが原因で、その事故の日から180日以内に被保険者がお亡くなりになったとき、 特約基準保険金額(50万~700万円)が受け取れます。 傷害保険金 不慮の事故によるケガが原因で、その事故の日から180日以内に被保険者が所定の身体障害になったときに、障害の状態に応じ 特約基準保険金額(50万~700万円)の10%~100%の保険金が受け取れます。 特約をつけると損をする? 学資保険で手厚い保証や貯蓄性も両方譲れないと思われる方は、なども選択肢の一つですね。 専属のアドバイザーが各家庭に合ったプランを無料で提案してくれます。 学資保険、おすすめ商品ランキング! さて、ここまでかんぽ生命の学資保険の特徴やプラン等についてご紹介して参りましたがいかがでしたでしょうか。 現在、まさざまな保険会社が多種多様な学資保険の商品を展開しているのが現状。 その中であなたのご家庭にどんな学資保険が合っているのか、気になりますよね。 もしも学資保険に加入するのであれば、出来る限り我が家に合ったプランで、出来ればお得に、安心して加入したいですよね。 みんなはどこの保険を選んでる? そこで、保険ブリッジのスタッフと読者が数ある学資保険を厳選してチョイス。 おすすめの商品を一挙ご紹介いたします! ますは数ある学資保険の商品の中でも加入数が多い順位を大公開。 140万件• 明治安田生命 57万件• 日本生命保険 30万件 ソニー生命の学資保険が堂々の加入数を誇ることが分かります。 は、2016年「マザーズセレクション大賞」受賞!多くのパパやママに選ばれ続けて 140万件突破!! 返戻率の高さはずば抜けてソニー生命! さらに、学資保険に加入するほとんどの人が重要視する 返戻率。 その返戻率の高さもがずば抜けて高いことが一目瞭然です。 返戻率順の各保険会社の表は以下になります。 保険会社・商品 返戻率 104. 4〜108. 0% 明治安田生命「つみたて学資」 103. 1〜105. 0% 日本生命「ニッセイ学資保険」 102. 2〜104. 9% かんぽ生命(郵便局)「はじめのかんぽ」 95. 2〜98. 0% このように、 最大108%まで返戻率を上げることが可能なのは今のところソニー生命の学資保険だけ! あわせて読みたい それでも迷うあなたに勧める学資保険はこれ! どの商品もそれぞれ魅力があって悩ましい。 どうしようか迷ってしまう! そんなあなたには、 専門のアドバイザーが親身に相談に乗りながら あなたの大切なご家族のことを第一に考えてくれるに委ねてみてはいかがでしょうか。 学資保険も10年以上に渡って契約し、我が子のためにお金を払い続けるもの。 お子さんが大きくなるにつれ変わって行くであろう環境の中で、専属のアドバイザーがいて何でも相談に乗ってくれるということは本当に心強いものです。 パパママに 一番選ばれている。 実際に加入している方たちはどのような感想を持っているのか具体的に見ていきましょう。 やはり、どの方の意見を見ても専属のプランナーが 各家庭に沿ったプランを提案してくれる点を高く評価していることが分かります。 のプランナーは、保険のことだけではなく、経済や金融、税務など幅広い知識と豊富な経験を兼ね揃えたプロ。 だからこそ、あなたの 家庭に合ったプランを多面的に検討し、提案することができるのです。 加入するなら高返戻率、低価格な今。 まだ間に合います! 今後、更に金利が下がる一方だとも言われている日本経済。 ゼロ金利政策から マイナス金利政策などのニュースを耳にすることで今後の日本経済が不安になりますよね。 学資保険の返戻率も今後は下がっていく可能性もあり、あまりにお得すぎて 商品が販売停止になることも示唆されています。 今後はマイナス金利の影響で 保険料が上がっていく予想もされている学資保険。 少しでも保険料が安く、返戻率が高いうちに加入を検討しましょう。 では無料での相談が可能ですので、学資保険を検討されている方は早い段階での相談をおすすめします。 スポンサーリンク まとめ 子の教育資金の積立は子の将来のために非常に大切ですが、子の万が一の病気やケガへの備えも怠ってはならない親としての対応といえます。 返戻率も大切ですが、 子の健康のため医療保障も考慮に入れつつ、学資保険選びを検討していきたいものです。 スポンサーリンク.

次の