じゃがいも 煮る。 じゃがいもを料理するときのポイント【じゃがいも工房】

いくら煮てもなかなか煮えないじゃがいもってありますよね?

じゃがいも 煮る

じゃがいもを水にさらす意味を知っていますか?じゃがいもは調理の下ごしらえとして水にさらすのが基本といわれていますが、なぜ下ごしらえとして水にさらす必要があるのでしょうか? 料理の際に流れとして水にさらしてはいたものの、水にさらす意味を知らない人も多いのではないでしょうか。 今回はじゃがいもを水にさらす意味や正しいじゃがいもの水にさらす方法などを紹介します。 水にさらす時間や調理方法、保存方法などもまとめました。 これをみれば、じゃがいもの調理がきっと今までより美味しくできるはずです。 料理の定番食材、外せない食材として知られるじゃがいもですが、水にさらすなどのポイントをおさえるだけでさらに美味しいじゃがいも料理を作ることができます。 水にさらす意味を知ってじゃがいも料理をする際の参考にしてみてください。 じゃがいもを下ごしらえとして水にさらす 理由の一つ目は、変色を防ぐことができるからです。 じゃがいもはアクをもっている野菜です。 このアクによって切ったままじゃがいもを放置しておくと、酸化して、褐色や茶色に変色してしまう場合があります。 茶色く変色してしまうと、せっかくのじゃがいも料理も美味しく見えません。 料理は味も大事ですが、見た目も大事です。 煮込み料理などはあまり目立ちませんが、 炒め調理を行う際にはじゃがいもの変色が目立ってしまうこともあります。 炒め調理をする場合は特にじゃがいもは水にさらすようにしてアク抜きをし、変色を防ぎましょう。 水にさらすことは料理の見た目がとてもよくなる意味をもっています。 じゃがいもを下ごしらえとして水にさらす理由の二つ目は でんぷんを洗い流すことができるからです。 じゃがいもは切ると、でんぷん質がでてくる野菜です。 このでんぷん質は熱が加わるとノリ状になって固まってしまうものなのです。 じゃがいも同士が炒めているときにくっついて困ったという経験がある人もいるのではないでしょうか。 じゃがいもが同士がくっついてしまうのはこのでんぷんが理由です。 片栗粉はじゃがいもからできていますが、水に溶くと料理に粘りを加える効果があります。 これはじゃがいものでんぷん質によるのが理由です。 でんぷんは加熱するともったりする特徴があります。 これを洗い流すのが水にさらす意味です。 特に 炒める調理方法を使う時には水にさらすのがおすすめです。 じゃがいもの炒め料理を作るときに水にさらすと、シャッキとしてくれるのが水にさらす理由です。 カレーやシチューなどの煮汁がたくさんある調理のときには水にさらす必要はありません。 また、 皮つきのまま切って使うときには水にさらすことはせず、さっと洗い、切り口のでんぷんを洗い流すくらいでも大丈夫です。 まず、包丁を使ったじゃがいもの皮のむき方です。 包丁を使ってじゃがいもの下ごしらえをする場合には、 最初に皮をぐるっと一周むいていきます。 その次に両側の残った皮も順番にむいていきます。 その後、じゃがいもの芽などがあれば包丁の下のあごの部分を使ってえぐり取るようにします。 じゃがいもの芽はきれいに取り除きましょう。 なぜじゃがいもの芽を取り除くかというと、 じゃがいもの芽には ソラニンという毒が含まれているからです。 毒素なので体に入ると悪影響があります。 これがじゃがいもの芽をしっかりと取り除く理由です。 また、包丁ではなく、ピーラーを使ってじゃがいもの下ごしらえをする方法もあります。 包丁よりもピーラーの方が時間がかからず簡単にじゃがいもの皮をむくことができます。 ピーラーがある場合はピーラーを使って皮をむくのもおすすめです。 ピーラーの場合も包丁の下ごしらえと同様、毒素を取り除く意味でじゃがいもの芽はきっちりとえぐり取りましょう。 じゃがいもに切り方にはさまざまな切り方があります。 大きさをそろえるように 4等分に切ったり、輪切りにしたり、半月切り、いちょう切りにしたりする方法があります。 細く長さを合わせて切る 拍子切りや細かく切ったさいの目切りなどの切り方もあります。 肉じゃがやカレー、スープや粉ふきいもには一口大に切る方法、4つ切りなどが合います。 また、輪切りはじゃがいものソテー、グラタンなどの調理法がぴったりです。 半月切りは味噌汁などの汁ものによく使われます。 いちょう切りは炒め物や汁ものに使われる方法です。 拍子切りはみそ汁や炒め物におすすめです。 さいの目切りは他の食材もじゃがいもと同じサイズにしてサラダや炒め物に使われます。 自分の好みに合わせてじゃがいもの切り方を工夫してみてください。 じゃがいもは基本的に水から煮るといわれています。 これはなぜかというと、 水から煮ることで煮崩れしにくくなるからです。 ではなぜお湯から煮るといけないのでしょうか?水から煮ずに沸騰したお湯からじゃがいもを煮ると、 表面から煮えて、表面が煮えたときは中は生のままという状態になります。 中まで煮ようとすると、表面が煮すぎてしまって煮くずれを起こしてしまうのです。 そのため、 じゃがいもを煮くずれさせたくない場合は、水から煮るのがおすすめです。 コトコトとじっくり水から煮ることで煮崩れしにくいじゃがいもに仕上げられます。 皮つきの場合でも皮をむいた場合にも水からコトコトと煮るのは同じです。 水から煮て、沸騰したら中火~弱火くらいまで火を弱めます。 その後コトコトと煮ていきましょう。 ちなみに 土から下に生えてできた野菜は水から煮る、葉物野菜などの土から上に生えてできた野菜は沸騰したお湯から煮るのが基本です。 覚えておくと便利です。

次の

新じゃがいもの煮物(甘辛煮)のレシピ/作り方:白ごはん.com

じゃがいも 煮る

じゃがいもの茹で方、皮むき、皮なし? 基本的なじゃがいもの茹で方をご紹介しようと思うのですが、その前に、あなたは、 じゃがいもの皮はむいてから茹でますか?それともそのままですか? 小さく切ればすぐに火が通るし、急いでいるなら皮をむいてカットして茹でたら良いんじゃないのと思うかもしれません。 皮付き、皮なしで茹でる違いが所要時間だけであるなら、みんなすぐに茹で上がるように皮をむいて小さく切って茹でると思いませんか?だけど 皮付きで茹でる方法もあるんです。 つまり、皮付きで茹でることにも メリットが有るのです。 じゃがいもを皮付きでゆでる、メリットやデメリットは? 皮付きで丸ごと茹でた場合のメリットとしては、カットしてから茹でた場合よりも ホクホクと仕上がります。 そしてお芋自体が皮に包まれていて水分に触れませんので 水っぽくなりません。 じゃがいもの味をしっかりと味わいたいのであれば、断然 皮付きでまるごと茹でるのがおすすめなんですがもちろんデメリットもあります。 切った場合よりも 時間がかかること、茹で上がった熱いうちに皮をむかねばならないのでちょっと大変なことといったところでしょうか。 じゃがいもの茹で方、電子レンジでは? 電子レンジでもじゃがいもを加熱することができます。 時間がない場合には便利ですね。 まず濡らしたキッチンペーパーできれいに洗ったじゃがいもを包み、その上からふんわりとラップで包みます。 お皿などにのせず、 電子レンジにそのまま入れます。 ターンテーブルなら端、そうでないタイプは真ん中において下さい。 150gくらいのじゃがいもであれば600Wで2分加熱し、裏返して1分半加熱します。 じゃがいもの大きさにより加熱時間は調整するようにして下さい。 竹串がすっと通ればOKです。 皮をむいて加熱したい場合には、皮をむきカットして水にさらしておいたじゃがいもを耐熱ボウルに入れてふんわりとラップをし、様子を見ながら 5分程加熱します。 レンジのクセによって火の通りに偏りが出ることがあるので途中でボウルを揺すったり少し混ぜたりしても。 竹串が通ればできあがりです。 スポンサーリンク じゃがいもの茹で方、お鍋では?水から? お鍋でジャガイモを茹でる場合、カットしても、丸ごと茹でる場合もじゃがいもを茹でる時は 水から入れます。 大きいものであればもっと時間がかかることもあります。 時々こちらの部分は柔らかいけれど、まだ硬い部分が残っていたということがありますのでいろいろな方向から刺してみるようにしましょう。 茹で上がったじゃがいもはザルに上げて、 皮付きのものは 熱いうちに皮をむきます。 じゃがいもの茹で方、圧力鍋では? 圧力鍋を使うのであれば、 まるごと蒸すという方法もあります。 茹でるのに比べて 旨みや栄養がお湯に流れないので、まさに美味しいところが凝縮したじゃがいもが味わえます。 すのこや蒸しカゴがなければじゃがいもを直接入れ、水を少なめに入れても良いでしょう。 火を止めて鍋の圧が抜けるまで置いておきます。 圧力鍋だと茹でる時間も早くて、急いでいたり、時間がない時は便利ですよね。 ポテトサラダを作るには? ホクホクのじゃがいもを茹でたら、そのままバターと食べてもおいしいですが、ポテトサラダも捨てがたいですよね。 丁寧に作ったポテトサラダは家族にとっても格別の味ですから、基本をしっかりおさえておきたいですね。 参考レシピ: まとめ じゃがいもって子供から大人まで人気がありますよね。 それに栄養も豊富で赤ちゃんの離乳食にも便利な食材です。 だからこそ基本の茹で方をおさえておけば、家族にも喜ばれるというもの。 ポテトサラダやコロッケ、マッシュポテトやジャーマンポテトなどなど美味しいメニューもたくさんありますから是非色々作って下さいね。 スポンサーリンク•

次の

じゃがいもを使った人気レシピ【煮る編】おすすめ10選

じゃがいも 煮る

じゃがいもを調理するときに皮をむきますね。 この皮むき作業が苦手だという人が多いです。 包丁を使ってむくと、どうしても厚くむいてしまいがちです。 どの野菜や果物でもそうですが、皮の付近に一番栄養があります。 できればピーラーを使って薄く皮をむくようにしましょう。 栄養も摂れて無駄も少ないのでお勧めです。 よく皮をむいたあとのじゃがいもを水に浸しますがどうしてだかわかりますか?切ってすぐ水に浸すと褐色に変色するのを防げます。 水に浸すことによって、じゃがいもが料理している間に煮くずれするのを防ぐためだと、長時間水に浸す人も中にはいますが、あまり長時間浸していると、せっかくのじゃがいものビタミンがどんどん逃げてしまいます。 デンプンをさっと流すくらいの感覚で十分です。 これはサツマイモにも共通していえることですので頭に入れておき ましょう。 じゃがいもは水から煮る? じゃがいもを煮るときに、水から煮ていますか? 水から煮ると崩れにくいのです。 沸騰したお湯から煮ると、表面だけ煮えて中は生のままになってしまうので、中まで煮えるまでには表面が煮くずれしてしまいます。 コトコトと水からじっくり煮ていきましょう。 グラグラに煮立ったお湯では、いくら水から煮ている とはいえ崩れてしまいます。 じゃがいもに限らず、水から煮る野菜と沸騰したお湯に入れて煮る野菜とがありますが、この見分け方を伝授しましょう。 葉物などはお湯から煮るのはご存じでしょうが、土から下に生えてできた野菜は水から、土から上に生える野菜はお湯からと覚えておくと良いでしょう。 だいたいの野菜 がこれにあてはまります。 じゃがいもを調理するときのポイント.

次の