いと 現代語訳。 『源氏物語』の現代語訳:末摘花9

雪のいと高う降りたるを 現代語訳・品詞分解・読み方

いと 現代語訳

【源氏物語】若紫 原文「けづることをうるさがり給へど、 をかしの御髪や」 訳「髪をとかすことを嫌がりなさりますが、 美しい御髪ですね」 【昔物語】二八・四二 原文「妻、 をかしと思ひて、笑ひてやみにけり」 訳「妻は 滑稽だと思い、笑って終わってしまった」 【更級日記】大納言殿の姫君 原文「笛をいと をかしく吹き澄まして、過ぎぬなり」 訳「笛をたいそう 見事に吹きならして、通り過ぎていってしまったようだ」 イメージとしては最近の若い人たちが使う「 ヤバい」みたいな感じかな、と思います。 「この料理、ヤバい!マジ美味しいんだけど!」 「ヤバい!もうこんな時間?絶対遅刻だ」 「え?もう着いたの?ヤバッ!そうとう早いね」 ただ、「をかし」の代表である清少納言の「枕草子」では「 趣がある、風情がある」と訳されることが多く、現代でも同じように認識している人が多いです。 ですので、一般的には 「いとをかし」=「非常に趣がある」 と訳されます。 もう少しかみ砕いて訳すなら「とてもおもしろい」、さらに崩してしまうと「マジ最高!」みたいな感じですよ。 スポンサーリンク 枕草子 春はあけぼの の原文とわかりやすい現代語訳 それでは、清少納言の枕草子「春はあけぼの」の 原文と 超絶わかりやすい現代語訳を紹介しますね。 現代語訳は「きっちりとした訳」と「少し砕けた訳」の2つを載せていますので、参考にして下さい。 春はあけぼの 春 の原文と現代語訳 原文 春はあけぼの。 やうやう白くなりゆく山ぎは、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。 現代語訳 春は明け方(が良い)。 だんだんと白くなっていく山ぎわが、少し明るくなって、紫がかった雲が細くたなびいている。 かみ砕いた訳 春は明け方が良いよね。 太陽が昇っていくとだんだんと空と山が接する部分が白くなっていくでしょ。 そこが少し明るくなって、紫がかった雲が細長~くたなびいている様子が良いんだよね。 春はあけぼの 夏 の原文と現代語訳 原文 夏は夜。 月の頃はさらなり。 やみもなほ、ほたるの多く飛びちがひたる。 また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くも をかし。 雨など降るも をかし。 現代語訳 夏は夜(が良い)。 月が出ている時は言うまでもない。 闇夜もやはり、蛍が多く飛び交っている(のが良い)。 また、ただ一つ、二つなど、ほのかに光って飛んで行くのも 趣がある。 雨が降るのも 風情がある。 かみ砕いた訳 夏は夜が良いよね。 お月様が出て明るい夜が素敵なのは言うまでないんだけど、お月様が出ていない真っ暗な夜に蛍がたくさん飛び交って光っている様子も好きだな。 蛍は多くなくて、一匹、二匹かすかに光って飛んでいるのも、これはこれで 綺麗だよね。 雨が降るのも 風情があって良いと思うな。 スポンサーリンク 春はあけぼの 秋 の原文と現代語訳 原文 秋は夕暮れ。 夕日のさして山の端いと近うなりたるに、烏の、寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへ あはれなり。 まいて、かりなどのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、 いとをかし。 日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。 現代語訳 秋は夕暮れ(が良い)。 夕日がさして山の端がとても近くなっている時に、鳥がねぐらへ戻ろうとして、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいるのも しみじみと感じられる。 まして、雁などが列を作っているのが、とても小さく見えるのは、 大変おもしろい。 日が沈んでしまって、風の音、虫の音など(が良いのは)、また言うまでもない。 かみ砕いた訳 秋は夕暮れが良いよね。 差し込んでくる夕陽が、山と空の境目にとても近くなっている時があるでしょ。 その時、烏が寝床の巣へ帰ろうとして、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいる様子さえも、なんだか 哀愁が漂っているように感じちゃう。 まして雁なんかが並んで飛んでいるのが遠くで小さく見えるのは、とても 情緒あふれる風景だよね。 夕陽が沈んでしまった後から聞こえてくる風の音や虫の鳴き声が愛らしいってことは、言う必要はないよね。 春はあけぼの 冬 の原文と現代語訳 原文 冬はつとめて。 雪のふりたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、 いとつきづきし。 昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火をけの火も、白い灰がちになりて わろし。 現代語訳 冬は早朝(が良い)。 雪が降っている時は言うまでもなく、霜が非常に白い時も、またそうでなくても、とても寒い時に火を急いでおこして、 炭を持って(廊下を)渡るのも、 たいそう似つかわしい。 昼になって寒さがゆるくなると火桶の炭火も白い灰が多くなってしまい、 良くない。 かみ砕いた訳 冬は早朝が良いよね。 雪が降っている朝なんかは言うまでもなく綺麗でしょ。 霜が降りて辺り一面が真っ白になっているときも綺麗だし、そうじゃなくても、とても寒い朝に、 火を急いでおこして、部屋の炭びつまで廊下を渡って持っていく様子なんて、 まさに冬にぴったりだよね。 でも、昼になってだんだんと暖かくなってくると、火桶に入った炭が白い灰だらけになるでしょ。 あれは ダメよね。 「いとおかし」の意味は?まとめ いかがだったでしょうか?「いとをかし」は平安時代の代表的な美的理念の1つで、清少納言が書いた「枕草子」によく出てくる言葉です。

次の

『源氏物語』の現代語訳:若紫22

いと 現代語訳

【源氏物語】若紫 原文「けづることをうるさがり給へど、 をかしの御髪や」 訳「髪をとかすことを嫌がりなさりますが、 美しい御髪ですね」 【昔物語】二八・四二 原文「妻、 をかしと思ひて、笑ひてやみにけり」 訳「妻は 滑稽だと思い、笑って終わってしまった」 【更級日記】大納言殿の姫君 原文「笛をいと をかしく吹き澄まして、過ぎぬなり」 訳「笛をたいそう 見事に吹きならして、通り過ぎていってしまったようだ」 イメージとしては最近の若い人たちが使う「 ヤバい」みたいな感じかな、と思います。 「この料理、ヤバい!マジ美味しいんだけど!」 「ヤバい!もうこんな時間?絶対遅刻だ」 「え?もう着いたの?ヤバッ!そうとう早いね」 ただ、「をかし」の代表である清少納言の「枕草子」では「 趣がある、風情がある」と訳されることが多く、現代でも同じように認識している人が多いです。 ですので、一般的には 「いとをかし」=「非常に趣がある」 と訳されます。 もう少しかみ砕いて訳すなら「とてもおもしろい」、さらに崩してしまうと「マジ最高!」みたいな感じですよ。 スポンサーリンク 枕草子 春はあけぼの の原文とわかりやすい現代語訳 それでは、清少納言の枕草子「春はあけぼの」の 原文と 超絶わかりやすい現代語訳を紹介しますね。 現代語訳は「きっちりとした訳」と「少し砕けた訳」の2つを載せていますので、参考にして下さい。 春はあけぼの 春 の原文と現代語訳 原文 春はあけぼの。 やうやう白くなりゆく山ぎは、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。 現代語訳 春は明け方(が良い)。 だんだんと白くなっていく山ぎわが、少し明るくなって、紫がかった雲が細くたなびいている。 かみ砕いた訳 春は明け方が良いよね。 太陽が昇っていくとだんだんと空と山が接する部分が白くなっていくでしょ。 そこが少し明るくなって、紫がかった雲が細長~くたなびいている様子が良いんだよね。 春はあけぼの 夏 の原文と現代語訳 原文 夏は夜。 月の頃はさらなり。 やみもなほ、ほたるの多く飛びちがひたる。 また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くも をかし。 雨など降るも をかし。 現代語訳 夏は夜(が良い)。 月が出ている時は言うまでもない。 闇夜もやはり、蛍が多く飛び交っている(のが良い)。 また、ただ一つ、二つなど、ほのかに光って飛んで行くのも 趣がある。 雨が降るのも 風情がある。 かみ砕いた訳 夏は夜が良いよね。 お月様が出て明るい夜が素敵なのは言うまでないんだけど、お月様が出ていない真っ暗な夜に蛍がたくさん飛び交って光っている様子も好きだな。 蛍は多くなくて、一匹、二匹かすかに光って飛んでいるのも、これはこれで 綺麗だよね。 雨が降るのも 風情があって良いと思うな。 スポンサーリンク 春はあけぼの 秋 の原文と現代語訳 原文 秋は夕暮れ。 夕日のさして山の端いと近うなりたるに、烏の、寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへ あはれなり。 まいて、かりなどのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、 いとをかし。 日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。 現代語訳 秋は夕暮れ(が良い)。 夕日がさして山の端がとても近くなっている時に、鳥がねぐらへ戻ろうとして、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいるのも しみじみと感じられる。 まして、雁などが列を作っているのが、とても小さく見えるのは、 大変おもしろい。 日が沈んでしまって、風の音、虫の音など(が良いのは)、また言うまでもない。 かみ砕いた訳 秋は夕暮れが良いよね。 差し込んでくる夕陽が、山と空の境目にとても近くなっている時があるでしょ。 その時、烏が寝床の巣へ帰ろうとして、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいる様子さえも、なんだか 哀愁が漂っているように感じちゃう。 まして雁なんかが並んで飛んでいるのが遠くで小さく見えるのは、とても 情緒あふれる風景だよね。 夕陽が沈んでしまった後から聞こえてくる風の音や虫の鳴き声が愛らしいってことは、言う必要はないよね。 春はあけぼの 冬 の原文と現代語訳 原文 冬はつとめて。 雪のふりたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持てわたるも、 いとつきづきし。 昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火をけの火も、白い灰がちになりて わろし。 現代語訳 冬は早朝(が良い)。 雪が降っている時は言うまでもなく、霜が非常に白い時も、またそうでなくても、とても寒い時に火を急いでおこして、 炭を持って(廊下を)渡るのも、 たいそう似つかわしい。 昼になって寒さがゆるくなると火桶の炭火も白い灰が多くなってしまい、 良くない。 かみ砕いた訳 冬は早朝が良いよね。 雪が降っている朝なんかは言うまでもなく綺麗でしょ。 霜が降りて辺り一面が真っ白になっているときも綺麗だし、そうじゃなくても、とても寒い朝に、 火を急いでおこして、部屋の炭びつまで廊下を渡って持っていく様子なんて、 まさに冬にぴったりだよね。 でも、昼になってだんだんと暖かくなってくると、火桶に入った炭が白い灰だらけになるでしょ。 あれは ダメよね。 「いとおかし」の意味は?まとめ いかがだったでしょうか?「いとをかし」は平安時代の代表的な美的理念の1つで、清少納言が書いた「枕草子」によく出てくる言葉です。

次の

源氏物語『若紫/北山の垣間見』現代語訳(1)(2)

いと 現代語訳

瓜にかきたる 児 ちご の顔。 すずめの子の、ねず鳴きするに踊り来る。 かわいらしいもの。 瓜に描いた幼い子供の顔。 すずめの子が、ねずみの鳴きまねをすると飛び跳ねて寄って来る様子。 二つ三つばかりなる児の、急ぎてはひ来る道に、いと小さき 塵 ちり のありけるを目ざとに見つけて、 2、3歳ぐらいの子どもが、急いで 這 は って来る 途中で、とても小さい塵があったのを目ざとく見つけて、 いとをかしげなる指にとらへて、大人などに見せたる、いとうつくし。 とてもかわいらしい指でつかまえて、大人などに見せている様子は、たいそうかわいらしい。 頭は尼そぎなる児の、目に髪の覆へるをかきはやらで、うちかたぶきてものなど見たるも、うつくし。 頭の髪はおかっぱにしている子供が、目に髪がかぶさっているのを払いのけもしないで、小首をかしげて物など見ているのも、かわいらしい。 大きにはあらぬ 殿 てん 上 じょう 童 わらわ の、 装 しょう 束 ぞ きたて られてありくもうつくし。 大きくはない殿上童が、立派な着物を着せられて歩きまわる様子もかわいらしい。 をかしげなる 児 ちご の、あからさまに 抱 いだ きて遊ばしうつくしむほどに、かいつきて寝たる、いとらうたし。 かわいらしい子供が、少しの間抱いて遊ばせてかわいがっているうちに、しがみついて寝てしまうのも、たいへんかわいらしい。 雛 ひいな の調度。 蓮 はちす の浮き葉のいと小さきを、池より取り上げたる。 人形遊びの道具。 蓮 はす の浮き葉のとても小さいのを、池から取り上げたもの。 葵 あおい のいと小さき。 なにもなにも、小さきものはみなうつくし。 葵のたいへん小さいもの。 何もかも、小さいものは全部かわいらしい。 いみじう白く肥えたる児の二つばかりなるが、 二 ふた 藍 あい の薄物など、 たいそう色白で太っている子で2歳ぐらいなのが、二藍の薄物などを、 衣 きぬ 長 なが にてたすき結ひたるがはひ出でたるも、また、短きが袖がちなる着てありくも、みなうつくし。 丈が長いのを着て、たすきで結んでいる子が這い出てきたのも、また、丈の短い着物で袖が目立つものを着て歩きまわるのも、みなかわいらしい。 八つ、九つ、十ばかりなどの男児の、声は幼げにて書読みたる、いとうつくし。 8、9、10歳ぐらい男の子が、幼い声で(漢文の)書物を読んでいる様子も、たいへんかわいらしい。 鶏 にわとり のひなの足高に、白うをかしげに、衣短なるさまして、 鶏のひなが足長な様子で、白くかわいらしげで、着物が短いような感じで、 ひよひよとかしがましう鳴きて、人のしりさきに立ちてありくもをかし。 ぴよぴよとやかましく鳴いて、人の後や前に立って歩きまわるのもかわいらしい。 また親の、ともに連れて立ちて走るも、みなうつくし。 雁の子。 瑠璃の壺。 また親鳥が一緒に連れ立って走るのも、みなかわいらしい。 雁の卵。 瑠璃の壺。 (なども皆かわいらしい。 ) 解説・品詞分解はこちら -.

次の