クラッシュ ダンプ を 初期 化 できません で した。 64ビット版の Windows の適切なページ ファイル サイズを決定する方法

クラッシュ ダンプを初期化できませんでした。

クラッシュ ダンプ を 初期 化 できません で した

ダンプの暗号化について About dump encryption• この記事の内容 ダンプ暗号化を使用して、システムに対して生成されたクラッシュダンプとライブダンプを暗号化できます。 Dump encryption can be used to encrypt crash dumps and live dumps generated for a system. ダンプは、ダンプごとに生成される対称暗号化キーを使用して暗号化されます。 The dumps are encrypted using a symmetric encryption key which is generated for each dump. このキー自体は、ホストの信頼された管理者 クラッシュダンプ暗号化キープロテクター によって指定された公開キーを使用して暗号化されます。 This key itself is then encrypted using the public key specified by the trusted administrator of the host crash dump encryption key protector. これにより、一致する秘密キーを持つユーザーだけが暗号化を解除して、ダンプの内容にアクセスできるようになります。 This ensures that only someone having the matching private key can decrypt and therefore access contents of the dump. この機能は、保護されたファブリックで利用されています。 This capability is leveraged in a guarded fabric. 注: ダンプの暗号化を構成する場合は、Windows エラー報告も無効にします。 Note: If you configure dump encryption, also disable Windows Error Reporting. WER は、暗号化されたクラッシュダンプを読み取ることができません。 WER cannot read encrypted crash dumps. 1::PublicKey Binary Binary ダンプの暗号化に使用する公開キー RSA、2048ビット。 Public key RSA, 2048 Bit that should be used for encrypting dumps. これはとして書式設定する必要があります。 This has to be formatted as. 1::Thumbprint String String クラッシュダンプの暗号化を解除するときに、ローカルの証明書ストアで秘密キーを自動的に検索できるようにする証明書の拇印。 Certificate thumbprint to allow automatic lookup of private key in the local certificate store when decrypting a crash dump. スクリプトを使用した構成 Configuration using script 構成を簡単にするために、を使用して、証明書の公開キーに基づくダンプ暗号化を有効にすることができます。 To simplify configuration, a is available to enable dump encryption based on a public key from a certificate. 信頼された環境では、2048ビット RSA キーを使用して証明書を作成し、公開証明書をエクスポートします。 In a trusted environment: Create a certificate with a 2048 Bit RSA key and export the public certificate• ターゲットホスト: ローカル証明書ストアにパブリック証明書をインポートします。 On target hosts: Import the public certificate to the local certificate store• サンプル構成スクリプトを実行する Run the sample configuration script. To decrypt an existing encrypted dump file, you need to download and install the Debugging Tools for Windows. このツールセットには、暗号化されたダンプファイルの暗号化を解除するために使用できる KernelDumpDecrypt が含まれています。 This tool set contains KernelDumpDecrypt. exe which can be used to decrypt an encrypted dump file. 秘密キーを含む証明書が現在のユーザーの証明書ストアに存在する場合は、を呼び出すことによってダンプファイルの暗号化を解除できます。 If the certificate including the private key is present in the current user's certificate store, the dump file can be decrypted by calling KernelDumpDecrypt. exe memory. dmp 暗号化を解除すると、WinDbg などのツールが、復号化されたダンプファイルを開くことができます。 After decryption, tools like WinDbg can open the decrypted dump file. ダンプの暗号化のトラブルシューティング Troubleshooting dump encryption システムでダンプ暗号化が有効になっていても、ダンプが生成されていない場合は、システムの System イベントログで Kernel-IO イベント1207を確認してください。 If dump encryption is enabled on a system but no dumps are being generated, please check the system's System event log for Kernel-IO event 1207. ダンプ暗号化を初期化できない場合、このイベントが作成され、ダンプは無効になります。 When dump encryption cannot be initialized, this event is created and dumps are disabled. 詳細なエラーメッセージ Detailed error message 軽減の手順 Steps to mitigate 公開キーまたは拇印レジストリが見つかりません Public Key or Thumbprint registry missing 両方のレジストリ値が想定される場所に存在するかどうかを確認します。 Check if both registry values exist in the expected location 無効な公開キー Invalid Public Key PublicKey レジストリ値に格納されている公開キーがとして格納されていることを確認します。 Make sure that the public key stored in the PublicKey registry value is stored as. サポートされていない公開キーのサイズ Unsupported Public Key Size 現時点では、2048ビットの RSA キーのみがサポートされています。 Currently, only 2048 Bit RSA keys are supported. これにより、クラッシュダンプが完全に無効になります。 This disables crash dumps completely. この場合は、0に設定します。 If this is the case, set it to 0. 関連記事.

次の

64ビット版の Windows の適切なページ ファイル サイズを決定する方法

クラッシュ ダンプ を 初期 化 できません で した

Windows Server 2008 ベースまたはWindows Vista SP1ベースのコンピュータの場合、OSクラッシュ時にカーネルメモリダンプファイルが作成されずに、以下のイベントログがシステムイベントログに記載されることがあります イベント ID: 49 種類: エラー イベント ソース: volmgr 説明: クラッシュ ダンプのページ ファイルの構成に失敗しました。 ブート パーティションにページ ファイルがあり、ページ ファイルの大きさがすべての物理メモリを含むのに十分であることを確認してください。 この場合、カーネルメモリダンプが取得されない状態なので、クラッシュ原因がメモリダンプから追えなくなります。 可能ならエラーを修正しておきましょう イベントログID49。 volmgr「クラッシュ ダンプのページ ファイルの構成に失敗しました」対応 前提条件:• Windows Vista Service Pack 1• Windows Server 2008 原因、「クラッシュダンプのページファイルの構成に失敗しました」 この問題が発生するのは、 ページファイルに対して設定されている初期サイズよりも多くの物理メモリが搭載されている場合です。 システムがカーネルまたは完全メモリ ダンプを生成するように構成されている場合に STOP エラーが発生すると、メモリ ダンプ ファイルは生成されずにシステムイベントログにエラーが出ます• 「regedit」を実行します• 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。 「編集」メニューの「新規」 をポイントし、「DWORD 値」 をクリックします。 「IgnorePagefileSize」と入力し、Enter キーを押します。 「IgnorePagefileSize」 を右クリックし、「修正」 をクリックします。 「値のデータ]に「1」と入力し、[OK] をクリックします。 変更を有効にするため、システムを再起動します。 参考: カテゴリー: , タグ: , 投稿日: 投稿者: 投稿ナビゲーション 最近の投稿• 2020年6月28日• 2020年6月2日• 2020年5月16日• 2020年4月23日• 2020年4月21日• 2020年4月18日• 2020年4月8日• 2020年3月21日• 2020年3月20日• 2020年3月16日 カテゴリー• 133• 4 タグ.

次の

スワップデバイスおよびダンプデバイスの ZFS サポート

クラッシュ ダンプ を 初期 化 できません で した

フォーマットできません DELLのInspiron530s OSはWindows7です。 追加して使っていたHDDが「プププ」と音が するようになり、そのうちモニターににHDDの異常を 知らせる画面が出るようになったので、新しいHDDに データをコピーして、問題のあるHDDのデータを ほとんど削除しました。 そこで問題のあるHDDをフォーマットしようとしたのですが、 フォーマット~開始~データが消えると警告~OKとクリック で、このドライブは使用中です。 フォーマットしますか? で、はいをクリックすると、 「このドライブを使っているディスクユーティリティやほかの プログラムをすべて終了してください。 また、このドライブの 内容を表示しているウインドゥがないことを確認してください。 確認後、もう一度フォーマットを実行してください。 とのことで、フォーマットできません。 このHDDには唯一「89d05ca2e~」という訳がわからない フォルダが残っていて、鍵のマークがあり、アクセス許可 云々で、削除できずにいます。 これが関係しているのか?どうしたらいいのか分からない 状態です。 長くなってしまいましたが、宜しくお願いします。 コマンドプロンプトでの操作を練習しただけになります。 最初からその方法を実行しなければアドバイスの効果はありません。 消去したことによって現在のWindows 7の一部に不具合が起こる可能性がありますので、インストールされている不要なアプリケーションを削除するか常駐解除をお勧めします。 特にディスクの暗号化または圧縮に関するソフトが関係しているような気がします。 無いときはコントロールパネルの「バックアップ」に「システムイメージの作成」と「システム修復ディスクの作成」があると思いますので作成してください。 BIOSの起動優先順位で光学ドライブ(DVD)を最優先にすればDVDから起動できます。 コマンドプロンプトに移動してDISKPARTを実行すれば良いでしょう。 使用できるコマンドはHELPで確認できますので内部コマンドで目的に合う作業を行ってください。 フォーマットしたいHDDのみ接続して作業すれば操作ミスによるOSの損傷は起こらないでしょう。 投稿日時 - 2013-12-30 22:30:50.

次の