フレッツ 光 プロバイダ 変更。 フレッツ光のプラン変更をする方法とチェックポイント

プロバイダ乗り換え(変更)キャンペーン

フレッツ 光 プロバイダ 変更

フレッツ光回線を利用しているユーザーは転用を勧められる場合があります。 この転用とは何なのでしょうか?ここでは、転用することのメリット・デメリットについて、安心して転用できるおすすめの光コラボについて解説します。 目次:• フレッツ光を転用するとは? を転用するとは、 フレッツ光回線はそのまま(工事不要)で、接続サービスを乗り換えることを指します。 ここでいう接続サービスとは光コラボのことです。 フレッツ光の転用先は光コラボ フレッツ光を転用するには、光コラボレーション()といわれるインターネットサービスの中から、転用先を選ぶ必要があります。 まず光コラボについて簡単に説明しましょう。 インターネットは回線だけでは使えず、ネットに接続するサービスを受けることで利用可能になります。 通常、回線事業者(NTTなど)とプロバイダは別々に契約することになります。 回線と接続サービスを別々に契約しているので、それぞれ別個に請求が来ます。 また、何かトラブルが起きた際にどちらに連絡したらいいのか分からないなど、ユーザーにとってややこしい内容になっています。 それに対して光コラボは、プロバイダが回線も接続サービスもまとめて提供する形なので、契約先はプロバイダのみ。 光コラボに申し込むとサービス内容が分かりやすくなり、何より料金が安くなります。 フレッツ光の転用は本当におすすめ? フレッツ光を転用するのは、2019年7月以降に関しては本当におすすめできます。 2019年6月までは、フレッツ光から光コラボに転用した後に、元に戻したり別の光コラボに変更するのは不可となっていました。 何らかの事情で事業者を変えたい場合は一旦解約しなければならず、多額の解約金や手間がかかっていたのです。 そのため、転用になかなか踏み切れない人も多くいたようです。 しかし2019年7月以降、転用後の事業者変更が可能になりました。 ここから、フレッツ光を転用することのメリットとデメリットを具体的に説明します。 フレッツ光の転用 - メリット フレッツ光を転用するメリットを4つ取り上げます。 月々の支払が安くなる• スマホとのセット割でさらにお得• 工事費や解約金は不要(事務手数料3,000円のみ)• 下記の料金比較を参考にしてください。 特には、フレッツ光よりも月々2,000円近く安いことが分かります。 フレッツ光にはスマホのセット割がないので、転用することでスマホ料金も安くなり大変お得です。 スマホのセット割を実施している光コラボは下記の通りです。 大手キャリアのほうが格安SIMよりも割引額が大きくなっています。 発生するのは、転用先での事務手数料3,000円のみです。 通常、フレッツ光を解約する場合はNTT側で違約金が発生するものです。 (2年契約の更新月以外)それに対して転用なら、いつ手続きをしたとしても違約金がかからないので助かりますね。 なお転用時には、契約しているプロバイダに違約金を請求されることがあり得ます。 これについてはデメリットとして後ほど紹介します。 光コラボ業界は競争が激しいので、ユーザー獲得のために様々な特典やキャッシュバックを実施しているんです。 転用先の光コラボを選ぶ際に、どんな特典があるのかチェックするといいでしょう。 下記に一例を紹介します。 15,000円キャッシュバック• 最大10,000dポイントプレゼント• v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル永年無料• So-net光プラス• So-net光プラス• v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル永年無料• 無料訪問設定サポート• ビッグローブ光• 3年間月額割引• IPv6対応Wi-Fiルーターレンタル1年間無料• @nifty光• 3年契約で10,100円キャッシュバック• 3年間月額割引• ひかりTV同時申込で2年間割引 ぷらら光• 転用で10,000円キャッシュバック• ひかりTV同時申込で20,000円キャッシュバック• 詳細は各光コラボの公式ページで確認してください。 フレッツ光の転用 - デメリット フレッツ光から光コラボに転用することには、次のようなデメリットもあります。 光コラボによっては速度が遅い• 現在のプロバイダによっては違約金が発生する• ここでいう通信速度とは最大速度のことではなく、実効速度(実際に出る速度)のことです。 光コラボは全てフレッツ光回線を使用しているため速度はどれも同じと思われがちですが、実際には違います。 各プロバイダ(光コラボ)のユーザー数が一定数増加すると網終端装置が増設され、通信渋滞を緩和する決まりになっています。 網終端装置は通信速度が遅くなる原因になりやすいため、プロバイダによってはこの 網終端装置を通らずに通信できる最新技術を導入しています。 この技術をといいます。 IPv6(IPoE)方式を取り入れているおすすめ光コラボを下記に紹介します。 なお、IPv6(IPoE)を利用するには対応ルーターが必要です。 対応ルーターを無料でレンタルしてくれる光コラボもあるのでチェックしてみてください。 IPv6(IPoE)対応光コラボ• これは、フレッツ光とプロバイダを別々に契約しているためです。 主なプロバイダの違約金を下に紹介します。 フレッツ光転用 — プロバイダ違約金 プロバイダ 違約金(2年契約の更新月以外) Yahoo! ですので、転用手続きをする前にポイントを使い切ることをおすすめします。 下記のリンク先で、現在のポイントを確認・使用することができます。 NTT東日本・・・ NTT西日本・・・ フレッツ光転用手続きの流れ フレッツ光から光コラボに転用するための手続きを案内します。 まずは申し込む光コラボを前もって選んでおき、それから次の流れに沿って手続きをしましょう。 転用手続きの流れ:• 転用承諾番号を取得する• 光コラボに申し込む• 現在のプロバイダの解約手続きをする• 転用日に接続設定をする 一つずつ具体的に説明します。 転用承諾番号はネットか電話で取得することができます。 ネット申し込みをすると、転用承諾番号がメールで届きます。 申し込みの際、以下の情報が必要になりますので控えておきましょう。 フレッツ光の契約者名• フレッツ光の利用住所• フレッツ光のお客さまID、契約者の電話番号• フレッツ光利用料金の支払方法 転用承諾番号の取得 — 手続き窓口 電話手続き ネット手続き NTT東日本 0120-140202 受付時間9:00~17:00(土日祝日も受付) 受付時間8:30~22:00(土日祝日も受付) NTT西日本 0120-553-104 受付時間9:00~17:00(土日祝日も受付) (「ログインしてお手続き」か「ログインせずにお手続き」) 受付時間7:00~深夜1:00(土日祝日も受付) 転用承諾番号の有効期限は取得日から15日以内です。 ただし、 光コラボによっては転用承諾番号を取得後5日以内に申し込まないといけない場合があります。 そのため、先延ばしにせず次のステップに進みましょう。 申し込みページでは「新設」ではなく「転用」を選び、取得した転用承諾番号をはじめ契約者情報を入力します。 光コラボ — 転用申込先 申し込みが完了すると、数日以内に申込内容の確認のためプロバイダから電話が来ます。 これを忘れてしまうと、転用後も以前のプロバイダ料金を引き落とされ続けてしまうため注意しましょう。 解約手続きは、プロバイダのサポートセンターに電話するか、プロバイダのログインページから手続きすることになります。 ちなみにNTTのフレッツ光に関しては、解約や変更手続きなどは一切必要ありません。 切り替え自体はNTT局内で行われるため、通常は工事業者が訪問することはありません。 事前に光コラボ会社から郵送されてくる書面の「利用開始の案内」にしたがって、接続設定をします。 マニュアルにしたがって設定するだけなので簡単です。

次の

知らないと危険!フレッツ光からドコモ光への失敗せずに転用する方法と注意点

フレッツ 光 プロバイダ 変更

ドコモの携帯電話利用者:携帯電話番号および事前に設定している4桁のネットワーク暗証番号• ドコモの携帯電話を利用していない方:ドコモ光の契約書類や契約ID 転用と同時にプロバイダー変更をしたいとき ドコモ光へ転用に伴ってプロバイダーを変更する方法は、 契約する際にプロバイダー変更を伝えるだけです。 変更するプロバイダーによっては、通信速度の改善が期待出来たり、ルーターの無料レンタルなどの特典を受けることができたりします。 ドコモ光への転用を考えていて、これを機にプロバイダーの変更を考えている方は、以下の記事も参考にしてくださいね。 開通前や工事前にプロバイダー変更をしたいとき ドコモ光の開通前や工事前でもプロバイダーの変更は可能です。 なお、契約したプロバイダーを変更する際には、事務手数料の3,000円(税抜)は発生することになるので注意してくださいね。 電話でプロバイダー変更を申し込む方法 ドコモインフォメーションセンターへ直接電話すると、プロバイダー変更手続きを簡単に行うことができます。 ドコモインフォメーションセンターへ電話し音声ガイダンスに従う• 変更を希望するプロバイダーと切り替え日を伝える• 申し込みから1週間後にプロバイダー変更手続きに関する書類が自宅に届く• 指定した切り替え日に設定マニュアルに従ってインターネットの設定を行う もあります。 よろしければご一読ください。 ドコモショップでプロバイダー変更を申し込む方法 お近くのドコモショップに直接来店してプロバイダーの変更手続きを行うこともできます。 混雑が予想されるので、 事前に来店予約しておくことをおすすめします。 ドコモショップでのプロバイダー変更手続きは以下のとおりです。 ドコモショップの窓口でドコモの携帯番号またはドコモIDを提示してプロバイダーの変更と切り替え日を申し込む• 申し込みから1週間後にプロバイダー変更に関する書類が自宅に郵送で届く• 指定されたプロバイダー切り替え日に、同封されている設定マニュアルに従ってインターネットの接続設定を行う 2.プロバイダー変更に関する書類が届く 電話またはドコモショップで契約を完了した後、約1週間で自宅に契約に関する書類が届きます。 書類には、契約内容および設定に必要なIDとパスワードが同梱されています。 また、プロバイダー変更のためのルーターの設定変更の手順書が同梱されている場合もあります。 内容物を必ず確認し、なくさないように大切に保管してくださいね。 3.ルーターの設定変更を行い、動作を確認する ドコモ光のプロバイダーの切り替え日を迎えたら、ルーターまたはホームゲートウェイなど、 プロバイダーの情報が登録されている機器の設定変更を行います。 プロバイダーによっては契約内容の書類が郵送された際に、設定の手順が記載されたマニュアルが同梱されています。 まずはプロバイダーのマニュアルやWebサイトなどで設定方法を確認してください。 設定作業を行う機器の種類によって多少の違いはありますが、手順はざっと以下の通りです。 設定作業を行う機器(ルーターやホームゲートウェイ)にパソコンなどからアクセスしてログインする• インターネットの接続設定を行う箇所にアクセスする• プロバイダー設定のIDとパスワードを、新しいプロバイダーのID・パスワードを書き換え、設定を保存する• インターネットにつながることを確認し、もしもうまくいかない場合は機器を再起動する もし上記の内容で分からないことがあった場合は、プロバイダーのサポートに問い合わせてみましょう。 詳細は、でも詳しく紹介しています。 プロバイダー変更の場合、工事は必要ない ドコモ光のプロバイダーを変更する際には、 初期工事は発生しません。 変更するプロバイダーは、申し込みから約10日以降の指定日に自動的に利用できるようになります。 利用者側ですることは、インターネットに接続するために利用するIDを、旧プロバイダーから新プロバイダーへと変更することのみです。 以前のプロバイダーを解約する 設定作業が完了し、インターネットに接続できることを確認したら、旧プロバイダーは解約となります。 旧プロバイダーは変更後、 基本的には自動で解約されますが、自動解約にならないケースもあるので、事前に確認しておいたほうがいいでしょう。 また、別途オプションサービスを契約している場合は、個別に解約手続きを行う必要があるので注意してくださいね。 ドコモ光のプロバイダー変更にかかる料金は手数料の3,000円 ドコモ光のプロバイダーを変更する際には、変更するプランによって 3,000円(税抜)の契約事務手数料が発生します。 ドコモ光は、プロバイダーによって「タイプA」「タイプB」「単独プラン」の3種類の契約プランがあります。 プロバイダー変更で発生する事務手数料は以下のとおりです。 特に、単独タイプからタイプA・タイプBのドコモ光提携プロバイダーへ変更する場合には、契約期間によっては違約金を請求されることが多いようです。 変更する前に、現在契約しているプロバイダーの契約条件や契約期間を事前に確認しておきましょう。 ドコモ光のプロバイダー変更にかかる日数は約10日~ ドコモ光のプロバイダー変更にかかる日数は、 申し込みから最短で10日程度です。 プロバイダー変更申し込みの際に、10日目以降の都合のよい切り替え日を指定してくださいね。 ドコモ光のプロバイダー変更はいつからできる? ドコモ光のプロバイダー変更は、 最低契約期間の設定がなくいつでも可能です。 契約後や工事前など、開通前でも可能ですよ。 ただし、プロバイダー変更にともなう事務手数料の3,000円(税抜)は別途必要ですのでご注意ください。 ドコモ光のプロバイダー変更における4つの注意点をチェック ドコモ光のプロバイダー変更時には、4つの注意点があります。 プロバイダーのメールアドレスが利用できなくなる• プロバイダーを変更しても通信速度が速くなるとは限らない• プロバイダーが提供している基本サービス以外のオプション解約が必要• インターネットが使えない空白期間ができる可能性がある プロバイダーのメールアドレスが利用できなくなる インターネットを開通したときにもらえるメールアドレスは、光回線ではなく、プロバイダー側が発行するものです。 したがって、プロバイダーを変更した場合は、 それまで利用していたメールアドレスが使えなくなります。 プロバイダーによっては、数百円程度の月額料金でメールアドレスだけを利用できるプランを提供しています。 もしもメールアドレスの継続利用を検討しているのであれば、旧プロバイダーに確認してみるといいでしょう。 プロバイダーの変更で通信速度が変わったと感じることも ドコモ光の最大通信速度は下り最大1Gbpsを誇りますが、利用状況や周辺機器によって通信速度には違いがあります。 例えば、利用者が多く混雑する時間帯やエリア、プロバイダーの設備の増強具合などで速度は常に一定のものではありません。 したがって、プロバイダーを変更することで速度が改善されることを期待しても、そうはならない可能性も十分あるのです。 もありますので、詳しく知りたい方はチェックしてみてくださいね。 プロバイダーのオプションサービスは自身で解約が必要 ドコモ光のプロバイダー変更を申し込むと、プロバイダーの基本サービスに関しては、ドコモが解約手続きを行ってくれます。 しかし一方で、プロバイダーのオプションサービスについては ユーザー自身が解約手続きを行わなければなりません。 うっかり忘れていた場合、プロバイダーが変わっているのに請求だけがくるケースも考えられますので、プロバイダーのオプションに加入していないかどうかは必ず確認しておきましょう。 インターネットが使えない空白期間ができる可能性がある ドコモ光のプロバイダーを変更する際には、切り替え日のタイミングによっては インターネットが使えない空白期間ができる可能性があります。 インターネットが常に使える状態で確実に切り替えるためには、旧プロバイダーの解約手続きを、新プロバイダーで無事インターネットができると確認してから行うことをおすすめします。 ドコモ光でプロバイダー変更を検討しているなら、おすすめはタイプA ドコモ光のプロバイダーでどれがおすすめなのかわからない場合は、タイプAに注目してみましょう。 ドコモ光は、以下の通り、選択するプロバイダーが所属するタイプによって契約タイプが異なることが最大の特徴です。 も参考にしてくださいね。 ドコモ光のおすすめプロバイダーGMOとくとくBB ドコモ光の提携プロバイダーのなかでおすすめなのは、 タイプAに属するGMOとくとくBBです。 GMOとくとくBBのメリットは以下のとおりです。 「v6プラス」に対応しており、混雑が少ない• 高性能のWi-Fiルーターが無料レンタルできる• 最新のセキュリティサービスが1年間無料• 15,000円のキャッシュバックが貰える• インターネット接続設定を行ってくれる出張サポートが無料• セキュリティサービスが1年間無料• dカード公式特典・1Amazon ギフト券5,000円分プレゼント v6プラスとは、従来の通信規格よりも混雑を少なくすることを目的として作られた新しい通信規格です。 混雑が減ることにより、より快適で高速なインターネットが楽しめるというメリットがありますよ。 もありますので参考にしてくださいね。 以上の通り、v6プラスに対応しており快適なインターネットが楽しめることと、キャンぺーンが豊富という2点から、GMOとくとくBBはおすすめですよ。 もあります。 参考にしてくださいね。 まとめ ドコモ光のプロバイダー変更は、ドコモインフォメーションセンターへの電話またはドコモショップへの来店で可能です。 契約完了後は工事もなく、郵送される書類に記載された情報をルーター等の通信機器に設定するだけですので、切り替え作業も簡単ですよ。 切り替え後も、基本的には旧プロバイダーは自動的に解約されるので、連絡忘れの心配もありません。 ただし、プロバイダー変更の手続きには3,000円の契約事務手数料が発生しますので注意してくださいね。 この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます• ドコモ光は、通常のIPv4接続でなく混雑を回避して通信できる「v6プラス」で接続すればより快適に通信できます。 ただしv6プラスを利用するに …• ドコモ光はなぜドコモユーザーにおすすめと言われているのかご存じですか? それは、ドコモのスマホ・ケータイ・タブレットの料金が安くなる光回線は …• ドコモ光を契約するときに気になるのが、「どのプロバイダを契約すべきなのか」ですよね。 結論をいうと、ドコモ光のオススメのプロバイダは「GMO …• ドコモ光をGMOとくとくBBで契約する場合には、ルーターをレンタルすることが可能です。 でも、一体どんなスペックのルーターなのかだったり、い ….

次の

【隼】光回線の変更(NTT西日本,1戸建ての場合)について調べたときのメモ

フレッツ 光 プロバイダ 変更

目次 この記事でわかること• プロバイダ選びのポイント プロバイダを選ぶポイントは4つあります。 月額基本料金• サービス内容• キャンペーン• キャッシュバック これらのポイントを踏まえてよりよいプロバイダの選び方を見ていきましょう。 月額基本料金 プロバイダ事業社によって月額の利用料金が大きく異なります。 月額料金をおさえたい方にとっては一番気になるところ。 大手と呼ばれるプロバイダ事業社ごとのプロバイダの月額利用料金は下記のとおりです。 フレッツ光回線のプロバイダ別月額利用料金比較表 プロバイダ名 NTT東日本エリア NTT西日本エリア ファミリータイプ マンションタイプ ファミリータイプ マンションタイプ OCN 1,100円 900円 1,100円 810円 BIGLOBE 1,000円 900円 1,000円 850円 Yahoo! BB 1,200円 950円 1,200円 950円 BB. excite 500円 500円 500円 500円 So-net 1,000円 900円 1,200円 900円 @nifty 1,000円 950円 1,000円 950円 plala 1,000円 800円 1,200円 950円 DTI 951円 680円 951円 680円 この表のようにOCNを利用する場合に他社と比較する事で、プロバイダの月額利用料金が高くなっている事がわかります。 月額利用料金を見ていくと、BB. exciteとOCNの月額利用料金の差が500円近くとなるため、1年間で6,000円近くもの料金差が発生する事がわかります。 特別こだわりがないのであれば、プロバイダ利用料金がお得なプロバイダを選択すると良いでしょう。 プロバイダごとの特徴 単純に月額料金を安くしたいのであれば、月額利用料金を見て選べばいいのですが、プロバイダには、サービス内容、キャンペーン、キャッシュバックなどの特徴があります。 下記の関連記事にて、各プロバイダごとの特徴をまとめてありますので、サービス内容を比べてご自身に合ったプロバイダ選びの参考にしてくださいね! 【関連記事】 光コラボレーションへの転用がお得 もちろんプロバイダごとに月額料金が安くなったり、キャンペーンでお得になることはありますが、さらにお得になる方法があります。 それが、への転用です。 光コラボレーションとは、フレッツ光の回線を利用して、 独自のサービスを提供している事業者のことを言います。 光コラボレーションの特徴 光コラボレーションの特徴としてこの独自サービスの豊富さにあります。 主な光コラボレーションの独自サービスは下記の3点です。 月額料金の割引き• 高額のキャッシュバック• スマホ料金の割引き 光コラボレーションの特徴について詳しく知りたい方は下記の関連記事を参照にしてみてください。 【関連記事】 光コラボレーションのオススメ 数ある光コラボレーションの中から、特徴を踏まえてオススメをご紹介します! ソフトバンク光 光コラボレーションのなかでもダントツの人気を誇るのは、ソフトバンクが提供するソフトバンク光です。 一番の特徴は、ソフトバンクのスマホとセットでの契約だと、 スマホの月額料金が500円~1,080円安くなることです。 【関連記事】 さらに、ここでオススメする販売代理店での契約だと、 月額料金が割引きになり、キャッシュバックももらえます。 このSo-netが提供している光コラボレーションがSo-net光です。 So-net光では、auのスマホとセットでの契約だと、 スマホの月額料金が最大2,000円も安くなります。 申し込むなら公式ページで行っている 割引キャンペーンを適用すると毎月の支払いを安く利用できますよ。 オプションの加入は不要ですが、auスマートバリューでセット割を適用させたいなら、So-net光電話に加入が必要な点は覚えておきましょう。 So-net光の詳細は下記公式ページからチェックしてみてください。 So-net光の申込・詳細チェック So-net光公式: プロバイダの変更方法 プロバイダの変更方法は簡単です。 手順1. プロバイダの解約と契約をする 現在契約しているプロバイダを解約して、新しいプロバイダとの契約を結びます。 プロバイダの解約と契約については各プロバイダのウェブサイトからの申し込み、フレッツ光を契約した代理店サイトへ電話で申し込みができます。 プロバイダの変更のみであれば、特別な回線工事をする必要はありません。 手順2. インターネットの接続設定をする プロバイダの変更手続きが完了したら、インターネットへの新たな接続設定が必要です。 接続設定方法としては、最近ではルーターを経由して接続する方法がほとんどで、この場合ルーターに接続ID ユーザーID や接続パスワードの設定を行います。 プロバイダからの接続ID ユーザーID と接続パスワードを利用して接続することを、PPPoE認証接続設定といいます。 PPPoE接続は、パソコン画面上で設定を行う場合と、ルーター側で行う場合があります。 接続設定の方法は下記の関連記事にて詳しく説明しています。 参考にしてくださいね! 【関連記事】 もし、接続方法が難しい場合は、フレッツ光のリモートサポートに相談もオススメします。 【関連記事】 ADSL回線のプロバイダの変更手続き方法 またADSL回線については、ADSLプロバイダを乗換える手続き方法として、まず新サービスとの契約前に、現在利用している他社プロバイダとのADSLサービスの解約日を決める必要があります。 その際、NTTの回線撤去工事日が決まりますので、忘れないように注意しましょう。 プロバイダ変更時の注意 プロバイダの変更方法は簡単ですが、変更時の注意点がありますので、把握しておきましょう。 プロバイダを解約するタイミングに注意 プロバイダの変更をする際に、変更後のプロバイダ契約を結ぶ前に利用しているプロバイダ契約を解除してしまうと、インターネットの利用できない期間が発生してしまいます。 プロバイダ事業社から配布されるメールアドレスやホームページサービスにこだわりがないのであれば無料で利用が可能なフリーメールアドレスやホームページサービスを利用する事をオススメします。 まとめ フレッツ光のプロバイダは、料金、サービス内容、キャンペーン、キャッシュバックなどが異なります。 プロバイダごとの特徴を見て、プロバイダの変更をしてもいいのですが、よりお得にインターネットを利用したいのであれば、光コラボレーションへの転用をオススメします。 光コラボレーションの大きな特徴として下記の3点があります。 月額料金の割引き• 高額のキャッシュバック• スマホ料金の割引き さらに光コラボレーションは、フレッツ光の回線を利用しているため回線工事が必要ありません。 プロバイダの変更を考えている方は、 お得な光コラボレーションへの転用も検討してみてはいかがでしょうか。

次の