フリル の 描き 方。 構造から理解する! スカートの描き方

女の子コーデ★ロリータ&ゴシックファッションの描き方を学ぼう!

フリル の 描き 方

You see it on adorable maids... idols... fluffy dresses... super girly! It's those clothing frills! They're so hard to draw...! They are fluffy and move when the characters do... How can you correctly draw them on those beautiful clothing!? And balance... balancing them on the illustration...! Check out these illustrations we gathered to help you draw those tough to handle frills!

次の

布の動き・シワを理解する!フリルの描き方講座|お絵かき講座パルミー

フリル の 描き 方

衣服を華やかにする フリル。 布や レースを思い通りに表現するのは難しくなかなかうまく描けない.. そういう経験はありませんか? そんな方はumeさんの フリルの描き方講座を見て、 布やレースの表現方法を身につけましょう! フリルの描き方講座:基本編 フリルを描く時、まずはシンプルな「布の筒」からできていると考えてみましょう。 筒なので、空気が入った時に裏地が見えることも意識してみると良いでしょう。 ひらひらの部分は基本的に左回り込み、正面、右回り込みの3つのパーツに分けられ、中心に向かって布が引っ張られています。 フリルも他と同じように、アオリ(下からみる)やフカン(上から見る)になることによって形が変わります。 煽りになるほど裏地が見え、俯瞰になるほど裏地が見える範囲が少なくなります。 フリルは縫い目から伸びているものなので、ふわっとした印象を出したい時は、引っ張りを強くしましょう。 また縫い目のシワを描くと、よりフリルらしくなります。 パターン化しているフリルは不自然なので、重なりや凹みを意識して、立体的で多彩なフリルを描きましょう。 次は全体のフリルを見ていきます。 スカートや袖などで、やや躍動感を見せたいフリルの場合は、空気を意識し、フリルが上がる場所、下がる場所、寸詰まる場所を確認しながら描いてみましょう。 フリルの書き方講座:実践編 ここからはフリルのイラストを描く実践編です。 まずはラフを描いてみましょう。 シルエットにもよりますが、回り込みは多少短めに描いてもよいでしょう。 次はこのようにシルエットを描きます。 次に線を引いていきます。 全体的に等間隔で描きますが、布が狭まっている所は間隔を狭くするとよいでしょう。 引っ張られている位置とパースを考えながら描いていきましょう。 先ほどの左回り込み、正面、右回り込みを考えながら描いていきます。 裏地は少し見える程度の感覚で描いてみてもよいでしょう。 最後に影を描いていきましょう。 影については3種類あり、まず1つ目に布が重なっている部分、2つ目に凹んでいる部分、3つ目に裏に落ちる影で分けて描くことができます。 はじめに、布が重なっている部分は以下の図で色で示した箇所になります。 裏地も布が重なっている部分なので忘れずに塗りましょう。 次にへこんでいる部分に影をつけていきます。 そして最後に裏に落ちる影を塗っていきます。 足などによる影も考えながら描いていくと良いでしょう。 モノクロ画、漫画などの色を使わない表現の時には、線を描いて影をつけていくのもよいでしょう。 フリルの描き方をマスターする!応用編 基本が出来たら、さまざまなフリルを描いてみると引き出しが増えます。 描き込みにより情報量を増やすことが1つのポイントです。 フリルを段階的に増やすと、より華やかになります。 レースを変更してみましょう。 少しレースを変えるだけで印象が違ってきますので、組み合わせに使うと良いでしょう。 布は風の影響をよく受けるため、風を受けたフリルについても描いてみましょう。 この時、布の流れや向きを考えることが重要になります。 ここでは風が左から右に入っているので、それになびくような右回りのフリルを多めにします。 回り込みの処理はサンタの袋の縛り口をイメージして描いてみましょう。 布を上からぐいっと引っ張り、軽く絞るようなイメージをするとよいでしょう。 まとめ フリルの描き方講座はいかがでしたか? フリルを描く際のコツを掴んでもらえていたら嬉しいです。 布の表現はキャラクターだけでなく室内を描く時にも必要になってくきますので、記事とあわせて動画講座もチェックしてぜひ練習してみてくださいね! また、パルミーではフリルだけでなく、TシャツやYシャツのしわにつての講座も公開しています。 ぜひ参考にしてみてください。

次の

3つのポイントを押さえて可愛さUP! 立体感が出るフリルの描き方講座

フリル の 描き 方

フリルスカートの描き方 では、今度は実際にフリルスカートの描き方を見ていきます。 このように二重のフリルスカートが、アイドルの衣装なんかでよくありますよね。 フリルスカートの描き方をこの2段重ねのフリルスカートを描きながら覚えていきましょう。 描き方の手順やポイントを見ていきます。 フリルスカートの考え方 いきなり描くと難しいのです。 描き方としては、大きめのスカートを描いてから、その上にフリルスカートを描くといいです。 普通のスカートよりもボリュームのあるスカートのあたりを描きましょう。 スカートではなく、このようにお尻を先に描いてからでもいいでしょう。 お尻の向きがわかるので、スカートの裏地がどちらに見えているかわかりやすくなります。 二個目も大きなスカートも同じように上に載せるイメージで描いていきます。 上と下のフリル位置が同じにならないように描けるといいです。 考え方としてはこんな感じです。 次はもっと詳しく描き方の手順を見ていきましょう。 フリルスカートの描き方の手順 大まかの流れを先に見ていきます。 先にお尻を描いて、そのあとに大きめのスカートのあたりをとり、フリルにしていきます。 くわしく一個一個見ていきましょう。 まずはお尻を描きます。 正確に描けば描くほど、正確なスカートになると思います。 側面と表面がどこかだけ意識しておきます。 青が側面部分です。 スカートの腰の帯の部分を描いていきます。 側面を意識しながら、立体的に描けるといいです。 今度は大まかなスカートを描きます。 いきなりフリルスカートを描くとバランスが崩れるので、普通のスカートを描いてから描くと描きやすいです。 スカートのあたりを基準に、フリルを描きこんでいきます。 描き方は人それぞれですが、ブロックのあたりととったり、曲線であたりをとったりするといいと思います。 このように曲線を使って自由に描きます。 個人的にはブロックの方が描きやすいかなと思います。 ただブロックにすると勢いがなくなるので、慣れたら曲線でなめらかに描くといいと思います。 フリルのあたりが綺麗に描けてきたら、線画をします。 これで完成です。 ダブルのフリルスカートのフサフサも見ていきましょう。 いきなりフサフサを描くのは大変ですので、あたりを描きます。 スカートのヒダの線に沿って描いたり、わざとずらしたりして、大まかなあたりを描きます。 フサフサのあたりが作れたら、ヒダを【小・大・小・大】のギザギザにしたりと、フサフサ部分をお好みでデザインして行きます。 あたりを決して、線画をしたら完成です。 フリルスカートはデザインやバリエーションが多いので、いろんな資料を集めて研究してから描いた方がいいです。 コスプレ系の通販サイトや、アイドル系のアニメのキャラクターを参考にするといいと思います。 フリルスカートの描き方の練習をしよう! フリルの種類はたくさんあるので、いろんな資料を集めてみてデザインしてみるのがおすすめです。 フリルは生地によって柔らかかったり硬かったりします。 生地の柔らかさによっても形が変わってきます。 フサフサ部分がレースでできているものなど、いろんなものがありますよね。 生地素材も意識して描きたいところですね!.

次の