うつぶせ寝 心理。 腕を上げて寝る「バンザイ寝」!隠された体の不調サインとは?

うつ伏せで寝る正しい方法

うつぶせ寝 心理

この記事の目次• 専門家が推奨し、医療の現場が取り入れている「うつぶせ寝」とは何なのでしょうか。 専門家が提唱するのは「腹臥位寝(ふくがいね)」 「うつぶせで寝る」と聞いてすぐにイメージできる姿勢は、枕を使わず顔を布団に埋めた状態での姿勢でしょうか。 体をうつ伏せにした状態で、呼吸ができるように頚椎(首)を自然な形で横に向けた姿勢が「腹臥位」です。 もちろんこの状態だけでは首に負担がかかりますので、胸の下やお腹の下に枕やクッションを挟み、頚椎のねじれを最小限にするのがポイント。 首の負担を抑えることで、色々なメリットが生まれると医学としても立証されている姿勢なのです。 妊婦さんにも高齢者にもおすすめなのは「半腹臥位」(シムス位) 「首を横にしただけではつらい」「お腹が圧迫されて苦しい」という人や、妊婦さんなど腹部への圧力を減らさなくてはならない人に最も適しているとされる「半腹臥位寝」というものもあります。 マタニティ本などでは「シムス位」として紹介されていることも多い姿勢です。 完全なうつ伏せの状態ではなく、半身をうつ伏せ、半身を枕やクッションなどを用いて斜めにした姿勢。 股関節を曲げ、手肘の関節も緩やかに曲げておきます。 半身がクッションによって床面に圧迫されない状態をキープすることで、妊婦さんのお腹や女性の乳房への負担が解消される他、首のねじれに慣れていない方の腹臥位へのサポートスタイル、いわゆるうつ伏せ寝の初級姿勢としても大変よく用いられます。 うつぶせ寝専用の枕も多数売り出されている 布団と体の間に挟み込むのは、正直に申し上げればなんでもOKです。 クッションでも良いですし、座布団などを用いて使いやすい厚手に折りたたんで使用する場合もあります。 しかし、寝付きから起き抜けまで寝姿勢をキープするというのは非常に難しいことです。 寝返りを打った拍子に胸の下に置いておいたクッションが外れてしまうこともありますし、膝の下に挟んでいた枕が遠くへ蹴り飛ばされてしまうこともあるでしょう。 そうした睡眠環境のストレスを軽減させるため、様々な「腹臥位専門枕」が売り出されています。 身近なところでは、実は「抱きまくら」もそのうちの1つ。 バナナ型• 平べったい棒状の長い枕 などはディスカウントショップでも見かけますよね。 もしお家にあるようでしたら、ぜひ腹臥位寝のお供に活用してみて下さい。 大人のうつぶせ寝、最大のメリットは「呼吸」にある 「寝姿勢」と言えば「仰向け」という認識が浸透している中、なぜ「うつぶせ寝」を取り入れる医療機関が増えているのでしょうか。 うつぶせ寝をすることによって「良い」と立証されたポイントを確認してみましょう。 「うつ伏せで寝たら呼吸が苦しくなるのでは?」と感じる方も、先述した「クッションなどでサポートすることによって呼吸姿勢をキープできる」というのはお分かりいただけたと思います。 さらに、この姿勢によって最も大きな変化は「舌の位置」が変わるということ。 仰向けで寝ていると、重力は上になっている顔の正面にかかります。 また、枕の高さなどにもよりますが、首の骨に負担のかからない高さの枕であれば一般的には顎の位置も正面。 こうなると、重力によって口の中の「舌」は喉の奥の方に落ち込んでしまいやすくなるのです。 高齢者や病中病後の方など、筋力が落ちやすくなっている人は特に舌の位置が落ち込みやすく、自分の舌で自分の気道を塞いでしまいやすいと考えられています。 腹臥位や半腹臥位は頭部を横向きにすることによって、重力が顔の正面にこないように 気道確保の役割を果たしてくれるのですね。 自然な形で広く確保された気道から、寝ている間も無理なく酸素を吸入できるため、寝ている間も十分な酸素吸入効果が得られるとされています。 そのため、• 血流の促進• 心筋梗塞や脳梗塞の予防• 血栓予防 などの効果に期待できると考えられています。 重力が分散しやすく、腰や肩への負担が減る 仰向けの姿勢は上になっている体の面に重力がかかります。 足をまっすぐ伸ばして、背筋も伸び切っている状態ですと、背骨や膝、首と肩の付け根のあたりに重力がかかるわけです。 また、自分の骨や内臓の重さもそこに加わりますから、最も負担が大きいのはS字になっている腰椎(腰の骨)や頚椎(首の骨)周囲でしょう。 通常はおへその真裏あたりの背骨はお腹に向かって湾曲しています。 しかし、重力や体の重さによって逆側に圧がかかっている状態になります。 朝起きると、• 腰が張っている• 肩がバキバキになっている という人はもしかすると寝姿勢と重力バランスがうまく均衡を保てていないのかもしれません。 腹臥位の場合はこの重力図が逆転します。 つまり、背骨の湾曲や首の湾曲に無理のない重力を受けることができるのです。 また、半腹臥位など股関節や膝、肩関節を曲げる姿勢ですと、その部分に重力の負担が分散されます。 一点に重さがのしかかることが減り、姿勢をキープすることによる関節への負担が軽減されるのです。 汚れた唾液や痰が喉の奥へ流れることを防ぐ 腹臥位療法(ふくがいりょうほう)を取り入れている医療機関では、病中病後や寝たきりの高齢者の介護姿勢に最も適しているという統計を発表しています。 舌が落ち込むのと同じ理屈ですが、仰向けの場合は口中の唾液や痰も気道の奥の方へ流れていきます。 喉の筋力が弱っている場合、睡眠中の無意識下では食道側にうまく押し流すことが出来ず、気管支や肺などに流れてしまうことがあるのです。 口中の雑菌や痰により起こりうる最大のリスクは「誤嚥」です。 ただむせこむだけで済めば良いですが、異物を気管支や肺から押し出す力の弱い人はそのまま呼吸困難や肺炎を起こしてしまう場合もあります。 腹臥位であれば、唾液や痰は喉の奥ではなく口の外へ流れていきますから、誤嚥の可能性が減るというわけです。 また、菌を飲み込んでしまうことも減るため風邪などの感染症予防につながるという説もあります。 呼吸が安定すれば安眠効果UP、それによる健康的メリット 呼吸が楽になる、唾液などの不要物が流れ込んでこない安心感がある、関節や筋肉の負担が減る…「寝ている間のリスク」が減ることで、安眠効果が上がるということが立証されています。 心拍の速さ、血中の酸素濃度などが安定するため深く質の良い睡眠が取れますし、質の良い睡眠は疲労の回復や免疫力の向上を促します。 仰向けの寝姿勢で寝付きが悪い、寝てもすぐに目が覚めてしまうなどの不眠症状に心当たりがある人は、一度半腹臥位から試してみるのもおすすめです。 半腹臥位は腹囲や心臓への負担も軽減しやすい 最後にもうひとつ、重力と寝姿勢の関係についてご説明致します。 「ただの横向きでもいいんじゃないの?」と思われる方もいると思いますが、 ただの横向き姿勢は実は内臓に負担をかけると考えている専門家が多いのです。 私達人間の内臓は、体の中で筋力や骨、関節によって正しい位置に「ぶら下がっている」状態です。 横向きになった場合、そのぶら下がった内臓は重力によって体の下側に垂れ下がります。 わかりやすいように例を上げると、【心臓】は本来体の左側にありますよね。 試しに右側を下にして横になってみましょう。 この時、心臓の位置は左よりもやや右側に位置が寄ります。 また、腕の位置によっては体の横に腕がずっしりと乗ってしまう方もいるでしょう。 この腕の重みは、体の側面を伝って心臓にも、その周囲の血管にも伝わっています。 5時間以上にもなる長時間、こうした不自然な位置に内臓があることで、血流を阻害したり神経に負担をかけてしまうことが考えられることから、ただの横向きではなく「半うつ伏せ(半横向き)」が良いという専門家が多いのです。 気になるうつぶせ寝のデメリットやリスクとは 腹臥位のメリットについてはお分かりいただけたかと思いますが、その反面デメリットもいくつか存在します。 気をつけたい、知っておきたいうつぶせ寝のデメリットをチェックしておきましょう。 大人のうつぶせ寝は首への負担が一番心配される 人間は成人になると、頭部の重さの平均はおよそ5kg〜7kgと言われています。 それを首1本で支えているわけですから、日常から私達の首の筋肉は想像以上の疲労を蓄積しています。 首の周囲の筋肉が固い、あるいは弱い方の場合に横向きの姿勢を強制的に行うと、慣れない動きに対応できず筋緊張状態が起こりやすくなります。 「この姿勢は無理がある!」と感じると、人間は無意識下でも寝返りなどで筋肉を守ろうとします。 しかし、筋力が落ちている場合や自律神経のバランスが乱れている疲労過多の方はこの防御反応がうまく働かず、調整できないまま長時間同じ姿勢を保ってしまいます。 そうすると、寝違えや筋肉痛、酷い場合は頚椎の捻挫などが起こってもおかしくはありません。 寝返りが少ない方や、筋力不足を感じられる方の場合は、まずは半腹臥位(シムス位)で短時間のお昼寝から練習してみましょう。 また、首のストレッチやマッサージなどを日常に取り入れ、首の負担を少しでも減らす意識も忘れないように心がけてみて下さい。 逆子のママなど「適さない」人もいる 様々な医療の現場で取り入れられている腹臥位療法ですが、体型や体質などにより適さないと考えられる人もいます。 頚椎に元々問題がある場合や、 頭の怪我などがある場合、脳周囲の圧力が高まってしまうリスクも否めないとされています。 また、 逆子状態の赤ちゃんがお腹にいる場合、腹臥位による圧迫が胎児の脳側にかかってしまう姿勢であるため、従来は妊婦さんにもおすすめの寝姿勢ではありますが逆子状態の間は適しません。 こうした方の場合は、必ず医師の指導の元で正しい寝姿勢を維持できるように管理・調整する必要があります。 要注意!赤ちゃんの「うつぶせ寝」には命のリスクもある 「うつぶせ寝は怖い」という人は少なくありませんが、赤ちゃんの場合は確かに要注意であると考えられます。 近年は後頭部の形を欧米人のように丸く整える効果があると言われ、お母さんの監視体勢が整っている状態においてはうつぶせ寝も推奨されています。 しかし、 赤ちゃんの頚椎は大人とは違い、非常に柔らかく重力の影響を大きく受ける部位でもあります。 また、寝返りを始めたばかりの赤ちゃんは、うつぶせ寝からうまく姿勢を変えられず枕に顔が埋まってしまうという事故も非常に多く起こっています。 消費者庁では、乳児の不慮の事故死502件中32%が窒息死であり、そのうちのおよそ23%がマットレスやクッションなどに顔が埋まっている状態であると発表しています。 このことから、産院や母親学級でも• うつぶせ寝をさせる場合は必ず目を離さない状態であること• 周囲の睡眠環境を安全に整えること を推奨しています。 お子さんのうつぶせ寝を練習したいな…と思ったら、必ず専門家のアドバイスを交えながら練習を開始するように徹底するようにしましょう。 寝姿勢は不調を表すサインであることも 眠っている間も、私達の体のいくつかの機能は休むことなく「命」を守るために働いています。 無意識でも不調があるところをかばおうという姿勢を取る場合も多いので、寝相から健康へのアプローチ方法を考える専門家もいます。 よくある説を簡単にご紹介してみましょう。 仰向けの姿勢…一般的です。 長時間同じ姿勢でも特に不快感がないのであれば、体に大きな不調はまだないのかもしれません。 うつ伏せの姿勢…消化器系を助けやすいとされているため、無意識で胃腸の疲れを感じている可能性もあります。 横向き…頚椎の負担を軽減します。 肩こりや首こりの症状があるかもしれません。 丸くなる…胃腸を始め、体の臓器のどこかにお疲れがあるかもしれません。 あるいは、腰の周囲に違和感がある場合も多いとされています。 ばんざいして眠る…無意識のうちに、肩や首、背中の筋肉を緩ませようとしている可能性が高いです。 つまり首や肩のコリが強くある状態と言えるでしょう。 この姿勢ですと、呼吸補助筋である鎖骨周囲の筋肉が圧迫されてしまうため、うまく呼吸が出来ず安眠の妨げになると考えられています。

次の

うつ伏せで寝る正しい方法

うつぶせ寝 心理

1:確実にエロい夢を見る方法なんてあるの? 眠っているとき、自分が見たいと思う夢が本当に見られるなら、おもしろいですよね。 しかし、寝ている間のことをコントロールするのは難しいもの。 確実に思い通りの夢を見ることはできません。 しかし、高確率で見たい夢を見ることができる方法というのはあるようです。 具体的に見ていきましょう。 2:エロい夢が見たい!そんなときに試したい具体的方法5つ 夢って不思議。 まったく興味がない人が出てきたり、自分が普段考えていないようなことが起こったりしますよね。 それも妙にリアルだったりして……。 なかには、エッチな夢を見たいと思っている人も多いのではないでしょうか。 どうしたらエッチな夢が見られるのか、眠りの科学をリサーチしながら、可能性のある方法を考えてみました。 (1)寝る前にエッチなものを見る 夢を見るという行為は、その日の記憶を整理するためにあると言われています。 そして、寝る直前に考えていたことや見ていたことは、脳の記憶に残りやすいため、夢へ影響を与える可能性が高いという指摘があります。 それをふまえると、寝る前に夢で見たいと思うエロいシチュエーションなどの映像を見てみるというのは、効果がありそうです。 (2)バイノーラル録音などの音声を聞く 寝るときに音声を流しっぱなしにしていると、夢の中でも見てしまうことがあると言われています。 例えば、テレビをつけっぱなしにしたまま眠ってしまって、そのときテレビでやっていたドラマと似た話の夢を見た……なんていう経験がある人も多いと思います。 この方法もエロい夢を見るために使えそうです。 最近では、動画サイトなどで、あたかもその場にいるような臨場感を味わえるバイノーラル録音されたエッチ音声などが存在します。 それらを利用してみるのはどうでしょう。 ただし、イヤホンで聞きながら眠ると、寝ている間にコードが首に絡まってしまう危険性があるため、コードレスイヤホンを使うのが望ましいかもしれません。 (3)明晰夢(めいせきむ)を見る練習をする 夢を見ている最中に、「あ、これ、夢だ」と気づいたことはありませんか? これを「明晰夢」といいます。 そして明晰夢とうのは、そうだと気づいたあとには、自分の思いどおりにコントロールできると言われています。 もし夢を見ながら、夢だと気がつくことができたなら、エッチなことをしたい対象を自由に選んでしまいましょう。 そして、比較的夢を見やすいとされているのがレム睡眠のとき。 眠りが浅くなっている状態です。 このタイミングで起きるとスッキリ起きられるとされていますが、それは、眠りから徐々に脳の機能が覚醒しようとしているから。 つまり、意識がある状態に近いということです。 その時間に夢を見ていれば、そこに理性が混在するので、まさに明晰夢のような状態に。 夜中にうっすら目覚め、ほどよくまた眠りに落ちることができるように、音量や鳴る時間の調整をして、夜中に目覚ましをかけてみるというのも試してみる価値がありそうです。 (5)睡眠環境をしっかり整える 睡眠環境が整っていないと悪夢を見ることが多く、気持ちのいいエッチな夢を見ることは難しいと考えられます。 寝室の温度や湿度、そして明るさを適度にし、熟睡できるパジャマを着るほか、枕や毛布、ベッドの硬さにもこだわりましょう。 3:こんなときにエロい夢を見た…体験談5つ 経験者に話を聞くと、エロい夢を見やすい状況というのがありそうです。 ここからは、男女にエロい夢を見た時の状況を聞いてみました。 (1)欲求不満のとき 「私は彼との夜がうまくいっていないとき、よくエロい夢を見ていました。 仕事で疲れているからと放置されることが多かったので、欲求不満になっていたと思います。 せめて夢の中でくらいエッチしたい……と無意識に感じていたんですかね(笑)。 夢の中の彼は、現実よりもエロくて気持ちよくてまさに理想どおり。 目が覚めて彼氏とエッチしたい……という気持ちになるんですが、実際にすると、夢の中ほどではなくてガッカリ。 一応、気を遣ってくれているみたいで、ふたりきりになれる部屋を用意してくれるのですが、壁は薄いし、まさか結婚前に実家でエッチなんてできないじゃないですか。 イチャイチャしたところで、おやすみ~って感じになっちゃうんです。 実は、記念日は良いホテルをとって、部屋で1日中エッチをしていたんです。 あまりにもやりすぎたせいか、寝る前には激しく上下運動していたときの感覚が残っていたくらい。 海に入ったときに波に揺られていた感覚が陸にあがっても残るような感じです。 だからか、夢の中でもセックスしてましたね。 もちろん、相手は彼女ですよ(笑)。 朝起きたら、2日間ぶっ続けで徹夜でエッチをしていたような気分になり、嬉しいやら疲れているやら……。 最高の経験でした」(Kさん・25歳男性) (4)今の彼氏に満足していないとき 「付き合いが長くなると、最初ほどエッチしてくれなくなる彼氏も多いですよね。 私はそれがとても寂しくて、時々浮気したい気持ちになってしまうんです。 心が彼にあるなら良いだろうと、マッチングアプリでセフレを探していたときもありましたが、良い相手が見つかるまでは、夢の中で知らない人とエッチしていました。 相手は、自分が夢の中でとても好感を寄せている相手だったり、ときには顔がぼやけていて誰ともわからない人だったり。 現実世界で会ったことのある人ではなかったですね」(Wさん・28歳女性) (5)したいプレイが彼女とできないとき 「僕はそれこそ、言葉攻めとか、拘束とか、いわゆるSMっぽいエッチが好きなんですが、今の彼女は古風で真面目なので、ノーマルなエッチしかできないんです。 だから、妄想しながらひとりエッチで対応していたのですが、実際はアブノーマルな行為がしたいっていうのが深層心理にあったのでしょう。 夢で見ちゃいました。 しかも、その相手は彼女じゃなかったんですよね……。 たとえ夢の中でも、こんなプレイは彼女が嫌がるからやめようという心理が働いたんでしょうか」(Dさん・25歳男性) 4:まとめ エッチな夢を見てしまうと、「自分ってふしだらなのでは?」と思ってしまう人もいると思いますが、エッチな夢は意外と多くの人が見ているようです。 夢の中のことは誰にも見られませんし、どんな夢を見ようが自由です。 理想的な夢が見られるといいですね。 この記事を書いたライター 青木 エイミー A. Aoki 日本とカナダ人のハーフ。 「アセクシャル」ゆえに恋愛がよくわからず、脳科学や心理学から、恋愛を研究。 その経験を生かして、現在は恋愛やオトナ系記事のWEBライターとして活動中。 また、「遺伝子レベルで惹かれた」としか言えないひと目ボレをきっかけに、LGBTQの彼氏と婚約中。

次の

寝相で分かる心理とは?8つのタイプから自分や相手の性格をチェック

うつぶせ寝 心理

寝相で心理が分かるって本当? 人は寝付くとき、自分の寝やすい体勢になることから、多くの人は寝る体勢が決まっていると言われていますが、深い眠りについたあとは、無意識が表に出る状態です。 つまり、抑制が利かなくなる寝相にこそ、その人の性格や隠れた本音がわかるかもしれません。 実際にアメリカの精神分析医サミエル・ダンケルによれば、寝相でその人の性格や心理がわかるそうです。 寝相は自分を知るだけでなく、相手を知りたいときにも役立ってくれるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 寝相で分かる性格と心理【1】大の字で寝る 大の字で寝る寝相は、「王様型」とも言われており、非常にオープンな性格だと言われています。 王様のように伸び伸びしており、堂々としている自信家タイプ。 隠し事も嫌いで、精神的に安定しているとも言われていますよ。 もし恋人が王様型で寝ているのであれば、その性格や心理は「あなたに心を開いている証拠」になるかもしれません。 寝相で分かる性格と心理【2】うつ伏せで寝る 「うつ伏せ型」とも言われているうつぶせ寝も、代表的な寝相の一つですよね。 うつぶせによる心理は、自分の表面を隠すような姿勢で眠ることから、自分の世界にこもりがちな人に多いと言われています。 トラブルを避け、いつも穏便に過ごしたいと思っているようです。 また、計画的に物ごとを運べる真面目な性格であるものの、自分の思い通りに進みたいという自己中心的な一面もあると言われています。 寝相で分かる性格と心理【3】横向きで身体を丸めて寝る 横向きになって、体を丸めたような寝相は「胎児型」と言われており、緊張、不安、ストレスといったことを感じている心の表れだと言われています。 母親の胎内にいたときの姿勢になるので、精神的にお疲れ気味で誰かに甘えたいと思ってるのかも。 また、依存心が少し強い傾向であることも寝相の心理によってわかることができるそうです。 人見知りが激しく、自分をさらけ出すことが苦手のようですが、一度仲良くなった人には甘え上手になると言われていますよ。 寝相で分かる性格と心理【4】横向きで脚を少し曲げて寝る 同じ横向きで寝る姿勢でも、少しひざを曲げた状態で寝る寝相の「半胎児型」による性格や心理は、協調性があるタイプだと言われています。 バランスのとれた性格なので、物事をスムーズに処理でき、自分と合わないタイプの人とも上手に付き合うことができるそうです。 また、常識があって前向きな性格でもあるので、ストレスも上手に解消できるそうですよ。 寝相で分かる性格と心理【5】横向きで寝る 大の字になって寝るわけでもなく、胎児にように丸めて寝るわけでもない、自然な横向きで寝る寝相の人は、バランスのとれた性格のようです。 しかし、自然な横向きでも、手を下に伸ばした状態なら人が好きで社交的な性格であると言われており、手を前に伸ばした状態なら一度決めたら目の前しか見ない一直線な性格であると言われています。 手の位置で心理が変わってくるのは面白いですよね。 寝相で分かる性格と心理【6】枕や布団に抱きついて寝る 枕や布団に抱きついて寝る寝相の「抱きつき型」なら、不安やストレスを抱えているのかもしれません。 人は強い不安などを感じているときほど、何かを強く握り締めたり、抱きつきたいという欲求が高まったりする心理が隠れているようです。 不安や悩み、イライラなど、物事がうまくいかずにストレスを抱えているかもしれないので、そっと癒してあげたいですね。 寝相で分かる性格と心理【7】布団に潜り込んで寝る 掛け布団を顔までかけ、潜り込んで寝るような寝相の場合は、深い洞察力を持ったタイプの人に多いと言われています。 物事を慎重に考えながら進めていくので、それ故に些細なことで悩んでしまうことも。 また、ストレスを抱えやすい性格であることもわかるそうなので、深くかぶっていればいるほど不安や悩みを抱えているという心理が分かりそうです。 寝相で分かる性格と心理【8】膝をついてお尻を突き出すように寝る 膝をついてお尻を突き出したような寝相の「スフィンクス型」は、無意識のうちに眠るのを拒否しており、まだ起きていたいという心理が隠されているそうです。 例えば、日中に楽しい思い出を作れたり、すぐにでも会いたい人ができたりしたときにスフィンクス型になることが多いと言われています。 その一方で、ストレスを感じたときに攻撃的な一面を見せることもあるようです。 子供に多い寝相ですが、神経質な人や不眠症の人にも多く見られます。

次の